【アニメ】白猫プロジェクト ZERO CHRONICLEの4話あらすじ・ネタバレ感想 | 光の王・アイリスと闇の王子が初対面

白猫プロジェクト
出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」の4話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて4話を振り返ってみましょう。

白の国へと到着した闇の王子とアデル。

騎士団長のファイオスを筆頭に白の国の民に警戒をされる2人でしたが、アデルの機転もあり、無事に光の王・アイリスとの対面を果たします。

2人が届けた親書にはバールとの共闘の盟約を申し出る旨が書かれており戸惑うアイリス。

ですが2人の真剣な思いを聞き届け、両国にてバールを討ち滅ぼすべく盟約を結ぶのでした。

闇の王子のフリをしてアデルが交渉を進めていなかったらどうなっていたことか。

闇の王子、良い子なのはわかるけどもっと話術も学ばないとこれから大変ですよ~!

それにしてもアイリスと闇の王子が始めて合ったときのあの意味深な感じは一体…?

アメリア
アメリア

アイリスと闇の王ってどこかで会ったことでもあるのかな?

スポンサーリンク

『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』前回の第3話のあらすじと振り返り

出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ

自身が光の王になる前のことを思い出していたアイリス。

例え孤独になったとしても白と黒の均衡を守る為に戦い抜くことを誓い、民を守る決意を新たにします。

一方、闇の王位継承者決定戦へと足を運んだ少年は、最終戦にまで勝ち進み、同じく王位継承者候補のアデルと一騎打ちに。

誰1人傷つける事なく勝利を収め、見事闇の王子として認められることとなったのです。

そして暗黒騎士ヴァルアスの名を受け、少年はアデルと共に特使として白の王国へと向うことになります。

他の候補者達は別の候補者達がやられそうになっているのをみて見ぬフリだったのに、少年は迷い無く助けに行っていたのが格好良すぎます!

にしても、最初の頃に比べて本当に強くなりましたよね。

闇の王子として無事にお勤めを果たすことができるのか!

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】白猫プロジェクト ZERO CHRONICLEの第3話あらすじ・ネタバレ感想

アメリア
アメリア

誰も傷つけずに闇の王子になるなんて格好良い!

『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』の第4話ネタバレ・あらすじ・感想

『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』の第4話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ

白の王国に特使として派遣されたアデルと闇の王子。ファイオスに警戒されながらも、光の王アイリスと初めて対面する。
バールと戦うための、両王国の共闘の盟約を届けるアデルと闇の王子。
すぐには受け入れられないアイリスは、返答をためらうが――

出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ

白の騎士達に警戒をされながらも、無事に光の王・アイリストの対面を果たした闇の王子とアデル。

バールと共闘の盟約を申し出られ困惑するアイリスでしたが、闇の王子やアデルの切実な訴えを聞き届け、共闘することを決意します。

突然の黒の王国からの使者の訪問に驚きを隠せない白の王国。

アデルの機転もあって無事に盟約を結ぶことができて、次回、バールとの決戦に臨みます!

あの最強のバールに果たして勝つことができるのか心配ですが、頑張って欲しいです!

アメリア
アメリア

次回、バールとの戦いは一体どうなるのでしょうか!

白の国へと到着

白の国へと到着

出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ

無事に白の国へと到着した闇の王子一向。

ゆったりとした空の旅を送る姿を見ていると、やはりまだアデルも闇の王子も年相応の少年なんだなぁと実感します。

こうした空の旅が普通なことになるように、戦争が早く終わるといいですね…。

アメリア
アメリア

空の旅の景色、すっごくキレイだったね!

不安をおくびに出さず対応するアイリス

不安をおくびに出さず対応するアイリス

出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ

突然の黒の特使訪問への驚きをおくびにも出さずに凜と対応するアイリス。

アイリスもまだ年頃の女性だということをつい忘れてしまうほどしっかりとした対応で、さすが光の王だなぁとつい感心してしまいます。

何があってもあくまで自分の役目を果たすだけという淡々とした姿勢を貫くのが少し心配になりますが、この共闘をきっかけに何か変わってくれると嬉しいですね。

アメリア
アメリア

王としての責任もあるだろうけど、もっと自分も大切にしてほしい…

アイリスに付き従うファイオス

アイリスに付き従うファイオス

出典:「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」公式ページ

アイリスのことを密かに思い続けるファイオス。

黒の特使達に厳しい姿勢を貫くも、あくまでアイリスの意志を大切にしたいという心の内を伝えます。

前話の回想でのアイリスや家族との食事シーンでは、心根の優しさが滲み出ていましたよね。

戦争さえ無ければ状況はもっと色々と変わっていたでしょうし、アイリスが王になることが無ければきっと彼も年相応の青年らしい恋心を出せていたはず。

どうかアイリスもファイオスも無事に過ごせますように…。

アメリア
アメリア

ファイオス、本当に優しくて良い人だなぁ…

『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』第4話のTwitterでの評判・口コミ

 

#白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE

 

『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』第4話を見た感想まとめ

今回は白の国と闇の王子一向が初対面をするお話でした。

バールとの共闘の盟約を結べたことで、果たしてどのように物語が展開していくのか。

次回の話も見逃せません!

 

→ 次の話 【アニメ】白猫プロジェクト ZERO CHRONICLEの第5話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】白猫プロジェクト ZERO CHRONICLEの第3話あらすじ・ネタバレ感想

コメント