【アニメ】イエスタデイをうたっての12話あらすじ・ネタバレ感想 | 遂に最終話!陸夫と榀子が下したある決断とは・・・

【アニメ】イエスタデイをうたっての12話あらすじ・ネタバレ感想 | 遂に最終話!陸夫と榀子が下したある決断とは・・・ イエスタデイをうたって
出典:「イエスタデイをうたって」公式Twitterページ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「イエスタデイをうたって」の12話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「イエスタデイをうたって」の12話を振り返ってみましょう。

遂に最終話を向かえるアニメ「イエスタデイをうたって」

自分達の関係に違和感を抱く陸夫と榀子。

憂い気な表情のハルと、気持ちの整理がつかないロウ。

彼らは果たして、自身の想いとどのように決着をつけるのでしょうか。

アメリア
アメリア

終わってしまうんですね。本当に悲しいです・・・

『イエスタデイをうたって』前回の第11話のあらすじと振り返り

【アニメ】イエスタデイをうたっての11話あらすじ・ネタバレ感想 |周囲への罪悪感。何も知らないハルやロウは果たして・・・

出典:「イエスタデイをうたって」公式Twitterページ

空き巣に狙われたハルの家に駆け付けた陸夫は、泣きついてくるハルを見かねて、そのまま家に一泊することとなります。

翌朝、朝食中にふとしたきっかけで榀子のことを尋ねられる陸夫。

ハルに榀子との関係を伝えるべきか悩みますが、考えがまとまらず曖昧な返事でごまかします。

一方、榀子もロウに対して陸夫との関係を伝えることができずにいました。

ある日、陸夫のアパートへ榀子が遊びに来た帰り際、彼らはベーグルを持ったハルと出くわします。

ラスト、ロウに対して榀子はどのような思いを伝えるのか。

最終話まで波乱の展開が続きそうです。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】イエスタデイをうたっての第11話あらすじ・ネタバレ感想

 

『イエスタデイをうたって』の第12話ネタバレ・あらすじ・感想

【アニメ】イエスタデイをうたっての11話あらすじ・ネタバレ感想 |周囲への罪悪感。何も知らないハルやロウは果たして・・・

出典:「イエスタデイをうたって」公式ページ

届かぬ思い。
拭えない違和感。
それぞれが抱える心の葛藤。
本当の幸せとは…?
昨日とは違う自分へ、4人は歩き出した。

出典:「イエスタデイをうたって」公式ページ

陸夫と榀子の関係を知ったロウは、榀子に対し「思いどおりにならない事ぐらいわかってる」と自身の心情を伝えます。

ロウとの思い出がフラッシュバックし、榀子は「私が壊した・・・」と思わずその場で泣き出してしまいます。

そんな榀子の様子を見守ることしかできない陸夫。

一方、ハルは陸夫達が住んでいる町から離れ、実家へ帰っていました。

憂い気な気持ちと裏腹に心地よい青空をボーっと見つめるハル。

ロウとの一件から後日、陸夫は榀子を散歩に誘います。

そして、陸夫と榀子はある決断を下すのでした。

報われたり報われなかったりする人間関係の中から、彼らが選び出した一つの答え。

「愛とはなんぞや」というテーマをもう一度振り返りたくなる、そんな結末に仕上がっていました。

アメリア
アメリア

苦労しながらも皆よく頑張った!おめでとう!

想いを伝えるロウ

【アニメ】イエスタデイをうたっての12話あらすじ・ネタバレ感想 | 遂に最終話!陸夫と榀子が下したある決断とは・・・

出典:「イエスタデイをうたって」公式ページ

陸夫と榀子を前に姿を現すロウ。

「榀子が幸せなら俺はそれでよかった」と自身の心情を吐露し去ってゆくロウに対し、榀子は「私が壊した・・・」とその場で涙ぐんでしまいます。

一方、ハルはバイトを辞め、両親が住む家へ帰っていました。

陸夫や榀子、ハルやロウが抱える心情とは裏腹に、綺麗な青空が空には広がっています。

アメリア
アメリア

ロウは彼なりにしっかりと考えていたんですね・・・

陸夫と榀子。二人で選んだ一つの道

【アニメ】イエスタデイをうたっての12話あらすじ・ネタバレ感想 | 遂に最終話!陸夫と榀子が下したある決断とは・・・

出典:「イエスタデイをうたって」公式ページ

ロウとの一件から後日、陸夫は榀子を散歩に誘います。

ベンチに腰掛け、これまでのことを振り返る二人。

そして、陸夫は榀子に対し、「榀子の事を胸を張って好きと言えない」と伝えます。

一瞬ハッとし、ロウとの思い出がフラッシュバックする榀子。彼女は思わずその場で泣き崩れてしまいます。

榀子に対し、

「あいつはマジで榀子に惚れてる」「俺なんかには譲れねえ!ってなると思う」

と励ましの言葉を送る陸夫。

茶化すような陸夫を咎めながらも、どこか安心した表情の榀子。

二人は信頼し合う友人へと関係をより戻すのでした。

アメリア
アメリア

男女の関係を超えた親友!

陸夫とハルの再会。そして、物語は続いていく・・・

【アニメ】イエスタデイをうたっての12話あらすじ・ネタバレ感想 | 遂に最終話!陸夫と榀子が下したある決断とは・・・

出典:「イエスタデイをうたって」公式Twitterページ

バス停の前でバスを待つハル。

ようやく到着したバスへ乗り込もうとした時、ふいにカラスのカンスケが鳴きだします。

仕方なく次のバスを待つことにしたハルの目の前には、ここにはいないはずの陸夫が立っていました。

「俺は多分、お前のことが好きだ!」

不器用な告白を前に笑いながらも、キスで陸夫の想いに応えるハル。

二人ははれて恋人関係に!

エンドロールでは、その後の各登場人物たちの様子が映し出されます。

そして陸夫の独白と共に、物語は終わりを迎えるのでした。

アメリア
アメリア

言葉にできません。ハル、おめでとう

『イエスタデイをうたって』第12話のTwitterでの評判・口コミ

 

#イエスタデイをうたって

 

『イエスタデイをうたって』第12話を見た感想まとめ

陸夫と榀子のカップルでゴールインとおもいきや、まさかの展開に驚きました。

奥手な陸夫や榀子にとっては、ハルやロウのように前向きな人とパートナーになることが良かったみたいですね。

また一つ好きなアニメが増えました!スタッフ、声優の皆さんお疲れさまでした!

アメリア
アメリア

素敵な物語をありがとう!

← 前の話 【アニメ】イエスタデイをうたっての第11話あらすじ・ネタバレ感想

コメント