【アニメ】球詠の5話あらすじ・ネタバレ感想 | ゴールデンウィーク合宿で更なる成長!

球詠
出典:「球詠」公式ページより
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「球詠」の5話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて5話を振り返ってみましょう。

初めての練習試合を終えゴールデンウィーク合宿に臨む新越谷野球部一同。

野球部顧問の藤井先生の熱血指導を受け、泣き言を言いつつも全力で取り組むメンバー一同は、着実に実力をアップさせていきます。

そんな中、マネージャーの芳乃発案で控えピッチャーを決めることになり、2年生の理沙先輩、1年生の息吹が抜擢。

控えピッチャーとしても先輩としても頑張る決意を、同じく2年生の怜に打ち明けた理沙先輩、素敵でしたね!

芳乃のサポートもあり順調に実力をアップしていたメンバーでしたが、希ちゃんの様子がおかしいことに気が付く希。

実は希も過去の出来事がきっかけで変にプレッシャーを感じてしまい、実力が伸び悩んでしまっていたのです。

芳乃との会話をきっかけに悩みをふっきった希は、4番を任されることとなります。

野球を通じてメンバー一同、人間としても着実に成長をしていく姿に感動!

4番を任された希、果たしてどうなるのか!

アメリア
アメリア

今回も怒濤の展開!

メンバーの心情も見逃せません!

スポンサーリンク

『球詠』前回の第4話のあらすじと振り返り

『球詠』前回の第4話のあらすじと振り返り

出典:「球詠」公式ページより

初めての練習試合を迎えた新越谷野球部。

相手は秋の県大会でベスト8を記録した注目チームでしたが、全員が実力をフルで出し善戦を尽くします。

途中参戦のエースピッチャーに押さえ込まれるも最後まで野球を楽しむ新越谷野球部、これからの目標もでき全力で野球に取り組みます。

中学時代のトラウマを乗り越えた詠深。

最高の仲間に恵まれ、野球を楽しむ心を思い出した新生・新越谷野球部に怖い物はないですね!

前回の話 ⇒ 【アニメ】球詠の第4話あらすじ・ネタバレ感想

アメリア
アメリア

これからの成長が楽しみ!

『球詠』の第5話ネタバレ・あらすじ・感想

『球詠』の第5話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「球詠」公式ページより

ゴールデンウィークに学校で合宿を行う新越谷ナイン。初日から予想だにしない杏夏のハードなノックに悲鳴が上がる一方、新越谷に控え投手の必要を感じていた芳乃はメンバーの投手適正を見極める。その夜、素振りをしていた理沙に怜が声をかける。停部になった去年のこと、中学時代に出会ったときのことを振り返る2人だったが、理沙が野球を続けてきたのは意外な理由からだった。

出典:「球詠」公式ページ

ゴールデンウィーク合宿を通じて順調に成長を遂げるメンバーでしたが、どこか様子がおかしい希。

過去に自分のせいで試合に負けたことを悔やんでおり、変な気負いをしていたことが打率低迷の原因となっていました。

マネージャー・芳乃との話を通じてプレッシャーから解放される希。

なんと次回の試合から4番を任されることが決まり、今後の展開が楽しみです。

にしても芳乃ちゃん、練習メニューもチーム分析もとにかく的確だし、一体ナニモノ?!

元OGの顧問、杏夏先生もすごいピッチング技術と指導力だし、これならどんどん強くなる事間違いないですね!

アメリア
アメリア

杏夏先生、まさか野球部OGだったとは!

頑張りすぎて腰を痛めちゃったのはどんまいですね…!

先輩としても決意を固める理沙

先輩としても決意を固める理沙

出典:「球詠」公式ページより

昨年は先輩達の不祥事で停部処分になり、野球を楽しむことができなかった現2年生メンバー。

控えピッチャーとして任命され、同じく2年の怜に一緒に自身の胸の内を明かし、2人で1年生を支えていくという決意を決めました。

怜だけではなく理沙の野球部に対しての熱い思いが聞けたシーンに感動。

去年の分も目いっぱい、野球を楽しんで欲しいです!

アメリア
アメリア

理沙先輩の心情が始めて描かれたシーンに感動

文武両道で頑張るメンバー

文武両道で頑張るメンバー

出典:「球詠」公式ページより

合宿後の試験も赤点回避したメンバーでしたが、一部は結果が残念だったようで…。

意外にも詠深ちゃんが成績優秀、文武両道であることを知りびっくりするメンバーが可愛らしかったです。

確かに詠深ちゃんってあんまり勉強できなさそうだなぁって思っちゃってたので、高得点にびっくり!

さすが、エースピッチャーですね!

アメリア
アメリア

正に文武両道!

芳乃ちゃんも普段の授業を聞いてるだけで勉強しなくても大丈夫ってすごすぎ!

4番打者に任命!

4番打者に任命!

出典:「球詠」公式ページより

中学時代、自身が打てなかったことで全国大会行きを逃してしまったことをきっかけに思い悩んでいた希。

がむしゃらに頑張るあまりフォームがめちゃくちゃになり伸び悩んでしまっていましたが、芳乃の話を聞いて吹っ切ることに成功します。

そして最後の最後で芳乃から4番打者に任命される事態に!

希ちゃん、無事に実力をアップできるのか、これからが楽しみですね!

アメリア
アメリア

希ちゃん、無事にプレッシャーから脱せて良かった!

『球詠』第5話のTwitterでの評判・口コミ

#球詠

『球詠』第5話を見た感想まとめ

それぞれがそれぞれの思いを抱え臨んだゴールデンウィーク合宿。

心身共に成長を遂げながらも、野球を楽しむ気持ちを忘れていないメンバーを見てほっこりできました。

また次回の対戦では一体どのような展開になるのか!

それぞれのトラウマやプレッシャーを払拭して、頑張ってほしいです!

→ 次の話 【アニメ】球詠の第6話あらすじ・ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】球詠の第4話あらすじ・ネタバレ感想

コメント