【アニメ】放課後ていぼう日誌の12話あらすじ・ネタバレ感想 | いざ、もう一度キス釣りへ!そして陽渚は釣りの世界の深みへと!

【アニメ】放課後ていぼう日誌の12話あらすじ・ネタバレ感想 | いざ、もう一度キス釣りへ!そして陽渚は釣りの世界の深みへと! 放課後ていぼう日誌
出典:「放課後ていぼう日誌」公式ページ
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「放課後ていぼう日誌」の12話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて12話を振り返ってみましょう。

陽渚にとっては残念な結果に終わってしまったキス釣り。しかし、陽渚は知識を蓄えリベンジに燃えます!学んだことを活かして、見事にキスを釣り上げることは出来るのでしょうか!?

アメリア
アメリア

とうとう最終回がやって来てしまいました……。

『放課後ていぼう日誌』前回の第11話のあらすじと振り返り

『放課後ていぼう日誌』前回の第11話のあらすじと振り返り

出典:「放課後ていぼう日誌」公式ページ

いつものように釣りをしていた陽渚は、バリという魚を釣り上げます。意外な美味しさのバリを釣ってから帰宅すると、陽渚はキスの天ぷらに出会いました。長く釣りに親しんでいるだけあって、先輩たちはやっぱり物知りですね!大野先輩の処理は流石の手際!

キスの美味しさに感動した陽渚は、部活でキス釣りをすることを提案します。気乗りしていない黒岩たちとたこひげ屋に行って、陽渚はその理由を知りました。フナムシくん以来の鳥肌案件でした……。部長と夏海、何故平然と触れるのか……。陽渚もいつかは平然と青虫を触るようになるのでしょうかね。

どうしても虫が触れず、陽渚は疑似餌でのキス釣りに挑戦します。一人だけ釣り上げれず落ち込みますが、黒岩の出したヒントによって陽渚のやる気が再燃しました。意気込んだ時の空振りほど辛いものは無いですよね……。部長は先生とか向いてそうな教え方!陽渚が釣りを嫌いにならなくて何よりでした!

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】放課後ていぼう日誌の第11話あらすじ・ネタバレ感想

 

『放課後ていぼう日誌』の第12話ネタバレ・あらすじ・感想

『放課後ていぼう日誌』の第12話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「放課後ていぼう日誌」公式ページ

放課後、夏海が部室へ向かう準備をしていると、陽渚から「先に部室行くね!」とメッセージが届きます。陽渚はずいぶんはりきっている様子で、誰よりも早くキス釣りの準備を終わらせていました。昨日釣れなかった原因を調べてみたところ、「虫エサと疑似餌では決定的な違いがあった」と語る陽渚。その違いとは……。

出典:「放課後ていぼう日誌」公式ページ

誰よりも先に部室へ向かい、キス釣りの準備を済ませた陽渚。調べた知識を活かし釣り方を調整し、再びキスに挑み始めはした。やり方を変えてみたものの、釣り上げることは出来ず……。前回と違ってキスからの反応があるだけに、余計もどかしい展開でしたね。

感触はあるものの結果が出ない中、夏海の些細な言葉が陽渚に気付きを与えます。釣り方をさらに調整した結果、見事キスを釣り上げることに成功しました。やりました!涙が出るほど嬉しい陽渚、そんな彼女の成長を感じずにはいられず、こちらも涙……!自分のことのように喜んでくれるていぼう部も最高です!

陽渚と夏海の鞄についた人形を見た大野先輩。テストが終わり二人で作ったそれに、大野先輩が興味を示したことで、部室で陽渚の手芸が始まることとなりました。尊い以外の言葉が見つからない……!それぞれの個性の出た、素晴らしい最終回だったと思います!

アメリア
アメリア

非常に満足な一話でした!

 

 

キスにリベンジ!

キスにリベンジ!

出典:「放課後ていぼう日誌」公式ページ

キス釣りの情報を集めた陽渚は、誰よりも早く部室へ向かいます。用意を整え、部員たちが到着するや否やキスへのリベンジへ出発しました。燃えてますね、陽渚!いつもは大野先輩の役目の海王丸を引いているなど、やる気に満ち溢れている様子が伝わってきました!

疑似餌でキスを釣れなかった原因を解説する陽渚。反省を踏まえて、第一投を海へ投げ込みました。まさか全部書いてあることだったとは……説明書読むの大事ですね……!何はともあれ、見た知識が間違っていなかった証拠ですからね、頑張ってほしいです!

疑似餌の動きを意識しながら釣り竿を動かすと、すぐに反応があります。しかしそこまでで、戻ってきた針にキスが掛かっていることはありませんでした。反応はあるものの、釣れない……もどかしいですね……。前回の釣果ゼロが思い出される流れですが、果たして!

アメリア
アメリア

頼む頼む頼む頼む頼む。

そしてついに……

そしてついに……

出典:「放課後ていぼう日誌」公式ページ

休憩無しで釣りを続ける陽渚に、飲み物を差し出し休憩を勧める夏海。その休憩中に夏海が放った何気ない言葉が、陽渚に気付きを与えました。魚の機嫌ですか……釣り人ならではの良い考えです!一見関係無さそうな言葉がヒントになる、バトルもののような熱い展開ですね!

違い、という言葉から陽渚は、見た動画のキスと目の前の海のキスの大きさの違いに気付きます。疑似餌の大きさを調整し、最後の挑戦を始めました。陽渚が初めて真似を止めて、自分の考え方に従って釣ることに!たった三か月、されど三か月です!成長著しい!

投げ込んで間もなく、それまで以上の反応が陽渚の手元に伝わります。焦らず釣り竿を動かし、糸を巻いたその先には待望のキスの姿がありました。良かったねぇぇぇ陽渚!!思わず自分のことのように喜んでしまいました!釣り人としてまた一歩前進です!

アメリア
アメリア

美味しそうな食事シーンと可愛いアイキャッチが見られるのも最後……。

人形作り

人形作り

出典:「放課後ていぼう日誌」公式ページ

部室へやって来た大野先輩が見たのは、陽渚と夏海の鞄についたアジの人形。二人はテスト終わり、約束通り一緒に人形を作っていたようでした。なんて尊い話だ……っ!陽渚と夏海には、ずっと仲良くしていってほしいと思うばかりです!

興味を示した大野先輩に、陽渚が部室から道具を出してきて作り方を教えます。黒岩もやって来て、陽渚は彼女にタコの人形を作ってあげました。料理上手な大野先輩は手先も器用そうですね!陽渚が初めて釣り上げたタコ、そのタコを部長がリクエストするのはにくい展開だと感じました!

楽しそうに手芸をする陽渚に対し、夏海が少し気まずそうに手芸部のことを問います。そんな夏海に、陽渚はていぼう部が楽しいことを嬉し気に語りました。手芸部……そんなことになっていたとは……。最初は半強制的だっただけに、陽渚が自分の口から楽しいと言ってくれるのが非常に嬉しいですね!

アメリア
アメリア

こういうのを求めていました!

『放課後ていぼう日誌』第12話のTwitterでの評判・口コミ

#放課後ていぼう日誌

 

『放課後ていぼう日誌』第12話を見た感想まとめ

一人の少女が釣りに出会い、その魅力にハマっていく……。一クールかけてじっくり成長してくれた分、とても感情移入して視聴できたように思います!作画も安定していて、すごく安心して見れる作品でした!

アメリア
アメリア

二期を心待ちにしたいと思います!!

 

← 前の話 【アニメ】放課後ていぼう日誌の第11話あらすじ・ネタバレ感想

 

『放課後ていぼう日誌』各回のネタバレ感想記事の一覧

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話

コメント