【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【憂国のモリアーティ】ルイス(青年期)の強さや能力|傷跡についてや今後の展開を解説

憂国のモリアーティ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「憂国のモリアーティ」は、2020年秋の新作アニメとして、1クール目が放送されていた人気テレビアニメです。
そして、2021年春からは待望の第2クール目が放送されました。

本記事では、主人公ウィリアムの弟であるルイス(青年期)のキャラクター性や能力・少年期につけた傷跡についても紹介。
記事の後半では、アニメ2クールに入ってからの活躍やウィリアムの座を引き継いで「新たな指揮官」となってからの展開についても迫ります。

ルイス(少年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】ルイス(少年期)のキャラ性と能力・成長後の展開
...
スポンサーリンク

ルイス(青年期)とは?

まずは、本作品の中でウィリアムやアルバートと共に成長したルイス(青年期)のキャラクター性から紹介していきます。

青年に成長してからはモリアーティ家の執務係に!

主人公ウィリアムの実弟であり、本名は「ルイス・ジェームズ・モリアーティ」となります。
ルイスもまた、ウィリアムやアルバートと共に生きて成長し、モリアーティ家で彼らと一緒に住んで生活しています。

ウィリアム(青年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】ウィリアム(青年期)の職業とキャラ性・能力と今後の展開
...

 

青モリアーティ家でのルイスの役割は、主に以下の2つです。

  • モリアーティ家の領地の管理
  • 屋敷内の執務

実はこれらは以前まではアルバートが行っていた職務でしたが、現在ではルイスが彼に代わって上記2つの役割をこなしているのです。

アルバート(少年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】アルバート(少年期)のキャラ性と能力・成長後の展開
...

料理の腕が一流に!

ルイスが担当する”屋敷の職務”では、一緒に暮らしているウィリアム達の「食事作り」も含まれています。
第1話の前半から、さっそくルイスがウィリアムの朝食を作りますが、食べてくれた兄からは「ルイスが作ってくれたオムレツの味が絶品であることを褒められるのです。

 

モリアーティ兄弟の中では最も外見が変化した

ルイス(青年期)はモリアーティ兄弟3人の中で“外見の変化”が最も大きいことも見逃せません。

特に大きく変わった点が、以下の2つです。

  • 右頬の火傷を隠すため、髪型を”アシンメトリー”に変えた
  • 普段から「眼鏡」をかけるようになった

少年期の頃は兄(ウィリアム)と比べると、何となく”ヤンチャ”なイメージが強かったルイスですが、髪型の変化「眼鏡」によって“紳士的な青年”の印象が強くなりましたね!

心臓病も完治している

ルイスにおいて気がかりだったのが、少年期の頃から患っていた「心臓病」でした。

これに関しては、アルバートによってウィリアム(少年期)と一緒に引き取られる形でモリアーティ家の養子に引き取られた際に、手術を受けさせてもらうたことで完治しました。
(ウィリアムたちと一緒にモリアーティ家を全焼させた時点では、既に完治していた状態だったわけですね)

そして青年期に成長してからも、その心臓病が再発することもなく、平常に自分の役割をこなしています。

兄であるウィリアムをより慕うようになる

少年期の頃から一緒に過ごしてきた兄を強く慕ってきたルイス。
青年期に成長してからは、そんな兄への好意が更に増したように感じます。

ウィリアム(少年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】ウィリアム(少年期)のキャラ性と能力・成長後の展開
...

 

表面上では常に冷静な態度で兄と接しているものの、「二人の探偵編(第10話第11話)」で出会ったシャーロックウィリアムへの話し方や馴れ馴れしさを見た途端に強い嫌悪感を抱くのです。
(このルイスとシャーロックの関係性については、また後の項目で紹介します)

 

スポンサーリンク

ルイス(青年期)の傷跡に迫る

ここからは、ルイス(青年期)の顔残されている”傷跡”について迫ります。

ルイスの傷跡は少年期に負った”火傷”によるもの

ルイスの右頬にある大きな”傷跡”は、少年期に自身によってつけられたものです。

少年期の頃に、3人で革命を起こす計画を誓い合い、その第一歩として実行したのが「モリアーティ家の焼失」でした。
ウィリアム(少年期)の策略により、義母や弟を殺害してから大火事となった邸宅を出ようとした寸前、ルイス自ら右頬に焼けた木材を当てたことでつけたものです。

突然の行動でウィリアムとアルバートを驚くかせてしまいますが、ルイス(少年期)にとって、この“火傷”こそが「自分からの2人に向けての”報酬”だったのです。

この場面は第3話で見ることができます。

 

成長してからは髪で”傷跡”を隠すようになる

モリアーティ家が全焼してからは、3人揃って”ロックウェル伯爵家”に身を寄せながら無事に成長してきたルイスでしたが、青年期になってから、火傷によって負った大きな”傷跡”は髪を下ろすことで隠しています。

しかし、ただ髪を下ろすだけでは完全に隠し切れるはずもなく…。
本編の中でも、ルイス自身が右の横顔でアップで映されている時には、その傷跡もほぼハッキリ見えてしまっている状態です。

「新たな指揮官」となってからは完全に見せるようになった!

基本的にはウィリアムの影に隠れながら、彼のお世話や作戦任務に協力していくルイスは、「最後の事件編」の結末を機に大きな転機を迎えます。

それこそが「ウィリアムに代わる“新たな指揮官”になること」です。
それによってルイスの髪型にも変化が現れます。

自身が指導者となってからは下ろしていた髪もまくし上げたヘアスタイルに変えたため、その大きな傷跡も誰から見ても「ハッキリと見える状態」になったのです。

これには単なるイメチェンなどではなく、自分が指揮官としてウィリアムから受け継いだ“使命”を果たすことに対する「大きな決意」の表れであると考えるのが妥当ですよね。

 

スポンサーリンク

ルイス(青年期)の能力・強さ

ここからは、ルイス(青年期)の持つ、多才な能力や強さについて紹介していきます。

【能力①】ナイフを使った”殺人術”

アニメ版のOP映像の中ではフレッドのようにナイフを持ちながら戦う描写もあるルイスですが、実は彼にも充分すぎる程の戦闘能力が備わっています。

フレッドの詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】フレッドの性格や能力|任務・今後の展開を解説
...

 

本編の中ではモリアーティ家での自身の職務や役割の関係、そして普段はウィリアムの影に隠れているため、1クール目の中では彼らと違って犯罪者たちと戦闘する場面や活躍には恵まれませんでした。

しかし、2クール目の中で描かれる「ホワイトチャペルの亡霊編(第15話〜)」の中で、ついに秘めた戦闘能力を披露してくれます!
元々、ウィリアム(少年期)たち3人に戦闘や”殺人術”を授けてくれたのが、「本物の切り裂きジャック」として恐れられてきた人物“ジャック・レンフィールド”でした。

このエピソードの中で、ジャック師匠からの依頼を受けたウィリアムたちが、総員で「偽物の切り裂きジャック」を語る団体を潰すために動き出します。
モラン大佐やボンド、さらに依頼してきたジャック師匠たちが貧民街の中で市警や住人を引きつけている間に、ルイスはウィリアムと一緒に首謀者たちが集まっているアジトに潜入します。

この「偽物の切り裂きジャック騒動」を起こしている男たちも自分たちの計画や革命のために、娼婦だけを標的に絞っての殺人を繰り返す上に”弱肉強食”を謳います。

ルイス「その言葉で安心しました。あなた方の論理で言えば、“強い者(僕たち)”が”弱い者(あなた方)”の命を一方的に奪っても文句は無いということですから!」

そう告げながら普段では見せないような”不敵な笑み”を浮かべては、ウィリアムと一緒に攻撃してきては、その男たちを仕留めては容赦なく殺害していくのです。
(ちなみにOP映像の中では眼鏡をかけたまま、戦ってますが、本編中では外した状態で戦っています)

ルイスもまた、颯爽とした身のこなしで敵からの攻撃を簡単に避ける上、持っているナイフを投げつけては離れた位置にいる敵の頭部を簡単に貫いてしまいます!

ナイフを使った”殺人術”の強さは、一緒に修行してきたウィリアムやアルバートにも決して引けを取りません。
このエピソードの中では、まさにジャック師匠ゆずりの強さや戦闘能力を発揮してくれます!

さらに、本編でのデビュー戦から、ウィリアムとの抜群なコンビプレイも見せてくれるわけですから…この「ホワイトチャペルの亡霊編」はルイス推しのファンにとっても絶対に見逃せないエピソードと言えるでしょう!

このルイスの戦闘シーンやウィリアムとの抜群なコンピプレイは、原作コミック第8巻で見ることができます。

 

【能力②】カード勝負の勝敗を意のままに操れる

新章「空き家の冒険編」に突入と同時に「MI6」の新たな指揮官となってから、ルイスは自分に秘められていた能力を本格的に披露し始めます。

新たな任務の標的であるアデア卿に接触すると同時にカード勝負(ポーカー)を挑みますが、アッサリ敗北してしまいます。
しかし、その勝負結果はあくまでも「ルイスの計算通りに仕組まれていたもの」だったのです!

ルイスがアデア卿にバレないように仕組んでいた作戦内容とは、以下の内容です。

  • その場のカードをカウンティングする形で、アデア卿の持ち札を正確に予想
  • 予想結果に基づいて、自分の方は敢えて”ツーペア”止まりにしてアデア卿を勝たせた

ちなみに、この勝負を側から見守っていたマネーペニーは、そのことをすぐに見抜いてました。

ルイスによって勝たされたことに全く気づかないアデア卿は舞い上がり、さらに彼らの策略に乗せられてしまうのです…。

【能力③】嘘を交えた”人心掌握”

ポーカー勝負で自分が”勝たされていること”にすら気づかないアデア卿から、気さくに話しかけられる中でも、ルイスの新たな能力が発揮されます。

ルイス「実は今日…兄の命日なんです」

これは完全な嘘ですが、こうした”嘘”も交えた「人心掌握」も駆使することで、アデア卿を足止めしていたのです。
こうして2人が勝負や会話をしている間にも、別行動を取るボンドやフレッドにより作戦が進行しています。

これは即ち、仲間たちが各自の作戦を遂行できるようにするための、ルイスによる「時間稼ぎ」が目的でした。

ルイスから”兄の命日”という嘘を完全に信じ込んでしまったアデア卿も彼からお願いされる形で、もう一勝負つき合わされることになります。

ちなみに、こうした「人心掌握」はウィリアムも標的の心理や本性を暴き出すために、よく使ってきた方法です。
そのため、側で見守っているマネーペニーからの視点でも、こうしたルイスの姿とウィリアムが重なって見えてしまうこともありました。

これまではウィリアムの影に隠れることの方が多いと同時に、こうした能力を披露する機会もなかったルイスですが、自身が指揮官となれば話は別です。
今後は、ルイス自身も出し惜しみなどしていられず、自分の能力も駆使して任務を遂行していかなければなりません。

ルイスによる”カード勝負”や”人心掌握”の能力は原作コミックの第57話(ジャンプSQの2021年5月号に掲載されています)で見ることができます。

スポンサーリンク

ルイス(青年期)とシャーロックの関係とは?

ルイス(青年期)を語るにおいて「シャーロック・ホームズとの関係性」による過程や変化もまた、傷跡や能力にも負けない位に重要な要素となっています。

そこで、出会ったばかりの頃から「最後の事件編」までに起きる“2人の関係性”における過程や変化も辿ってみたいと思います。

シャーロック・ホームズの詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】シャーロック・ホームズのキャラ性と能力・今後の展開
...

初対面の時点で”敵意”から”殺意”に変わる!

シャーロックの存在そのものは「ノアティック号事件編(アニメ版では第6話第7話)」で知ったものの、ルイスが実際に対面したのは、それよりも少し後の「二人の探偵編」に入ってからでした。

 

ルイスがウィリアムの護衛としてロンドン行きの列車内で一緒に食事を済ませた直後に、同じ列車に乗っていたシャーロックから声をかけられます。

ルイス「シャーロック・ホームズ!なぜ、ここに?

彼ら兄弟にとっても、シャーロックが同じ列車に乗っていたことは完全に予想の範囲外でした。
(ちなみに、この後には同行していたレストレード警部とも出会うことになります)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
憂国のモリアーティ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク