【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【憂国のモリアーティ】マイクロフトの能力・家計の秘密 | シャーロックとの再会場面も紹介

憂国のモリアーティ

「憂国のモリアーティ」は2020年秋の新作アニメとして、1クール目が放送されていた人気テレビアニメです。
そして2021年春からは待望の第2クール目が放送中です。

本記事では第11話ラスト場面で初登場を果たしたマイクロフト・ホームズのキャラクター性や能力を紹介。
記事の後半では、彼が迎える変化と結末にも迫ります。

 

マイクロフト・ホームズとは?

まずは、本作品の中におけるマイクロフト・ホームズ(以下は「マイクロフト」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

スポンサーリンク

シャーロックの兄

“ホームズ”の苗字のとおり、マイクロフトはシャーロック・ホームズの実の兄です。
私立探偵として働く弟(シャーロック)とは対照的に、「イギリス陸軍・情報部の長官」という偉い地位に就いています。

ルックスはかなり似ているものの、”強面な表情”やタキシードを常にキッチリ着こなしている姿により、シャーロックよりも大人びて見えますよね!

アメリア
アメリア

原作コミック版では、単行本の第5巻から登場したよ!

created by Rinker
集英社
¥528 (2023/02/05 00:33:09時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

アルバート直属の上司

マイクロフトは、アルバート直属の上司でもあります!
そのため、アルバートが「MI6」に移った後にも、大英帝国から出された指令を彼に対して直接下す立場でもあるのです。

アニメ版では2クール目に入った早々に突入した「大英帝国の醜聞編」でも、そうした場面が見られましたね!

スポンサーリンク

“闇に紛れた姿”が印象的

アニメ版では、第11話ラスト場面で初登場を果たしたマイクロフト。
その登場シーンが、地味ながらに強い衝撃を与えてくれたように感じます。

バッキンガム宮殿の中で、自身の上司である「女王陛下」の前に姿を現した時の場面が、彼女とはあまりにも対照的でした!

女王陛下 複数の“光”に照らされていた
マイクロフト “闇”に紛れて姿を現した

これは、上司と部下であると同時に“光と影”の関係にも感じられますよね。
確かにマイクロフトは自身で任務を遂行することはせず、女王陛下から出された”指令”をアルバートに命じる形で実行していますからね。

行動も雰囲気も“闇”に紛れているマイクロフトですが、それらの要素や性格的な面でも、ほぼ完全に「弟(シャーロック)とは”正反対なタイプ”」と言えるでしょう。

シャーロック・ホームズの詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】シャーロック・ホームズのキャラ性と能力・今後の展開
...
スポンサーリンク

ウィリアム・シャーロック共に”深い関係性”を持つ

アルバートとの関係性は以前からあったものの、ウィリアムにおいては「アルバートの優秀な相談役」という位にしか、聞かされていませんでした。
しかし、アイリーンが盗み出した「機密文書」の返却と交渉の席で、彼やルイスとも初対面を果たします。

そんなウィリアムたちの”計画”を聞かされたマイクロフトは、彼らの”自己犠牲を伴う計画”を否定することは、ありませんでした。
しかし、それはあくまでもウィリアムたちが本当に“愛国者”であればの話です。

マイクロフト「つまり君たちが、その計画から逸脱・暴走したと私が判断すれば、君たちを消す必ずだ!

強面なルックスに”本気の怖さ”まで表に出しながら話したものの、ウィリアムたちから聞かされた”モリアーティプラン”を承認してくれました。

ここから、かなり先となる「最後の事件編」以降のエピソードでは、ルイスとの関係性も深まります。

created by Rinker
¥6,010 (2023/02/04 22:06:09時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

気配りへのお礼は忘れない

強面な上、常に厳かな表情で行動するマイクロフトですが、自身がしてもらった気配りへの“お礼“も決して忘れません。
それがシャーロックとの勝負を終えた後に、兄弟で向き合いながら話す場面となります。

マイクロフト「ありがとう、ハドソンさん」

弟(シャーロック)が住む部屋の大家さんであるハドソンからお茶を出してもらえた時には、さりげなくお礼を告げます。

しかしアニメ版では、こうしてお茶を出してもらえる場面は描かれたものの、マイクロフトからの”お礼の台詞”がカットされてしまっていたのが、細やかながら寂しさを感じてしまいましたね…。

ハドソンの詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】ミス・ハドソンの本心や実年齢|意外な能力と今後の活躍も紹介
...
スポンサーリンク

マイクロフトは「政府そのもの」

ワトソンハドソンが見ている前でも推理勝負をした後、シャーロックに対して簡単なアドバイスをしてから退室していきます。

その後にワトソンから「どこかの官公庁の人か?」と聞かれますが、マイクロフトはそんな生易しい存在ではありません。

シャーロック「政府そのものだよ、アイツは!」

「政府そのもの」であるからこそ、”M”であるアルバートに対して、直接任務を言い与えられるのです。
さらに、自身の上官である”女王陛下”からの許可が降りれば、大勢の市警たちを指揮して動かすことまで可能です。

そう考えてみると、マイクロフトの持つ中で本当に恐ろしい能力とはシャーロックすら超える推理能力や体術以上に、彼自身が持つ権力そのもの」と言えますよね!

マイクロフトの能力は弟(シャーロック)をも超える!

ここからは、弟(シャーロック)すら超える、マイクロフトのもつ能力の数々を紹介していきます。

スポンサーリンク

【能力①】推理勝負で連勝中!

久々にシャーロックに会いに来たマイクロフトですが、初対面のワトソンに対して“体重の増加”を瞬時に推理すると同時に指摘してきます。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
憂国のモリアーティ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント