【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【憂国のモリアーティ】脅迫王ミルヴァートンの非情な手口や死亡後の展開 | 声優情報を紹介

憂国のモリアーティ

「憂国のモリアーティ」は2020年秋の新作アニメとして、1クール目が放送されていた人気テレビアニメです。

本記事では第16話で初登場を果たしたミルヴァートンのキャラクター性や”脅迫の手口”を紹介。
記事の後半では、原作のみで描かれた”非道の数々”に加えて、第22話で迎えた結末や、彼自身の死亡後にもらたす展開についても迫ります。

ミルヴァートンとは?

まずは、本作品の中におけるチャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン(以下は「ミルヴァートン」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

スポンサーリンク

表の顔は”メディア王”としての実業家!

ミルヴァートンは、「ホワイトチャペルの亡霊編」で起きた“偽の切り裂きジャック事件”の首謀者として初登場したキャラクターです。

「メディア王」と呼ばれる程大手のメディアをいくつも経営している”大物実業家”で、ロンドンの住人たちの間でも有名です。

そんなミルヴァートンの名前や大物ぶりはワトソンも知っていましたが、それはあくまでも”表の顔”にしか過ぎません。

アメリア
アメリア

原作コミック版では、単行本の第8巻から登場したよ!

created by Rinker
¥502 (2023/02/04 07:08:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

裏の顔は人々の”破滅”を楽しむ「脅迫王」

表向きでは「メディア王」として有名なミルヴァートンですが、実は「脅迫王」と呼ばれる程の、あまりにも恐ろしい“裏の顔”も持っていました!

シャーロックの方はその辺りも熟知しており、ワトソンやメアリーに対しても教えてあげます。

シャーロック「人が人生の局面で“破滅”していく様を見るのが楽しくて仕方ねぇ”クズ野郎”って訳だ!」

実はシャーロックも過去に、ミルヴァートン絡みの案件を何度か受けていたこともありました。
しかし、その度に”苦汁”を飲まされていたようです。

ちなみに、ミルヴァートンは”弱み”を握った相手に対して金銭の要求をしますが、「その相手が到底支払えない金額」であることを知った上で要求してきます。
そのため、彼が行ってきたこれまでの”脅迫”でお金を得られたことは一度もありません。

一見は失敗したかのように見えますが、実はこれこそがミルヴァートン自身の“狙い”だったのです。
つまり、ミルヴァートンの脅迫による“真の目的”とは、お金などでなく「相手の“破滅と絶望”を見ること」でした!

シャーロック・ホームズの詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】シャーロック・ホームズのキャラ性と能力・今後の展開
...
スポンサーリンク

ロンドンに住む人々の”全て”を知り尽くしている!

メアリーに対する脅迫に対して、交渉を持ちかけるシャーロックに対しても、ミルヴァートンは容赦なく“非道の数々”をやりたい放題やっていきます。

そして、交渉を却下した上で“自分の恐ろしさシャーロックに対して、得意気に語ります。

ミルヴァートンは、このロンドンに住む人々の住んでいる場所から職業・裏話といった”全て”知り尽くしていることを突きつけます。

全情報を知るのは普通だとできません。
しかし、「メディア王」として君臨しているミルヴァートンの広すぎる“情報網”を使えば、ここまで知ることも決して不可能ではありません!

ミルヴァートンからすれば、事件など起こった瞬間に解決させることも可能であり、シャーロックの持つ“推理力”など無意味であることを突きつけたのです。

スポンサーリンク

“脅迫の定義”を熟知している!

ミルヴァートンが「脅迫王」としての”恐ろしさ”を本格的に露わに出してきたのが、ホワイトリー議員のエピソードである「ロンドンの騎士編」でしょう。

ホワイトリー議員もまた、住人たちからも強く支持されている程の有名な人物であり、それ故に彼もミルヴァートンから”狙われる身”となってしまいます。
しかし、この時はホワイトリー議員の方が先に”脅迫”による交渉を持ちかけてきますが、それが仇となってしまいます!

ミルヴァートン「残念ながら、私に“脅迫”通用しない!

ホワイトリー議員が去ってから、側にいる部下(ラスキン)の前で、ほくそ笑みながら「脅迫の定義」を語ります。

ホワイトリーから「貴族院の不正」が記載された文書を見せられても、全く動じません。
それどころか、こうした「脅迫の定義」を熟知しているからこそ、後に取り返しのつかない“惨劇”を繰り広げては、ホワイトリー議員“殺人鬼”にまで豹変させてしまうことになります。

ホワイトリー議員の詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】ホワイトリー議員の能力と功績・豹変と死亡後にもたらす展開も紹介
...
スポンサーリンク

追い詰められた時に見せる”強い癖”がある

ウィリアムシャーロックから銃口を向けられても、これまで通りの冷静さや涼しい顔を崩さないミルヴァートン。
そんな彼は。「自身の大きな誤算」によって表情が一変してしまいます!

焦る表情に変わった途端、シャーロックから“強い癖”を見抜かれました。
それは「本心を見透かされて焦った時“奥歯を噛み締める”」というものです。

初登場した時から自身の別邸で2人と対面した時までは冷静だったミルヴァートンでしたが、”シャーロックの本質”を完全には見抜けなかったことを実感した途端に、その”焦り”から「奥歯を強く噛み締める表情」に一変したわけですね。

ミルヴァートンによる”脅迫”の手口とは?

ここからは、ミルヴァートンならではの「”脅迫”の手口」について、紹介していきます。

スポンサーリンク

入手した”書類”を使って、女性をゆする!

本編でのミルヴァートンによる脅迫の標的は、主に婚約や結婚を控えた女性に向けられている面もあります。
その良い例となるのが、ワトソンの”婚約者”として登場したメアリーと、シャーロックからの話の中だけに登場した”エヴァ・ブラックウェル”でしょう。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
憂国のモリアーティ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント