アニメ好き必見!バンダイチャンネルのメリット・デメリットを解説

アニメ好き必見!バンダイチャンネルのメリット・デメリットを解説 バンダイチャンネル
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

 

 

クリス
クリス

バンダイチャンネルが気になってるんだけど、
メリットやデメリットってどんなものがあるのかな?

アメリア
アメリア

バンダイチャンネルね!
圧倒的な動画本数や充実した機能・サービスが特徴だよね。
良いところ・悪いところを余すところなく見ていきましょう!

 

今回は、アニメ好きの方は要チェックの動画配信サービス「バンダイチャンネル」についてメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

作品ジャンルや機能の優秀なポイントから、公式では語られないデメリットなどを詳しく確認し、有料会員になるべきかどうかの判断ができるような内容となります。

 

バンダイチャンネルへの加入を検討している方はぜひご覧ください。

 

バンダイチャンネルのメリット

はじめにバンダイチャンネルのメリットから見ていきましょう。

 

プラモデルメーカーとして有名なバンダイナムコグループの会社が運営するバンダイチャンネルの作品数やジャンル、そして充実した機能などをご紹介していきます。

 

4,200タイトル65,000本という圧倒的な配信動画数が魅力

バンダイチャンネルの一番の特徴はその動画本数。都度課金のレンタルを含めると4,200タイトル、65,000本ものアニメ作品が配信されています。

 

そのうち35,000本の動画が見放題作品。月額料金1,000円だけでそれらを全て視聴することができます。

 

その数は圧倒的で、時間がいくらあっても全ての作品をコンプリートするのは難しいくらい。その豊富な作品の数々はユーザーの多くを満足させられるのは間違いないでしょう。

 

ガンダムファンには堪らない!シリーズ全45作品が見放題

全配信作品のなかでも目玉と言われるのが「ガンダムシリーズ」。

 

初代「機動戦士ガンダム」「機動戦士Zガンダム」などの名作から「ガンダム08小隊」などOVAの金字塔ともいうべき傑作もあります。また、「機動戦士ガンダムUC」「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」などの新しい作品まで、すべてのガンダムシリーズが視聴できるのはバンダイチャンネルだけ。

 

ガンダムファンにとって完璧なラインナップが出揃っているバンダイチャンネル。ガンダムシリーズの配信だけで捉えても十分に価値あるサービスであることが分かります。

 

もともとはサンライズというアニメ制作会社が前身となっている動画配信サービスであるため、ガンダムを中心としたサンライズ制作のアニメ作品が豊富なのも大きなメリットです。

 

見逃し配信で放送中の最新アニメもチェックできる

バンダイチャンネルではテレビ放送中の最新アニメの見逃し配信もされています。

 

新しく登場するアニメがリアルタイムで毎週新しく配信されていくうえに、1話から見返すことができて便利。

 

チェックできていなかった最新アニメも、自分のタイミングで1話から視聴することができ、文字通り見逃す心配はありません。

 

年代を問わず楽しめる幅広いジャンル

バンダイチャンネルはその豊富なジャンルと作品数の多さが売り。

 

しかも1960年代の名作アニメから、2020年に始まったばかりの最新アニメの見逃し配信があったりと、あらゆる年代の期待に応えたラインナップとなっています。

 

親子でバンダイチャンネルを楽しむことができるくらい、おすすめできる年代が幅広いのがメリットとなっています。

 

充実した便利機能で使い勝手がよい

バンダイチャンネルでは以下のような便利な機能に対応。

 

基本的なマルチデバイスやダウンロードなどを中心に、快適な視聴を整える機能が揃っています。

 

・マルチデバイス・ダウンロード機能に対応
・シークバーのサムネイル表示
・自動連続再生と続きから再生
・5種類の画質を通信環境に応じて手動で変更可能

 

他社サービスには無いおもしろ機能が満載

まま、他社の動画サービスでは無い、バンダイチャンネル独特の機能も満載です。

 

・ユニークなセリフ検索機能
・口コミ投稿機能
・チャットによる実況視聴
・ファンおすすめ特集ページ

 

セリフ検索では、例えば「親父にもぶたれたことないのに」などとキーワード検索することで、セリフから一致する作品タイトルを特定。セリフが発せられる話数の問題のシーンから再生できたりするといった、非常にユニークな機能があります。

他にもファンがおすすめするお気に入りランキングをユーザーに向けて公開したりして楽しむことができたりと、飽きさせない取り組みが優秀です。

バンダイチャンネルのデメリット

続いてはバンダイチャンネルのデメリットについてみていきます。

 

豊富な作品数やユニークな機能が充実していて、メリットがたくさん見つかったバンダイチャンネル。

とはいえ、全てのユーザーにとって最高のサービスになるとは限りません。

 

バンダイチャンネルのデメリットをあえて取り上げることで、加入を検討している方向けに、判断の材料として活用してもらえる内容となっています。

 

バンダイチャンネルが気になっている方はぜひご覧ください。

 

実写の映画・ドラマ作品は無し

バンダイチャンネルは基本的にアニメ専門の動画配信サービス。

 

ウルトラマンやアニソンアーティストのライブ動画などの例外を除いて、ほぼ全てがアニメ作品のラインナップとなっています。

 

残念ながら実写の映画やドラマ作品は配信されていません。間違ってもウォーキングデッドなどの海外ドラマやハリウッド映画は観ることができないので、予め理解しておきましょう。

 

しかし、たまには実写作品も観たいという人ならまだしも、アニメだけは嫌だという人にとっては不向きな動画サービスと言わざるを得ません。

 

目玉となるガンダムシリーズに興味がない人には不向き

バンダイチャンネルの作品で目玉となるのは全作が取り揃えられているガンダムシリーズ。または、サンライズで制作されたロボットアニメやSF作品が豊富なのが魅力です。

 

ガンダムシリーズを除くと、正直dアニメストアやアニメ放題など他社のアニメ専門動画サービスとさほど変わらないラインナップになってしまいます。

 

そのため「ガンダムに興味がない」という人にとっては、より低価格なdアニメストアなどに加入したほうがよいでしょう。

 

全作品が見放題ではない(都度課金レンタルあり)

4,200タイトル65,000本という圧倒的な動画本数が特徴のバンダイチャンネルですが、これら全てが月額1,000円で見放題というわけではありません。

 

都度課金のレンタル作品も含めての65,000本となっており、見放題作品だけでいうと35,000本程度となります。

 

見放題作品だけでも3万本を超えているので、観るアニメに困ることはほぼありませんが、観たい作品が実はレンタルだったと、後で気づき後悔するというリスクがあります。

 

その場合、思いもよらない追加課金をすることになるか、観るのを諦めるほかありません。その点がユーザーにとってのデメリットの一つです。

 

他社アニメ専門サービスと比べて料金が高い

バンダイチャンネルの月額料金は1,000円。

 

これを他社のアニメ系動画サービスと比較してみた場合、少々値段が高いのが難点。

 

動画サービス 月額料金(税抜) 配信本数(レンタル含む)
dアニメストア 400円 約60,000本
アニメ放題 400円 約50,000本
ディズニーデラックス 700円 非公開

(推定700タイトル)

あにてれ 700円 約10,000本
バンダイチャンネル 1,000円 約65,000本

 

動画本数がバンダイチャンネルと同等ながら価格は半分以下というdアニメストアやアニメ放題のほうが、コストパフォーマンスに優れいているのは否めません。

 

もちろん、バンダイチャンネルにしかない作品があったり、優れた機能面での比較をすれば、1,000円でも十分に満足できる価格ではあるものの、「もっと安いサービス」にユーザーが流れていくのは自然な流れです。

 

無料トライアル期間は決済方法によっては短くなってしまう

バンダイチャンネルには無料でお試しできるトライアル期間が設けられています。

 

ですが、この無料トライアル。決済方法の違いによって期限が短くなってしまうことがあります。

 

iTunes決済・GooglePlay決済

契約から1ヶ月ごとにが支払い
例:6月10日契約→7月10日までが無料期間

 

クレジット決済・キャリア決済

毎月1日が支払日
例:6月10にに契約→6月末までが無料期間

 

上記のように、クレジット・キャリア決済の場合は、登録月の末日までとなっているため注意が必要。できれば登録は月初めに行い、1か月間のトライアルを最大限に試せるようにするのがおすすめです。

 

バンダイチャンネルのメリット・デメリットまとめ

今回は、人気のアニメ専門動画配信サービス「バンダイチャンネル」について、サービスや機能面でのメリット・デメリットを解説していきました。

 

最後に内容をまとめると以下のようになります。

バンダイチャンネルのメリット

・4,200タイトル65,000本という圧倒的な配信動画数が魅力
・ガンダムファンには堪らない!シリーズ全45作品が見放題
・見逃し配信で放送中の最新アニメもチェックできる
・年代を問わず楽しめる幅広いジャンル
・充実した便利機能で使い勝手がよい

 

バンダイチャンネルのデメリット

・実写の映画・ドラマ作品は無し
・目玉となるガンダムシリーズに興味がない人には不向き
・全作品が見放題ではない(都度課金レンタルあり)
・他社アニメ専門サービスと比べて料金が高い

 

 

クリス
クリス

ガンダム好きとしてはバンダイチャンネルは外せない動画サービスだね!

アメリア
アメリア

そうね。ガンダムを含めた65,000本が見放題のバンダイチャンネルは、アニメに特化した動画サービスとしては国内最大級の動画本数を誇っているわね。実写映画・ドラマが無いデメリットを考慮したとしても十分に満足のいくサービスと言えるね!

 

バンダイチャンネルへの加入を検討している方は、ぜひ本記事を参考に判断してみてください。

 

 

この記事を書いた人
マツザカユウタ

88年生まれ アニメ好きおじさん。年間300本以上のアニメを消化するガチ。現在はフリーランスとしてライター業中心に活動。お仕事随時募集中。Twitter・ブログもやってますのでぜひ。

Follow Me!
バンダイチャンネル
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント