スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アニメ】ブラッククローバーの164話ネタバレ感想 | 驚異的な敵と戦え!

【アニメ】ブラッククローバーの164話ネタバレ感想 | 驚異的な敵と戦え! ブラッククローバー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「ブラッククローバー」の164話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて164話を振り返ってみましょう。

強大すぎる敵と対峙しなければならなくなったアスタたち。

なんとかヤミも間に合い、勝負はまだまだ続きそうです。

ですが、手の内を全て出したようには思えない敵陣営。

勝利はどちらの手に?

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』前回の第163話のあらすじと振り返り

ブラッククローバー 163話

出典:「ブラッククローバー」公式ページ

ダンテの出現によって、窮地に立たされる黒の暴牛の団員たち。

致命傷を負い倒れてしまったゴーシュに付き添いながら、泣き崩れるグレイ。

力が暴走しながら、それでも敵を倒せないアスタ。

状況は最悪でしたが、ヤミが駆け付け勝負はまだまだ分からない状況になるのでした。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】ブラッククローバーの第163話ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』の第164話ネタバレ・あらすじ・感想

ブラッククローバー 164話

出典:「ブラッククローバー」公式ページ

漆黒の三極性(ダークトライアド)のダンテと激闘を繰り広げていたヤミ団長。
その一撃が、ついにダンテを捉えた!
だがダンテは恐るべき自己再生能力によってすぐに復活してしまう。
さらには、この世界を壊す計画について語り始め、“黒の暴牛”団を震撼させる。

一方ハート王国では、王国最強の精霊守をも凌駕する敵を前に、援護に向かったレオポルドやチャーミーらもまた苦戦。
驚異的な力を持つ敵に追い詰められてゆく。

出典:「ブラッククローバー」公式ページ

ラックとヴァニカによって、敵の襲撃は退くことは出来ました。

ですが、ダンテの襲来によってアスタたちのピンチは変わりません。

ヤミが戻ってきたため、ピンチは回避できるかもしれないという希望も出てきましたが、ダンテの目的は冥府とこの世界を繋ぐ鍵となる彼自身。

戦いはまだまだ続いていきそうです。

倒すことを宣言!

暴走していたアスタ。

彼は自分自身に憑いている悪魔らしき人物と対話します。

そして目覚め、ヤミとダンテの戦いが続いていることを知ります。

ヤミの一閃はダンテを傷つけることに成功しますが、何やら怪しい魔法によってすぐに回復してしまいます。

素晴らしいというダンテは、自身の悪意を満たしてくれないと語り始めます。

冥府とこの世界を繋ぐ鍵と言われても、さっぱり理解できないヤミ。

ダンテは、ヴァンジャンスとヤミを目的としてやってきていると告げ、ここで倒すと宣言するのでした。

チャーミーの戦い!

街の人々を襲う、髪を武器にするスペード王国のシュヴール。

そこに現れたのは、魔力を蓄えたチャーミー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブラッククローバー
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
スポンサーリンク
アニメ感想部

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました