スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アニメ】進撃の巨人 4期の62話(3話)ネタバレ感想 | ライナーの過去!名誉マーレ人を目指して

進撃の巨人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「進撃の巨人4期」の62話(3話)を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて62話(3話)を振り返ってみましょう。

ライナーの過去が明かされる話でしたね。

兵団の訓練時、兄のような佇まいを見せるライナーと違った雰囲気で驚きました。
 
 
  
  

 

62話も見逃せません!

 

 

 

スポンサーリンク

『進撃の巨人4期』前回の第61話(2話)のあらすじと振り返り

出典:Twitter

4年に及ぶ戦争に勝利したものの巨人の脅威が弱まっていることを世界に知られる結果となったマーレ。
ジークはパラディ島を制圧し、“始祖の巨人”の奪還を提案します。
近頃行われる祭事でダイバー家がパラディ島制圧を宣言する段取りを、巨人の継承者に伝えるジーク。
ライナーはもう一度パラディ島に行くことになるのか、と深く考え込みます。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】進撃の巨人4期の第61話(2話)ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『進撃の巨人4期』の第62話(3話)ネタバレ・あらすじ・感想

出典:Twitter

故郷に帰り、母と再会したライナー・ブラウン。その夜、彼は戦士をめざした幼き日々を思い返していた。エルディア人を母に持つライナーの夢は、母と共に名誉マーレ人の称号を手に入れて、離れ離れになった父と共に暮らすこと。巨人の力を継承して世界を救う英雄になれば、その願いが叶うと信じて……。

出典:「進撃の巨人4期」公式ページ

故郷に帰って、ライナーは自分の小さな頃の記憶を振り返ります。
ライナーは母親から父親がいない理由は、「エルディア人」だったからだと聞かされました。
だからライナーは名誉マーレ人となり、父親と再び暮らせるように巨人の継承者になろうと決意することに…。
巨人の継承者の選定者に、ライナーは選ばれるのでしょうか?

名誉マーレ人を目指して

出典:Twitter

故郷に帰り、小さな頃を思い出すライナー。

ライナーは昔、母から父親がいない理由はエルディア人だからと聞かされました。

その話を聞いてライナーはマーレ人を志すことにしました。

 

ライナーが小さく戦士候補生だった頃、パラディ島に攻撃を仕掛ける作戦が出てきていました。

戦士候補生の7人中、6人が巨人の継承者に選ばれるそうです。

しかしライナーは人より優れている所はマーレの忠誠心だけで、ドペ扱い。

 

ライナーはその頃、パラディ島を制圧すれば世界を救えると考えていました。
 
 
  
  

 

ライナー、口が達者ですね

 

パラディ島へ

出典:Twitter

巨人の継承者が決まっていきます。ポルコからドベ扱いされたライナーは鋼の巨人の継承者に。

ポルコは巨人の継承者になれませんでした。

ライナーは父親に鎧の巨人になれたことを知らせようとしましたが、拒否されてしまいます。

 

ライナーは世界の英雄になることを決心し、パラディ島に乗り込みました。

乗り込んだ夜、マルセルはライナーに謝り始めます。

マルセルは弟のポルコを守りたかったため、巨人の継承者にならないように軍の印象操作を行っていました。

翌朝、マルセルはライナーを庇って野良の巨人に食べられてしまいます。

 

アニは顎の能力を飲み込んだ巨人を捜して帰ろうと提案しました。

ライナーはマルセルが飲み込まれるのを防がずに帰ればアニやベルトルトも責任を問われると説明します。

ライナーは自分がマルセルになると言い、故郷に帰らずに作戦を決行することに。
 
 
  
  

 

進撃1期の1話のエレンたちのような小さい子たちが

壁を破壊したのかと思うと複雑な気持ちになりますね

何を果たすのか

出典:Twitter

アニは王都の中で情報を集めました。この情報を持って故郷に帰ろうと提案します。

しかしライナーはウォール・ローゼを破壊し始祖の巨人をあぶり出す作戦を考えました。

 

ライナーは昔、エレンから

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました