スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アニメ】進撃の巨人 4期の63話(4話)ネタバレ感想 | 迫る祭事!クルーガーの送った手紙はどこへ?

進撃の巨人
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「進撃の巨人4期」の63話(4話)を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて63話(4話)を振り返ってみましょう。

祭事に向けて話が進んでいきましたね。

なかなかファルコの気持ちがガビに伝わらず、彼に同情してしまいます。
 
 
  
  

 

嵐の前の静けさのような話でしたね

 

 

スポンサーリンク

『進撃の巨人4期』前回の第62話(3話)のあらすじと振り返り

出典:Twitter

故郷に帰ってきたライナーは戦士候補の頃やパラディ島に乗り込んだ時の事を振り返ります。
昔、ライナーは母親が父親ともう一度暮らせるように名誉マーレ人を志しました。

 

見事ライナーは鎧の巨人の継承者となり、パラエィ島へ向かいます。
しかしパラディ島に着くと、顎の巨人の能力を持つマルセルが野良の巨人に食べられてしまいました!
帰ろうと提案するアニに、ライナーはマルセルが飲み込まれるのを防がなかったことを責任に問われると反論。
ライナー、ベルベルト、アニの3人は島に残り、作戦を進めることになりました。

 

結局パラディ島で何も果たせずに終わった事を振り返り、銃で自殺を図ろうとします。
しかし、能力は劣るもののガビのために巨人継承者を目指すファルコが目に入り、自殺をやめました。

 

前回の話 ⇒【アニメ】進撃の巨人4期の第62話(3話)ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『進撃の巨人4期』の第63話(4話)ネタバレ・あらすじ・感想

出典:Twitter

戦士候補生の一人、ファルコ・グライス。想いを寄せるガビ・ブラウンを守るためには、自分が「鎧の巨人」を継承しなければならない。しかし、ガビとの成績の差は開くばかり。肩を落として歩く彼に、1人の男が声を掛ける。

出典:「進撃の巨人4期」公式ページ

ファルコはクルーガーの手紙を送るようになっていました。

 

一方、マーレにはタイバー家が来訪。

タイバー家の当主・ヴィリーは祭事の舞台に立つことを改めて意思を伝えます。

 

ファルコはガビを守るために鎧の巨人の継承者になろうと努力を続けます。
しかしガビにはその気持ちが伝わらず…。

クルーガーの手紙

出典:Twitter

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました