【決定版】おすすめアニメ120選

【アニメ】鬼滅の刃の13話ネタバレ感想 | 元十二鬼月との戦い!善逸はただのヘタレではない!

鬼滅の刃

アニメ「鬼滅の刃」の13話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「鬼滅の刃」の13話を振り返ってみましょう。

ひとまず鬼を倒し外を目指す善逸と正一。

正一が「さっきから同じところ回ってませんか?」と言えばやっぱりそうだよね!という善逸。

一方、炭治郎は鼓を持つ鬼と戦いを挑みますがどうなるでしょうか。

善逸の正一への信頼感が笑えます。

自分が眠っている間に鬼を倒したんですが、起きて鬼がいなくなってたら正一が倒したと思い込んでるんですね。

アメリア
アメリア

善逸のヘタレっぷりが相変わらずすごいです!

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

『鬼滅の刃』前回の第12話のあらすじと振り返り

屋敷にいた鬼に炭治郎、善逸は遭遇します。

善逸が鬼に恐怖し気絶したと思いきや、まさか気絶しながら「雷の呼吸」を発動!

一撃で鬼を倒します。

一方、炭治郎はさらわれたお兄さんを見つけ出し無事に外に出るように指示します。

いざ炭治郎は屋敷の主である鬼に挑みます。

どんなときでもお兄ちゃんらしく、心配でいっぱいの子たちが不安にならないように頑張る炭治郎がいい子ですね。

善逸が強すぎてビックリしました!

前回の話 ⇒ 【アニメ】鬼滅の刃の第11話ネタバレ感想

 

『鬼滅の刃』の第12話ネタバレ・あらすじ・感想

屋敷の主・響凱が鼓を打つたびに部屋が回転し、炭治郎は苦戦を強いられる。
前の戦いで骨折している炭治郎は弱気になる自身を鼓舞して、必死に立ち向かう。
響凱が使う血鬼術による攻撃にも圧倒される炭治郎。果たして、無事に響凱の頸を討ち取ることができるのかー。

出典:「鬼滅の刃」公式ページ

屋敷の主の鬼・響凱と炭治郎が激突!

鼓の仕組みをわかっていても、素早く動く部屋に苦戦する炭治郎です。

炭治郎のある言葉を聞き、過去の思い出が頭によぎります。

早く十二鬼月に戻るために響凱にも焦りが見えますね。

炭治郎が「名は?」と聞くと素直に応えてくれたので本当は悪い鬼ではなかったのかもしれないです。

鬼なのでもちろん人を食べてますし悪いんですけどね。

アメリア
アメリア

手毬鬼・矢印鬼との戦いからあまり時間が経っておらず、怪我したまま戦っているので不安です。

激戦!響凱と炭治郎の戦い!

炭治郎を探す善逸と正一は鼓により、偶然にも窓のある部屋に抜けます。

一方、炭治郎は屋敷の主・響凱との戦いへ。

鼓のカラクリに気づくものの、素早い攻撃で悪戦苦闘します。

「俺は折れない!諦めない!」という炭治郎に、響凱には「諦めなよ」という誰からかにかけられた言葉が浮かびます。

どうやら響凱は人間の頃に、書物を書いていました。

響凱につく編集からは「紙と万年筆の無駄」「全てにおいてゴミ」と散々な言われよう。

この家に閉じこもって趣味の鼓でも叩いていればいい、と言います。

そんな記憶が頭に出たのか、攻撃が一層激しくなり部屋がぐるぐると回り続けます。

響凱の辛い過去が明かされましたね…。

何かを作るのが趣味だと特に響凱に感情移入してしまいます。

炭治郎のいる部屋がぐるぐると動きますが、こんなに動いたら絶対に乗り物酔いしそうです。

アメリア
アメリア

響凱さんも辛い時期があったんですね。

紙を踏まない炭治郎

部屋の回転の速度は増し、部屋の中を横切る爪も3本から5本へ。

そんな戦いの中、響凱はある炭治郎の姿に驚きます。

炭治郎は響凱が書いたと思われる原稿用紙を決して踏みません。

炭治郎は紙を踏まなかったことにより、新しい呼吸法を考え骨折をカバーすることに導き出します。

見えない爪の攻撃には少しだけ紙の匂いがすることに気づき、炭治郎は爪の攻撃を見切れるように!

「水の呼吸 玖ノ型・水流飛沫・乱!」を出し、見事、響凱に会心の一撃を与えます。

響凱に敬意を払い、最期のちからを振り絞り響凱は「小生の血鬼術はすごかったか?」と声をかけると、「すごかった」と答えます。

過去にきっと誰からも認められなかった響凱にとっては嬉しい言葉でしたね。

名前を呼びながら最後にトドメを刺す炭治郎の姿が好きです。

最期に少しだけ救われていて感動しました。

今回炭治郎が出した水の呼吸のCGとアニメの融合がとても綺麗で迫力がありました!

アメリア
アメリア

救われる終わりでよかったです。

外へ向かう炭治郎たち

出典:「鬼滅の刃」公式Twitter

戦いを終えた炭治郎は、屋敷の残るてる子と清の元へ。

炭治郎は匂いから善逸と正一が外へ出ていることに気づきます。

しかし「血の匂い」がすることも感じとります。

その頃善逸は禰豆子が入っている木箱を抱え込み、イノシシ頭の青年から必死に守っていました。

「命より大事なものだって…言ってたから…」と言いながら守ります。

時間を少し遡ると、善逸たちが外へ出た後にイノシシ頭の青年も屋敷から抜け出しました。

「その中には鬼が入っている」とイノシシ頭の青年が言いますが、善逸は炭治郎に出会った時から知っていました。

直接炭治郎に聞くから引っ込んでろ、と必死で箱を守ります。

ビビリなキャラだと思ったらちゃんとやるときはやるんですね…!

怖いことがあったら逃げ出すタイプだと思っていたので驚きました。

本当はまっすぐで優しくていいキャラだと分かり、善逸が一気に好きになりました。

アメリア
アメリア

ボロボロになりながらも箱を精一杯守り続ける善逸に感動しました。

『鬼滅の刃』第13話のTwitterでの評判・口コミ

 

 

 

#鬼滅の刃

『鬼滅の刃』第13話を見た感想まとめ

炭治郎、善逸大活躍でしたね。

元十二鬼月・響凱との戦いに、自分の嗅覚や水の呼吸を活かしながら戦う姿に魅了されました!

イノシシ頭の青年が鬼殺隊の同期だったことが明かされましたが、これからうまくやっていけるのでしょうか?

アメリア
アメリア

イノシシ頭の青年の誤解が解ければいいんですが…。

→ 次の話 【アニメ】鬼滅の刃の第14話ネタバレ感想

← 前の話 【アニメ】鬼滅の刃の第12話ネタバレ感想

鬼滅の刃 全話一覧

鬼滅の刃 無限列車 有料配信

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
ちか

アニメやマンガが大好きなインドア人間。小学生の頃「ひぐらしのなく頃に」や「カードキャプターさくら」を知り、そこからアニメを見るように。特にアイドルアニメやオリジナルアニメ作品が好きですが、ジャンル問わず気になったアニメを見ています。

Follow Me!
鬼滅の刃
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました