スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アニメ】リゼロ1期(新編集版)の22話ネタバレ感想 | 怠惰の大罪司教が秘めたる力

【アニメ】Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)の22話あらすじ・ネタバレ感想 | 怠惰の大罪司教が秘めたる力 Re:ゼロから始める異世界生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)」の22話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)」の22話を振り返ってみましょう。

白鯨との戦いを終え、スバルは魔女教との戦いへ向けて動き始めます。追加戦力として合流した、残る鉄の牙の面々に紛れて、騎士ユリウスもスバルたちのもとにやって来ました。
 
 
  
  

 

魔女教徒たち、そしてペテルギウスとの戦いが始まります!

スポンサーリンク

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』前回の第21話のあらすじと振り返り

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』前回の第21話のあらすじと振り返り

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

白鯨が三体に増えたのを見て、戦意を失っていく討伐隊の人々。それでもスバルやクルシュたち一部は、諦めませんでした。白鯨が分裂しているだけだと睨んだスバルは、本体に狙いを絞った作戦をクルシュに提案します。危険な賭けですが彼女も承諾し、クルシュの鼓舞で立ち上がった討伐隊とともに作戦を開始しました。

レムの魔法に運ばれ、上空にいる白鯨の角へ飛び移ったスバル。そのまま飛び降り、魔女の残り香で白鯨を空から引きずり降ろします。白鯨がスバルを追い続け目標地点に入り、クルシュの合図で爆破されるフリューゲルの大樹。支えを失い倒れてきた大木に圧し潰され動けぬ白鯨に、復帰していたヴィルヘルムがとどめをさしました。

討伐隊の面々は、上ってきた朝日とともに勝利を喜びます。クルシュはスバルと握手を交わし、彼の戦いのため戦力を微力でも貸し出すことを伝えました。限界の来ていたレムを含む王都へ戻る面々と入れ違いに、街道封鎖にあたっていた鉄の牙の残る戦力がスバルたちに合流します。そこには、何故か騎士ユリウスの姿もありました。

 

前回の話 ⇒ 【アニメ】Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)の第21話ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』の第22話ネタバレ・あらすじ・感想

『Re:ゼロから始める異世界生活(新編集版)』の第22話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

白鯨との戦いが終わり、街道の封鎖を担当していた傭兵団の半分が討伐隊の元に戻ってくる。合流した傭兵団の先頭に立つユリウスに対して複雑な心境のスバル。しかし魔女教との戦いを前にこれほど頼りになる味方はいない。白鯨の討伐に感謝を述べるユリウスの真摯な姿を見て、スバルもまたこれまでの振る舞いを詫びる。そしてスバルたちはこちらの動きが割れる前に、魔女教が潜むメイザース領の森へと向かうのだが……。

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

白鯨との戦いを終え、追加戦力と合流したスバルたち。魔女教との戦いに向け、その方針を取り決めます。既に根回しを済ませていたスバルが主な指揮を執り、用意の整った一団はメイザース領へと出発しました。魔女教徒が潜む森に、スバルが単身乗り込みます。森の奥で、仇敵ペテルギウスと対峙しました。

ペテルギウスとの戦闘になるも、きちんと作戦を立てていたために、あっけなくペテルギウスは倒されます。彼が指先と呼ぶ配下を殲滅している部隊の様子を確認するため、スバルたちはペテルギウスの死を確認してその場を離れました。合流して残党狩りに臨もうとした部隊でしたが、突如見えざる手に襲われます。その手にスバルが森の中へ連れ行かれました。

スバルの前に現れる、指先の女性。スバルを追ってきたヴィルヘルムたちに彼女は倒されますが、その存在から怠惰の大罪司教についての新能力が判明しました。ヴィルヘルムの言葉を受け、切り替え動き出すスバル。しかし道中、フェリスに勧められユリウスに近づいたところで、突然周りの人たちが消えてしまいました。

 
   
  

 

とっかえひっかえの怠惰の大罪司教。誰でもあんな感じになっちゃうんでしょうか!

いざ、魔女教討伐へ

いざ、魔女教討伐へ

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」公式ページ

白鯨を討伐したスバルたちのもとにやって来た、因縁の騎士ユリウス。スバルの戦いの傷を心配するユリウスに、スバルは皮肉めいた言葉を返しました。戦力が揃ったことで、一同はスバルを中心に作戦会議を始めます。スバルの提案した作戦は、森に潜む魔女教徒への先制攻撃。村人たちの避難に関しても、スバルは既に根回しをしていました。

納得する彼らにスバルが激励の言葉をかけ、メイザース領へ進み始めました。地竜を操って、ユリウスがスバルの傍にやってきます。彼は真摯に、白鯨討伐への謝辞を述べました。その言葉を受けて、スバルも過去の自分の過ちを認め謝罪します。それぞれ互いの非を認めたことで、少しばかり関係が修繕されました。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました