【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【美少年探偵団】指輪創作とは?美術のソーサクのしゃべり方や声優情報を解説

美少年探偵団
スポンサーリンク
スポンサーリンク

指輪創作は、『美少年探偵団』シリーズにおける美術担当のソーサクは、なわばりにしている美術室にもっとも合っている人ではないでしょうか?

そんな指輪創作の外見や性格、しゃべり方などを解説していきます…!

他にも声優情報もつけていますんどえ、しごらんになってください。

なお、小説11巻までのネタバレを含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

指輪創作こと「美術のソーサク」とは

指輪創作の外見

指輪創作の外見

出典:美少年探偵団公式サイト

ソーサクは、黒髪・象牙色の肌という日本人らしい見た目ですが、瞳の色は青系でオリエンタルな印象がありますね。

制服の着崩し方はかなり独特で、指輪学園の制服を元にしています。
ネクタイを首輪のように巻いて、白衣を萌え袖にする着こなしが、なんだかかわいいですね。

授業を抜け出したり、制服を切ってしまったりする生徒がいるような美少年探偵団ですが、その中でも群を抜くほどの改造度になっています。

11巻では、ソーサクは眉美のために首に鈴をつけることとなるので、リボンの上に着けているのでしょうか?
そのあたりの記述がなく不明ですが、全体のバランスが崩れるのでソーサクならなにかしら着崩しを変えているかもしれません…!

加えて、なんと女装をして学園に通っていたようですね。
その姿は描かれていませんが、もし11巻分すべてがアニメ化するとしたら、最後に見せていただけるのでは…!と期待してしまいますね。

アメリア
アメリア

日本人らしいけど、ハーフっぽさもあってカッコいいよね!

ちなみに、『美少年探偵団』シリーズが原作のどこまでアニメ化されるのかを予想した記事を別途用意していますので、そちらもご参照ください。
ソーサクがたくさんしゃべってくれる巻までアニメ化すると、非常にうれしいですね。

【アニメ】『美少年探偵団』は原作の何巻まで?何クールまで放送予定?
【アニメ】の『美少年探偵団』の原作は小説です。2021年春アニメである『美少年探偵団』は小説の何巻も内容まで反映し、何クールまで放送するのかを予想していきます。
スポンサーリンク

指輪創作こと「美術のソーサク」の性格

無口な性格と思っていたら…?

性格は無口のため、最初の段階での判断は困難でした。
無口である理由としては、口下手であるところは本人も認めており、「表現者ゆえに率直な表現はできない」ともいっているので、口を開かなかったのは出来る限り口を開きたくないためと、団長が全てをわかってくれるからではないでしょうか?

学校では、指輪学園の御曹司である指輪創作に話しかける猛者もあまりいなかったようなので、話しをする場面も少なかったのでしょう…。

そのため、しゃべらなくても生活が成り立っていたのですね。

しかし、ある出来事がきっかけでソーサクは多弁になります。
それよりも前の出来事でも、眉美に対し口を開いてくれる瞬間はかなり多かったので、ソーサクと仲が良くなっていくとしゃべる機会も増すのではないでしょうか?

例えば、5巻目の「パノラマ島美談」では、主人公である眉美がスケッチをするソーサクにしきりに話しかけるシーンがあります。

その際には、ある美術館の謎を二人きりで解くという試みをしていたため、周りにだれもおらず、無口なソーサクに対して眉美が一人語りをしながら美術館の謎について疑問点を上げ連ねているという状況でした。

無表情・無言のソーサクに対しハイテンションな眉美はあまりの居づらさに「迷惑かけちゃ悪い」と言いますが、ソーサクは「邪魔だけど、迷惑だなんて思わない」という発言がありました。

優しい性格をしている

6巻目の「D坂の美少年」では眉美が殺されそうになり、学校で生活するために檜風呂の作成を「マユのためなら」と言ってすぐに作成してしまったりと、仲間にはかなり優しい性格をしていると思われます。

美少年探偵団以外の人物とソーサクが会話をんしている場面は作中で登場していませんが、元々の性格は優しいのでしょう。
また、団長である双頭院学にも服従と言っていいほどの従順っぷりを発揮しているので、一度尊敬や感動、尊敬持ってしてしまうと、その人物を敬ってしまうのかもしれませんね。

10・11巻にかけて、ソーサクは三日三晩昏倒してしまった眉美の世話をしており、「排泄物の処理さえも喜びでしかなかった」と言うほどですから、感謝や尊敬の度合いが大きければ大きいほど尽くし、返す性格と言っても差し支えないのではないでしょうか?

アメリア
アメリア

眉美との仲が良くなるにつれて、いろんなソーサクが見られるのが楽しい!

スポンサーリンク

美少年探偵団の役割・才能

ここでは、美少年探偵団の役割・才能について紹介していきます。

美術作品以外も作れる

『美少年探偵団』のなかには二つ名が、存在します。
主人公でいうところの「美観のマユミ」ですね。

指輪創作は「美術のソーサク」と呼ばれており、名前の通り美少年探偵団の美術を担当しています。
しかし、この美術というのは幅が広く、例えば服飾としてバニーガールやスカジャンを作ったり、男装や女装までさせてしまいます。

驚くべきは、服を作ることから着付けまですべてをこなしてしまうという点ですね。
美術担当の幅は服飾だけにはとどまらず、美少年探偵団全員で制作に取り掛かった天井絵もそうですが、食器やベッドの作成もします。

11巻では医療器具まで作ってしまうのですから、美術のソーサクに作れないものはあるのか?と聞いてしまいたくなりますね。

ほかにも、ボディーメイクの一環としてマッサージまですることができるので、人の上に立つ側の人間であるソーサクですが、リーダーやメンバーに尽くすこともできる、何にでもなれる人と言えるでしょう。

ビジネスの才能を持っている

また、指輪財閥においても非常に才能を発揮するソーサクはビジネスの才能も持っています。
そのため、眉美からは「天才児くん」と呼ばれているわけですが、その力を美少年探偵団にもフルで使っています。

例えば、調べ物をする際にもそうですが、ヘリコプターは作中で2回ほど登場しています。
最終的には眉美がそのヘリコプターをとある先生に渡してしまいますが、簡単にヘリを操縦者付きで用意することができるのは、指輪財閥の力を持つソーサクにしかできない力の使いどころといえるでしょう。

アメリア
アメリア

本当に多才だから、美少年探偵団のなかでだけで美術の才能を腐らせるなんてもったいないよね。

スポンサーリンク

ソーサクの口調・メンバーの呼び方・一人称

出典:美少年探偵団公式サイト

ソーサクが多弁になるのは、11巻目からです。
最後の最後でようやく長文をしゃべるようになったソーサクですが、その口調やメンバーの呼び方・一人称はどのようなものなのでしょうか?

ソーサクの口調

ソーサクは、かなりの良いところの生まれです。
そのためか、小説を読んでいるとかなり上から物をいう癖があるように思えます。

例えば、「ほら。水だ。正確には生理食塩水だ。髪ストローが差してあるから咥えろ、まゆ」、「受け取らなくていい。麻酔でわかりにくいだろうが、まゆの右手には点滴の針が刺さっているーーー口元まで運ぶのは俺の左手だ」などの発言があります。

基本的には断定系の命令口調といえるでしょう。

また、一応1年先輩である眉美に対し「まゆ」と呼び捨てどころか実は愛称で呼んでいるところから、他人に遠慮はあまりせず、先輩というだけでは尊敬をしていないのでは?とも思わせますね。

ソーサクの一人称は「俺」

一人称は「俺」です。

作中に「もちろん、瘴気に戻った俺達は、すぎさまドクターヘリを要請しようとしたーー…」とあります。

ソーサクのメンバーの呼び方

眉美のことは「まゆ」と呼んでいますが、ほかの呼び名は「リーダー、ミチル、ナガヒロ」などとなっています。

眉美は「美観のマユミ」なので、「マユミ」と呼ぶのかと思いますが、そこはちょっと違うようで、元々眉美のことは気に入っていたのかもしれませんね。

もしかしたら、一番後に入ったのが眉美だからかもしれませんが…、美少年探偵団の入団順は作中に書かれていない点ですので定かではありません。

アメリア
アメリア

中学生ってことを忘れそうになるね。

スポンサーリンク

指輪創作は指輪財閥を運営している

出典:美少年探偵団公式サイト

指輪創作は、主人公が通う指輪学園を運営している財閥の跡継ぎであり、実際はほぼソーサクが指輪財閥を運営しているとのこと。

実際、学校に行きながら美少年探偵団もしつつ財団の経営をこなしていると考えると、かなりのエリートですね。

実は、美少年探偵団の出席率はあまり良くないことを作中で語られていますが、それでも両立できているのが素晴らしいですね。
時間の使い方を学びたいくらいです。

眉美が依頼人として美少年探偵団と会った時も、ヘリコプターを用意したり、スマートフォンを画材のように直書きしたりと、金銭感覚が庶民とは違いすぎるエピソードがありますし、美少年探偵団が着ている衣裳もほとんどがソーサクが採寸から初めて作ったものですので、その材料費は勿論ソーサク持ちでしょう。

そのことを考えると、ソーサクは跡取りとして自分で稼いで自分で使っているという認識なのかもしれませんね。

アメリア
アメリア

お金の使い方が大雑把…!

指輪財閥はソーサクに美術活動をさせたくない

指輪学園では、音楽や美術と言った副教科がありません。

7年前に美術がなくなったとは作中で書かれていますが、それは指輪学園側の意向だったようです。
学校から教科をなくしてしまうほど、指輪財閥は美術をあまりよく思ってはいないようですが、作中での指輪創作は芸術の申し子的な存在です。

ソーサクと二人きりで美術室のいるときは、眉美が一対一という状況に耐えかねてヌードモデルを務めているとのこと。
その作品を美術室に飾らないでほしいと言われたソーサクですが、家での芸術活動を認められていないソーサクは家の芸術作品に紛れ込ませてしまいます。

その作品が美術館の館長の目に留まり、美術館に飾られてしまうほどの騒動になりました。
専門家から見ても素晴らしい作品と言われるほどのもの、をソーサクは作っているということになりますね。

『美少年探偵団』シリーズは眉美の視点から物事を見ることになりますが、その眉美の視点からは素晴らしい芸術品の数々や天井絵、服飾技術や医療器具の作成などなんでもやってしまうなんでもできる人というイメージがあります。

やはり、『美少年探偵団』から離れてもソーサクの芸術センスは認められるほどなのですね…。

アメリア
アメリア

ソーサクが世間に認められるほど、指輪学園に美術がないのが惜しいね。

スポンサーリンク

指輪創作と美少年探偵団との関係性

指輪創作と美少年探偵団との関係性

出典:美少年探偵団公式サイト

瞳島眉美こと「美観のマユミ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
美少年探偵団
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク