【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【美少年探偵団】指輪創作とは?美術のソーサクのしゃべり方や声優情報を解説

美少年探偵団

指輪創作は、『美少年探偵団』シリーズにおける美術担当のソーサクは、なわばりにしている美術室にもっとも合っている人ではないでしょうか?

そんな指輪創作の外見や性格、しゃべり方などを解説していきます…!

他にも声優情報もつけていますんどえ、しごらんになってください。

なお、小説11巻までのネタバレを含みますので、ご注意ください。

指輪創作こと「美術のソーサク」とは

スポンサーリンク

指輪創作の外見

指輪創作の外見

出典:美少年探偵団公式サイト

ソーサクは、黒髪・象牙色の肌という日本人らしい見た目ですが、瞳の色は青系でオリエンタルな印象がありますね。

制服の着崩し方はかなり独特で、指輪学園の制服を元にしています。
ネクタイを首輪のように巻いて、白衣を萌え袖にする着こなしが、なんだかかわいいですね。

授業を抜け出したり、制服を切ってしまったりする生徒がいるような美少年探偵団ですが、その中でも群を抜くほどの改造度になっています。

11巻では、ソーサクは眉美のために首に鈴をつけることとなるので、リボンの上に着けているのでしょうか?
そのあたりの記述がなく不明ですが、全体のバランスが崩れるのでソーサクならなにかしら着崩しを変えているかもしれません…!

加えて、なんと女装をして学園に通っていたようですね。
その姿は描かれていませんが、もし11巻分すべてがアニメ化するとしたら、最後に見せていただけるのでは…!と期待してしまいますね。

アメリア
アメリア

日本人らしいけど、ハーフっぽさもあってカッコいいよね!

ちなみに、『美少年探偵団』シリーズが原作のどこまでアニメ化されるのかを予想した記事を別途用意していますので、そちらもご参照ください。
ソーサクがたくさんしゃべってくれる巻までアニメ化すると、非常にうれしいですね。

【アニメ】『美少年探偵団』は原作の何巻まで?何クールまで放送予定?
【アニメ】の『美少年探偵団』の原作は小説です。2021年春アニメである『美少年探偵団』は小説の何巻も内容まで反映し、何クールまで放送するのかを予想していきます。

指輪創作こと「美術のソーサク」の性格

スポンサーリンク

無口な性格と思っていたら…?

性格は無口のため、最初の段階での判断は困難でした。
無口である理由としては、口下手であるところは本人も認めており、「表現者ゆえに率直な表現はできない」ともいっているので、口を開かなかったのは出来る限り口を開きたくないためと、団長が全てをわかってくれるからではないでしょうか?

学校では、指輪学園の御曹司である指輪創作に話しかける猛者もあまりいなかったようなので、話しをする場面も少なかったのでしょう…。

そのため、しゃべらなくても生活が成り立っていたのですね。

しかし、ある出来事がきっかけでソーサクは多弁になります。
それよりも前の出来事でも、眉美に対し口を開いてくれる瞬間はかなり多かったので、ソーサクと仲が良くなっていくとしゃべる機会も増すのではないでしょうか?

例えば、5巻目の「パノラマ島美談」では、主人公である眉美がスケッチをするソーサクにしきりに話しかけるシーンがあります。

その際には、ある美術館の謎を二人きりで解くという試みをしていたため、周りにだれもおらず、無口なソーサクに対して眉美が一人語りをしながら美術館の謎について疑問点を上げ連ねているという状況でした。

無表情・無言のソーサクに対しハイテンションな眉美はあまりの居づらさに「迷惑かけちゃ悪い」と言いますが、ソーサクは「邪魔だけど、迷惑だなんて思わない」という発言がありました。

スポンサーリンク

優しい性格をしている

6巻目の「D坂の美少年」では眉美が殺されそうになり、学校で生活するために檜風呂の作成を「マユのためなら」と言ってすぐに作成してしまったりと、仲間にはかなり優しい性格をしていると思われます。

美少年探偵団以外の人物とソーサクが会話をんしている場面は作中で登場していませんが、元々の性格は優しいのでしょう。
また、団長である双頭院学にも服従と言っていいほどの従順っぷりを発揮しているので、一度尊敬や感動、尊敬持ってしてしまうと、その人物を敬ってしまうのかもしれませんね。

10・11巻にかけて、ソーサクは三日三晩昏倒してしまった眉美の世話をしており、「排泄物の処理さえも喜びでしかなかった」と言うほどですから、感謝や尊敬の度合いが大きければ大きいほど尽くし、返す性格と言っても差し支えないのではないでしょうか?

アメリア
アメリア

眉美との仲が良くなるにつれて、いろんなソーサクが見られるのが楽しい!

美少年探偵団の役割・才能

ここでは、美少年探偵団の役割・才能について紹介していきます。

スポンサーリンク

美術作品以外も作れる

『美少年探偵団』のなかには二つ名が、存在します。
主人公でいうところの「美観のマユミ」ですね。

指輪創作は「美術のソーサク」と呼ばれており、名前の通り美少年探偵団の美術を担当しています。
しかし、この美術というのは幅が広く、例えば服飾としてバニーガールやスカジャンを作ったり、男装や女装までさせてしまいます。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
美少年探偵団
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

  1. DF より:

    美少年探偵団」で、真由美さんのヌードモデルの話はいつ出てくるのでしょうか?