【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウス(幼年期)の強さと魔術能力・未来の結婚相手たちも紹介

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライトノベルやコミカライズで長年に渡って多くのファンを獲得し続けている「無職転生-異世界行ったら本気出す-」。

今回は「前世の男」から異世界に転生した主人公ルーデウス・グレイラット(幼年期)のキャラクター性や強さと魔法能力を紹介しながら今後の展開や未来の妻となってくれる結婚相手たちの存在にも迫りたいと思います。

 

※ こちらネタバレに関する内容が含まれています

無職転生の登場キャラ一覧は「無職転生の人物相関図」の記事をご覧ください。

無職転生の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

\「無職転生」が観れる公式動画配信サービス /

無職転生 動画配信
U-NEXT 人気 Amazon Prime dアニメストア
¥2,189円 ¥440
31日間無料+書籍1冊 30日間無料 31日間無料
視聴する 視聴する 視聴する
関連記事 無職転生を全巻無料・お得に読む方法

\今だけ割引セール中!!/

無職転生の原作小説を読むなら『コミックシーモア』がとってもお得。会員登録限定50%OFFクーポンあり。全巻無料の試し読みあり

無料立ち読みする ▶︎ コミックシーモアの評判はこちら ▶︎ コミックシーモアの登録方法はこちら

 

スポンサーリンク

ルーデウス・グレイラット(幼年期)とは

【無職転生】ルーデウス(幼年期)の強さと魔法能力・未来の結婚相手たちも紹介

出典:テレビアニメ「無職転生」公式サイト

まずはルーデウス・グレイラット(幼年期)のキャラクター性から紹介していきます。

転生後から本気出す主人公

本作品の主人公で前世の現実世界の頃は自宅から追い出された34歳の無職童貞でオタクかつ引きこもりなニートでしたが、第1話の時点で事故死をキッカケにアスラ王国フィットア領にあるブエナ村に住むパウロとゼニスの間に生まれて(転生して)きた可愛らしい赤ん坊の姿で「ルーデウス・グレイラット」として異世界での新しい人生を始めることになるのです。
両親や仲間たちからは「ルディ」という愛称で呼ばれております。

第1話の詳細は以下の記事をご覧ください。

【アニメ】無職転生の1話ネタバレ感想 | 生まれ変わった主人公、圧倒的な才能?
アニメ「無職転生」の1話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「無職転生」の1話を振り返ってみましょう。あらすじ・Twitterの評判・口コミ・実際に見た感想を述べています。

 

可愛らしい赤ん坊の姿で生まれたルーデウス(幼年期)ですが、転生する前の「前世の男」の記憶や意思が完全に残っております。
そのため前世での”スケベで女好き”な性格もそのまま受け継いでしまっており、家じゅうをハイハイして駆け回りながら母親の下着を被って喜んでいたりと、他人から見ればかなり変態チックな行為も実行してしまいますが、ゼニスからはまだ何も分からない赤ん坊としか見られていないため、この時は少し注意されただけで済みます。

それでも前世でゴミクズのような人生を生きていた自分の情けなさを悔い改めようと「この異世界では本気で頑張って全力で生きること」を固く決意するのでした!

ルーデウスの前世について詳しく知りたい方は「前世の男はクズニートだけど実は勝ち組」をご覧下さい。

 

ルーデウス(幼年期)が決めた”3つの心がけ”とは?

転生された時の時点でルーデウス(幼年期)は前世での自分が犯してきた失敗ばかりの人生を悔い改めることと、この異世界で本気を出して全力で生きていこうと決意を固めた中で、まずは新しい両親を始めとした対人関係を中心に”3つの心がけ”を自身の中に定めます。

  1. 調子に乗らない。
  2. 人のせいにしない。
  3. 努力する。

こうして自分に対する決め事も定めるまでは「偉い」と思われがちですが・・・中身(内心)の方はあくまでもクズ男であった「前世の男」そのままであるため、そうした内面を隠しきれないことが災いして女性キャラとはトラブルを起こしてしまうこともあるのです。

 

少し成長してからの出会いと魔術の修行

ルーデウス(幼年期)として転生してから年月が少し経過すると、早くも3歳に成長して外見や表向きは”真面目なイケメン少年”として振る舞いますが、記憶や意思は、やはりクズ男であった「前世の男」の時から変わっていません。
しかし決してそうした悪い面だけでなく、転生時に自身で立てた“3つの心がけ”はしっかりと守っております。
さらには、この時期から”目標”に向けて自宅内にある誰もいない書斎の中で秘密の特訓を始めておりましたが、それこそが“魔術の修行”だったのです。

書斎の中に置かれていた魔術教本を読みながら独学による特訓を続けた結果、初級の攻撃魔法である「水弾(ウォーターボール)」を早くも習得してしまうのでした!
そして実際に出来るようになれた直後からも続けた結果、思わぬトラブル勃発により壁に大きな穴を開けてしまいますが素直に謝る姿勢とは裏腹に魔法の才能を見込まれて”家庭教師”をつけられるようになるのです。

そして訪れてきたのが、ルーデウスにとって今後の人生の中でも大きな関係を持つことになるロリッコ魔術師ロキシーでした!
これまで独学で修行してきたルーデウス(幼年期)にとって“初めての師匠”との本格的な魔術修行が始まります。
ロキシーとの修行自体は真面目に取り組むのですが、中身である「前世の男」の頃からの悪い癖が働いてしまい、彼女のパンツを盗んでしまうという悪事も働いてしまいます。
(後に隠し持っていたことをメイドであるリーリャにバレてしまいますが、必死にお願いした甲斐あって何とか黙秘してもらうのでした)

そういう意味ではルーデウス(幼年期)にとってロキシーは”魔法の師匠”であることと同時に“パンツ師匠”でもあったりするのです・・・。

 

初めての誕生祝いプレゼント

本作品でルーデウスが転生した異世界では1年ごとに誕生日を祝う習慣はありません。
しかし、その分5年ごとに盛大にお祝いすることとされており、5歳10歳15歳の誕生日は「大きな節目」として特に重要視されているのです。

ルーデウス(幼年期)の場合、自宅内やお庭でのロキシーとの魔法修行に励んでいるうちに5歳の誕生日を迎えてしまいましたが、この日の晩は両親を始めてとして、メイドのリーリャやロキシー師匠も一緒に盛大にお祝いしてくれたのです。
そして自分の誕生パーティーの席で両親とロキシーから素敵なバースデープレゼントも贈られます。

母親(ゼニス)からのプレゼント 新しい魔術教本
父親(パウロ)からのプレゼント 立派な剣
ロキシー師匠からのプレゼント スティック状のロッド

ロキシーからの話では師匠は「初級魔法を使える弟子に対して杖を作るもの」とされており、これはいわゆる彼女からの”手作りプレゼント”と言えるでしょう。
しかしまだ5歳のルーデウス(幼年期)の小さな身体では杖は長すぎて扱いにくいだろうと感じたことによる配慮のため、この時は杖でなく“短身のロッド”をプレゼントしてもらえたということですね。

 

ロキシー師匠と共に”初めての外”へ!

5歳の誕生パーティーも円満に終わりますが、この時にロキシーから「卒業試験」を言い渡されます。
ルーデウス(幼年期)にとって、それは卒業と同時に”大好きなロキシー師匠とのお別れ”も意味するのです。
そうした複雑な想いのまま翌朝を迎えてしまいますが、この日はルーデウス(幼年期)にとって卒業試験よりも前に”大きな壁”が立ちはだかってきます。
それは「卒業試験は家の外で行う」というものですが、実は彼の方は転生してから5歳になるまでの間は一度も家の外から出たことがなかった」のです!

まだ5歳にも満たない子供を両親が出させてくれるはずもないことも1つの理由でしたが「前世の男」の頃の辛すぎる過去の記憶が残っているルーデウス(幼年期)にとって家の門から外へ出ようとするだけでも高校時代に自分を虐め続けてきた大勢の不良生徒たちが集まって待ち構えている光景が見えてしまい、強い恐怖心に襲われてしまうのです!

この異世界ではもちろん不良生徒たちなどいるはずもないのですが、ロキシーによって無理やり馬に乗せられてから動き出した時点でルーデウス(幼年期)の両眼には強い恐怖心を植えつけられてしまったことによる幻覚症状にかかってしまったかのように見えてしまうのです。

ルーデウス(幼年期)「えっ?」
ロキシー「ほら、何でもないでしょう?さあ、出発進行ー!」

この時はロキシーのおかげで何とか“初めての外”へ出ることに成功したものの、卒業試験を行う場所まで移動している間でも村人たちからの視線が強く気になってしまうのです。

ルーデウス(幼年期)「何でこっち見てんだよ?見んなよ!」

本人にとっては村人たちの目つきが前世で「自分を完全に格下を見るような目つきで睨んできていた不良生徒や会社の同僚たち」と重なって見えていました。
しかし、この時の村人たちはルーデウス(幼年期)でなく、ロキシーの方を見ていたのです。

実はロキシーの方もブエナ村に訪れてから単に家庭教師をやっていただけでなく、ルーデウス(幼年期)が午後に父親との剣術修行に励んでいる間には自分の得意としている水系魔法を使うことで村人たちの畑の作物が育つように協力して回っていたのです。

その甲斐あって、今でも魔族に対する風当たりが強いブエナ村の中でも2年間で”村人たちから頼られる存在”にまでなっていたことをルーデウス(幼年期)の方はこの時になって、やっと知ることになります。

ルーデウス(幼年期)「それに比べて転生してから5年・・・俺は家から出ずに何を恐れていたのか

ロキシーとの修行でルーデウス(幼年期)が得てきた“最も大きな収穫”とは魔術能力の向上よりも(ましてやパンツでもなく)こうして家の外に出ることが出来た”だったのではないでしょうか。
卒業試験もロキシーが選んだ場所に辿りついたと同時に行いますが、この時点で既に師匠をも超える魔術能力を習得してしまっていたことにより難なく合格すると同時に卒業を果たしてロキシーと彼女と同じ“水聖級魔術師”となってしまいます。
(これらの”初めての外”や卒業試験はアニメ版の方では第2話で観られることになりますが、ルーデウスにとっても「前世の男」にとっても自身の成長として大きな通過点だったのではないでしょうか)

第2話の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

 

“卒業祝い”と称して「ミグルド族のお守り」を譲られたと同時にロキシーとも“ひとまずのお別れ”をすることになります。

ルーデウス(幼年期)「彼女からは本当にいろんなものを教わった。尊敬しよう、あの小さな少女を!そして彼女に恥じぬよう、この世界で本気で生きていこう!」

ロキシーと一緒に過ごしてきた2年間の記憶が脳裏に蘇り、改めて自身の決意を誓い直しますが・・・自分の部屋に戻ると数ヶ月前に盗んでいた「ロキシーのパンツ」を今でも大事に保管していたことに気づきます。

ルーデウス(幼年期)「ごめんなさい・・・」

そのロキシーとは今後の展開で再会できるものの・・・それは数年も後のこととなるのです。

 

自分以外の弱者も決して見捨てない

無事に卒業まで果たし、ロキシーと(ひとまずの)お別れをしてから数日が経過してからはゼニスからもらえた「植物辞典」を片手に持ちながら村の散策に勤しむようになりました。
この時にはロキシーのおかげもあって前世の頃から抱いてきた“外への恐怖感”もすっかりなくなった上に村人とも笑顔で話せるようにまでなっておりました。

そんな中で同じ村の男の子たちから虐められているエルフ耳をした”ボクッ子”少女であるシルフィエットと出会います。
「自分以外の弱者や落ちこぼれも決して見捨てない」性格も持つルーデウス(幼年期)はすぐに助けると共にイジメっ子たちに汚された髪や顔も自分の魔術も駆使して洗ってあげたことにより、このシルフィエットこそが転生後の“初めての友達”となってくれます。

そして一緒に仲良く遊んでいくうちにシルフィエットに魔法を教えていくようにもなるのです。

 

家庭崩壊を乗り越えた末、2人の妹を授かる

シルフィエットとの楽しい日々を過ごしていくうちに6歳に成長しますが、この時にゼニスが第二子を身籠ったことを聞かせられ、自分にができると知ったルーデウス(幼年期)ですが、その時に大問題も発覚します。
実はメイドとして一緒に暮らしているリーリャもまた、パウロとの間に子供を身篭ってしまい、この時点で2人の”不倫関係”が明らかにされてしまうのです。
(しかし、これはあくまでもパウロの方がリーリャの弱みを握っているのをいいことに彼女に対して肉体関係を強要してきたに過ぎません)

あまりにも気まずく重い空気が漂う家族会議の結果、リーリャは自身の責任を痛感してグレイラット家から出て行くことを宣言しますが、ゼニスの方がそうはさせずにこのまま自分たちの家で「2人の子供を育てよう」と言ってくれた末、2人の女の子が誕生します。

生まれてきた“2人の妹”の名前と特徴は以下のとおりです。

ノルン・グレイラット ・ゼニスとパウロの間から生まれた。
・母親であるゼニスに似た金髪が特徴的。
・兄妹の中で唯一”特別な才能を持たない”普通の子である。
・本人は成長しながら、その”普通”であることに対するコンプレックスを抱くようになる。
アイシャ・グレイラット ・リーリャとパウロの間から生まれた。
・父親であるパウロに似た茶髪をポニーテールに結んでいる。
・あらゆることに才能を持つ”天才児”である。
・母親のリーリャからは将来のルーデウスに仕えるメイドとしての教育を施される。

ルーデウス(幼年期)にとっては”可愛い2人の妹”ですが、本人たちにとってはパウロから生まれた“異母姉妹”という関係となります。
まだ生まれてきたばかりの時点では、ほのぼのと幸せに暮らすものの、彼女たちもやがてはルーデウスと共に大きな展開や戦いに巻き込まれていくこととなります。

 

今後の更なる成長のため、新たな地へ!

ルーデウス(幼年期)として転生してからというもの、ロキシーやシルフィエットとの出会いに続いて2人の可愛い妹たちも授かるなど人間関係においても充実した生活を送りますが、7歳になってからパウロに対して「シルフィエットと一緒にラノア魔法大学に行きたい」とお願いしたことで彼の人生は大きな転換期を迎えることとなります。

2人一緒に大学に行くことを反対された後、お庭の方でパウロから剣術勝負をさせられます。
ルーデウス(幼年期)自身も剣術や腕力では絶対に勝てないことを分かっていたため、自分の得意とする魔法で彼の足止めをしますが、パウロの素早さは彼の予想をあまりにも大きく上回るものであると同時に猛スピードで接近されると同時に首に一撃を喰らうことで気絶させられてしまうのです。

そんな中でかつてパウロやゼニスと同じパーティーで冒険していた仲間の剣士であるギレーヌが訪れてきます。
ここで2人の会話が始まり身体(ルーデウス)こそは気絶したままでも意識(前世の男)の方だけはしっかりと起きたままであるため、彼らがルーデウス(幼年期)本人には知られないように“ある計画”を立てていたことが発覚します。

パウロ「5年間、コイツ(ルーデウス)を親戚の家に預けることにした!」

実は子供たちの知らないところで、パウロはシルフィエットの父親から「自分の娘がルーデウス(幼年期)に依存し過ぎるあまり、親からの言いつけも守らなくなり始めて困っている」と相談されていたのです。
そしてルーデウス(幼年期)の方もシルフィエットに依存し始めていると思われたことを知りますが、それもまた否定できない事実です。
確かにルーデウス(幼年期)自身もまたシルフィエットと共に過ごしながら、彼女に魔術を教えることを優先し過ぎたあまりに自身の成長を疎かにし始めていたこと」に気づきます。

パウロのやり方はかなり力づくであるものの、2人を一度引き離すと同時に「自分の息子を別の新しい環境に移すことで成長させていきたい」という想いを「前世の男」の方も強く納得するのです。
そうして間髪入れることなく、ギレーヌに連れていかれる形で転生した地であるブエナ村から離れていきます・・・。

 

ルーデウス(幼年期)の個人年表

まだ7歳までの短い人生の中でも多くの出会いや経験を積んできてしまったルーデウス(幼年期)ですが、これまでのことをオサライする意味でも、ここで“転生してから7年間までの人生と経験を簡単に振り返ってみましょう。

0歳の時 ・異世界(六面世界の人の世界)に転生し、アスラ王国フィットア領にあるブエナ村でパウロとゼニスの間から”グレイラット家の長男”として誕生した。
・自分の転生してきた地が異世界であると同時に”魔法の存在”にも気づき始める。
1歳の時 ・文字を覚え始めると同時に魔術教本を中心に本を読み始める。
2歳の時 ・魔術教本を参考に自身でも魔術を使い始めてみる。
・自身で使い続ける中で”魔力総量を増やせること”にも気づく。
・この時点で”無詠唱”で攻撃魔術を使えるようになる。
3歳の時 ・家庭教師として訪れてきたロキシーと出会う。
・ロキシーとの魔術修行を始める。
・パウロとの剣術修行も同時進行の形で始まる。
4歳の時 ・これまで通り、ロキシー(魔術)やパウロ(剣術)との修行に励み続ける。
5歳の誕生日を迎えた後 ・ロキシーのおかげで”初めて家の外に出る”ことを果たす。
・卒業試験をパスしてロキシーと同じ”水聖級魔術師”になる。
・ロキシーとひとまずのお別れとなる。
・ブエナ村の中でシルフィエットと出会う(以降は彼女に魔術を教え始める)
6歳の時 ・シルフィエットが”実は女の子”であることに気づく(出会ったばかりの頃は彼女を男の子と思い続けていた)
・家庭崩壊の危機を何とか乗り越えた後に2人の妹を授かる。
7歳になってから・・・ ・パウロの提案により、ブエナ村から離れたボレアス家へ(強制的な形で)移住させられる。

たった7年間もの人生の中でここまで多くの出会いや経験によって大きく成長してしまうとは・・・まさに“末恐ろしい子供”と言ったところでしょうか!
(実際に今後の少年期や青少年期に成長してからは本当に恐ろしいまでに脅威的な存在に変わっていくわけですが・・・)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
無職転生 ~異世界行ったら本気だす~
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク