【決定版】おすすめアニメ120選

アーニャの能力や過去は?かわいい魅力も徹底解説【スパイファミリー】

SPY×FAMILY

『SPY X FAMILY(スパイファミリー)』は、嘘で作り上げた家族の日常を描いている少年ジャンプ+でWeb連載中の漫画作品です。

この記事では、アーニャの能力や過去を解説しながら、かわいい魅力についても紹介します。

記事内にネタバレを含みますのでご注意ください。

 

 

 

\期間限定でお得に読める!!/

1巻を今すぐ立ち読みする

アニメを見てハマった人は原作漫画も読んで下さい。

期間限定で原作が半額で読める(横にスクロール)↓
\無料登録は1分でサクッと終わります/
初回登録時の半額クーポンは今だけ

 

アーニャとは

アーニャは、スパイの黄昏(たそがれ)に課せられた指令”オペレーション梟(ストリクス)”を達成するために黄昏の養子となる少女です。

かわいい容姿と年齢相応の考え方をしていますが、ある機関の実験により超能力を開発されていて他人の思考を読めます。

隠しごとと嘘がいっぱいの黄昏の偽装家族、フォージャー家の登場人物たちの本心をお子様目線で語り、家族を維持しようと奮闘する重要なキャラクターです。

created by Rinker
¥4,224 (2024/04/17 00:03:13時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

アーニャのプロフィール

年齢 作中では不明(4~5歳くらい?)
学校・学年 イーデン校1年生
好きなもの ぴーなつ・すぱいあにめ・せいふく・おしろ・ぺんぎんさん、黄昏、ヨル、ベッキーなど。
苦手なもの テスト・べんきょー・うんどー・人混み

アーニャは黄昏の見立てでは4歳から5歳くらいと判断されましたが、黄昏の思考を読んで6歳だと嘘をついて黄昏の養子になりました。

黄昏の任務達成のために名門イーデン校に入学することになり、優秀な生徒に与えられる「星(スタア)」獲得を目指す「プランA」にアーニャは協力します。

しかし、アーニャは苦手なテストや運動が、なかなか上手くならない残念なスペックでミッションは停滞中です。

そのため、黄昏のターゲットである国家統一党総裁デズモンドの息子ダミアンと仲良くなる「プランB・ナカヨシ作戦」が進行しています。

 

スポンサーリンク

アーニャの性格

アーニャは他人の心の中を読めるのでテストでカンニングなど狡猾に立ち回ろうとしますが、ド天然なので失敗することが多く、落ち込む反面で回復も早い少女です。

ロジャーやヨルの思考を読んで彼らが望むように振る舞おうとしたり、事件の際はそれとなくフォージャー家に有利になるように行動したりするのには、家族という関係と居場所を失いたくないという子供らしい寂しさがうかがえます。

また、アーニャの行動原理は「わくわく」で、好奇心の赴くままに行動して、黄昏やヨルの職業に憧れに似た感情を抱いています。

スポンサーリンク

アーニャの声優は種崎敦美さん

アーニャの声優は種崎敦美さん

出典:「東京俳優生活協同組合」公式サイト

アーニャ役の担当には、東京俳優生活協同組合所属の種崎敦美さんが決定しました。

種崎敦美さんの代表作は、近作では『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』で主人公ダイ役や、『Vivy -Fluorite Eye’s Song-』のヴィヴィ役を務めており、少年からAIヒロインなど様々な役をこなす演技力が評価されています。

created by Rinker
¥574 (2024/04/17 14:10:14時点 Amazon調べ-詳細)

アーニャは超能力「テレパス」の持ち主

アーニャは他人の思考を読み取る強力な超能力「テレパス」の持ち主で、黄昏やヨルはアーニャの能力について知りません

それぞれの職業や正体を知っているアーニャは、ことわざにある「子はかすがい」の通り、嘘にまみれて壊れやすい疑似家族の関係にある、フォージャー家のキーパーソンとなっています。

スポンサーリンク

テレパス能力はどこまで読めて強さはどのくらい?

アーニャのテレパス能力は対象が1人の場合は、対象人物が考えている事がほぼ完璧に分かります。しかし、これまで使った能力の描写から、対象の人物が過去を思い出している場合は別ですが、無作為に過去の記憶までは読めないようです。

テレパス能力を使用できる範囲については、作中では言及されてはいません。アーニャが能力を使おうとする街中やイーデン校の教室の場面などの描写から、アーニャの視界に入る範囲までは読み取ることが出来ると推定されます。

アーニャはとある事件を通じてフォージャー家の飼い犬となった超能力犬ロイドの未来予知を読み取ることで、未来を察知できるようになります。

スポンサーリンク

強すぎる能力の弱点は2つ

一見完璧に見えるアーニャの能力には、次の二つの弱点があります。

・強すぎる能力に幼いアーニャの脳が耐えられない
・月に一度、能力が使えなくなる日が来る

アーニャの能力の強さとコントロールの未熟さなのか、対象を決めないままテレパスの範囲を広げると、その場全ての人の思考を察知できます。

しかし、無作為に範囲を広げるとその場全員の思考が入り混じってしまう弱点があり、情報を処理しきれずに幼い脳がオーバーヒートのような状態に陥ってしまい、不特定多数の人間のいる人混みが苦手で体調を崩してしまうこともありました。

また、月に一度の新月(月が出ない日)には能力が使えなくなることアーニャによって語られていて、この現象はアーニャの能力を開発した組織によって「えくりぷす」と名前が付けられています。

スポンサーリンク

成長したら能力も強くなる?

アーニャの能力はまだまだ未熟で発展途上であり、成長して大人になった時に脳の情報処理能力が増して使い方を誤らなければ、アーニャは超能力によって憧れのスパイとしての諜報能力に長けた人材になることが予想されます。

ゆくゆくは黄昏が所属するWISEに就職したりするのかもしれません。

懸念材料としては、超能力があることで能力が脳の機能を圧迫して廃人になったり人の心の闇を覗きすぎて闇落ちしたりする可能性もあるので、使い方次第なのでしょう。

黄昏やヨルとの疑似家族関係は、幼いアーニャの未来を決定づける要因の一つとなりそうです。

 

アーニャの過去・なぜ孤独?プロジェクト「アップル」とは?

黄昏の所属するスパイ組織WISEの協力者でタバコ屋の店員に偽装しているフランキーの調査によると、アーニャには出生記録が無く、年齢や両親に関する情報が何もないことが語られていました。

また、アーニャがはここ1年くらいの間に4回里子に出されていて、2回ほど施設を替わっていることが分かっています。

スポンサーリンク

旧姓は「ウィリアムズ」「レブスキー」「ロッシュ」

作中で黄昏が読み上げた資料によると旧姓は「ウィリアムズ」、「レブスキー」、「ロッシュ」などです。

黄昏が訪れた劣悪な施設の運営者が、内心では不気味な子供と思っていたことも超能力者のアーニャは知っていて、保護対象となる親を求めていました。

スポンサーリンク

アーニャはなぜ孤独なのか

アーニャの過去は現在のところ不明で、天涯孤独なのは戦災孤児の黄昏と共通していますが、原因となったのが東西戦争でないことは確かです。

単行本8巻の描写では東西戦争終結は10年以上前と言われているので、アーニャが生まれたのは年齢から考えて東西戦争以降なので時代が合いません。

アーニャは戦災孤児ではなく、1話で組織によって偶然生み出されたとモノローグで語られています。このモノローグの意味は、2つの解釈が考えられます。

  • 東国の政情不安によって両親と死別、もしくは捨て子となり、組織に拾われ超能力を開発された
  • 組織によって超能力を遺伝子操作によって設計されたデザイナーベビーで、生まれつき超能力を持った存在だった

正解は不明ですが、黄昏との出会いは両親のいない孤独なアーニャにとってかけがえのないものとなり、偽物の家族関係であってもフォージャー家の養子となったのは「わくわく」したいアーニャにとって幸運でした。

スポンサーリンク

能力はプロジェクト「アップル」の名残り?

被験体”007”と呼ばれていたアーニャは、1年前に組織から逃亡したと語られています。

また、予知能力を持つフォージャー家の飼い犬ボンドが組織の研究者から「8号」と呼ばれていたので、アーニャとボンドは同じ研究組織によって研究対象となっていたのではないかと思われます。

アーニャとボンドの回想で実験に参加している研究者がミスリードの可能性もありますが、同一人物なのではないかとおぼしき描写があるためです。

スパイ組織WISEの調査で、東国の旧政権下で行われていたプロジェクト「アップル」によって、ボンドが研究対象となっていたことが判明しています。

プロジェクト「アップル」とは?

東国の旧政権下で行われていたプロジェクト「アップル」は、軍事目的でIQの高い動物を生み出す研究でした。

旧政権の政権崩壊によってプロジェクトが頓挫したことで、ボンドは過酷な実験を生き残ったのだろうという推察が、黄昏と上司のシルヴィアによって語られています。

ボンドは解体された組織によって処分されずに、闇ルートでテロリストに売り払われていたところ、アーニャと出会ってフォージャー家の一員となりました。

アーニャが「007」で、ボンドが「8号」と呼称されていたとすると、1番から6番の名を持つ研究体が今後登場することがあるのかもしれません。

 

アーニャのかわいい魅力とポイント

不幸な生い立ちによる腹黒い一面がありつつも、アーニャの天然なあざとかわいさと無邪気な笑顔は、登場人物たちのハートを次々ととらえていきます。

アーニャのかわいいポイントについてピックアップしてみましょう。

created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥2,080 (2024/04/17 14:10:15時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

ポイント① ファッションがかわいい

アーニャは友達のベッキーと買い物に出かけた際に、ベッキーによって様々なコーディネートをされながら休日のウィンドウショッピングを楽しんでいました。

子供服モデルのようなアーニャは仲の良いベッキーと、いろんなかわいい服装を楽しんでいます。

攻めすぎた奇抜な服装も意外と似合ってしまうのは、普段の天然さゆえでしょうか。

スポンサーリンク

ポイント② ドヤ顔がかわいい

ロジャーに誉められてドヤ顔で決めているアーニャ。

普段は勉強や運動がダメダメなアーニャですが、大事な場面では決めるところは決める能力を持っていて、何かを達成したときの「私ってスゴイでしょ!」と言わんばかりの喜びに満ちた表情に魅力を感じます。

他人の心を読めることで人の心の闇に触れやすいアーニャが子供らしく笑うのは、ギャップがあってかわいいです。

スポンサーリンク

ポイント③ 友達と一緒にいるときかわいい

スパイ組織や不幸な生い立ちのアーニャが年齢相応の子供らしく振る舞えるのは、家族や友達のベッキーと居るときが多いです。イーデン校の同級生で、ケンカばかりして仲の悪かったミッションのターゲットのダミアンも、無邪気に笑うアーニャの表情にときめいてしまっている模様。

疑似家族で嘘が多いフォージャー家で黄昏やヨルの心を読んで、嫌われないように振る舞っているアーニャが無邪気な楽しさを感じられるのは、ベッキーと居るときだけなのかもしれません。

アーニャとフォージャー家の関係性について

偽装家族のフォージャー家でアーニャは、これまで里子に出されて何度も施設に出戻ってきた経験から、超能力者であることがバレて孤独になることを恐れています

黄昏やヨルとの関係をアーニャは気に入っていますが、フォージャー家の人々はそんなアーニャのことをどう思っているのでしょうか?アーニャとフォージャー家の人々の関係について考えてみましょう。

スポンサーリンク

ロイド(黄昏)との関係

疑似家族を形成するために「ロイド・フォージャー」という偽名を使って、アーニャやヨルを自分のミッション達成のための道具として利用している黄昏。

その心の内には過去の経験から「子供が泣かない平和な世界を作りたい」という呪いにも似た強迫観念があり、優秀なスパイである黄昏は、フォージャー家が任務達成の使い捨ての関係と身分であることを頭の中では理解しています。しかし、黄昏に好意を持って観察という名目のストーキングをしてきた後輩の”夜帷(とばり)”は、黄昏の感情に微細な乱れがある事を察知しました。

戦災孤児の黄昏は家族の愛情が薄い少年時代を過ごしてきたためか、最初は子供という存在を理解できずにいましたが、少しずつ変化していくことが作中の表現から分かります。その証拠にWISEの上司への報告にアーニャの自慢話を始める親バカぶりも発揮し始め、アーニャと黄昏の親子関係はこれまでの生活を通じて変化していきました。

初めから父親だった男性などおらず、『スパイファミリー』という物語はアーニャと一緒に黄昏が父親として成長していく話なのかもしれません。

ロイド・フォージャー(黄昏)の強さ・能力やミッションを徹底解説【スパイファミリー】
この記事では、主人公ロイド(黄昏)の「正体・強さ・能力」や物語の軸となるミッションを解説するとともに、その過去や世界感について考察します。スパイファミリーの主人公「ロイド」について知りたい人は必見です。

 

スポンサーリンク

ヨル(いばら姫)との関係

疑似家族でロイド・フォージャーの後妻としてアーニャの義母という関係になったヨルは、アーニャのあざとかわいさに母性本能と庇護欲を掻き立てられて、日々胸をキュンキュンさせています。

アーニャの身に危険が及んだ際には、暗殺者としての能力を惜しみなく発揮してアーニャを守ろうとする強い母親役を演じるヨル。

ヨルの職業についてアーニャは超能力によって知っており、「わくわく」するヨルの戦闘能力を気に入って、アーニャは黄昏とヨルが本当の夫婦になるようにセッティングします。

アーニャもヨルに好意を持っているのですが、ヨルの欠点であるメシマズ属性には閉口している模様です。

ヨルについては【スパイファミリー】ヨル(いばら姫)の強さ・能力やかわいい魅力を徹底解説で紹介しています。

ヨル・フォージャーの強さ・能力やかわいい魅力を徹底解説【スパイファミリー】
ヨルは人気漫画『スパイファミリー』に登場する登場人物で、ロイドの偽装結婚相手に選ばれた女性です。この記事では、コードネーム「いばら姫」と呼ばれるヨルの強さや能力、魅力的でかわいい一面などをご紹介していきます。記事内にネタバレを含むので注意してね。

 

まとめ

アーニャは超能力を使って疑似家族のフォージャー家をまとめるキーパーで、子供らしい超能力を使った突飛な行動をすることが多く、たびたび黄昏やヨルを振り回すパワフルでかわいい少女です。

両親を知らない寂しさからか、フォージャー家の関係が本当の家族になるようにズルく立ち回ろうとしますが、ド天然な性格から失敗も多いのが残念でありません。

しかし、その行動に愛嬌があって憎めないところに魅力があり、両親を知らないアーニャの計画通り、黄昏とヨルが本当の両親となる日を待ち遠しく思います。

 

 

 

\期間限定でお得に読める!!/

1巻を今すぐ立ち読みする

アニメを見てハマった人は原作漫画も読んで下さい。

期間限定で原作が半額で読める(横にスクロール)↓
\無料登録は1分でサクッと終わります/
初回登録時の半額クーポンは今だけ

コメント