【決定版】おすすめアニメ120選

【転スラ】「聖魔十二守護王」一覧 | 12体の強さ・スキルを解説

転生したらスライムだった件

聖魔十二守護王はリムルが魔王化したとき、選りすぐりの配下に与えられた称号です。

実力は「転生したらスライムだった件」の中でもかなり高く、さまざまな場面で活躍します。

この記事では、聖魔十二守護王の強さ・スキルや、ほかのリムルの配下たちを紹介します。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

聖魔十二守護王とは

リムル配下12人の最高幹部

聖魔十二守護王とは、テンペストにおいてトップクラスの実力を持つ12人の最高幹部のことです。

この12人の幹部たちは、1人あたり10万の魂を譲り受け、全員『覚醒魔王』に進化しました。

リムルの配下という立場であるため、魔王とは名乗っていませんが、それぞれが強力なスキルを持ちます。

誕生・結束された経緯

聖魔十二守護王が誕生したきっかけは、東の帝国との戦争にあります。

その帝国軍は、あるときテンペストにあるダンジョンのアイテムなどを目当てに、100万人ほどの兵力を送って戦争を仕掛けます。その結果、リムルたちはその兵士を倒し、莫大な数の魂を得ました。

 

「転生したらスライムだった件」の世界では、多くの魂を生贄にすることで覚醒し、強力な能力を手に入れることができます。

そうして、リムルは合計120万個ほどの魂を使い、配下の中でも「魔王種」を持つ者を進化させ、覚醒魔王になります。

これによって、聖魔十二守護王が誕生しました。

また、リムルは配下たちへの褒美という理由の他に、これからさらに強い敵が現れても対処できるようにという理由のもと、聖魔十二守護王が結束されました。

「聖魔十二守護王」一覧|各部下の強さ・能力・スキル

聖魔十二守護王はテンペスト軍の中でも高い実力を誇り、作中でもかなり上位の強さがあります。

ここでは、リムルを守る最高幹部の聖魔十二守護王12人をそれぞれ紹介・解説していきます。

赫怒王ベニマル(紅丸)

ベニマルは、かつてオークによって滅ぼされた大鬼族族長の息子です。深紅の髪と瞳に、黒色の角を持ちます。

リムルがベニマルと名付けたことで、大鬼族から鬼人族へと進化しました。

覚醒魔王化後にスキル「大元帥」が発現したことで、仲間の動きを把握することができ、仲間の強化も可能です。リムルからは非常に信頼されており、リムルの右腕のような存在です。

 

本人の高い指揮能力と合わせることで、テンペスト軍の総大将として実力を遺憾なく発揮します。

また、究極能力「陽炎之王」を獲得したことで実力は並みの魔王すら凌駕し、聖魔十二守護王の最強格であるディアボロにも匹敵するほどです。

闘神王シオン(紫苑)

シオンはベニマルと同じく大鬼族の生き残りで、名づけにより鬼人族へと進化しました。

ファルムス王国軍によってテンペストが襲撃を受けたことで一度は死亡してしまったシオンでしたが、リムルの活躍で生き返りました。

 

究極能力は「暴虐之王」です。このスキルは、敵のエネルギーを奪い、自分の力とすることができます。

それによって、戦闘では常に有利に戦局を進められるため、単体での戦闘力ではベニマルにも匹敵するほどの実力者と言われています。

星狼王ランガ(嵐牙)

ランガは牙狼族のボスの息子です。

ランガの攻撃手段として「黒稲妻」があり、一瞬にして岩すら粉々にするほどの威力があります。

また、スキル「影移動」により常にリムルの影に潜み、リムルを守護しています。

 

覚醒したことで究極能力「星風之王」を取得し、天候を操ることができるようになります。

それにより雷や嵐を発生させ、敵をなぎ倒します。

ランガ単独でも十分の実力を持ちますが、ゴブタと「魔狼合一」して合体することで魔素量を増幅させることができます。その合体を使ったことで、後に苦戦する元魔王カリオンを力を貸し、圧倒的な力を示します。

守征王ゲルド

ゲルドは、かつてテンペストに侵攻してきたオークである魔王ゲルドの息子です。

同じゲルドという名ですが、オークたちがリムルたちの同盟軍に敗れた際、リムルが唯一の生き残りだった豚頭将(オークジェネラル)に父親の意志を継ぐ意味で同じ名をつけました。

名を授かったことで、防御特化のスキル「守護者」と触れた物を腐食させる「混沌喰」を使い、テンペストの盾の役割を持ちます。

 

また、ゲルドの究極能力「美食之王」はあらゆる物を飲み込み無効化する能力と、ダメージを回復させる超回復の力があります。

これらの能力はテンペスト防衛に役立ちますが、攻撃には活かしにくく、聖魔十二守護王の中では戦闘力はそこまで高い方ではありません。

ですが、ハイオーク5000体の黄色軍団を率いるなど軍事的な活躍を見せます。

虐殺王テスタロッサ

 

虐殺王テスタロッサ

出典:Amazon

テスタロッサは、ディアブロが連れてきた原初の悪魔です。

聖魔十二守護王の中ではかなり知性が高く、リムルに外交武官として評議会への参加を命じられるほどです。

テスタロッサは「死の祝福」という核撃魔法を保有しており、遺伝子を強制的に変化させて即死させることができます。

この魔法により、帝国軍をあっという間に全滅させました。

 

また、究極能力「死界之王」は生と死を司り、より敵を殺すことに特化した能力を手にします。

究極能力が無くとも、一瞬にして生物を倒せる力を持つため、実力はかなり高いことがわかります。

残虐王ウルティマ

残虐王ウルティマ

出典:Amazon

テスタロッサと同じく原初の悪魔で、随一の残虐性を見せます。

核撃魔法「破滅の炎」の所有者であり、跡形もなく吹き飛ばすほどの大爆発を起こせます。

ウルティマは、この魔法で帝国の空軍を壊滅させるなどの功績があり、破壊力に非常に優れています。

 

さらに、究極能力「死毒之王」は致死毒を与えて対象を死に至らしめます。

本人の残虐性と相まって、リムルに使用を禁止されるほどの強力な能力です。

破滅王カレラ

破滅王カレラ

出典:Amazon

カレラもディアブロが連れてきた原初の悪魔です。

明朗で真っ直ぐな性格ですが、リムルやディアブロなどに対して全く敬語を使わず、誰に対しても不遜な態度で接します。

 

固有の核撃魔法「重力崩壊」を持ち、ブラックホールを生み出すことであらゆる物体を押しつぶすことができます。

「重力崩壊」は、東の帝国兵との戦闘中に全力を出すなと止められるほど強力で広範囲な能力です。

究極能力は「死滅之王」で、これは力を解放するとすべてを破壊し、敵対者に絶対的な死を与えます。

幽玄王ゼギオン

幽玄王ゼギオン

出典:Amazon

ゼギオンは、ジュラの大森林で傷を負っていた蟲型の魔物です。

リムルに傷の手当てをしてくれたことで、リムルに対して恩を感じ、仲間になりました。

 

ゼギオンの究極能力「幻想之王」は幻覚を見せることができ、魔王ディーノですら見破れないほどの幻覚世界を作ります。

ヴェルドラとの特訓で戦闘特化な力を得たことで、ディアボロやベニマルにも匹敵するような戦闘能力を身に付けます。地下迷宮の80階層を任されており、帝国軍が地下迷宮に侵攻してきたときには1分で精鋭部隊を殲滅するほど強いです。

冥霊王アダルマン

アダルマンは、かつてジュラの大森林で発生する死霊災害を防ぐ浄化活動をしていました。

しかし、そこに生息していたドラゴンゾンビとの戦いで死亡してしまい、画像のような姿になって死者たちの王となります。

その後、リムルが魔王化した際に洞窟から出てきて、挨拶に出向き仲間になります。

アダルマンは、効果範囲内の倒れた人間を、自らの配下にして操るという死者の王に相応しい能力を持ちます。

 

さらには、「聖魔反転」というスキルによって弱点だった聖属性を無効化できます。

近接戦闘は聖魔十二守護王の中で最も苦手と予想されますが、弱点を克服し、強力な魔法を使って死者の大群も操るアダルマンはかなりの実力があるといって良いでしょう。

天龍王ガビル

ガビルはリザードマン王国の首領の息子です。

あるとき、魔族のゲルミュッドに唆されたガビルはゴブリンたちを支配しようと動き出します。

そして王国で内乱を起こしますが、結果として国を追放されます。

その後、リムルに助けられて同じく”ガビル”と名付けて龍人族に進化します。

それによって飛行能力を手に入れ、天龍王の称号を授かりパワーアップしました。

 

究極能力は「御調子者」で、これはわが身に起こる不幸を無かったことにできます。

リムルはそのスキルをでたらめな能力と称し、実際に戦う際はかなりトリッキーな戦い方をします。

魔神王ディアブロ

ディアブロは、リムルに召喚された「原初の悪魔」です。

ファルムス王国との抗争の後、自らリムルの配下になることを願い、現在はリムルの執事のような存在になっています。

リムルに匹敵するほどの強さを誇り、膨大な魔素量と屈服した者を支配できるスキル「誘惑者」で聖魔十二守護王最強格とも謳われています。また、究極能力の「誘惑之王」はリムルの「大賢者」並みに万能な能力です。

 

さらに、悪魔であるため物理攻撃や毒などの状態異常に耐性を持ち、防御面でも鉄壁です。

かつて手加減なしの魔王ギィと戦ったことがあり、最強の座を巡って引き分けになったことがありました。

そのためディアブロは、聖魔十二守護王だけでなく、作中全体でもトップクラスの実力者だと言えます。

幻獣王クマラ(九魔羅)

幻獣王クマラ(九魔羅)

出典:Amazon

クマラは九尾の希少種族である魔物であり、リムルがクレイマンにかけられた呪いを解いてくれたことで仲間になります。

魔都開国編において、リムルがRPGを模して作った地下迷宮の90階層を守護するようになります。

クマラは究極能力「幻獣之王」を持ち、重力を自在に操ることができます。さらに、思考加速による戦闘時に最適の行動を取れるようになり、瞬間移動すらも可能になります。

 

また、八部衆という九本のうち八本の尻尾が変化した魔獣を従えており、それぞれに固有の能力があります。その八部衆はもともとクマラの一部であるので、クマラ自身も雷や炎を操ったりすることができます。

このように、多種多様な能力があるクマラですが、実力でいえば上位ではあるものの、クマラは80階層のゼギオンに劣ると嫉妬しています。

聖魔十二守護王が登場するのはいつ?

聖魔十二守護王が誕生したのは、東の帝国軍を撃破した後なので、物語としては佳境に入る中盤以降です。

ここでは書籍版、漫画版でいつ登場するのかを紹介します。

書籍版では14巻に聖魔十二守護王が登場

書籍版では、14巻でリムル率いるテンペスト軍と東の帝国軍が激突します。

リムルは、その戦争で勝利した後、褒美として帝国兵100万の魂と、ギィ・クリムゾンから拝借した魂30万を使い、配下たちを覚醒させました。

それによって、リムルから聖魔十二守護王の称号を12人が貰い、『聖魔十二守護王』が誕生しました。

漫画版で聖魔十二守護王が登場するのはいつ?

2021年10月現在、最新刊である19巻にはまだ登場していません。19巻の内容は、魔王たちの宴(ワルプルギス)でクレイマンがリムルを倒そうとするところです。

そして、終始クレイマンを圧倒したリムルが、魔王に認められます。その話は書籍版の5巻くらいですので、漫画版で聖魔十二守護王が登場するのはだいぶ先になりそうです。

聖魔十二守護王では無いリムルの味方・友達・側近キャラ

リムルには、聖魔十二守護王以外にもたくさんの仲間たちがいます。

その仲間は、それぞれが固有の力を持っていたりと実力も高く、リムルのサポートをしています。

ここでは、そんなリムルの仲間や側近のキャラを紹介します。

ヴェルドラ=テンペスト

ヴェルドラは、リムルが異世界に来て初めて出会ったドラゴンで、「暴風竜」という異名を持ちます。

竜種は異世界に4体しかおらず、そのうちの1体がヴェルドラです。

ずっと勇者にスキル「無限牢獄」で封印されていましたが、リムルの「大賢者」によってその封印が解かれました。

 

その後は、リムルの分身を依り代にして人型になり、テンペストに移り住んで「リムルの友達」として暮らしています。

また、その実力はうっかり街を崩壊させるほどであり、天災級と呼ばれています。

ソウエイ

ソウエイは大鬼族であり、オークロードに滅ぼされかけるところをリムルに救われます。

その後、リムルに「ソウエイ」と名付けられたことで鬼人族へと進化しました。

 

テンペストでの役割は諜報活動で、隠密行動や分身によって敵を倒すことが得意と忍者のような能力を持ちます。

戦闘能力も高く、糸を使った戦闘で敵をいともたやすく真っ二つにできます。

シュナ

シュナはオークたちの侵攻によって村を出た大鬼族で、ベニマルの妹です。

魔物ではあるものの神聖魔法を得意としています。リムルを主として慕っており、また一人の魔物として好意を抱いています。

 

そのため、シオンとはリムルを巡った争いが絶えません。

戦闘能力は低いですが、料理や裁縫、リムルの秘書などでテンペストを影から支えています。

ハクロウ

ハクロウは大鬼族の生き残りで、剣術に長けた老人です。

剣の腕だけでいえばリムルすら上回るとされており、出会って仲間になってからはリムルに剣術を指南しました。現在はテンペストで異世界から召喚された子どもたちにも剣を教えています。

 

魔力を使用しない戦い方をし、純粋に剣技のみでその強さまで至っているため、リムルからは非常に頼りにされています。

ラミリス

「精霊の棲家」に住んでいる精霊女王であり、魔王の一人です。

リムルが不完全に召喚されて短命の呪縛を背負った子供たちを救ったとき、リムルとラミリスが出会いました。

 

いたずら好きで能天気な性格ですが、いったん怒らせると無慈悲な魔王の片鱗を見せるなど、魔王だけあって戦闘能力が高いです。

また、スキル「迷宮創造」によってテンペストの地下迷宮を作りました。

ベレッタ

リムルによって作られた魔鋼製のゴーレムに憑依している、リムルに忠実な上位悪魔です。

もともとは、ラミリスが所有するゴーレムをリムルが破壊してしまい、そのお詫びとして上位悪魔をしました。

そのとき、その悪魔と契約して新しいゴーレムを依り代としてラミリスの従者となります。

 

上位悪魔であり、リムルの魔素も貰ったため実力は魔王クラスだとされており、実際に魔王ディーノとも互角に戦いました。

トレイニー

トレイ二―は樹妖精(ドライアド)で、ジュラの大森林を管理しています。

オークロードに対抗すべく、トレイ二―はリムルと協力し、配下になっています。

もとはラミリスの配下であり、そのラミリスがテンペストに移住してからは、リムルに許可を得てラミリスの配下にもなりました。

ヨウム

ヨウムは、ファルムス王国から派遣された辺境調査団のリーダーです。

リムルはオークロード騒動を鎮めた際、リムルのような魔物が倒したということが知られたら警戒されると考え、代わりにヨウムを「オークロードを倒した英雄」に仕立て上げました。

その後、実際に英雄の称号を手に入れますが、その名にふさわしくなるためにハクロウによる地獄の猛特訓を受けました。

ミュウラン

ミュウランは元クレイマンの部下で、テンペストへの潜入を命令されていた女性です。

最初はリムルたちの国のあり方に疑念を抱きますが、徐々に感化されていき、楽しさを感じるようになります。

ですが、クレイマンから指示を受け、葛藤を感じながらテンペスト襲撃の作戦を決行しました。

その後、ミュウランはリムルによってクレイマンの魔の手から救われ、さらに物語が進むとヨウムと婚約しました。

グルーシス

グルーシスは魔王カリオンによりテンペストに送られた狼の獣人です。

もともと、魔王たちは急激に成長してきたテンペストを警戒し、配下のひとりをテンペストに送り、リムルたちの監視を命じました。

 

グルーシスはヨウムの警備隊にうまく紛れることに成功し、テンペストに侵入しました。

その後、テンペストで暮らすうちにその生活が心地よいと感じるようになります。

また、後にファルメナス王国の建国に尽力しました。

シズエ・イザワ

シズエ・イザワ(井沢静江)は、リムルと同じ世界から召喚された女性です。

魔王レオン・クロムウェルに召喚され、炎の魔人イフリートと無理やり同化させられました。

それによって、リムルと出会ったときにそのイフリートが暴走してしまいます。

そのとき、リムルがシズの暴走を止めますが、シズの肉体は老いていきます。

 

シズはリムルに肉体が朽ちる前に、スキル『捕食者』で身体を捕食して欲しいと頼みます。

その後、リムルはシズを捕食したことでスキル「変質者」を獲得しました。

シズは死んでしまいますが、後にそのスキルのおかげでリムルやテンペストに多大な利益をもたらします。

まとめ

この記事では聖魔十二守護王や他のリムルの仲間たちについて紹介してきました。

上で紹介したように、帝国との戦争によって「聖魔十二守護王」という称号をリムルの配下が手に入れました。

また、テンペストの中で、この聖魔十二守護王だけでも現魔王に匹敵するほどの実力があります。

web版や書籍版では活躍を確認できるので、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました