【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【転スラ】ラプラスの正体は勇者?強さや能力・最後はどうなる?

転生したらスライムだった件
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『転生したらスライムだった件』に登場するラプラスは、中庸道化連の副会長を務める”享楽の道化(ワンダーピエロ)”です。

中庸道化連でも屈指の実力者であり、カザリ―ム並みに強いとされたロイ・ヴァレンタインすらも一瞬で倒すほど。

オークロード騒動のときにリムルの敵として初めて登場し、その後もさまざまな場面で暗躍しています。

この記事では、そんなラプラスの強さや正体、最後について解説していきます。

スポンサーリンク

ラプラスとは

ラプラスは中庸道化連の副会長を務めており、「享楽の道化」と呼ばれる妖死族です。

ラプラスは、元魔王のカザリ―ムの使用したスキル“妖死冥産”によって生み出されました。そのため、自身を復活してくれたカザリ―ムに対して強い忠誠心を持っています。

作中では、ガビルを唆して反乱を起こさせたりオークロード騒動の裏で暗躍したりと、黒幕のような存在の魔人です。

大阪弁をより胡散臭くしたような口調で話し、常に飄々とした態度を見せます。

戦闘回数は多いですが、そのほとんどがラプラスの逃走で終わるなど、その性格と相まって掴みどころのない人物です。

ラプラスのプロフィール

名前 ラプラス
種族 妖死族(デスマン)
称号 「享楽の道化(ワンダーピエロ)」、中庸道化連副会長
ユニークスキル 「詐欺師(アザムクモノ)」「未来視(ミエルモノ)」

ラプラスの声優は「中井和哉」さん

中井和哉さんは青二プロダクションに所属する声優さんです。

代表作として、「ONE PIECE」のロロノア・ゾロ役、「血界戦線」のザップ・レンフロ役などが挙げられます。

スポンサーリンク

プラスの正体・素顔についてネタバレ解説

ラプラスの正体は「勇者 サリオン・グリムワルト」

ラプラスは、表向き中庸道化連の副会長を務めていますが、本当の正体は「サリオン・グリムワルト」という勇者です。これは、『転スラ』書籍版の18巻で明らかになりました。

かつてカザリ―ムの父は超魔導大国で“ジャヒル”と名乗り、ミリムの怒りを買ったことでその国は滅んでしまいます。

その国の首都ソーマでは、邪竜の混沌竜(カオスドラゴン)が誕生し、破壊の限りを尽くしていました。この混沌竜を倒すため、ラプラスは戦いを挑み、竜を追い払うことに成功します。

しかし、混沌竜から呪いを受け、瀕死の重傷を負ってしまいました。

勇者サリオンは天帝エルメシアの父

『転スラ』の世界には、”魔導王朝サリオン”という国があり、勇者サリオンと同じ名前です。

実は、サリオンは魔導王朝サリオンの天帝「エルメシア・エルリュ・サリオン」の父親です。そのエルメシアの母親はシルビアという名前で、魔法に関する天才でした。

作中で胡散臭い言動が目立つラプラスですが、以上のことから前世は非常に有名な人物だということがわかります。

カザリ―ムによって復活する

カオスドラゴンとの戦いで瀕死の重傷を負ったサリオンは、呪術王カザリ―ムと出会います。

このとき、カザリ―ムは「妖死冥産(バースデイ)」を発動し、滅亡した国の死体を生贄にしてサリオンを妖死族(デスマン)のラプラスとして復活させました。

こうして生き返ったラプラスは、カザリ―ムに恩を感じてカザリ―ムに従うようになります。

このとき、カザリ―ムに「ラプラス」という名前をつけてもらいました。

スポンサーリンク

ラプラスの保有スキル

ラプラスの保有スキル

出典:Twitter

ラプラスは以下の2つのユニークスキルを保有しています。

  • 「詐欺師(アザムクモノ)」
  • 「未来視(ミエルモノ)」

「詐欺師(アザムクモノ)」

ラプラスが保有する1つ目のユニークスキルは「詐欺師(アザムクモノ)」です。敵の認識に干渉する効果を持ちます。

その効果により、持っている武器を偽装や、自分の死体の生成が可能になります。

作中では、このスキルを使用することでラプラスが持っていた槍をナイフと思わせ、間合いの外から奇襲しました。

また、ジュラの森でトレイニーに襲われたときも、偽の死体を生成してそのまま逃げ切ることに成功しています。

「未来視(ミエルモノ)」

2つ目のユニークスキルは「未来視(ミエルモノ)」です。

ラプラスの切り札とされるスキルで、数秒先の未来が見えます。複数の未来を見通せるため、格上の相手でも互角に戦うことができます。

また、「詐欺師(アザムクモノ)」が通用するかどうかも確認できるため、非常に強力なスキルだと言えます。

スポンサーリンク

ラプラスの強さ・能力 | 中庸道化連で最強

ラプラスの強さ・能力 | 中庸道化連で最強

出典:Twitter

ラプラスは中庸道化連で最も強い

ラプラスは中庸道化連で一番強いとされています。

上で紹介したように、ラプラスはもともと勇者サリオンでした。ラプラスとして復活した後も、以前持っていたスキルを保有しており、凶悪な混沌竜(カオスドラゴン)を追い払える実力も備えているため、非常に強いと言えます。

また、魔王たちの宴が終わった後、ラプラスはロイ・ヴァレンタインと戦闘になりました。ロイ・ヴァレンタインは魔王クラスの実力を持っていましたが、ラプラスはロイを瞬殺しました。

このように、ラプラスは魔王クラスの相手すら超える実力を秘めています。

スポンサーリンク

ラプラスの目的・最後はどうなる?

ラプラスの目的

ラプラスの目的は2つあります。

1つ目は、世界を混乱させて楽しむことです。

『転生したらスライムだった件』において、ラプラスは幾度となくリムルたちを混乱させる事件を起こします。ジュラの森でのオークロード騒動では、陰で暗躍したときに人々が混乱する様子を楽しむような描写がありました。

その後の展開でも、ストーリーを引っ掻き回す動きをたくさん行っています。

2つ目は、仲間と楽しく過ごすことです。

中庸道化連は仲間同士のつながりが非常に強く、ラプラスは特に仲間思いです。ラプラスは覚醒魔王化を企てていたクレイマンに協力し、ガビルを唆したり、人間と魔物を争わせるよう暗躍したりしました。

また、クレイマンがミリムの支配を完了したと勘違いして先走ったときには、友人として助言を施すなど、二人は親友のような関係にあります。

ラプラスの最後

『転生したらスライムだった件』の終盤で、支配されたカザリ―ムやユウキがラプラスと戦うシーンがあります。

この場面では、勇者サリオンだった時代の妻「シルビア」と共闘しました。戦いの最中、ジャヒルの攻撃によって仮面が割れたラプラスは、はじめて素顔を明かすことになります。

このとき、シルビアがラプラスのことをかつての夫「サリオン」だと気が付きます。そうしてシルビアの呼びかけによるり勇者サリオン時代の記憶がよみがえり、すべてを思い出しました。

ユウキが正気に戻ってカザリ―ムの洗脳を解こうとシルビアとも一緒に戦いましたが、最後はジャヒルの放つ業火に包まれ、姿を消してしまいました。

スポンサーリンク

中庸道化連の仲間

カザリ―ム

カザリ―ムはもともと、超魔導大国の王女で、ラプラスたちの生みの親です。

あるとき、カザリ―ムの父がジャヒルと名乗るようになり、娘のカザリ―ムを殺してしまいます。その後は、妖死族(デスマン)として生き返らされました。

ミリムを支配しようとしたジャヒルでしたが、結果的にミリムの怒りを買い、国は滅ぼされてしまいます。

奇跡的に生き残ったカザリ―ムは、仲間と共に生きたいという目的のため、死んだ者たちの魂を使用し、禁忌の呪術”妖死冥産(バースデイ)”を発動しました。それによってラプラスが最初に生まれ、そのあとにクレイマンとティア、フットマンが生まれました。

このように、ラプラスは生き返してもらった恩から、カザリ―ムに対して非常に強い仲間意識を感じています。

カザリ―ムの強さやスキル、過去については以下の記事で紹介されています。

ログイン ‹ アニメガホン — WordPress

クレイマン

元魔王のクレイマンは、ラプラスの次にカザリ―ムによって生み出されました。

ラプラスとは中庸道化連の中でもかなり親しい方で、師弟関係のような間柄です。

また、上でも紹介したようにクレイマンは覚醒魔王化の際に焦りを見せ、ラプラスは師匠としてアドバイスをしました。

傲慢で人を見下す性格の持ち主ではありますが、ラプラスはクレイマンが死んだときに最も悲しんでいました。

クレイマンのスキルや強さについては以下の記事で紹介されています。

【転スラ】魔王クレイマンは弱い?強さは魔王以下?スキルや配下・最後を紹介
...

ユウキ

ユウキは、カザリ―ムによって異世界から召喚された人間です。

カザリ―ムはレオン・クロムウェルに嫉妬して勝負を仕掛けますが、返り討ちに遭い死亡してしまいます。その後、精神体となって彷徨い、魂の器を用意するために人間を異世界から召喚しました。

このとき、カザリ―ムはユウキに敗北し、ユウキの目的に協力することになります。

その目的とは、世界を支配することです。

それからラプラスたちと合流すると、ラプラスはユウキと共に行動するようになります。

ティア

カザリ―ムによって生み出されたティアは、『涙目の道化』という異名を持つ魔人です。

中庸道化連の中では最年少で、妹のような存在です。

中庸道化連の仲間たちと一緒にいたいというのが目的で、ラプラスによく可愛がられています。

フットマン

フットマンは『怒った道化』という異名を持つ魔人で、カザリ―ムによって生み出されました。

性格はラプラスと同じくらい仲間思いで、異名にもあるように仲間が傷つけられれば怒ります。

作中ではカリオンの部下を言いくるめ、カリュブディスの封印を解きました。

物語の終盤では、ジャヒルに操られてしまい、ラプラスたちを窮地に追いやります。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、ラプラスの強さや正体について紹介してきました。

ラプラスの前世はサリオン・グリムワルトという勇者です。さらに、魔導王朝サリオンの天帝「エルメシア・エル・リュ・サリオン」の父親でもあります。

前世が勇者というだけあり非常に高い実力を兼ね備えており、中庸道化連の中で最も強いです。ラプラスは作中でもたくさんの戦闘シーンなどの見せ場が多い人物として描かれています。

仲間思いでとても魅力的なラプラスを、ぜひ『転生したらスライムだった件』を読んで確認してみてください。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク