【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【転スラ】ピエロ集団「中庸道化連」は何者?正体やメンバー一覧・行動目的を紹介

【転スラ】ピエロ集団「中庸道化連」は何者?正体やメンバー一覧・行動目的を紹介 転生したらスライムだった件

中庸道化連は、「転生したらスライムだった件」で序盤から登場する組織です。

ピエロのような外見の集団であり、転スラ世界の各地で暗躍し、目的遂行のため行動しています。

この記事では、そんな中庸道化連について正体やメンバー、目的について紹介します。

スポンサーリンク

中庸道化連とは

中庸道化連は、ピエロの仮面を身につけ、各地で暗躍する集団です。

1人がリーダー、配下が4人の集団であり、「転生したらスライムだった件」の世界各地で目的のために策を弄しています。また、その構成員には感情に因んだコードネームが存在します。

 

この中庸道化連は物語の序盤から登場し、リムルの周りで起こるさまざまな事件に関わっていました。そして、リムルのライバル的な組織として各地で衝突します。

中庸道化連のメンバー一覧

中庸道化連は、次のような構成の集団です。

 

  • 『呪術王』カザリ―ム(カガリ)
  • 『狂気の道化』クレイマン
  • 『享楽の道化』ラプラス
  • 『涙目の道化』ティア
  • 『怒こった道化』フットマン

この5人が各地で暗躍し、リムルの周囲で起こる事件などに関連してきます。

 

 

スポンサーリンク

「中庸道化連」メンバーの正体・目的をネタバレ解説

中庸道化連はカザリ―ムが作った組織です。

各メンバーごとに目的は少し異なりますが、共通していることは仲間と一緒にいたいということです。

ここでは、中庸道化連のメンバーの正体と目的をそれぞれ紹介します。

『呪術王』カザリ―ム

カザリ―ムは妖死族(デスマン)という種族であり、ラプラスやクレイマンたちの生みの親です。

 

もともとは、超魔導王国の王女として生まれたカザリ―ムでしたが、ある時を境に父が豹変してしまいます。それにより、カザリ―ムは父親に殺され、「妖死族(デスマン)」として生き返させられました。

その父親は自らをジャヒルと名乗るようになり、カザリ―ムは奴隷のように使われてしまいます。

あるとき、ジャヒルはミリムの怒りを買い、国が滅ぼされてしまいました。

 

運よく生き残ったカザリ―ムは、もう一度国を興し、仲間と楽しく暮らせる場所を作ることを目的として

中庸道化連のメンバーであるラプラスたちを作り上げます。

『狂気の道化』クレイマン

十大魔王の一人であり、「傀儡国ジスターヴ」の国主の魔人です。

白い紳士服を着ており、態度も紳士的な魔人ですが、内心では他者を見下す傲慢さがあります。

ですが、カザリ―ムの援助によってクレイマンは魔王となったため、カザリ―ムに対しては忠誠心があります。それにより、中庸道化連と密接に結びついていてその副官を務めています。また、『人形傀儡子』という異名を持ち、他の魔王の支配を目論んでいました。

 

クレイマンはリムルが魔王化する原因であるテンペスト侵攻を企てた黒幕です。

ではなぜ、そのようなことをしたのかを解説します。

 

それは、真の魔王になるという目的があったからです。

リムル率いるテンペスト軍とファルムス王国軍を戦わせることで多数の死者を出し、

そこで得られる魂によって覚醒魔王になろうとしていました。

 

結果としてその試みは失敗しますが、リムルが魔王になり、テンペストが発展していくきっかけのような

出来事ですので、クレイマンの特に印象深い場面といえます。

『享楽の道化』ラプラス

享楽の道化(ワンダーピエロ)の異名を持つ魔人で、カザリ―ムによって生み出されました。

そして、リムルを取り巻く事件に関わってくる黒幕的な存在です。胡散臭い話し方が特徴で、常に飄々とした態度を崩さずにいるため、非常に掴みどころのない性格です。

 

ラプラスの正体は「サリオン・グリムワルト」という元勇者です。また、魔導王朝カリオンの天帝エルメシア・エル・リュ・サリオンの父親でもあります。

 

あるとき、サリオンはミリムの飼っていたドラゴンが混沌竜(カオスドラゴン)になり、世界を破滅させようとしていることを知ります。そして、勇者としてエルフの都に向かい、混沌竜と戦って戦死したサリオンでしたが、そのドラゴンを追い払うことには成功しました。

 

その後、カザリ―ムの「妖死冥産」によって生き返りました。このとき、記憶は引き継ぎませんでしたが、戦闘力は勇者時代のまま保持されています。

 

ラプラスは、飄々とした態度の人物ですが、その目的は世界の混乱を楽しむことです。

「転生したらスライムだった件」において登場回数の多いラプラスですが、人々を混乱させるような展開にする場面がよくあります。特に、物語の序盤であるジュラの森でオークロードが暴れた際に、クレイマンの部下として登場するなど、物語を引っ掻き回す役割が多いです。

『涙目の道化』ティア

涙目の道化ティアの目的

出典:転生したらスライムだった件

ティアも、カザリ―ムの禁忌呪法「妖死冥産」によって生み出された妖死族です。

もともとは、エルフの国に住んでおり、王女カザリ―ムの侍女でした。

 

涙目の道化(ティアドロップ)と呼ばれる魔人で、見た目は小さな女の子です。また、喋り方や仕草なども幼く、中庸道化連では妹のような存在です。

カザリ―ムやラプラスほどではありませんが、パワー特化型の能力で、大きな鎌を振るって戦います。

コメント