【決定版】おすすめアニメ120選
転生したらスライムだった件

【転スラ】うざいけど人気「ガビル」の強さやスキル・能力 | 部下や声優情報を紹介

転生したらスライムだった件

「転生したらスライムだった件」に登場する蜥蜴人族(リザードマン)のガビル。

豚頭魔王ゲルド率いるオーク軍との決戦後、蜥蜴人族の里を破門されリムルの配下に加わります。

ジュラ・テンペスト連邦国(以下、テンペスト)では幹部の1人として活躍しています。

この記事では、そんなガビルの強さやスキル、部下や声優情報を紹介します。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

蜥蜴人族「ガビル」とは?

蜥蜴人族「ガビル」とは?

出典「転生したらスライムだった件」公式サイト

ガビルは、リムルの配下に加わる前に蜥蜴人族の里で戦士長として活躍していました。

その立場と自信家な性格から誰に対しても偉そうな態度をとることがあり、リムル達との初対面時にはその態度がベニマルやランガを怒らせる場面もありました。

魔人「ゲルミュッド」によって付けられた「ガビル」の名を、リムルに上書きされリザードマンからドラゴニュートへと進化。

蜥蜴人族の長だけが使うことを許された武器「水渦槍」を使い戦います。

ガビルのプロフィール

名前

ガビル

種族

蜥蜴人族(リザードマン)→龍人族(ドラゴニュート)

称号

リザードマン戦士長、龍戦士、天龍王

武器

水渦槍(ポルテクススピア)

ガビルは厚い人望を持っており、特に部下であるリザードマン達との信頼関係は強く、戦闘時にはお互いを守るシーンも多く描かれています。

自信家で少し抜けているガビルですが、部下の前ではカッコよく、とても頼られる存在です。

ガビルの声優は「福島 潤(ふくしま じゅん)」さん

ガビルの声優を務めるのは、アーツビジョン所属の「福島 潤」さん。

これまでに「この素晴らしい世界に祝福を!」のカズマ役をはじめ、「メジャーセカンド」眉村 渉役や「弱虫ペダル」鳴子章吉役など、代表に数々の人気アニメに出演されています。

明るく元気いっぱいな声から渋くかっこいい声まで幅広いキャラクターを演じることができる声優さんです。

ガビルの強さ

ガビルの強さ

出典:「転生したらスライムだった件」公式サイト

リムルにより名を上書きしてもらったことでドラゴニュートへ進化したガビル。

テンペストでは空中戦を任される第三部隊を率いる軍団長としても活躍しています。

ここからは、スキルや過去の戦闘からガビルの強さについて見ていきましょう。

豚頭将軍(オークジェネラル)との戦い

豚頭将軍(オークジェネラル)との戦い

出典:「転生したらスライムだった件」公式サイト

オークの軍勢との戦闘で、ガビルは地形をうまく使い部下に的確な指示を出しながら戦いました。

数で圧倒してくるオークの軍勢と途中まで互角の戦いを繰り広げます。

しかし、オーク軍の主力、オークジェネラルが出てきたことで戦況は一変。ガビルの率いるリザード軍は、徐々に押されていきます。

部下たちの力ではこの敵に勝てないと判断したガビルは、オークジェネラルに一騎打ちを挑みます。

オークジェネラルには勝てず、ゴブタに危機を救われたガビルですが部下の前で盾となって戦う姿はリムルが感心するほど勇敢なものでした。

ユニークスキル「調子者(ミダスモノ)」

リムルに名を上書きされた時に取得したユニークスキル「調子者(ミダスモノ)」は、予想できない攻撃や、最悪な状況でも幸運が起こるもはやギャグのようなスキルです。

調子者はガビルの調子がいいと攻撃力があがり、調子が悪いと攻撃力が下がるといった、不思議な能力も持っています。

1日に1度だけ運命を変える最強にも近い権能を持っているが、天然で少し抜けているガビルは使いこなせていません。

とはいえ、調子があがれば効果を発揮するスキルなので、ガビルを煽てることが上手な部下たちと抜群の相性ですね。

テンペスト空中部隊「飛竜衆」

テンペスト空中部隊「飛竜衆」

出典:「転生したらスライムだった件」公式サイト

飛竜衆はガビルが率いるドラゴニュート100名で構成された部隊。

全隊員がA-相当の力を持ち、「竜戦士化」「フレイムブレス」「サンダーブレス」を使うことができます。

攻撃以外にも、鋼のような鱗に魔鋼の鎧を装備し高い防御力も持っています。

空中から強力なブレス攻撃を放つ飛竜衆はリムルから「テンペスト最強の部隊」と言われています。

竜戦士化

凶暴性が増し破壊衝動が抑えられなくなるため、あまり多用することはできませんが、圧倒的なまでに戦闘力を向上するドラゴニュート達の切り札。

体が1.5倍ほど大きくなり全身を強固な漆黒の鱗で覆い尽くすその姿は、まさに竜戦士です。Aランク以上の魔素量を持ち、その力は上位魔人を上回るほどと言われています。

他にも、魔法攻撃や自然効果を無効化するといった効果を持っています。

しかし、竜戦士化はドラゴノイドに匹敵する力を強制的に造り上げる強力なスキルのため、1日に2回までしか使えず制限時間は30分と短めです。さらに、竜戦士化を使うと肉体に大きなダメージを受け反動で24時間動けなくなります。

使い所を間違えると自爆することもある少し怖いスキルですね。

とはいえ、この能力にガビルの持つユニークスキル「調子者」の力が加わることで、さらに戦闘力をあげることができます。

調子が良く竜戦士化状態のガビルは、テンペスト幹部の中でもトップクラスの実力を持っているでしょう。

覚醒進化「天龍王(ドラグロード)」

ガビルは、リムルより力を与えられドラグロードへと覚醒進化します。

進化したガビルは、額から角をはやし威厳を持った姿へと変わりました。

元々高かった防御力は伝説級から神話級まで跳ね上がり、攻撃力も向上。ガビルの進化により部下達の戦闘力も上がり、飛竜衆はAクラスを超えるほどの実力となります。

武闘会での戦い

ガビルは、武闘会1回戦でランガと戦うことになります。

ランガとの相性は最悪で、得意の空中からの攻撃もランガが空を駆ける能力を身につけていたこともあって効果はなく、得意のブレス攻撃も効きません。

ギブアップを宣言するも審判を勤めていたガビルの妹「ソーカ」に認められず、1時間かけてランガにボコボコにされます。

何度も立ち上がる姿を見せたことで、「不屈のガビル」として名が広がりました。

ギブアップが認められなかったとはいえ、相性の悪い相手に何度も立ち上がる精神力とランガの攻撃を1時間耐え抜いた防御力は、非常に強力な武器となるでしょう。

ガビルの部下たち

ガビルの部下たち

出典:Twitter

ガビルがすぐに調子に乗ってしまう原因の1つ。
それは”褒め上手な部下”の存在です。

数多くいる部下たちの中でも名前が公表されているのは、左から「ヤシチ、カクシン、スケロウ」の3名です。

この3名のを含めた部下たちは、ことあるごとにガビルを大袈裟に褒め称えガビルを調子付かせます。

ガビルの部下たち

出典:Twitter

部下の太鼓持ちと自身の性格から、すぐに調子に乗ってしまい失敗の多いガビルですが、部下達との信頼関係は本物です。

ガビルがリザードマンの里を破門された時には、多くの部下がガビルについていきテンペストの一員となりました。

ほかにも、ガビルのピンチに身を挺してガビルのことを守ろうとする部下達の姿が描かれているシーンもあり、普段から部下の面倒見がよく、部下達を守りながら戦うガビルだからこそ厚い信頼関係ができているのでしょう。

妹「ソーカ」との関係

妹「ソーカ」との関係

出典:Twitter

ガビルには、「ソーカ」という名の妹がいます。

リザードマン首領のアビルのより「見聞を広げよ。」という命令により、リザードマンの里を破門されたガビルと共にリムルの配下に加わります。

リムルから名をもらったことで人間に近い見た目になり、見た目の変化があまりなかったガビルとは兄弟とは思えないほど別人になりました。

兄であるガビルとは顔を合わせるたび言い合いになっているので仲が悪そうに見える2人だが、本当は互いを気に掛ける仲良しな兄妹。

リザードマン達と豚頭魔王率いるオーク軍との戦いでは、謀反を起こしてオークの軍勢に戦いを挑むガビルを助けて欲しいとリムルにお願いする場面もありました。

オーク軍との戦いで鬼人族「ソウエイ」に助けられたことで、ソーカはソウエイの強さに憧れを持ち始めます。

そのため、テンペストでは兄のガビルではなく、ソウエイの副官として活躍しています。

まとめ

今回は、ガビルの強さやスキル、部下などを紹介してきました。

すぐに調子に乗ってしまいリムルたちから少しウザがられてるガビルですが、自信家で愛嬌たっぷりの彼はどこか憎めない存在ですね。

チート級の強さをもつキャラが多数存在する「転スラ」の中で、今後ガビルがどのような活躍を見せてくれるのか楽しみにしていきましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました