【決定版】おすすめアニメ120選

【無職転生】シルフィエット(フィッツ)の魔術能力や今後の展開を紹介【嫌われる理由や結婚と子供たちの情報も】

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~

ライトノベルやコミカライズで長年に渡って多くのファンを獲得し続けている「無職転生-異世界行ったら本気出す-」。

 

本記事では、アニメ第3話で初登場を果たすと同時にルーデウスの”初めての友達”になってくれたシルフィエットのキャラクター性や魔術能力を始め、遠い未来の結婚によって授かることになる子供たちにも迫りたいと思います。

 

※ こちらネタバレに関する内容が含まれています

無職転生の登場キャラ一覧は「無職転生の人物相関図」の記事をご覧ください。

無職転生の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

\「無職転生」が観れる公式動画配信サービス /

無職転生 動画配信  
U-NEXT 人気 Amazon Prime dアニメストア
¥2,189円 ¥440
31日間無料+書籍1冊 30日間無料 31日間無料
視聴する 視聴する 視聴する
関連記事 無職転生を全巻無料・お得に読む方法

\今だけ1巻〜6巻まで割引セール中!!/

無職転生の原作小説を読むなら『コミックシーモア』がとってもお得。会員登録限定50%OFFクーポンあり。全巻無料の試し読みあり

無料立ち読みする
▶︎ コミックシーモアの評判はこちら
▶︎ コミックシーモアの登録方法はこちら

 

  1. シルフィエットとは?
    1. シルフィエットのプロフィール
    2. 混血の”ボクっ子”少女
    3. ロキシーとは異なる外見のコンプレックス
    4. ルーデウスの”初めての友達”になってくれた存在
    5. 何気に女子力も高い!
  2. シルフィエットの髪が緑色の理由
    1. 「ラプラス因子」とは?
    2. 魔力の枯渇で「白髪」に変化!
  3. シルフィエットの魔術能力
    1. 【魔術能力①】”回復魔術”と”解毒魔術”を「無詠唱」で使えてしまう
    2. 【魔術能力②】混合魔術は自分なりの工夫でカバー!
    3. 【魔術能力③】多くの魔力総量も持つ
    4. 【魔術能力④】ルーデウス譲りの装備品!
  4. ルーデウスすら超えるほどの才能の持ち主?
  5. シルフィエットとルーデウスの変化と展開について
    1. 魔術を教わる中でルーデウスと”共依存関係”に
    2. 父親同士による判断で引き離されてしまう
    3. ルーデウスと離れ離れになってからの生活とは?
  6. シルフィエットの転移後による劇的な変化と展開
    1. 転移後はアリエル王女の守護術師に!
    2. 「フィッツ」として暗殺者すら撃退してしまう!
    3. ルーデウスをラノア魔法大学に入学させる役割も果たす!
    4. ルーデウスとの再会を果たすも、新たな難問が!
  7. シルフィエットが嫌われる理由は?
    1. 幼年期の頃はあまりにも受け身すぎたから
    2. ルーデウスと”共依存関係”になり過ぎたから
    3. 「フィッツ」に変化してからも正体を明かさないから
    4. 恋愛模様の描写が長すぎるから
  8. シルフィエットがルーデウスの「1人目の結婚相手」になる!
    1. 在学中かつ早い年齢で結婚する展開に!
    2. 新婚生活も順調に開始!
  9. シルフィエットが授かる2人の子供たち
    1. 1人目:ルーシー・グレイラット
    2. 2人目:ジークハルト・サラディン・グレイラット
  10. まとめ
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

シルフィエットとは?

まずはシルフィエットのキャラクター性から紹介していきます。

 

シルフィエットのプロフィール

まずはシルフィエットの簡単なプロフィールから見ていきましょう。

種族 混血(人族1/2・長耳族1/4・獣族1/4)
髪色 緑(幼年期)→白(フィッツ)
クラス 治癒術師
職業 ・アリエル王女の守護術師
・ラノア魔法大学生
一人称 「私」(幼年期)→「僕」(フィッツに変化後)
愛称 シルフィ

 

混血の”ボクっ子”少女

ルーデウス達グレイラット家と同じブエナ村に住んでいるの髪色に尖った形の長耳が特徴的なクォーターエルフの“ボクっ子”少女です。

 

ルーデウス(人族)やロキシー(魔族)のような純血なキャラクター達とは違って“3つの種族”の血を併せ持っているのです。

 

ロキシーとは異なる外見のコンプレックス

シルフィエットもまた、自分の外見に対するコンプレックスを持っていますが、先に登場していたロキシーとはかなり違います。

そこで、この2人の持つ”外見のコンプレックス”を簡単に見比べてみましょう。

ロキシー ・魔族(シグルド族)特有の「青い髪色」
・身長の低さ
シルフィエット ・スペルド族と同じ「緑の髪色」
・ロキシーとは違う「短髪」

一見は同じ”外見上のコンプレックス”でも、シルフィエットの方はそれが原因による“イジメ”という深刻な悩みがついてしまうのが辛いところですよね。

ロキシーのような強大な魔力を持っていれば、攻撃魔術で嫌なイジメっ子たちを自分で撃退できていたかもしれません。

しかし、初登場の時点ではそれさえも出来なかった所が、本人の辛さに更なる拍車をかけてしまっていたのではないでしょうか。

 

ルーデウスの”初めての友達”になってくれた存在

ロキシーのおかげで外に出ることへの恐怖感を克服できたルーデウス(幼年期)は、彼女が去ってからは1人で外に遊びに行くようにもなります。
そんな中でソマル達からイジメられているシルフィエットを見かけて助けたことが、2人の出会いのキッカケとなるのです。

 

汚された頭髪を魔術で洗ってくれるルーデウス(幼年期)に対して、感謝すると同時に彼のことが心配になってしまいます。

 

シルフィエット「どうしよう、今度から君もイジメられちゃうかも・・・」
ルーデウス(幼年期)「そしたら君が遊んでくれよ。今日から“友達”だ!」

 

こうして友達同士の関係となれた2人ですが、ルーデウス(幼年期)にとってもシルフィエットは“初めての友達”になってくれた貴重な存在でもあります。

 

前世の男「こんなに“美少年”なら、美少女が寄ってくるかもしれないしね!」

 

ルーデウスの中にいる「前世の男」の中には「美少年にあやかって”おこぼれ”をもらおう」などという不純な動機もありましたが、そうした淡い野望はすぐに崩されることとなります。

 

“友達同士”の関係になってからは毎日のように仲良く遊ぶようになりました。

そんなある大雨の中で濡れた日、リーリャが温かいお風呂を準備してくれため、シルフィエットが先に入るように促されます。

しかし、本人は恥じらう表情を露わにしながら立ち尽くしてしまいます。

そんな彼女に業を煮やしたルーデウス(幼年期)から、隙を突かれて無理やりパンツを脱がされてしまった結果・・・

 

ルーデウス(幼年期)「ついて・・・ない?君、女の子だったの!?」

 

これによってルーデウス(幼年期)の方もシルフィエットが”女の子”であることをやっと理解したものの、自分のことを”美少年”などと間違われた挙句、自分の下着まで脱がされてしまった彼女の方にとってはたまったものじゃありませんね!

 

何気に女子力も高い!

ルーデウス(幼年期)と友達となったばかりの頃は、ひたすら魔術の修行に打ち込んでいたシルフィエット。

ですが、実は「何気に女子力も高いことが判明します。

 

掃除・洗濯・料理に加えて、成長していくにつれてファッションへのこだわりも強くなっていくのです。
しかしルーデウスと離れ離れにされてから、アスラ王宮に転移させられるまでの間はリーリャから「礼儀作法」を習っていた上に、ゼニスのお手伝いをする中で彼女から料理なども教わっていた可能性も大きいのです。
(ちなみにロキシーがルーデウスの家庭教師として一緒にグレイラット家に住んでいた2年間でも、ゼニスは彼女に対して料理を教えていたようです)

 

ゼニス(母親)の詳細は以下の記事をご覧ください。

【無職転生】ゼニス(母親)の能力と過去・廃人化から記憶戻るまでの展開
...

 

戦いとは無関係となってしまうものの、こうした家事や料理に長けている「女子力の高さ」は女性にとっては色々な意味で大きなステータスにもなりますからね。

 

 

シルフィエットの髪が緑色の理由

まずは、シルフィエットが初登場したばかりの頃の髪色が「緑色」である理由から触れていきましょう。
ブエナ村の子供たちからは「緑色」という理由だけで凶暴で有名なスペルド族と間違われたためにイジメにまで発展してしまうという可哀想な境遇でした。

 

しかしシルフィエットの髪が緑色なのは、ただ単に”混血児”だからというわけでなく「ラプラス因子」と呼ばれる特別な才能を持って生まれてきたためです!

 

「ラプラス因子」とは?

「ラプラス因子」とは、魔神ラプラスが転生するため、世界中にバラ撒いた”魂の情報”です。
それを持つ者は、身体のどこかに魔神ラプラスと似た特徴を持っております。

そこで、その”現れる特徴”も複数あるため、ここで挙げて見ましょう。

  1. 高い魔力と魔術の素質
  2. 緑色の髪
  3. 魔眼
  4. “闘気”を纏うことが出来ない
  5. 腕力が強い

こうして挙げてみると、ルーデウスが①と④による”内面的”なものに対して、シルフィエットの方は②の”外見的”な特徴に当たっていることが解りますね。

 

魔力の枯渇で「白髪」に変化!

ルーデウス(少年期)がアスラ王国の中で10歳の誕生日を迎えた翌日に勃発してしまう「フィットア領転移事件」によって、シルフィエットはあらぬ地域へと転移させられてしまいます!

 

彼女の場合は「アスラ王宮の上空」という、かなりとんでもない位置に飛ばされてしまうのです!
シルフィエットも空を飛べるわけでもなく、このまま何もしなければ、そのまま地面に落下させられて即死してしまいます。

 

即死を防ぐため、落下中に魔術を使い続けたシルフィエット。

落下や転落死は何とか免れたものの、助かった時には魔力を枯渇したために髪色がこれまでの「緑色」から「白」へと変わってしまうのです!

 

少し可哀想な気もしますが、これこそがシルフィエットが迎える1つ目の大きな転換点なのかもしれませんね。

 

シルフィエットの魔術能力

「髪色」や「ラプラス因子」にも触れた後は、シルフィエット自身の秘めたる魔術能力にも迫ってみましょう。

 

【魔術能力①】”回復魔術”と”解毒魔術”を「無詠唱」で使えてしまう

ルーデウスも無詠唱で魔法を使えるものの、それはあくまでも「攻撃魔術のみ」に限られます。
シルフィエットの場合はルーデウスとは正反対に“回復魔術”“治癒魔術”の両方を無詠唱使えるメリットは思いがけぬ強大な魔物たちと戦う時には、とても重宝するはずです。

 

【魔術能力②】混合魔術は自分なりの工夫でカバー!

シルフィエットの場合、2種類の魔術を同時に放つことが出来ません。
しかし、そうした欠点に対しては時間差で2つの魔術を放つことでカバーする形で混合魔術も使えるように工夫しているのです!

こうして自分の欠点を工夫できている点も、シルフィエット自身の才能と努力の賜物ではないのでしょうか。
さらに細かい点まで突っ込んでみると、シルフィエットは幼い頃に負った火傷が原因「火の魔術は少し苦手」という一面も持っております。

 

【魔術能力③】多くの魔力総量も持つ

シルフィエットは魔力総量においては、ルーデウスと比べるとかなり少ないものの、それでも一般的な中で見れば多い方でなのです。

これらの点も踏まえて比べてみると同じ魔術能力でも、ルーデウスやロキシーが”攻撃向き”なのに対して、シルフィエットの方は“回復向き”であるということですね。

さらにルーデウスとは明らかに違う才能を持っている上、秀でている面もまるで正反対である印象を受けると思います。

 

【魔術能力④】ルーデウス譲りの装備品!

シルフィエットの魔術能力を語るにおいて、彼女が使うことになる「初心者用の杖」も外せません!
先端部分に小指ほどの大きさによる魔石がついていて、全身は”ヴァンパイアトゥレントの若木”から作られています。

 

鋭いファンであれば、こうしたデザインや形を見た(聞いた)だけでもピンッと浮かぶ人も多いかと思いますが、実はルーデウス(幼年期)第2話で5歳の誕生日を迎えた時にロキシー先生からプレゼントされて使っていたものを、今度は彼からシルフィエットに譲られていたのです。

 

「最初の杖は良い物をあげたい」というロキシーの強いこだわりを込めて作られたこともあり、初心者が使うための杖の中では比較的、良い素材が使われているところも高いポイントと言えるでしょう。

 

シルフィエットはそうして譲られた「初心者の杖」をルーデウスと離れ離れにされた後だけでなく、今後の「フィッツ」に変わってからも大事に使い続けていくのです。

アニメ第2話の詳細はこちらの記事をご覧ください。

 

ルーデウスすら超えるほどの才能の持ち主?

先の項目でシルフィエットの”魔術能力”について触れましたが、ルーデウス(幼年期)から魔術を教わり始めてからは、その才能を早くも開花させ始めてしまいます。

その才能とは魔術能力だけでなく”剣術”や”近接戦闘”でも垣間見ることもできます。

シルフィエットの場合はルーデウスでさえも纏えない“闘気”を纏えてしまうのです!

この”闘気”を纏いながら「魔力付加品」を装備することによって聖級剣士並みの戦闘能力も発揮できるため、ある程度の近接戦闘で勝つことも可能とされています。
(ちなみに”闘気”を纏えないルーデウスの方は中級剣士どまりとなってしまいます)

 

攻撃魔術や魔力総量を除けば、「ルーデウス以上の才能の持ち主」と考えることも出来るでしょう。

 

シルフィエットとルーデウスの変化と展開について

 

ここでは、シルフィエットとルーデウスの変化と展開について紹介しています。

物語の中心となる展開ばかりので、しっかり抑えておきましょう。

魔術を教わる中でルーデウスと”共依存関係”に

“友達同士”の関係となると同時に、シルフィエットはルーデウス(幼年期)に対して「魔術を教えてほしい」とお願いして、教わりながら必死に修行を積んできました。

そうした努力の積み重ねが実り始めるかのように、どんどん上達していきます。

 

ルーデウス(幼年期)の方も嬉しくなると同時に、そんなシルフィエットを見ていくうち、この2人は気づかぬ間にも“共依存関係”の状態に発展していってしまうのです。

 

ルーデウス(幼年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

【無職転生】ルーデウス(幼年期)の強さと魔術能力・未来の結婚相手たちも紹介
...

 

父親同士による判断で引き離されてしまう

シルフィエットとルーデウス(幼年期)による”共依存関係”はやがて、お互いの両親をも心配させる程になっていきます。
その問題に対しては、ロールズ(シルフィエットの父親)がパウロに対して相談を持ちかけたために、本人たちの気づかない間にもそれぞれの父親同士による話し合いが少しずつ進められてきたようです。

 

ロールズからの話によると、シルフィエットの方も「初めてできた友達(ルーデウス)に依存し過ぎた影響で、親の言いつけを守らなくなり困っている」と言われます。
父親の立場からすると、確かに悩まされるものの、それは逆の言い方をすると「シルフィエットはそれ程までに、ルーデウスのことを大好きになっていた」という意味でもあるのです。

 

そこまで聞かされたパウロもまた「このままではお互いのためにも良くない」という結論に至った結果、1つの提案に辿りつきます。

 

それは「息子(ルーデウス)の方だけを5年間、親戚の家(ボレアス家)に移住させる」というものでした。

 

期限つきとはいえ5年間はあまりにも長い上「その間はブエナ村への帰宅も手紙のやり取りも禁止」とされてしまうのです。

それを実行されたのがルーデウス(幼年期)から「シルフィエットと一緒にラノア魔法大学に行きたい」という希望を出された時に行われた剣術勝負です。

 

息子からの魔術による足止めすら通用しないパウロは、そのまま木刀でルーデウス(幼年期)の肩に切り込んで気絶させたまま、かつての冒険仲間であるギレーヌに頼んで強制的に連行されていったのです。

 

ちなみにシルフィエットの方がルーデウス(幼年期)の移住を聞いたのは、彼が既にギレーヌによって連行された後でした。

初めて聞かされた時の悲しみや寂しさはかなり大きいものであったと思われますが、シルフィエットの方もまた、離れ離れにされた後もルーデウスとはまた違う仕事や行動で頑張っていくことになります。

 

パウロ(父親)の詳細は以下の記事をご覧ください。

【無職転生】パウロ(父親)が嫌われる理由・強さや過去・死亡する結末
...

 

ルーデウスと離れ離れになってからの生活とは?

自分と引き離されてしまったルーデウス(少年期)は、3年間ほどの期間をアスラ王国で”エリスの家庭教師”として働くようになります。
そのため、離れ離れにされてしまったシルフィエットの大きな出番もロキシーと同じく、しばらくお預けされてしまいます。

それでもシルフィエットもまた、ルーデウスに負けないようにブエナ村の中で頑張って生きていきます。

グレイラット家の人達とも交流が深まっていた縁もあり、ゼニスの診療所での仕事のお手伝いを始めながら、リーリャから「礼儀作法」を学んでいきます。

 

リーリャの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無職転生】リーリャの正体(過去)と子供・パウロとの深い関係性
...

シルフィエットの転移後による劇的な変化と展開

シルフィエットは「フィットア領転移事件」によって転移された後に、ルーデウスやエリスとは一味違う形で劇的な変化や成長を遂げていく展開を迎えます。

 

転移後はアリエル王女の守護術師に!

シルフィエットもまた「フィットア領転移事件」での被災者の1人となりますが、他のキャラクター達とは少し違う形で大きな変化を遂げます。

 

アスラ王宮の上空に転移されてしまい、落下事故を防ぐために魔力を使い果たして枯渇した結果、緑色の髪が「白髪」に変化します!

さらに、この落下から着地した場所で魔物に襲われているアリエル王女を助けたことが縁で、自身の名を「フィッツ」という偽名で名乗った後に男装までする形で彼女の“守護術師”となるのです。

 

「フィッツ」として暗殺者すら撃退してしまう!

アリエル王女の守護術師となったフィッツ(シルフィエット)は“第二王女派最高戦力”として、彼女の命を狙いに来た第一王子派の暗殺者をも見事に撃退してしまいます!

 

まだルーデウスと出会うまでのイジメられっ子だった頃からは、想像すらつかない程の成長ぶりですね。
さらにアスラ王国を脱出した後も、ラノア魔法大学に留学するアリエル王女を見事に守り抜いたのです。

 

ルーデウスをラノア魔法大学に入学させる役割も果たす!

アリエル王女の守護術師となった事情もあり、本来であればルーデウスと一緒に入るはずだったラノア魔法大学に彼よりも先に入学することになります。

 

しかし実際に入学してから、ルーデウスが「冒険者として活動している」という噂を聞いた途端に、また新たな行動に入ります。
フィッツ(シルフィエット)はジーナスに勧誘することを促した結果、ルーデウス(青少年期)もラノア魔法大学に入学させることに成功します。

 

ルーデウスとの再会を果たすも、新たな難問が!

ルーデウス(青少年期)も入学させたことにより、大好きな彼との待ち望んだ再会をついに果たします。

本来であれば、劇的な再会として幼年期の頃の思い出話などに花を咲かせるはずですが、ここで大きな難問に出くわします。

それは、ルーデウスに「シルフィエット」であることにすら気づいてもらえないことです

 

何故なら、ルーデウス(青少年期)の方は、幼年期の頃の「緑の髪色」だったシルフィエットしか知らないから。

しかも、この時のシルフィエットは白髪に男装、更にはサングラスまでかけた「フィッツ」の姿として通学している身です。

 

そのために自分から正体を明かそうと切り出しますが、ルーデウス(青少年期)の方から先に初対面の挨拶によって、その機会すら逃してしまいます。

 

この場面は原作の方での物語がある程度進行してから見られますが、かなり先の展開です。

アニメ版では、放送開始されたばかりの第1期の中で観ることはまず不可能でしょう。

 

しかし、それでも「フィッツ」に変わったシルフィエットの姿や、ルーデウス(青少年期)との再会シーンを今すぐに見たいと思う人は原作ラノベ第9巻の表紙イラストを見てみると良いかもしれませんね。

created by Rinker
¥1,188 (2021/11/29 19:59:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

シルフィエットが嫌われる理由は?

ルーデウスの”初めての友達”として非常に貴重な存在であると同時に三大ヒロインとしての人気も高いはずのシルフィエット。

確かに多くのファン達から大きな支持を得ている一方で、パウロ程でないにしてもシルフィエットのキャラクター性を嫌っている人達も少なからず存在しているようです。

 

シルフィエットがファンから嫌われている理由は、主に以下の4つが挙げられます。

  1. “自立性”に欠けているから
  2. ルーデウスの成長を妨げているから
  3. ルーデウスに自分の正体を明かさないから
  4. 恋愛シーンがあまりにも長すぎるから

では、シルフィエットが嫌われる理由について、順に深掘りしていきましょう。

 

幼年期の頃はあまりにも受け身すぎたから

アニメ版から入った人の中では、第3話で初登場したシルフィエットに対して「あまりにも受け身態勢すぎる」という印象を強く抱いた人が多いようです。

確かに、幼年期のシルフィエットはソマル達からのイジメにおいてもルーデウス(幼年期)に助けられるだけで終わってしまいますからね。

 

彼に対して「魔術を教えてほしい!」と切り出した時には積極的な一面もありました。

しかし「ルーデウスに頼りっぱなし」な印象は拭えず、自分から何かを始めようとする姿勢ではなかったです。

先に登場したロキシーも基本的には大人しめな性格であったものの、彼女の場合はルーデウス(幼年期)への魔術修行だけでなく、自分の特技を生かす形で農家にも貢献したことで、ブエナ村の人達とも馴染んでいきました。

 

ロキシーの詳細は以下の記事をご覧ください。

【無職転生】ロキシーの結婚と子供たち・魔術能力と過去や今後の展開【ネタバレ】
...

 

シルフィエットのこうした“指示待ち”“受け身態勢”な性質は、ファンから否定的に見られてしまっているケースが多いのです。

 

ルーデウスと”共依存関係”になり過ぎたから

あまりにも仲良くなり過ぎたために、ルーデウス(幼年期)“共依存関係”になってしまうことでパウロやロールズからも心配されてしまうわけですが、これについてはそうした関係そのものへの批判とは少し異なっている印象もあります。

 

確かにシルフィエットはルーデウス(幼年期)から魔術を教えてもらい始めてから、眠っていた自身の才能をメキメキと開花させていきます。
あまりにも早い上達を見られて嬉しいルーデウス(幼年期)は、シルフィエットのことばかり気にかけるようになる結果、自分自身の修行を疎かにしてしまいます。

 

こうした生活が続くと、ルーデウス自身の成長が止まります。

彼の成長を1番の楽しみとして本作品を見ているファンたちからはシルフィエットのせいでルーデウスの成長が遅れてしまっている!」と思われてしまっているようです。

 

こうして見てみると”共依存関係”になり過ぎたこと自体にではなく、それによってルーデウスの方の成長が遅れてしまっていることに対する批判となっているのではないでしょうか。

 

「フィッツ」に変化してからも正体を明かさないから

先の項目でも挙げたとおり、自分であることを気づいてくれないルーデウス(青少年期)に対して、シルフィエットの方も再会を果たした時には正体を明かせないまま終わってしまいます・・・。

原作ラノベ版から追い続けてきたファンの中にはルーデウスとシルフィエットの再会を楽しみに待ちながら読み続けてきた人も多かったわけですが・・・

 

実際に再会を果たした時の「あまりにも焦ったいやり取りに対してヤキモキさせられた!」と肩透かしを食らわされた気持ちにさせられたらしいですね。

 

恋愛模様の描写が長すぎるから

シルフィエットとルーデウスが再会を果たす「ラノア魔法大学編」では、これまでのシリーズとは一転して戦闘シーンが大きく激減されると同時に、この2人を中心にクリフやエリナリーゼも加えた形による“恋愛シーン”を中心として展開されていきます。

 

本作品はあくまでも、「前世の男によるやり直し」と「ルーデウスの成長」が1番のテーマとされています。

そのため、青少年期の年齢となったルーデウスにとっては、こうした”恋愛要素”もその後の成長のためには欠かせない要素でしょう。

 

それでも、これまでに見せてくれてきた白熱なバトルを好きで追い続けてきた人にとっては、戦闘シーンが減らされてしまうだけでも萎えてしまうものであると同時に物足りなさも感じさせられてしまうわけですね。

 

シルフィエットがルーデウスの「1人目の結婚相手」になる!

ここからはシルフィエットとルーデウス(青少年期)の結婚について紹介していきます。

 

在学中かつ早い年齢で結婚する展開に!

ラノア魔法大学で再会した時には、シルフィエット(フィッツ)の方が自分の正体を明かせないまま終わってしまいます。

しかし、ストーリーが進行していく中で2人の仲も順調に進展していきます。

 

この再会を果たした時、ルーデウス(青少年期)はシルフィエットのことを”真面目な好青年”のように見えていました。

また、エリスとの初体験後にかかってしまったED症状がまだ治っていない状態でした。

 

そんな状態の中でもお互いに触れ合う形で接していくうちに、シルフィエットがルーデウス(青少年期)にかかっているED症状を治すのです。
これがキッカケで在学中にも関わらず、この2人は結婚します。

 

それによって、このシルフィエットがルーデウスの記念すべき(?)「1人目の妻(結婚相手)」となったのです。
ちなみに、この時の2人の年齢はまだ16歳でした。

本作品の登場キャラをチェックしたい人は「無職転生の登場人物」をご覧ください。

無職転生の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

新婚生活も順調に開始!

ルーデウスとめでたくゴールインしたシルフィエットですが、結婚後にはラノア魔法大学の近くのシャリーア(ラノア王国の北端に位置する大都市)に家を購入してしまいます!

 

新婚早々に自宅を持ってしまっただけでも、この2人は充分に”勝ち組”の部類に入れたのではないでしょうか。
さらに現代社会の中で完全な敗者とされてしまった「前世の男」にとっては、この「1回目の結婚」こそが”自分の不幸な前世へのリベンジ”を果たせた瞬間のようにも思えますよね!

前世の男」の詳細は以下の記事をご覧ください。

【無職転生】前世の男はクズニートだけど実は勝ち組!【ルーデウスに残した能力とトラウマとは?】
...

 

2人の幸せは更に続いていくかのように、やがて“2人の子宝”に恵まれる上、ルーデウスの方は後にロキシーやエリスとも結婚してしまいますからね・・・。

 

シルフィエットが授かる2人の子供たち

1人目の妻となったシルフィエットが、ルーデウス(青少年期)との間に授かることになる“2人の子供”名前や特徴にも迫ってみましょう!

 

1人目:ルーシー・グレイラット

ルーシー・グレイラットは、両親の頭文字をとって名付けられてたルーデウスに似た茶髪が特徴の長女。

シルフィエットの血を受け継いでいるので、ルーシーも混血に分類されます。

 

後から生まれてくる子どもたちの世話をするなど、面倒見が良い性格をしています。

 

幼年期の頃から師匠と先生が付く恵まれた環境で修業した結果、5歳で初級魔術を習得してしまいます。

剣術の修行も受けているので、将来的にかなり強くなりそうです。

2人目:ジークハルト・サラディン・グレイラット

ジークハルトは、幼年期のシルフィエットと同じ髪色と耳の形が特徴的な次男。

名前の由来は、ルーデウスの前世における英雄「ジークフリート」をあやかって名付けられています。

シルフィエットから生まれているので、ルーシーと同じく混血に分類されます。

 

ジークハルトは「ラプラス因子」も受け継いでいるので、腕力がかなり強いです。

実際に、数十年後には「死神の称号」や「七大列強五位の座」を受け継ぐくらい強くなっています。

 

1度ルーデウスと手合わせして、どのくらい実力があるのか、見てみたいですね。

 

まとめ

今回はルーデウスの”初めての友達”になってくれた上に、やがて「1人目の結婚相手」にまでなってくれる三大ヒロインの1人であるシルフィエット(フィッツ)のキャラクター性や「髪色と魔術能力の関係性」を紹介しました。
そして「一部のファン達から嫌われてしまっている理由」や未来に訪れることになる「ルーデウスとの再会」や結婚と授かる子供たちにも迫ってみました。

  1. 「緑色」の髪色と「尖った形の耳」が特徴的な”ボクっ子”少女である。
  2. 本来は混血(人族・長耳族・獣族)でありながらも「緑色の髪」という理由だけで”凶暴なスペルド族”と間違われて、ブエナ村の男の子たちからイジメを受けてしまう。
  3. イジメから助けたことが縁で”ルーデウスの初めての友達”になってくれた。
  4. 髪が緑色なのは「ラプラス因子」と呼ばれる特別な才能を持って生まれてきたためである。
  5. その才能はルーデウスすら上回り、攻撃魔術や魔術総量を除いては彼を超えている可能性も高い。
  6. “回復魔術”と”解毒魔術”を無詠唱で使えることもあり、ルーデウスやロキシーとは違って「回復向き」のキャラである。
  7. 「フィットア領転移事件」での転移がキッカケで劇的な変化や成長を遂げる展開を迎える。
  8. ルーデウスをラノア魔法大学に入学させると共に彼にかかったままであるED症状を治したことがキッカケで結婚した。(1人目の妻となる)
  9. 新婚生活も順調に進み、家を買った後には”2人の子宝”に恵まれる。
  10. 一部のファンたちからは嫌われていることも事実だが、それには「いくつかの理由」があった。

幼年期では可哀想なイジメられっ子キャラとして登場することとなったシルフィエットですが、ルーデウスとの出会いと交流が彼女自身を大きく変えてくれることには違いありませんね!

 

 

 

\「無職転生」が観れる公式動画配信サービス /

無職転生 動画配信  
U-NEXT 人気 Amazon Prime dアニメストア
¥2,189円 ¥440
31日間無料+書籍1冊 30日間無料 31日間無料
視聴する 視聴する 視聴する
関連記事 無職転生を全巻無料・お得に読む方法

\今だけ1巻〜6巻まで割引セール中!!/

無職転生の原作小説を読むなら『コミックシーモア』がとってもお得。会員登録限定50%OFFクーポンあり。全巻無料の試し読みあり

無料立ち読みする
▶︎ コミックシーモアの評判はこちら
▶︎ コミックシーモアの登録方法はこちら

鬼滅の刃 漫画 全巻無料

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
無職転生 ~異世界行ったら本気だす~
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました