【決定版】おすすめアニメ120選

【無職転生】ギースの正体はヒトガミの使徒 | ルーデウスへの裏切りとラスボス説

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~

『無職転生』は2021年冬の新作アニメとして1月から3月まで第1クールが、同年10月から12月まで第2クールが放送されていた人気テレビアニメ作品です。
さらに、アニメ2期の制作も発表されました。

本記事では、ギースの正体を紹介。
さらに劇中でルーデウスを裏切る理由や真のラスボス説について迫ります。

第1クールおよび第2クールの人物相関図は「無職転生の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
」の記事をご覧ください。

 

無職転生(アニメ1期)の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【ネタばれ注意】
...

 

目次

ギース・ヌーカディアとは

ギースはドルディア族の村にある牢獄で監禁されていた頃のルーデウスと出会ったキャラクターです。
獣族とのギャンブル勝負中に行った“イカサマ”がバレたために連行されてきました。

ルーデウスの強さや能力・未来の結婚相手に関する詳細は「【無職転生】ルーデウス(幼年期)の強さと魔術能力・未来の結婚相手たちも紹介」の記事を参照ください。

 

【無職転生】ルーデウス(幼年期)の強さと魔術能力・未来の結婚相手たちも紹介
...

 

スポンサーリンク

ギースのプロフィール

種族 魔族(ヌカ族)
クラス シーフ(盗賊)
職業 元・黒狼の牙メンバー(雑務係)
ギャンブラー
冒険者ランク A

ギースは猿のような顔立ちが特徴的な「ヌカ族」という魔族で、最後の生き残りでもありました。
“村長の息子”として何不自由ない暮らしをできたものの、自身が冒険の旅に出発した後、ヒトガミにより故郷の村を滅ぼされています。

かつては「黒狼の牙」のパーティーメンバーとして、パウロゼニスと共に冒険していました。
しかし、この2人の結婚を理由にパーティー解散した後には他のパーティーに入れてもらえなかったため、ギャンブラーとして生き続けてきたのです。

 

スポンサーリンク

ギースの性格 | いい加減さと世話好きで頼れる一面を併せもつ

ギースは基本的には酒とギャンブルが大好きで、いい加減な性格です。
しかし、そのいい加減さとは真逆に「世話好きで頼れる一面」も併せ持っています。

ギースの世話好きな性格により、パウロルーデウスも助けられており、ミリス神聖国で再会した途端に親子喧嘩してしまった2人が和解できたのもギースのおかげでした。

アニメ版(17話)では、酒場でパウロに対して”魔大陸の過酷さ”や「ルーデウスエリスのため必死に頑張ってきたこと」を口で説明するだけに留まりましたが、これだけでも充分な助けとなりました。
しかもコミック版(35話)では、わざわざミリシオンの下水道にまで連れて行き、そこに潜む強力なBランクの魔物と戦わせてまで「まだ11歳のルーデウスが如何に過酷な冒険をしてきたのか」ということを身を持って味合わせたのです。

 

ルーデウスに出した手紙にも充分な配慮をされていた

ルーデウスがエリナリーゼと共にラノア魔法大学に入学した時期には、パウロロキシー達と合流して”ゼニス救出”のために旅立ちます。
そんな状況の中でギースがルーデウスに対して手紙を送りますが、この手紙においてもパウロやルーデウスに対する「配慮」がされていました。

パウロルーデウスに向けて手紙を送りますが、この時に書いた内容が「こっちで何とかする」という内容であることをギースも知っていました。
しかし、ゼニスの居場所であるベガリット大陸の迷宮から救出することを判断したため、パウロには内緒でルーデウスへの「救援要請」を書いた手紙を独断で送っていたのです。

パウロの強さや能力・アニメ第2クール以降に迎える展開に関しては、「【無職転生】パウロ(父親)が嫌われる理由・強さや過去・死亡する結末」の記事を参照ください。

 

【無職転生】パウロ(父親)が嫌われる理由・強さや過去・最後は死亡する?
...

 

スポンサーリンク

ギースの声は声優「上田耀司さん」が担当

ギースの声を担当している声優さんは「アミュレート」に所属している上田耀司さんです。
テレビアニメでは、2001年に放送された『しあわせソウのオコジョさん』のミゾベで声優デビューを果たされました。

上田耀司さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『「物語」シリーズ』クチナワ役
  2. 『おそ松さん』デカパン役
  3. 『ノー・ガンズ・ライフ』ヒュー役
  4. 『BLEAH 千年血戦篇』二枚屋王悦役

 

ギースの多才な能力 | パーティーに必要な縁の下の力持ちタイプ

【無職転生】ギースの正体はヒトガミの使徒 | ルーデウスへの裏切りとラスボス説

(無職転生(コミック版)第7巻 理不尽な孫の手・フジカワユカ/MFコミックス)

ギースは剣術も魔術も並以下と言える程に弱いため「黒狼の牙」でも「デッドエンド」でも、前衛や直接的な戦闘には参加せず“雑務”を担当することが多かったキャラクターです。

しかし、そのような雑務とギース自身の持つ“器用さ”は非常に相性が良く、他メンバーでは決して出来なかった重要なポジションでもありました。

 

スポンサーリンク

ギースの情報収集や判断力のおかげでパーティーの窮地を避けられた

一口に雑務とは言っても、ギースの多才かつ器用さを活かせた能力は幅広くありました。

「情報収集」の能力を活かしてパーティーの目的地を設定できたのもギースのおかげですし、強い魔物たちと遭遇してしまった時には「撤収の判断」における見極めも大切であり、この役目もギースが担っていました。

 

スポンサーリンク

得意な料理でパーティーの食事管理もこなせる

冒険者たちも空腹には勝てないため「旅中でも料理ができる者」も必要とされてきます。

ギースは一時的にデッドエンドに加入した中でも料理をしていましたが、ギースの料理「お店に出せるレベルの旨さ」を誇ります。
この料理の腕前はルーデウスからも高く評価されていましたが、かつてパウロ達と共に冒険していた頃には、ゼニスからも料理を教えてほしいと頼まれた程でした。

ゼニスの能力や過去、そして転移させられた場所の詳細は「【無職転生】ゼニス(母親)の能力と過去・廃人化から記憶戻るまでの展開」の記事を参照ください。

 

【無職転生】ゼニス(母親)の能力と過去・廃人化から記憶戻るまでの展開
...

 

スポンサーリンク

ギースの能力こそがパーティーのライフラインを支えてきた

先までに挙げてきた情報収集や料理も含めて、ギースがパーティーにいてくれたからこそ「黒狼の牙」も「デッドエンド」も無事に冒険を続けられたと言っても過言ではありません。

特にパウロ率いる「黒狼の牙」メンバーは本当に個性派揃い且つ、自己管理すらマトモにできない者たちの集まりでした。
この中で唯一、マトモな性格だったはずのゼニスギレーヌでさえ、当時は料理もあまり出来なかったそうなので、もしもギースが加入してくれていなかったら、魔物よりもライフラインすら繋げないまま全滅していた可能性もあり得たのです。

そこまで考えてみると、やはりギースのように多才な能力を持つ“縁の下の力持ちタイプ”冒険者パーティーに1人は必要というわけですね。

 

ギースの正体 | ヒトガミの使徒になった理由

ルーデウスパウロへのフォローを行っていたこともあり、アニメ1期までは“いい奴”という印象が強かったギースですが…
実はギースの正体は「ヒトガミの使徒」です。

ここではギースがヒトガミの使徒になった理由や経緯を辿ります。

 

スポンサーリンク

ギースはヒトガミのおかげで冒険者ランクを上げられた

本編で初登場した時点で冒険者ランクAを誇るギースでしたが、このランクアップにはヒトガミの能力が大きく関係しています。

村長の息子として何不自由ない暮らしに飽き始めたことと、幼少期から抱き続けてきた「冒険者になりたい」という夢に向かって走り始めます。
しかしギースの強さは剣術も魔術も並以下と弱かったため、冒険を始めた途端に死にかける始末でした。そんな窮地を救ったくれたのがヒトガミだったのです。
(ちなみにヒトガミはギースがまだ幼少期で村に滞在していた頃から声をかけ続けていたようです)

それ以降は、ヒトガミのもつ“未来視の能力”のおかげで、弱いままでも上手く立ち回ってきた甲斐もあり、冒険者ランクも順調に上げられました。

 

スポンサーリンク

故郷を滅ぼされた後もヒトガミとの関係を続けていた

ギースにとって恩人となったように見えたヒトガミですが、その一方でギースの故郷を滅ぼされてしまいます。
本来ならば、この時点でギースの方からヒトガミとの関係を断つはずですが、それ以降もギースの方からヒトガミとの関係を続けたのです。

確かに自分の父親を殺害した上、故郷の村まで滅ぼされたことは許せない行為ですが、それでもギースにとっては自分がこれまで冒険者として生き続けられたのはヒトガミのおかげである事実に変わりないためでした。

 

スポンサーリンク

ヒトガミの切り札的存在からゴミ扱いに変わったのは手紙が原因

ギースは始めはヒトガミにとって“切り札”とも言える立ち位置として重宝されていました。
それには龍神オルステッドとの関係もあり、何度も世界をループしてきたオルステッドからは「ギースがヒトガミの使徒であることに気づかれていない点」が大きかったと思います。

しかし、ストーリーがアニメ1期以降の時期になると、ヒトガミによる”ギースへの評価”が一変してしまう出来事が起こります。
それは先にも紹介したギースが送った「ルーデウスへの手紙でした。

ギースが書いた手紙がルーデウスへの救援要請だったのに対して、ヒトガミの方はルーデウスにゼニスを救出されることを防ぎたいため「ベガリット大陸には行くな」と告げていたのです。
この2人のルーデウスに対する言い分は完全に真逆であり、ギースはヒトガミの思惑とは真逆な行動を取ったことにより、切り札から「何もできないゴミ」と酷評されるようになってしまいます。

ヒトガミの正体や目的・能力の詳細は「【無職転生】ヒトガミの正体や目的・能力を解説 | 倒す方法はある?死亡する?」の記事を参照ください。

 

【無職転生】ヒトガミの正体や目的・能力を解説 | 倒す方法はある?死亡する?
...

 

ギースがルーデウスを裏切った理由にもヒトガミが絡んでいた

アニメ1期までは”先輩”と呼びながらルーデウスを慕ってきたギースですが、ストーリー後半に入ってから、いきなり裏切ってしまいます。

さらに、このギースによる裏切り行為の理由にもヒトガミが絡んでいました。

 

スポンサーリンク

ルーデウスがヒトガミを捨てて敵対したため

ギースがルーデウスを裏切った理由とは「ルーデウスがヒトガミを捨てて敵対したため」です。

劇中でルーデウスヒトガミに自分の大切な家族を人質に脅迫される形でオルステッドと再び戦う羽目になってしまいます。
2度目の戦いでもオルステッドには敵わず、今後こそ本当に殺されそうになるところを成長して戻ってきたエリスに救われたおかげで、助かったのです。

この直後にオルステッドから誘われたことで、ルーデウスオルステッドの側につき、ヒトガミを倒す決心をしました。
ルーデウスにとっては自分の家族を人質に取る者などと協力関係を続ける気になれないのは当然のことですが、これらの決心や行動が「ギースの裏切り行為」に繋がったのです。

オルステッドの強さや能力・正体に関しては「【無職転生】オルステッドの強さは?正体は何者なのか?」の記事を参照ください。

 

【無職転生】オルステッドの強さは?正体は何者なのか?
...

 

スポンサーリンク

ギースはヒトガミへの恩義を捨てきれなかったから

ルーデウスオルステッドについた後でも、ギースの方は相変わらず“ヒトガミへの恩義”を捨てられないまま、ヒトガミの側についてしまったのです。
これらの思いや考え方のすれ違いによって起こした裏切りにより、ギースとルーデウス完全な敵対関係へと変わってしまいます。

さらに、ギースにとっては恩義だけでなく、自分の活躍でヒトガミに勝利をもたらせることにより「“自分は凄い奴”という証明になる」とまで考えていました。

 

ギースのラスボス説 | 最終決戦での敗因と死亡

オルステッド側についたルーデウスに対して、ギースが強者揃いのメンバーを集めて挑みますが、その努力も空しく「ギースの敗北」という結果で終わります。

ここではギースが対ルーデウス戦用に集めたメンバーを始め、ギース自身の敗因および“ラスボス説”について解説します。

 

スポンサーリンク

ギースが集めたメンバーは七大列強も含む強者揃い

ギースが集めたメンバーは以下の5人です。

①剣神ガル・ファリオン ・剣神流で最強の座に君臨する。
・七大列強6位
②北神アレクサンダー ・王竜剣カジャクトで反則級な強さを見せる。
・七大列強7位
③魔王バーディガーディ ・魔大陸のビエゴヤ地方に君臨する魔王。
・全身が強力な”闘気”で覆われているため、普通の攻撃ではダメージすら与えられない。
・不死魔族でもあり、再生能力もある。
④鬼神マルタ ・怪力の神子(ザノバ)や北帝ドーガをも超えるパワーの持ち主。
・鉄壁の防御力と巨大から想像できない程のスピードを誇る。
⑤冥神ビタ ・粘族の冥王で、体内に侵入された場合には殆ど勝てない状態にされてしまう。
・自身の能力である魔王の体を乗っ取り、暴虐の限りを尽くしてきた。

七大列強2人も含む、まさに最強と言える強者揃いです。
さらに、オルステッドヒトガミとの戦闘のために魔力を温存しておかなければならない事情もあり、ルーデウスにとってはこれまでの強敵たちをも凌駕する程に恐ろしい面子ばかりですね。

 

スポンサーリンク

ギースの敗因はメンバーの性格や目的まで把握できていなかったため

先に挙げた5人の強者を使ってもルーデウスに勝てなかったギースの敗因とは「ギース自身が5人の性格や目的まで把握しきれていなかったため」でした。

確かにギースが準備してきたメンバーは個々の実力は絶大ですが、それぞれが性格も目的も異なる“寄せ集め集団”に過ぎません。
魔王や七大列強たちの目的が全く違っていた故にギースからの指示が全く入らず、最終的には“チームワーク”が勝敗を決める重要な鍵となったわけです。

 

スポンサーリンク

ギースはルーデウスの攻撃魔術で死亡した

強者揃いなメンバーを集めてもルーデウス側との全面戦争で勝てなかったギースは、ルーデウスが放つ攻撃魔術「フラッシュオーバー」で身体を焼かれてしまいます。

そんな中でルーデウスと言葉を交わした後、かつて同じ「黒狼の牙」の仲間だったギレーヌに対して短い別れの挨拶をした直後に死亡しました。

ギレーヌの強さや能力と過去・アニメ第2クール以降に迎える展開に関しては、【無職転生】ギレーーヌの正体と強さ・パウロとの過去や関係性も紹介の記事を参照ください。

 

【無職転生】ギレーヌの正体と強さ・パウロとの過去や関係性も紹介
...

 

スポンサーリンク

ギースこそが真のラスボスとされる理由とは

ギースのラスボス説に対して疑問を抱いたファンや読者も多かったかもしれません。

確かに戦闘能力においては最後まで弱いままだった上、ギースよりも本人が集めてきたメンバー5人の方が派手な見た目かつ絶大な強さで大きなインパクトを残した故、本来ならば魔王バーディガーディ達の方が”ラスボス”と呼ぶに相応しかった感もあります。
それでも、この5人を最後の全面戦争に出したのは紛れもなくギースだった上、ギース自身も最終的には主人公(ルーデウス)の攻撃死亡する結末を迎えたわけです。

これらの点も踏まえて考えてみると、やはりギースこそが『無職転生』での真のラスボスと捉えるべきではないでしょうか。

 

まとめ

今回はギースの性格や多才な能力がパーティーにおいて重要なライフラインになっていた事実について紹介しました。
さらに、ヒトガミと関わっていたことによる正体や裏切り行為、そしてラスボス説についても迫りました。

確かにイケメンでない上、戦闘能力も低いとなると、ルーデウス達のような派手な活躍の場に恵まれなかったのも仕方ありません。
それでもギースの頼れる性格や多才な能力が、ルーデウス達を救ってくれたことも事実であると同時に、最終的な”ラスボス化”も含めて非常に重要なキャラクターだったのです。

アニメ1期で出会ったばかりの頃は、ルーデウスとも仲が良かっただけに、最後の全面戦争で迎えた死亡と結末があまりにも悲しく哀れだったとしか言えませんよね。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
無職転生 ~異世界行ったら本気だす~
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント