【決定版】おすすめアニメ120選

【転スラ】暴風竜ヴェルドラの強さやスキル | 封印した勇者や声優情報を解説

転生したらスライムだった件

転スラは、主人公のリムルが異世界に誕生することで、物語が動き出します。

そもそもリムルが生まれたのは、聖域扱いされていたヴェルドラの封印場所である洞窟です。そこで、名もない魔物だったリムルが、ヴェルドラに名付けられ、そこからジュラの大森林の盟主となり、さらに魔王として活躍していきます。

そんな、リムルの魔王道を歩むきっかけとなった「暴風竜ヴェルドラ」の強さやスキルや、封印した勇者や声優情報を解説していきます。

アメリア
アメリア

単行本の内容で解説していくよ。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

ヴェルドラとは?

ヴェルドラは世界に4種しかいない、竜種の1人です。

暴風竜ヴェルドラは転スラに登場する中で最強レベルの強さを誇ります。強さの分類としては、最強である天災(カタストロフ)級とされており、リムルが訪れるまでの300年間洞窟に封印されています。

現在はリムルの胃袋の中で、無限牢獄を大賢者・智慧之王が外側から、ヴェルドラが内側から解析することで無限牢獄を解除することに成功しています。その間は、リムルの胃袋内で一緒に生活していたイフリートと将棋を打ったり奇天烈な人生を歩むリムルの行動を見たりと、楽しく暮らしていたようです。

外に出る際には、リムルの分身体をヴェルドラに移し、新たな人型を得ました。

その外見は金髪に小麦色の肌をした、美丈夫です。歯をむき出しにして笑うことも多く、聖典(漫画)を読んでいる描写は多いですが、天真爛漫な性格が見て取れる外見をしています。

性格は無邪気で単純です。

人に頼られる・褒められるのが好きでおだてられるとすぐに調子に乗りますが、大抵の問題はヴェルドラが研究することで、長年生きてきた知識・あらゆるものを可能にする莫大な魔素量で解決できます。実際には大発見・素晴らしい研究成果を残しているのですが、ヴェルドラにとっては「我、すごいだろう!」と鼻高々に自慢するのみとなっています。

現在の仕事として、ラミリス・リムルと協力して開設した「テンペストの首都であるリムル」にある地下迷宮で、ヴェルドラは地下100階に君臨するラスボスの役割を担っています。地下迷宮には並々なあらぬ強さを誇る魔物が10階層ごとにボスとして配置されているため、ヴェルドラにたどり着いた猛者はまだ現れていません。

地下迷宮に登場するボスは『【転スラ】迷宮十傑の階層とボス一覧 | 地下迷宮を守る最強の10名の魔物を紹介』で解説しているので、そちらもあわせてごらんください。ヴェルドラは、「迷宮十傑」と呼ばれる魔物のさらに上をいう強さを誇る存在となっています。

【転スラ】迷宮十傑の階層とボス一覧 | 地下迷宮を守る最強の10名の魔物を紹介
【転スラ】迷宮十傑の階層とボス一覧をご紹介!

ヴェルドラは勇者によって封印されていた

ヴェルドラが封印された理由はヴェルドラ曰く、「ちょっと街一つ破壊してしまった」とのこと。

その結果、人間の勇者が現れ、「絶対切断」でヴェルドラを圧倒し、竜種であるヴェルドラを閉じ込めるほどの結界である「無限牢獄」を張り、ヴェルドラを数百年間もの間、ヴェルドラ封印に成功しました。

ヴェルドラを封印していた勇者は「クロノア」です。リムルが生存する世界戦ではクロエ・オベールという名の子供ですが、クロエが成長した結果、勇者クロノアとなり、過去の世界でヴェルドラを封印します。

封印した経緯や流れは、『【転スラ】ヴェルドラは捕食後どうなった?リムルの出会いから完全復活まで時系列で解説』で解説しているので、そちらを合わせてごらんください。

【転スラ】ヴェルドラは捕食後どうなった?リムルの出会いから完全復活まで時系列で解説
【転スラ】ヴェルドラは捕食後どうなった?リムルの出会いから完全復活まで時系列で解説していきます。

 

ヴェルドラの封印後は、なにかのきっかけでヴェルドラの封印が解けてしまわないよう、ヴェルドラが住まう「ジュラの大森林」は不可侵領域として認知されていました。ジュラの大森林に住まう魔物からは人間・魔物の進行を和らげる「神」として扱われています。

ヴェルドラは封印の中にいる際には、スキルも使えない状態になってしまいますが、漏れ出し続ける魔素の影響で強力な魔物が生まれたり魔素を大量に含んだ魔石が生成されたりなど、周囲に様々な影響を与えます。

実はヴェルドラにとって、魔素が漏れ出し続ける状況は大変危険で、魔素不足の危機でした。リムルがいなかった場合、ヴェルドラは魔素の枯渇により一度死に、人格が再構築されて生き返ることとなっていたでしょう。

ヴェルドラの声優は「前野智昭」さん

ヴェルドラの声優は「前野智昭」さん

出典:Twitter

前野智昭さんは、男性声優さんとして遅咲きで、当初はナレーターの仕事が多かったようです。

しかし、2008年あたりからは、声優としても活躍することが増え、2010年には第4回声優アワードで「新人男優賞」を受賞するほどの人気声優さん。そんな前野智昭さん代表作は、以下の通りです。

キャラクター名(作品名)
・福富寿一(弱虫ペダル)
・白血球(はたらく細胞)
・クロコダイン(ドラゴンクエスト ダイの大冒険 (2020))
・堂上篤(図書館戦争)

低めの男性声が魅力的で、青少年の役が多いように思います。
元気溌溂としたヴェルドラや冷静な演技が多い福富寿一など演技の幅広さが目立つ声優さんです。

少年しては渋めの声ですが、成人男性にしたら少し高い印象がある渋い声という独特の声音です。

「ぜひ前野さんにオーディションを受けてほしい」と作者の熱望され、獲得した「図書館戦争の堂上篤」役など、「●●の声は前野さんにしてほしい」と、いうイメージを持たれやすい特徴のある声音の持ち主と言いえるかもしれません。

ヴェルドラの能力とは?スキルを解説

種族 最上位聖魔霊:竜種
庇護 豊穣の恩恵、暴風の守護
称号 暴風竜
魔法 竜種魔法
固有能力 万能完治・竜霊覇気・万能変化
耐性 物理攻撃無効・自然影響無効・状態異常無効・精神攻撃無効・聖魔攻撃耐性無効

ヴェルドラの能力・スキルはリムルでさえ「どう避けるの?」と思うほどの強さを誇ります。

特に、リムルはヴェルドラの耐性を完璧だと言っているほどで、ヴェルドラに特殊攻撃は一切通じないと考えていいでしょう。

究極能力『混沌之王(ナイアルラトホテップ)』

ヴェルドラがもともと所持していたユニークスキルは『究明者(しりたがり)』でしたが、リムルが真なる魔王へ進化すると同時にギフトによって、究極能力『究明之王(ファウスト)』に進化しています。

その後、ヴェルグリンドとの戦いで敵に操られてしまい、リムルに再び吸収された際、究極能力『究明之王(ファウスト)」』が智慧之王のシエルにより、『混沌之王(ナイアアルラホテップ)』に進化しました。

混沌之王の能力は幅広く、「思考加速・解析鑑定・森羅万象・確率操作・並列存在・真理之究明・時空間操作・多次元結界」の複合スキルとなっています。

特に注目すべきは、「成功確率に高い行動を導く」という確率操作です。

確率操作を持っているヴェルドラは「数%の確率でしか回避できないタイミングでの攻撃」を受けた際にも、簡単に回避が可能です。ヴェルドラに即死級の回避不可能な攻撃ではない限り回避できるため、その時点でヴェルドラを倒せる存在は限られてくるでしょう。

また、ヴェルグリンドが使用した「並列存在」をヴェルドラも扱えるようになっているため、分身を最大4体作成・操作できるようにもなりました。

ヴェルドラはリムルがいれば最強!?魂の回廊の力

ヴェルドラの最大の強みは、確率操作による回避力・抜群の耐性による防御力です。莫大な魔素量を誇るため、攻撃も究極レベルしか通じません。

しかし、ヴェルドラがリムルから「不死身かも?」と思われている理由はほかに部分にもあります。

そもそも、ヴェルドラはリムルと魂の回廊がつながっているため、リムルが存在する限り死にません。ヴェルドラ心核(ココロ)がリムルのなかにあるので、記憶や感情もバックアップされる仕様です。

そのため、ヴェルドラを倒すためには、リムルを倒し、ヴェルドラの確率操作・防御力をかい潜って瀕死にさせ、並列存在をすべて排除する必要があります。

アメリア
アメリア

ヴェルドラは、もう不死身を名乗っていいくらいだし、間違いなく最強だよね。

ヴェルドラの強みは圧倒的な魔素量

ヴェルドラは竜種の中でも飛び抜けた魔素量を誇ります。

転スラの原作が開始された当初から、ヴェルドラの魔素は、ヴェルドラがそこにいるだけで物資に変化を与えるほどの力を持ち、魔除け扱いされるほどでした。

究極能力「混沌之王」を手に入れた後では、ヴェルドラの存在値は8812万越えというテンペストで1番の存在値を誇り、究極レベル以外の攻撃は通じない状態でさらに手が施せなくなります。

ヴェルドラの弱点?魔素量はあるが、姉達にはタジタジ

最強の一角であるヴェルドラにも、弱みはあります。

ヴェルドラは、過去に姉から「矯正」が行われていました。

ヴェルドラは末っ子として生まれ、姉2人からは好かれていました。しかし、長姉である「ヴェルザード」からは、性格の矯正のために「1度殺して人生をやり直させる」方法で何度も転生しなおしていました。

一度肉体が滅びると竜種は記憶がリセットされてしまいますが、必ず生まれてきます。

ヴェルドラは力を抑える方法を知らなかったため、ヴェルドラの存在値の高さからヴェルザードに索敵され、何度も転生を繰り返していました。

次姉であるヴェルグリンドは、ヴェルドラに甘すぎるため「人間に化ける方法を教えて、人間の営みを学ばせるべき」と主張していましたが、甘すぎると周囲から言われてしまい、実現しませんでした。

それほど甘く接されていたヴェルグリンドにさえできる限り会いたくないと思ってしまうヴェルドラは、姉2人に、つい逃げ出したくなるほどの苦手意識を持っています。

まとめ

暴風竜と名高いヴェルドラについて解説しました。

ヴェルドラを倒すには、ヴェルドラを上回る力を持ち、リムルを先に倒す道理を分かっている必要がある…という、難しい状況になっています。さらに、ヴェルドラは竜種であるため消滅しないため、限りなく不死に近い状況と言えるでしょう。

今後のヴェルドラの動向が楽しみですね!

鬼滅の刃 無限列車 有料配信

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
転生したらスライムだった件
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました