【決定版】おすすめアニメ120選

【アニメ】『はめふら』は面白い?つまらない?人気の理由や魅力を解説

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…
出典 「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」公式HP
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…は面白い?つまらない?人気の理由や魅力を解説

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(通称・はめふら)は、原作小説とコミックスからアニメ化した作品として、2020年春にアニメ化された作品です。
アニメ化された作品が全て面白いかというと残念ながらそんなことはありませんので、これからはめふらを見始めるという方は、はめふらが面白いのかつまらないのか気になる所ですよね。
こちらの記事でははめふらは面白いのか、それともつまらないのかを初め、作品の特徴や魅力をご説明していきます。

はめふらアニメを見た方の反応

#はめふら

このように、アニメに大満足な方からハマりまくって小説やコミックスまで読破したという方もいれば…

#はめふら

こちらのように、そこまでツボにハマらなかったという方や、アニメオリジナルのストーリーがつまらなかったと感じる方もいますね。
面白いかつまらないかには個人差がありますが、どちらかというとツイッター上では「はめふらアニメ面白かった!」という声が多いようです。

はめふらの人気の理由は?個人的おすすめシーン&魅力ポイントピックアップ

はめふらアニメが爆発的ヒットを誇ったのは一体どうしてなのでしょうか?
個人的な独断と偏見で決めたはめふらアニメのおすすめシーンや、はめふらアニメの魅力についてピックアップしました。

カタリナの天然溢れる行動の数々

クラエス公爵の一人娘。きつめの容貌の持ち主。
前世の記憶を思い出したことで、ゲーム世界の悪役令嬢カタリナに転生したことに気付く。
悪役令嬢の迎える破滅エンドを全力回避するべく奮闘する。
無自覚に人をたらしこむ天性の人たらし。
魔力は土。

出典 「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」公式HP

はめふらと言えばやはり主人公カタリナ。
カタリナ無くしてはめふらは語れないと言っても過言ではありません。
普通の女子高生だった女の子がある日突然事故に遭い死亡。
生前プレイしていた乙女ゲーム、FORTUNE LOVERの中に出てくる悪役令嬢に生まれ変わり、何とかして自身の破滅フラグを回避しようと七転八倒するのですが、その姿がヒロインらしからぬ自由奔放さで、コミカルに描かれています。

畑作業に全力を注ぐ令嬢

元々は自分の魔法の源である土の魔力を上げるために、土と対話する方法を考えた結果思いついた畑作業でしたが、今ではすっかり個人的趣味と化しています。
家の中だけではなく学園にも畑を作っており、マイ鍬やマイ作業着を着用して畑作業に精を出している姿は、どうみても令嬢とはほど遠い姿です。
メアリと仲良くなったきっかけも自身の畑の作物を何とかして元気するための方法をアドバイスしてもらったことでしたので、畑ラブの精神が身に付いてますね。

野猿の異名は伊達じゃない!特技は木登り

転生前のカタリナの特技は何と木登り。
前世では野猿の異名を持つほど木登りが得意で、生まれ変わってからもその特技は変わらず、カタリナはアランと木登り勝負をするほど野猿の姿を頻繁に見せつけています。
アランとの対決シーンだけではなく、ソフィアと初めて出会うシーンでも、あっちゃんと初めて出会うシーンでもとにかく木登りをしまくっているカタリナ。

#はめふら

特技というだけあって登っているシーンがとにかく早い。
アランとの対決シーンでの木登りの素早さはまるで虫のような素早さで、あまりのスピーディーさに見ていて笑ってしまいました。

カタリナと言えば脳内会議

カタリナを語る上で欠かせないのが脳内会議。
物語でも頻繁に出てくる脳内カタリナ達ですが、破滅フラグを回避するために様々な性格のカタリナ達が一同に集い、カタリナの脳内で会議を進めます。
議長カタリナに強気カタリナ、弱気カタリナに真面目カタリナ、ハッピーカタリナの全5名のカタリナ・クラエスで進められる脳内会議は、皆真剣でそれなりに的を得たことを言っている時もあるのですが、たまにとんちんかんな方向へ進むことも。
この脳内会議シーンもカタリナの魅力を引き立たせるシーンと言えるでしょう。

キャラクターの闇を天然炸裂で救うカタリナ

登場キャラクター達が本来抱えている心の闇や悩み、葛藤やコンプレックスをいつの間にかサラッと解決してしまうのもカタリナの凄いポイント。
本人は全く意図していない内に物事が解決に向うこともしばしばです。
例えば本来ゲーム内ではアランがメアリに言う「緑の手」という言葉も、無意識のうちにカタリナが言ってしまいメアリがカタリナにぞっこんに。
アランはジオルドへコンプレックスを抱いていましたが、カタリナがヘビのオモチャをジオルドにぶつけたことをきっかけにアランとジオルドの仲を取り持つことに成功します。
他の登場人物達の抱える苦しさなども本人が全く狙ってやったわけではないにも関わらずサラッと解決してしまうので、見ていて面白いですし爽快に感じます。

登場キャラクター達が意外と過激

FORTUNE LOVERの主要登場キャラクターは本来攻略キャラである男性陣(ジオルド、アラン、キース、ニコル)ですが、男性陣だけではなく、正ヒロインのマリア、アランの婚約者であるメアリ、ニコルの妹のソフィアまでもが、カタリナにぞっこんです。
あまりにもぞっこんすぎるあまりにジオルドとの婚約を何とかして破棄させようとするだけではなく、メアリに至ってはカタリナと二人でどこか遠い地に旅立とうと本気で考えているほど。
もちろんカタリナがいやがる事を無理にするメンバーはいませんが、皆それぞれにカタリナと出来るだけ二人で一緒に居たいと考え行動に移していますので、見た目によらずかなり過激なことをしている姿を楽しめます。

キャラクター達の願望を垣間見れる8話

個人的にはアニメオリジナルの8話でカタリナ達が魔法の書に取り込まれてしまった際に、カタリナに向けられた願望が丸裸になった登場人物達の姿が印象的でした。
本に取り込まれたのはカタリナとジオルド、アラン、ニコル、キール、ソフィアの6人でしたが、カタリナ以外の5人は全員カタリナと二人きりで甘い一時を過ごすという願望を持っていたようで…(アランは途中で本を綴じられたので詳しくは描かれていなかったですが汗)
ソフィアですら、カタリナに壁ドンして迫っているシーンがありましたので、皆心の中でとんでもないもの抱えてるなぁと笑ってしまいました。
(ちなみにカタリナの欲望はお菓子の家でお菓子を思う存分食べる事でした、どこに居てもぶれないですね。)

ときめきシーンもあり!個人的おすすめシーン

はめふらはコミカルなシーンだけではなく、元が乙女ゲームの世界だと言うことを思い出せるような、ついついときめいてしまうシーンも多数!
こちらも個人的独断と偏見で、好きなときめきシーンをいくつかピックアップしてみました。

ジオルドがカタリナへ口移しで水を飲ませる

#はめふら

視聴者から「ジオルドの好感度が上がった」という声が多数確認出来た、ジオルドがカタリナに対して口移しで水を飲ませるシーン。
闇の魔法にかかって目を覚まさないカタリナに少しでも水分を取ってもらおうと苦戦するアンの憔悴した姿を目撃したジオルド。
カタリナへの自身の愛を改めて伝えキスで水を飲ませるシーンは、もう本当に王子様でしかなかったです。
乙女ゲーム攻略キャラクターだからこそというよりも、カタリナのことを本気で愛しているからこそ取った行動って言うのがわかってもう最高でした。

ニコルのカタリナへ秘める思い

友人の婚約者に手を出すわけにはいかないと自身の恋心をひた隠しにするニコルですが、所々で垣間見えるカタリナへの優しいまなざしや、カタリナとの会話の節々に現れる隠しきれない思いが見ていて応援したくなります。

#はめふら

普段表情が表に現れにくく無感情に見られがちな彼ですが、カタリナを見付ける目はとても優しく…。
鈍感かカタリナでなければ確実に好意に気が付くような瞳をしています。

シリウスのカタリナへの思いを告げるシーン

#はめふら

こちらはアニメオリジナルな演出でしたが、カタリナに跪いて、まるでカタリナに忠誠を誓うような姿が最高に王子様でしたね…。
これからもカタリナの側に居ることを許して欲しいと伝え、カタリナはあっさり了承。
ジオルドの前で手を取り合い仲睦まじい様子を見せたことでジオルドはお怒り気味でしたけど、この時のラファエルの仕草や言葉は正にFORTUNE LOVERの隠れ攻略キャラクターにふさわしい姿でしたね。
小説やコミックスではカタリナが畑に居る所、姿を変えてこっそりとカタリナの前に現れ、今までの過去を語ることがメインに描かれていましたが、アニメならではのこうした演出もすごく好みでした。

ただ面白いだけじゃない…はめふら感動回

はめふらと言えばコメディ要素が強い印象がある方も居るかもしれませんが、感動要素も豊富に含まれているからこそ人気があります。
こちらも完全個人的好みではありますが、はめふらアニメにおける感動シーンをご紹介します。

キースの過去を救ったカタリナ

アニメでしっかりと描かれていたキースの過去。
キースはクラエス家に来る前、魔力を暴走させて兄弟をケガさせてしまったと言われていましたが、それは兄弟達は木の上の鳥の巣に石をぶつけて落とそうとしたことが原因でした。
鳥を助けようと感情が爆発してしまった結果、キースの魔力が暴走。
兄弟だけではなく親からも退けられることになりキースは孤立してしまいますが、カタリナに出会ったことで家族の愛を知り、ゲーム内とはまるで別人のような性格を取り戻します。
絶望の中からキースを救ったカタリナの包容力や心優しさに感動しましたし、キースがカタリナに惚れてしまうのも納得です。

マリアの過去

#はめふら

マリアは元々庶民として父親母親と3人で仲睦まじく暮らしていましたが、ある日マリアに光の魔法の才能があることがわかり家族仲が一変。
本来光の魔法のような希少値の高い魔法は貴族に現われることがほとんどで、母親が貴族と浮気をして出来た子供なのではないかと疑われ、町の人から疑いの目を向けられるだけではなく、父親まで家を出てしまいます。
マリアはどうにかして母親との絆を取り戻そうと頑張るも、母親は次第にマリアを避け始め、マリアは孤立してしまうのです。
魔法学園入学後も周囲の環境は変わらず、庶民なのに光の魔法を発動させた者として蔑みの対象に遭い、同級生達からも避けられます。
この時も何とかして同級生と距離を縮めようと健気にお菓子作りに励むマリアでしたが、周囲の反応は冷たいもので、カタリナ達と出会うまで本当に大変な思いをしてきたんです…。

そんな辛い過去を持つマリアでしたが、カタリナとキースがマリアの家を突然訪れたことで家族仲が一変。
マリアの母親がカタリナ達に対して挨拶している姿を見て、今までのマリアの気持ちが報われたなぁと感動しちゃいました。
お母さんもきっとかなり辛い思いをしていたんだと思うんですが、マリアと二人暮らしですし、和解できて本当に良かったです。

断トツで感動…あっちゃんとのお別れのシーン

#はめふら

はめふらアニメ一番の感動回と言えばやはりあっちゃんとカタリナの別れのシーンです。
闇の魔力に倒れたカタリナを救うためにソフィアを通じてカタリナの夢の中に入ったあっちゃん。
最後にきちんとしたお礼も言えないまま別れてしまったことを後悔していたカタリナは、あっちゃんに今までの感謝を述べるのですが、このときのあっちゃんとのやりとりがもう本当に鳥肌が立つくらい感動。
あっちゃんの過去シーンも描かれていて、あっちゃんがいかにカタリナのことを親友として思っていたかがびしびしと伝わってきます。
挿入歌も相まって思わず涙が出てしまうシーンですので、はめふら感動回を観たいという方は断然アニメ11話をおすすめします。

二期制作決定!

#はめふら

というわけではめふらアニメの人気の理由や魅力について語りましたが、最終回で何とアニメ2期の制作が発表されました!
アニメ2期は2021年とのことで、詳しいオンエア日などはまだ発表されていませんが楽しみでなりません。
これからカタリナ達はもちろん、原作通りに物語が進むようであれば主要な登場キャラクターも増えていくと思いますので、更なるはめふらワールドの発展が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました