【決定版】おすすめアニメ120選

【ルックバック】漫画版の全編ネタバレ解説 | 最後の結末と映画との違い

ルックバック

『ルックバック』は『チェンソーマン』で大人気の藤本タツキ先生により2021年に「少年ジャンプ+」で発表された長編読切の漫画作品です。
アニメ映画化も決定しており、2024年6月28日から上映中です。

本記事では『ルックバック』の原作漫画版のストーリー全編をネタバレも含めながら、終盤で描かれた”2つの分岐点”も合わせて解説しています。
さらに、アニメ映画ならではの”原作との違い”や原作にはない追加場面にも迫ってみます。

 

【小学生時代のネタバレ】藤野と京本の出会い | 2人で一緒に漫画を描き始める

【ルックバック】漫画版の全編ネタバレ解説 | 最後の結末と映画との違い

(ルックバック 藤本タツキ/集英社)

『ルックバック』の物語は、2人の主人公である藤野京本の出会い”から本格的に始まります。
ここでは2人の出会いが描かれた序盤から2人で一緒に漫画を描き始めるところまでを解説します。

 

スポンサーリンク

同じ学年新聞の誌面に藤野と京本の漫画が一緒に掲載され始める

本編は藤野と京本がまだ小学4年生だった頃から始まります。

毎週配布される学年新聞で連載されている藤野の4コマ漫画を家族や同級生から絶賛されています。
そのような中、担任の先生から「京本の漫画も一緒に掲載したい」と告げられながら、新聞内の1枠を譲ることとなります。
(藤野の4コマ漫画はいつも2作品掲載されているため、その分の1枠を譲りました)

“学校内で人気の藤野”“不登校を続けている京本”
あまりにも対極的な立ち位置にいる2人はこの時点ではまだ顔すら合わせていない状況ですが、藤野の方は不登校という理由だけで京本のことを見下していました。
しかし、実際に掲載された京本の漫画(風景画)藤野とは桁違いと言える程の高い画力を誇っており、全生徒から高い注目を浴びます。
さらに、京本の高い画力による風景画の隣に掲載され続ける藤野の画力に対しては「普通」という掌を返すような反応に変わっていきました。

 

スポンサーリンク

藤野の屈辱 | 一時的に漫画を描くことをやめてしまうが?

自分が1番得意とすること(漫画)で同学年の生徒に敗北した藤野が屈辱を味わいながらも、画力を上げるための「本格的な猛練習」を始めます。
しかし、そのような猛練習も姉や同級生からの指摘を受けたこと、どんなに頑張り続けても京本の高い画力に追いつけないことを自ら悟ったことで漫画を描くこと自体を一時的にやめてしまいます。

その後は同級生と遊んだり、姉と同じ空手教室に入門したりと、皆と同じ生活を送るようになりました。

藤野歩の漫画や声優、京本を救うために作り出した世界線などについては『【ルックバック】藤野歩の漫画と声優 | 京本を死亡から救った世界とは』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【ルックバック】藤野歩の漫画と声優 | 京本を死亡から救った世界とは
...

 

スポンサーリンク

卒業式後の出会い | 藤野は京本から尊敬されていた

【ルックバック】漫画版の全編ネタバレ解説 | 最後の結末と映画との違い

(ルックバック 藤本タツキ/集英社)

漫画を描くことをやめたまま迎えた卒業式の後、藤野は先生から「京本の自宅に卒業証書を持っていくこと」を頼まれます。

乗り気になれないながらも仕方なく京本の自宅まで届けに行く藤野ですが、そこで見たのは廊下に積まれた“大量のスケッチブック”でした。
その上に置かれていた1枚の長細い紙切れに久々に4コマ漫画を描いて彼女の部屋のドア下にさりげなく置いていきます。
それから卒業証書を置いていく旨を大声で伝えながら退出して帰ろうとする中、いきなり外へ出てきた京本から声をかけられる上「藤野先生のファン」であることを伝えられながらサインまで求められたのです。

尊敬する藤野からサインまでもらえた京本も感激しながら「学年新聞の漫画を描くことをやめた理由」を問われます。
そんな京本からの質問に対して藤野は「漫画の賞に自分の作品を出すことを考えている」などというをついてしまいますが、その嘘が大人しい京本を更に興奮させてしまいました。

その時についた嘘がキッカケとなり、藤野は再びペンを取って漫画を描き始めます。

 

【中学生時代のネタバレ】プロデビュー決定後に決別 | 藤野と京本が進むそれぞれの道とは

【ルックバック】漫画版の全編ネタバレ解説 | 最後の結末と映画との違い

(ルックバック 藤本タツキ/集英社)

一度は漫画を描くことをやめた藤野ですが、京本との出会いがキッカケで再開させた上、中学生になってからは2人一緒の共同作業で描くようになります。

2人の作品が出版社からも認められたことでプロデビューの話までもらえるものの…
この時期に2人を引き離す大きな人生の分岐が訪れてきます。

 

スポンサーリンク

藤野と京本の応募作品が漫画賞に選ばれた

中学校から帰宅した藤野の部屋では、京本がひたすら漫画のための背景を描き続けていました。
藤野が中学校に通う中でも、京本の方は不登校を続けながら背景を描き続けるという生活を送っていました。

藤野も帰宅後には自分のデスクで漫画を描き始め、今では完全に“2人の共同作業”という形で描いている状況です。
そして、1年という長い期間をかけて完成させた漫画作品を2人で一緒に出版社(集英社)へと持ち込みます。
藤野と京本の2人で頑張って完成させた作品が編集者からも認められた上、実際に漫画賞に応募した「メタルパレード」という作品が見事に「準入選」に選ばれました。

ちなみに、2人で一緒に描き始めてからは「藤野キョウ」というペンネームを使っており、掲載誌にも「まさかの13歳コンビ!」というフレーズまで載せられていました。

 

スポンサーリンク

プロデビューが決まった直後に藤野と京本が決別?

初の入賞を果たした後も藤野キョウの快進撃が続きます。
その後も描いて応募した「海のある町々」や「セミ人間」「ミノムシ」などの作品も編集者の目に止まり雑誌にまで掲載され続けた結果、藤野と京本へ直々にプロデビュー(即ち連載)」の話を持ちかけられました。

この時点では既に高校生に成長していた上、卒業後の進路についても考えなければならない時期に差し掛かっており、編集者からは「高校卒業後に連載デビューを」勧められます。
しかし、この直後にそれぞれの進路や考えにおける食い違いにより、思いがけぬ決別を迎えることとなります。

編集者から勧められた通りに卒業と同時にプロデビューを果たしながら連載開始した藤野とは違い、京本の方は「もっと絵が上手くなりたい」という強い思いで美大へと進学していったのです。

京本の名前や声優、死亡の原因などについては『【ルックバック】京本の名前や声優 | 死亡の原因は藤野の漫画?』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【ルックバック】京本の名前や声優 | 死亡の原因は藤野の漫画?
...

 

【後半と終盤のネタバレ】2つの分岐点 | 藤野が望む未来とは

【ルックバック】漫画版の全編ネタバレ解説 | 最後の結末と映画との違い

(ルックバック 藤本タツキ/集英社)

高校を卒業して、それぞれ異なる人生を歩み始めた2人ですが…
突然の襲撃事件により、永遠の別れを迎えさせられます。

しかし、その別れに納得できない藤野が起こした勇気ある行動により「藤野が望む未来と結末」も作り出されます。

 

スポンサーリンク

藤野の連載作品が好調の中で京本が生命の危機に陥る

高校卒業と同時に決別した上で自分の道を歩み始めた藤野と京本…
藤野の連載デビュー作品「シャークキック」大ヒットを果たし、気づけば原作コミックも11巻まで出していました。

しかし、連載を続ける中で迎えた2016年1月10日に、藤野の心を引き裂く事件が山形県の美大で起こります。
京本が進学した先の美大に侵入してきた不審者が斧のような物で学生たちを次々と斬りつけた末、京本もその不審者と遭遇してしまっていました。

 

スポンサーリンク

本来の結末 | 不審者からの襲撃で京本が死亡

京本も不審者の暴行の被害に遭ったことにより、死亡という最悪な結末を迎えてしまいます。

地元に戻ると同時に京本の実家を訪れる藤野が見たのは「京本の葬儀が終わった後の光景」自分たちが出会う直前の頃に藤野が紙切れに描いていた4コマ漫画でした。
しかし、その時に描いた4コマ漫画が「引きこもり続ける京本が最後のコマで死亡する結末を迎えた」という内容のものであり、それを見た瞬間「京本が死んだのは私のせいだ」と自分を責めながら放心状態となりながらを流します。

 

スポンサーリンク

藤野が作り出した理想の未来や結末とは

【ルックバック】漫画版の全編ネタバレ解説 | 最後の結末と映画との違い

(ルックバック 藤本タツキ/集英社)

藤野がかつて自分が描いていた4コマ漫画を破り捨てながら部屋のドアに入れた瞬間、部屋の中には”まだ小学生で不登校だった頃の京本”がいました。

まるで自分たちが出会う前の過去にタイムリープしたような光景が描かれますが、この瞬間こそが「藤野が作り出した、自分が望む未来」始まりとなります。
現実世界での過去とは違い、藤野が素早く逃げるように京本の自宅から出て行ったため、この世界線では「藤野と京本が出会わぬまま」の形で歴史が進んでいきます。

藤野と出会わぬまま成長した京本ですが、山形県の美大に進学した未来や不審者から攻撃される未来は同じです。
しかし、前もって不審者による無差別殺人が起きることを知っていた藤野が間一髪のタイミング助け入ります。
そして、小学生の頃に姉と一緒に習っていた空手の蹴りと拳で不審者を倒しました。

しかし、藤野の方も無事では済まず、最初に繰り出した蹴りの着地に失敗したことで足を骨折したため、救急車で搬送されます。

 

スポンサーリンク

藤野が元の世界に戻ったために京本が死亡した結末は変わらない

自分を助けてくれた京本が救急車の中に入れられる寸前まで付き添いながらお礼を言う中でお互いの電話番号を教え合うことで連絡先の交換で行います。
その時に藤野の苗字を見ただけで、京本から人気漫画家の藤野先生であることに加えて「自分たちが同じ小学校だったこと」「学年新聞で4コマ漫画を描いていた藤野さん」であることに気づかれます。

そのように聞かされた藤野の方も担架に乗せられながらもVサインしながら「アシスタントになってね」と告げたことで2人は再び別れました。

しかし、これらはあくまでも藤野が望んだだけの「自分の頭の中で描いた未来や結末」に過ぎず、再び現実に戻った藤野は京本の部屋の中で悲しみと後悔の涙を流し続けます。
それでも数日後には再び仕事場に戻り「シャークキック」の連載を再開させようと奮い立っていました。

created by Rinker
¥460 (2024/06/22 04:50:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

映画では『チェンソーマン』のデンジやレゼとの共演もあり得る?

【ルックバック】漫画版の全編ネタバレ解説 | 最後の結末と映画との違い

(チェンソーマン第6巻 藤本タツキ/集英社)

待望のアニメ映画化ということもあり、劇場アニメに対して「原作漫画にない場面の追加」に期待しているファンも多いはずです。
ここで、原作漫画との違いも兼ねながら“追加されそうな場面”について簡単に予想してみます。

 

スポンサーリンク

デンジとレゼが友情出演してくれる可能性が高い理由

『ルックバック』公開後も同じ藤本先生の大人気作品『チェンソーマン』レゼ篇上映も控えている状況です。
(2024年5月現在でもレゼ篇の正式な公開日までは発表されていない状況です)

そのような繋がり等により一種のオマージュかつ細やかなファンサービスとして、デンジレゼも『ルックバック』アニメ本編の中でほんの一場面の中でも登場してくれるだけでも、ファンにとっては涙ものの嬉しさですよね。

デンジに関する詳細は「【チェンソーマン】主人公デンジの正体・扉の夢の意味 | 強さや魅力・第二部の活躍も考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】主人公デンジの正体・扉の夢の意味 | 強さや魅力・第二部の活躍も考察
...

 

スポンサーリンク

デンジとレゼが登場しても藤野や京本とすれ違うだけで終わる?

実際にデンジとレゼが『ルックバック』の中で登場してくれたとしても、藤野や京本と深く関わることまではなく「街中や地元の田舎道ですれ違う程度」で終わるものと考えられます。
空手で培った強さをもつ藤野でも、生身の人間がレゼやデンジ(チェンソーマン)などの悪魔とまともに戦っても勝てるはずがありませんし、実際に戦っては本作品そのもののテイストが大きく変わってしまいますからね…。

個人的には地元で開催中の縁日の会場に遊びに来た藤野と京本が「一緒に楽しく歩くデンジやレゼとすれ違う場面」やデンジ(チェンソーマン)に敗北したことにより「1人きりで逃げ続けるレゼとすれ違う場面」であれば、映画内で追加することも可能であるように思えます。

レゼに関する詳細は「【チェンソーマン】レゼがかわいい・強さと能力 | 死亡と復活の理由・第二部で再登場する可能性を考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】レゼがかわいい・強さと能力 | 死亡と復活の理由・第二部で再登場する可能性を考察
...
created by Rinker
¥460 (2024/06/22 23:08:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回は『ルックバック』漫画版のストーリー全編のストーリーをネタバレも含めた上で、終盤で描かれた”2つの分岐点”も合わせて解説してみました。

藤野が頑張って変えた方の結末は単なる夢や妄想などではなく、捨て身で創り上げた「もう1つの未来や歴史」と解釈することで救いも生まれるはずです。

レゼやデンジ(チェンソーマン)との共演に対しては少し夢を見過ぎな感もありますが『ルックバック』上映と同時にレゼ篇の正式な公開日が発表されることには期待できそうですよね。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
ルックバック
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント