【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【セーラームーン】3つの謎と伏線が巧妙!?アマゾネス・カルテットを考察

美少女戦士セーラームーン

セーラームーン4期のデッド・ムーンサーカス編は、2021年に映画版としてリメイクして帰ってきました。

アニメ版のオリジナル展開とは違い、原作を元に作られた「セーラームーン Eternal」は、アマゾネス・カルテットの伏線が秀逸です!!アマゾネス・カルテットが敵という立場から味方への変化が劇場版の前編・後編に分かれて少しずつ印象が変わっていきます。
こちらでは、「セーラームーン Eternal」に登場するアマゾネス・カルテットについて解説していきます。

アメリア
アメリア

セーラームーンの敵キャラは奥が深いよね!

※ここからはネタバレを含みますので、ご注意ください!!

アマゾネス・カルテットとは

アマゾネス・カルテットとは

出典:「sailormoon-official」公式ページ

スポンサーリンク

デッド・ムーンサーカスの顔

デッド・ムーンサーカスは主に、アマゾネス・カルテットが主役となります。

空中ブランコ・玉乗りジャグリング・猛獣ショーなどの芸を行うため、サーカスの顔はアマゾネス・カルテットと言っても差し支えないでしょう。

特に、デッド・ムーンサーカス団は、サーカスの他に、ミラーハウスやゴーカートなど遊園地の要素も兼ね備えており娯楽にあふれています。映画ではウサギが「ゴーカートに2回乗った」と発言していることから、価格設定も一般的なものであったと推測されます。

しかし、サーカスの観覧料はなんとSチケット1枚で1万円もします。
とても強気な価格設定となっていますが、なんと満席でした。サーカスのテントが満員になるほどの人数が1万ものチケットを買って入場していることを考えると、やはりデッドムーンサーカスの目玉はサーカスであり、主役となり芸をするアマゾネス・カルテットと言えるでしょう。
アマゾネス・カルテットぼメンバーについて紹介していきます!

 

アメリア
アメリア

サーカス団ってだけあって、サーカスが主役なんだね♪

セーラームーン おてだま マスコット アマゾネス カルテット
ノーブランド品

セレセレ

セレセレ

出典:「sailormoon-official

セレセレは、アマゾネス・カルテットの中でもリーダーのような立ち位置の、長身の女の子です。

ピンク色の目と髪の毛を持っており、黄色のリボンで長い髪をくくっているところが特徴的なキャラです。イメージカラーはおそらく黄色なのかと思われますが、ピンクの衣装を身にまとっているため、ちびうさとかなり被って見えます。

アニメではアマゾネス・カルテットの「花使いセレセレ」として活躍していました。

しかし、映画版では名乗るタイミング自体がなかったことや、花を使った戦闘描写がなかったことで、どういう敵だったのかわからなかった人も多いのではないでしょうか?

花使いであることお思わせる描写が、サーカス中に空中ブランコの上から花をまくシーンが2・3回あっただけでした。

セレセレの性格としては、原作の設定資料の作者のコメントで「お嬢様風の上品な言葉遣いだが、毒舌で底意地が悪い」とあります。映画でも上品なお嬢様のような言葉遣いですが、毒舌要素は見られなかったです。

むしろ、アニメではベスベスがリーダーのようですが、映画では面倒見が良くセレセレがリーダーのように振舞っている印象を受けました。

 

パラパラ

パラパラ

出典:「sailormoon-official

パラパラは、アマゾネス・カルテットの中で最も能力を使う頑張り屋の女の子です。

水色の目と髪の毛をしており、服装も水色です。玉の飾りが特徴的なコスチュームに身をまとっています。コスチュームの色から、セーラーマーキュリーと同じく水の属性を持っていると思われがちですが、水を使った戦い方はしません。

アニメ・映画ともに「玉乗りパラパラ」として活躍しており、最初は玉の上でジャグリングをしている描写が見られましたが、その後ショーの最中には象の背に乗りそのうえで玉に乗りながらジャグリングをしており、バランス能力がとびぬけて高いことが 伺えます。

また、アマゾネス・カルテットの中でかなり多芸で特殊な術を数多く使用します。

映画では、アマゾネス・カルテットの中ではほぼパラパラしか特殊能力を使わなかったのではないでしょうか…?
アニメでもその傾向は強いですが、映画はその様子が浮き彫りになっており、アマゾネス・カルテットが仕組んだほぼすべての事柄にパラパラの能力が使用されています。

パラパラの性格としては、原作の設定資料の作者のコメントに「泣き虫で子供っぽい」とあります。

一人称が自分の名前であるため、「パラパラは~」と言うセリフのせいで幼さが増して見えるため子供っぽく見えるのでしょう。しかし、実際は4人のアマゾネス・カルテットを年齢順にしたときには上から2番目にいます。

仕掛けがパラパラの術を起点にすることから、セーラー戦士が多くの困難を乗り越えたということは、それだけパラパラの術が破られていることを意味します。
そのため、感情を乱されがちであるのかもしれませんね。

ちなみに、映画では泣いている描写はありません。

ジュンジュン

ジュンジュン

出典:「sailormoon-official

ジュンジュンはアマゾネス・カルテットの一員で、乱暴な言葉遣いや力技が特徴的な女の子です。

緑色の目と髪の毛を持っており、トリプルテールにしています。カラーリングがアマゾンっぽいなと思われる方も多いでしょう。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
美少女戦士セーラームーン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント