【決定版】おすすめアニメ120選

<script>” title=”<script>


<script>

【彼方のアストラ】伏線一覧と回収の考察まとめ!黒幕の謎と矛盾点についても

【彼方のアストラ】伏線一覧と回収の考察まとめ!黒幕の謎と矛盾点についても 彼方のアストラ
彼方のアストラは仲間との絆が描かれた感動ストーリーであると同時に、緻密な伏線により構成されたミステリーSF漫画でもあります。 作中では本当に多くの伏線が登場し、一度読んだだけでは把握しきれないほどです。 この記事では、何度も読み返して私なりに整理した彼方のアストラにおける伏線回収を、分類別に網羅する形でまとめて考察していきます! ※物語根幹のネタバレを含みます  
スポンサーリンク

彼方のアストラの謎・伏線回収一覧を考察!(分類別にまとめ)

彼方のアストラには本当にたくさんの伏線が張り巡らされていますが、あまりに多いので、分かりやすく大きく分類をすると
  • クローンの伏線
  • 裏切り者の伏線
  • 歴史改ざんの伏線
  • タイトルと物語の背景についての伏線
これらに分けられます。 それぞれの伏線回収について、詳しく考察していきます。    
スポンサーリンク

【分類1】クローンと黒幕の親に関連する伏線

彼方のアストラで最大の衝撃だったのが、B5班は全員クローン人間だったという事実ですよね。 しかしこのクローンである事実も、それを指し示すいくつもの伏線が作中では示されていました。 例えば、
  • B5班がみな類まれな能力を持っている
  • アリエス以外は親からの愛情を受けていない
  • キトリーの母親とザックの父親の会話
  • ザックの父親は記憶の研究をしていた
  • キトリーとフニシアが義理姉妹なのに似すぎてる
  • シャルスとアリエスの笑い方が似てる
  • シャルスのアリエスへの接し方
以上のような描写です。 発覚のきっかけとなったのはキトリーとフニシアが似すぎていることからでしたが、冷静に見返してみると他にも本当のたくさんの伏線が登場してみます。  

伏線①:B5班がみな類まれな能力を持っている

まずはB5班の共通点について。 冷静に見てみるとB5班はみな類稀な能力・特徴を持ちすぎています。
  • カナタ → 運動能力
  • アリエス → 映像記憶能力
  • ザック → 頭脳(IQ200)
  • キトリー → 医師の能力
  • ユンファ → 歌唱能力
  • ウルガー → 銃の能力
  • ルカ → IS(実は絵が上手い)
普通の高校生がランダムに集まっただけで、こんなタレントが集まることはあり得ないですよね。 優れた高校生だけが集められた、みたいなことも一切語られていませんし。(ルカのISは長所には見えないかもしれませんがオリジナルの芸術家は望んでいる特徴) これは親たちが全て著名人で、類稀な才能を若返りによって保ちたいと考えたための結果です。 このメンツが集まったのは偶然ではありませんでした。 でも読者目線からしたら、漫画ではこんなご都合展開なんて日常茶飯事なので受け流しがちだと思います。 まあ漫画だし・・・と疑問にも思わず片付けてしまいますよね。 かくいう私もそうでした。 しかしそれすらも作者の狙い通りだったのではないでしょうか。  

伏線②:アリエス以外は親からの愛情を受けず育った

そしてこれもB5班の特徴なのですが、アリエスを除いた全員が親からまともな愛情を受けていません。 これはクローンだから親から愛されていなかったという伏線になっています。 逆にアリエスが愛情を受けていたのは育ての親がクローンのオリジナルではなかったからです。 例えばウルガーは兄だけが愛されていたという話をしていますが、物語冒頭ではウルガーが愛されなかった理由の説明はありません。しかし後に、これは兄は実子でウルガーはクローンだったから愛情に差があったということが分かります。 ザックに至っては、父親が自分を見る目はモノでも見るような目だったと言っていましたね。 さらに、親たちが集まって子供たちの捜索を打ち切る決定をする場面がありますが、自分の子供の捜索なのにあまりにもあっさりと打ち切りすぎです。 取り乱していたのはアリエスの母親のみ。 これらはすべて、愛情がなかったのは実の子ではなくクローンだったからという伏線になっています。 真実を知る前だと、なんかこの親たち怪しいな、程度にしか思えないのが絶妙な伏線だったと思います。  

伏線③:キトリーの母親とザックの父親の会話

作中、キトリーの母親とザックの父親がこんな会話をする場面があります。
ザック父「うちのザックとおたくのキトリーちゃんが結婚する未来ならあり得るんじゃないか?」 キトリー母「つまんない冗談やめて」 キトリー母「それが絶対にない事はアナタもよくわかってるでしょう。」 出展 彼方のアストラ
この会話は一見、ザックとキトリーに恋愛感情がないとかそういう話をしているようにも見えますが、”絶対にない”と言い切るのは不自然です。 これは、ザックやキトリー含むクローン達を宇宙の彼方へと飛ばし、始末する計画を立てたのは親たちだったという事実への伏線となっています。 自分達が計画したからこそ、彼らは5千12光年の彼方から絶対に戻ってこれるはずがないと分かっていての発言だったんですね。  

伏線④:ザックの父親は記憶の研究をしていた

ザックの父親が記憶の研究をしていたのも伏線です。 親たちはクローンを作って、記憶を移植することで体を乗っ取り、若返りを企んでいた。 その事実に暗に繋がる設定になっています。  

伏線⑤:キトリーとフニシアが義理姉妹なのに似すぎてる

キトリーとフニシアは義理の姉妹であり、血は繋がっていないと物語冒頭で早々に打ち明けられます。 そしてキトリーが最初フニを邪険にしていたことから、義理であるという設定を自然に受け入れてしまいがちですが、義理姉妹にしては容姿が似すぎですよね。 普通キャラクターとして血の繋がっていない姉妹を描こうと思ったら、血が繋がっていないことが一目で分かるような容姿の違いを描きそうなものです。 そしてこの伏線はクローン計画露見の決定打になります。 キトリーとフニシアが本当の姉妹だと思ったというポリ姉の一言により、カナタ達B5班のメンバー全員がクローンである真実が明らかになったのです。  

伏線⑥:シャルスとアリエスの笑い顔が似てる

キトリーとフニシア以外にも、実はB5班の中には血縁者がいます。 シャルス(王のクローン)とアリエス(王女のクローン)です。 そしてこの2人、原作漫画のおまけ4コマページでの笑い方が似てると連載時から噂になっていました。

確かに似てますよね。
鬼滅の刃 漫画 全巻無料 呪術廻戦 漫画 全巻無料
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
アメリア

当メディアの管理人です。

アニメ好き | インドア女子 | 25歳

アニメが大好き、ブログが好き、ライティングが好き、教えるのが好き、色んなアニメを見てる、動画配信サービスにも詳しい。

Follow Me!
彼方のアストラ
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました