【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SSSS.GRIDMANの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

SSSS.GRIDMAN
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「SSSS.GRIDMAN」の人物相関図を作成しました。

各登場人物についてもキャラクター同士の関係性など1人ずつ解説しています。

スポンサーリンク

SSSS.GRIDMANの人物相関図

出典:「SSS.GRIDMAN」公式HP

『SSSS.GRIDMAN』は、1993年に放送された特撮番組『電光超人グリッドマン』を原作としたオリジナルアニメーションです。

『電光超人グリッドマン』を原作にしてはいますが、グリッドマンや怪獣が出てくるという設定以外ほとんど共通点はなく、まさに現代版のグリッドマンとして生まれ変わった作品といえるでしょう。

オリジナルアニメーションということで、先の読めない展開や魅力的なキャラクターたちの人間関係が面白く当時話題を呼んでいました。

そんなキャラクターの魅力をまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク

SSSS.GRIDMANの登場人物・キャラクターの一覧を解説

響裕太 CV:広瀬裕也

響裕太 CV:広瀬裕也

出典:「SSS.GRIDMAN」公式HP

今作の主人公で、ツツジ台高校に通う1年生。

特に大きな特徴のない普通の男の子ですが、物語の冒頭からなぜか記憶を失っています。
自分の名前も思い出せないような状況の中でパソコンの中にいるグリッドマンに話しかけられ、促されるまま合体し、そのままの勢いで街を襲う怪獣達と戦うことに。

普段はあまりはっきりものを言わない性格ですが、怪獣が現れグリッドマンと合体する時には急に凛々しくなるという一面を持っています。

しかし、水着回では六花とアカネの水着姿に目を奪われてしまう男子高校生らしい一面も持ち合わせています。
六花のことは異性としてかなり気になるようです。

アカネが正体を知ったときは落ち込んだりと優しい性格をしていますが、それが原因でアカネに刺殺されかけてしまう場面もありました。

怪獣たちとの戦いを通じて、内海翔や宝多六花、新世紀中学生たちと絆を深めグリッドマン同盟を結ぶことになります。

 

響裕太については、『【SSSS.GRIDMAN】響 裕太の性格や正体、人間関係 | グリッドマンについても紹介』で詳しくまとめていますので、よりキャラクターを詳しく知るためにもぜひお読みください。

 

【SSSS.GRIDMAN】響 裕太の性格や正体、人間関係 | グリッドマンについても紹介
...

 

 

アメリア
アメリア

真面目だけど女の子を結構意識しているよね

グリッドマン CV:緑川光

グリッドマン CV:緑川光

出典:「SSS.GRIDMAN」公式HP

ハイパーエージェントというエネルギー集合体で、見た目はウルトラマンのような姿をしています。

普段はジャンクというコンピューターの中でしか存在できないのですが、裕太と合体することで現実世界に出てくることも。
裕太と同様に記憶がありませんが、街を危険から守らないといけないという正義感から裕太に呼びかけ、怪獣たちと勇敢に戦います。

余談ですが、緑川光が原作『電光超人グリッドマン』に引き続き、グリッドマンの声優を担当したことで話題にもなりました。

アメリア
アメリア

どう見てもウルトラマンをイメージしたデザインだよね

内海将 CV:斉藤壮馬

内海将 CV:斉藤壮馬

出典:「SSS.GRIDMAN」公式HP

裕太のクラスメイトで、グリッドマン同盟の一員です。

ノリが軽く軽率なところがありますが、友達思いなところもあり、周囲からはなんだかんだで信頼されています。
グリッドマン同盟結成時は、誰よりもウキウキしていました。

隠れ特撮オタクで、グリッドマンや怪獣が現れるとつい興奮してしまいます。
アカネのことが内心気になっており、本屋でたまたま出会ったアカネと特撮トークをして盛り上がった時はとても嬉しそうでした。

軽率なところは自覚もしているようで、それが原因でトラブルが起きた時は自己嫌悪するという場面もあり憎めない存在です。

アメリア
アメリア

えっオタクなの!?

宝多六花 CV:宮本侑芽

宝多六花 CV:宮本侑芽

出典:「SSS.GRIDMAN」公式HP

本作のヒロインで、裕太のクラスメイトです。

少し気だるそうに話したり、消極的なところもあったりする今時の普通の女子高生
裕太や翔とグリッドマン同盟を結成するときは、そのネーミングセンスに対する不満もあり、1番ノリが悪かったです。

しかし、回を重ねるごとに、絆を深め、グリッドマン同盟の一員として裕太とグリッドマンの戦いを見守るようになります。
新条アカネのことが気になるようで、不器用ながらも話しかけていました。

太ももの太さを気にしている節がありますが、ネット上ではその太ももに目と心を奪われた人が多いようで、人気がありました。

アメリア
アメリア

ヒロイン的な存在なのかな…

新条アカネ CV:上田麗奈

新条アカネ CV:上田麗奈

出典:「SSS.GRIDMAN」公式HP

裕太のクラスメイト。

容姿端麗で愛想も良く、更にスタイルも良いという非の付け所がない女の子です。
そのため、周囲からも一目置かれています。

ところが、その正体は気に入らないことがあると、アレクシス・ケリヴとともに怪獣を作り、街を破壊させている張本人でした。

気に入らないことがあると衝動的に怪獣を作り出してしまう様子から精神的に幼く、さらに不安定で脆弱な部分があり、そこをアレクシス・ケリヴにつけ込まれてしまったようです。

さらに、ツツジ台とそこに住む人々を仮想空間内に作り上げた外(現実世界)からきた人間ということが明かされ、裕太たちに衝撃を与えます。

アメリア
アメリア

結構謎が多い女の子だよね

サムライ・キャリバー CV:高橋良輔

サムライ・キャリバー CV:高橋良輔

出典:「SSS.GRIDMAN」公式HP

グリッドマンキャリバーというアシストウェポンに変身ができる新世紀中学生です。

「新世紀中学生」となっていますが、どう見ても30代の男性。
スーツに刀という独特の風貌をしています。

身体能力が異常に高く、ビル間をジャンプしながら移動していました。
あまり話すのが得意ではないようで、どもりながら話していることが多かったです。

会話は苦手でも優しいところはあり、特に裕太や六花に不器用ながらも優しい言葉をかける場面もありました。

アメリア
アメリア

設定と容姿があっていないような気がする

マックス CV:小西克幸

マックス CV:小西克幸

出典:「SSS.GRIDMAN」公式HP

バトルトラクトマックスというアシストウェポンに変身ができる新世紀中学生です。

「新世紀中学生」となっていますが、サムライキャリバー同様全く中学生には見えません。
かなりの巨漢で、顔もいかついです。

さらに金属製のマスクや鎧のようなものまで常に着用しているため、かなり近寄りがたい見た目をしています。

そんな見た目に反して内面は、新世紀中学生チームのまとめ役のような存在で、冷静沈着でどんな時でも的確な判断を持ち合わせているというギャップがあります。

アメリア
アメリア

一応リーダーなのかな…

ボラー CV:悠木碧

ボラー CV:悠木碧

出典:「SSS.GRIDMAN」公式HP

アシストウェポンであるバスターボラーに変身ができる新世紀中学生の一人です。

金髪ツインテールという姿から想像ができませんが、実は男の子。
見た目がかなり幼く、サムライキャリバーやマックスとは逆の意味で中学生には見えません。

言葉使いが荒っぽく、思ったことは忖度なく口に出します。

内海が余計なことを言うたびに、脛に蹴りを入れていたのはお約束のシーンです。

アメリア
アメリア

えっえっ男の子!?

ヴィット CV:松風雅也

ヴィット CV:松風雅也

出典:「SSS.GRIDMAN」公式HP

スカイヴィッターというアシストウェポンに変身可能な新世紀中学生のメンバーです。

とてもイケメンで、服装も清潔に着こなしているので、見た目のクセが強い他のメンバーよりまともに見えます。
スイッチのオンオフの差が激しく、オフのときは間延びした無関心な態度を取ることが多いです。

しかし、ひとたびスイッチが入れば、凛々しくスカイヴィッターのアクセスコードをいったり、全体を客観的に見てサポートする側に回ったりします。

アメリア
アメリア

イケメンでかっこよくて凛々しいとか最強じゃない?

アンチ CV:鈴村健一

アンチ CV:鈴村健一

出典:「SSS.GRIDMAN」公式HP

「グリッドマンを倒すための刺客」としてアカネとアレクシス・ケリヴによって生み出された存在です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
SSSS.GRIDMAN
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク