【決定版】おすすめアニメ120選
魔法科高校の優等生

魔法科高校の優等生と劣等生の違い | 打ち切りエンドで完結した?

魔法科高校の優等生

『魔法科高校の優等生』は2021年夏アニメとして放送された作品です。『魔法科高校の劣等生』のスピンオフ漫画となっており、2021年9月10日に最終巻が発売されました。

また2021年には、続編となる『魔法科高校の優等生 2nd Season』の連載もスタートしています。

今回は『魔法科高校の優等生』の原作との違いや打ち切りエンドの真相を解説していきます。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

魔法科高校の優等生の作品紹介

まずは『魔法科高校の優等生』を簡単に紹介します。

あらすじ

魔法が現代技術として体系化された時代が舞台。魔法を使用する「魔法師」を育成するための機関「魔法科高校」に司波深雪と司波達也の兄妹が入学します。

才色兼備で完全無欠の司波深雪は、敬愛する兄とのスクールライフを押下することを夢見ていました。

しかし司波深雪は一科生、司波達也は二科生として入学すると、二人の間には優等生と劣等生という壁が立ちはだかることに。

優等生の妹と劣等生の兄、そして個性豊かなクラスメイトたちとともに、青春スクールマギクスが繰り広げられていきます。

created by Rinker
¥5,929 (2021/10/24 01:52:35時点 Amazon調べ-詳細)

魔法科高校の優等生と劣等生の違いを解説

『魔法科高校の優等生』は原作『魔法科高校の劣等生』と、どう違うのでしょうか。5つのポイントに分けて解説していきます。

①『魔法科高校の劣等生』のスピンオフ作品

『魔法科高校の優等生』は人気ライトノベル『魔法科高校の劣等生』のスピンオフ作品です。

原作の『魔法科高校の劣等生』は2008年にWEB小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されていた作品で、その後、2011年7月から電撃文庫よりシリーズが刊行されています。

司波達也と司波深雪の高校生活を描いており、短編集を含めた全33巻が発売されました。

また2020年10月からは続編として、『続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー』が刊行されています。

対して『魔法科高校の優等生』は、「月刊コミック電撃大王」で連載されたスピンオフ漫画です。原作の「入学編」と「九校戦編」が司波深雪の視点で描かれているのが大きな特徴。

2012年から連載がスタートすると、2020年9月10日に発売された第11巻で完結しました。その後、2021年には『魔法科高校の優等生 2nd Season』の連載がスタートし、こちらは原作の「追憶編」を描いています。

created by Rinker
¥15,750 (2021/10/24 01:52:35時点 Amazon調べ-詳細)

②主人公は司波深雪

『魔法科高校の劣等生』の主人公は司波達也が務めていますが、『魔法科高校の優等生』では妹の司波深雪が主人公を担当しています。

物語も司波達也の視点から『劣等生』の物語が展開されていました。しかし『優等生』に関しては、司波深雪の視点で描かれており、大きな違いとなっています。

『劣等生』でも司波深雪の活躍が描かれていますが、各シーンにおける感情や不安などが詳細に描かれているのも特徴です。

基本的に原作と同じ内容ですが、視点が変わるだけで別の作品のように感じるため、また違った面白さや発見があるでしょう。

TVアニメシリーズのネタバレ感想記事もありますので、気になる人は「【アニメ】魔法科高校の優等生の1話ネタバレ感想 | 達也からのサプライズに深雪もうっとり」もチェックしてください。

【アニメ】魔法科高校の優等生の1話ネタバレ感想 | 達也からのサプライズに深雪もうっとり
アニメ「魔法科高校の優等生」の1話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて1話を振り返ってみましょう。ついに始まった「魔法科高校の優等生」。早速、達也と深雪のデートから始まり、また事件に巻き込まれていくんですね。待っていた分凄く楽し

③主要人物は司波深雪の友人たち

『魔法科高校の優等生』の主人公は司波深雪が務めているため、周りの主要人物たちも女性キャラクターで固められています。

クラスメイトで友人の三井ほのかと北山雫は、原作でも登場頻度の高いキャラクターです。これに加えて明智英美里美スバル滝川和実といったキャラクターも登場しており、華やかな雰囲気になっています。

もちろん、原作の『魔法科高校の劣等生』で主要人物だったキャラクターたちも忘れてはいけません。物語に登場する機会が少ないものの、西条レオンハルト千葉エリカたちの姿も確認できます。

また原作でも部分的に描かれていましたが、司波深雪たち女性キャラクターの登場が多いこともあって、お色気シーンや百合シーンが多くなっているのが特徴的です。

特に「九校戦編」に関しては、競技を終えた司波深雪たちが浴場で語り合う様子があります。女子トークでは司波達也の話題で盛り上がるなど、原作にはない部分を見られるのは『優等生』だけです。

④オリジナルキャラクターの登場

『魔法科高校の劣等生』にはいないキャラクターが登場するのも、違いの1つに挙げられるでしょう。

「九校戦編」ではライバルとなる第三高校のメンバーがしっかりと描かれており、彼女たちもまた司波深雪たちに負けない魅力を持っています。

特に司波深雪と「ミラージ・バット」で争う一色愛梨は、一年生エース同士の対決に相応しい戦いを繰り広げるのでした。司波深雪も手を抜くことなく戦っており、作中屈指のシーンかもしれません。

また十七夜栞も、第一高校の選手に脅威を与える存在でした。一色愛梨とのエピソードは見逃し厳禁で、相手側のエピソードも用意されているのが特徴的です。

原作では競技選手のエンジニアとして、司波達也が活躍する様子が描かれていました。しかし競技選手の目線から描かれている『優等生』を見ると、「九校戦編」の全く別の物語を楽しめるはずです。

⑤アニメ制作会社の変更

『魔法科高校の劣等生』と『魔法科高校の優等生』では、アニメーション制作会社が異なっています。

原作となる『魔法科高校の劣等生』についても、アニメ第1期と第2期で制作会社が変更されていました。しかしキャラクターデザインに違和感がなく、雰囲気が少し大人びたと感じるでしょう。

しかし『魔法科高校の優等生』になると、作画の雰囲気が一気に変わっています

主人公である司波深雪は『劣等生』と比べて、あまり違いがありません。ところが、三井ほのかや北山雫といった主要人物たちは、少し乙女の印象が強くなっているのが特徴的。

大きな違いは、司波深雪の兄である司波達也のデザインです。

『劣等生』では無表情で冷徹な印象が強かったのに対し、『優等生』では牙が抜かれたような表情に大きく変わっています。見比べてみれば、その違いに一目瞭然でしょう。

別記事「魔法科高校の劣等生2期 | 動画を無料全話(1話〜最終回)視聴できる配信サイトまとめ」では、制作スタッフの情報も掲載していますので、気になる人合わせてチェックしてみてください。

アニメガホン
アニメガホンはメガホンの様に大きく広く沢山のアニメ好き人にアニメ情報をお届けするアニメ総合Webメディア

魔法科高校の優等生の面白さを紹介

ここからは『魔法科高校の優等生』の面白さを解説していきます。『魔法科高校の劣等生』にはない魅力が詰まっていますので、ぜひ視聴して楽しんでほしいばかりです。

①深雪視点で進む物語

『魔法科高校の優等生』は司波深雪が主人公であるため、彼女の視点で物語が進行していきます。

そのため兄のカッコいい部分や優秀さを称える様子は、「さすおに」と共感せざるを得ません。その一方で、二科生として虐げられる様子を悲しみ、悲観する様子も胸が痛くなるばかりです。

そして何より、『魔法科高校の劣等生』では見られないシーンが数多くあります。どういった経緯で三井ほのかと北山雫と仲良くなったのか、友人たちと過ごす様子などは、血の気の多い『劣等生』にはない場面です。

男子諸氏が必見なのは、「九校戦編」における入浴シーンでしょう。男子禁制の女子浴場にて、お互いの美の秘訣を探り合うといった女子トークは、『優等生』でしか楽しめない華やかなシーンになっています。

②女性キャラクターが中心

『魔法科高校の優等生』は司波深雪を主人公に据え置き、周りも女性キャラクターで固められています。

そのために必然的に、司波深雪はもちろん、三井ほのかや北山雫たちの活躍が多くなっているのが特徴的です。

「入学編」では秘密裏にスパイ捜索をしていた三井ほのかと北山雫の姿があり、「九校戦編」でも二人の仲の良さを窺うことができます。

司波深雪の活躍が中心ですが、彼女以外のキャラクターが活躍しているシーンが多く、推しているファン垂涎の内容になっているのは間違いありません。

③一条将輝の性格が…

『魔法科高校の劣等生』では「九校戦編」のライバルとして登場するのが、第三高校のエースである一条将輝です。

「クリムゾン・プリンス」の異名を持ち、作中でもクールな振る舞いで圧倒していた一条将輝ですが、『魔法科高校の優等生』では異なる表情を見せていました。

司波深雪に対して一目惚れしている点は変わらないものの、出場している試合を観戦しているシーンでは現を抜かしており、ボケキャラに変貌しています

プリンスとはほど遠い様子がコミカルに描かれているため、これも『優等生』でしか楽しめない要素といえるでしょう。

 

魔法科高校の優等生は打ち切りエンドで完結した?

『魔法科高校の優等生』は「入学編」と「九校戦編」の2つの物語が描かれています。

しかし原作部分の序盤も序盤で、ネットなどでは「打ち切りエンドでは?」と囁かれるようになりました。

なぜ人気作のスピンオフ漫画が打ち切りになったのか、その真相を調べてみました。

打ち切りの理由

結論から述べると、『魔法科高校の優等生』は打ち切りエンドではありません

原作者である佐島勤さんによると、『優等生』はもともと第9巻で完結する予定だったとのこと。しかし実際は、第11巻まで続きました。

この先延ばしの理由には、原作『魔法科高校の劣等生』の最終巻(第32巻)と『優等生』最終巻(第11巻)の発売日を合わせたかったのだと推測できるでしょう。

加えて説明すると、2021年からは続編となる『魔法科高校の優等生 2nd Season』の連載がスタートしました。こちらは原作の「追憶編」を描いた作品で、今後も原作完結部分となる「卒業編」まで続くものと予想できます。

まとめ

『魔法科高校の優等生』の原作との違い、そして打ち切りエンドの真相について解説しました。

司波深雪の視点に立った物語になっているため、『魔法科高校の劣等生』とは違ったテイストで物語を楽しめます

キャラクターそれぞれの異なった表情だけでなく、原作にはないシーンによって、より『劣等生』の世界観を理解できるのではないでしょうか。

『魔法科高校の優等生 2nd Season』が連載していることで、まだまだ司波深雪の物語を楽しめます。可愛いだけでなくカッコいい司波深雪の姿を、ぜひ楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました