【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【ノゲノラ】白のかわいい点と魅力をシーン・セリフで紹介

ノーゲーム・ノーライフ

「ノーゲーム・ノーライフ」は、2014年春の新作アニメとして4月から6月にかけて第1期が放送されていた人気テレビアニメ作品です。2017年7月には、本編の前日譚となる劇場版「ノゲノラ・ゼロ」も公開されました。

本記事では、本作品のヒロイン「白」のかわいい点や魅力について、場面や台詞も交えながら紹介します。

本作品の「アニメ第2期の可能性」に関しては以下の記事をご覧ください。

ノーゲーム・ノーライフ2期はいつ?放送されない理由を考察
「ノーゲーム・ノーライフ」の2期はいつ放送されるのか?2期の放送日、放送されない理由や放送される可能性に迫ります。またアニメ1期の続きは原作の何巻からという点でも解説しています。

 

白とは?

【ノゲノラ】白のかわいい点と魅力をシーン・セリフで紹介

出典:テレビアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」公式サイト

本作品のメインヒロインであると同時に、空と並ぶもう1人の主人公です。

「真っ白な髪」「赤い瞳」が特徴的な美少女で、実年齢は11歳。空とは義兄の関係です。

白と空は、ゲーム内で「『』(空白)」と名乗っていて、現実世界でもディスボードの世界でも、兄との絶妙なコンビプレイでゲーム勝負においては”連勝中”です。

しかし、過去や生い立ちは辛いことばかり経験してきたために”不登校”や”引きこもり生活”を送ってきたのです。

白の悲しい過去の詳細は、『【ノゲノラ】天才少女「白」の能力や過去|本名やシュヴィとの関係性を解説』で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

【ノゲノラ】天才少女「白」の能力や過去 | 本名やシュヴィとの関係性を解説
...

白がかわいい!人気の理由や魅力を解説

【ノゲノラ】白のかわいい点と魅力をシーン・セリフで紹介

出典:テレビアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」公式サイト

ここからは白が多くのファン達から「かわいい」と人気な理由に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

【魅力①】その容姿と小さな身長

先に触れた可愛い容姿に加えて、まだ小学生である白の身長はまだ低めです。

そんな小柄な体型に対して「まるで小動物のように可愛い」という感情を抱くファンが多くいます。

スポンサーリンク

【魅力②】純真無垢な性格に癒される

生まれつき天才的な頭脳を持つ白ですが、年相応な「純粋な性格」も持ち合わせています。

それにより、「”ゲーム勝負中”と”普段の姿”」によって大きく見えるギャップに対して、たまらなく可愛いと評価されています。

さらに、白の場合は自分の長所も理解できているため、時にはそれさえも武器にして「可愛さ」をアピールしてしまう時もあるのです。

スポンサーリンク

【魅力③】途端に弱くなってしまう一面がかわいい

優秀すぎる頭脳により、一見は1人でなんでも出来てしまえるように見られがちですが、そんな白にも実は“決定的な弱点がありました。

それは、これまで現実世界の自宅内で一緒に引きこもりながらゲームばかりしてきた兄(空)がいなければ何も出来なくなってしまうこと」です。

ちなみに空の方も、白が一緒にいてくれないと”呼吸困難”に陥り、何もできなくなってしまいます。

この辺りもまた、先に触れた”年相応”な面に当たりますが、こうした意外な一面に惹かれているファンも多いようですね。

スポンサーリンク

【魅力④】お風呂への強い拒否反応も良い

毎回白いロングヘアと綺麗な容姿で登場している白は、実は「大のお風呂嫌い」なのです。

劇中でも自分がお風呂に入りたくないことで駄々をこねる場面も見られましたが、こうした姿にも可愛いという印象を強く抱いたファンもたくさんいます。

主に、男性ファンや視聴者の方に支持されているようです。

こうして駄々をこねながら拒否を続ける白に対して、「世話のかかる自分の妹や娘」と重ねて見えてしまう影響が大きかったのかもしれませんね。

可愛すぎる白のシーンとセリフを紹介

【ノゲノラ】白のかわいい点と魅力をシーン・セリフで紹介

出典:テレビアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」公式サイト

ここからは、可愛すぎる白の魅力をシーンやセリフと合わせて紹介していきます。

スポンサーリンク

「にぃならできる。ファイ、ト!」

これは第1話で白と空がまだ現実世界でネトゲ大会に励んでいた場面に出た、白なりの”応援の言葉”ですね。

これによって空に対して両手だけでなく、足でもコントローラー操作させてしまうわけですが…白のような可愛い妹から応援されながら頼まれたら、なかなか断れないですよね。

スポンサーリンク

「にぃ、覚えた。もっと褒める」

これは、第2話で初めて「イマニティ語」に触れたことがキッカケで出てきたセリフです。

初めて見た「イマニティ語」に対して動揺を隠せない空とは真逆に、白は「ローマ字と法則が同じであること」を見抜くと同時に速攻で理解してしまったのです。

そんな白の方も「早く褒めて」とストレートにせがんでくる所に対しては”年相応な可愛さ”も感じられますよね。

スポンサーリンク

「にぃ、オメガグッジョブ!」

第6話にて、ジブリールとのゲーム対決にも勝利した空に言ったセリフですね。

オメガとは、「最終」や「究極」という意味が込められています。また。グッジョブは、「よく出来ました」という意味になります。

これらの意味で訳してみると、白は「究極に、よく出来ました」と言いたかったんでしょう。

日本語としては少し変であり、それは文系に長けている空も内心では感じていたはずです。それでも、まだ小学生の年齢である白が言うなら「可愛いもんだ」という捉え方もできますよね。

スポンサーリンク

兄との”循環呼吸”

ジブリール戦(第6話)の最終局面にして、空から出てきた言葉により「酸素」すら失われてしまいます。

それによって彼らの周りには酸素すら失われてしまい”呼吸”すらできなくなってしまいますが…この時に白と空は「循環呼吸」までして生き延びたのです。

血の繋がっていない兄との”循環呼吸”の場面に、思わずドキッと感じさせられたファンも多かったのではないでしょうか。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
ノーゲーム・ノーライフ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント