【決定版】おすすめアニメ120選

【ダンジョン飯】マルシルは結婚する?ライオスやファリンたちとの関係・使用した魔術・目的などを紹介

【ダンジョン飯】マルシルは結婚する?ライオスやファリンたちとの関係・使用した魔術・目的などを紹介 ダンジョン飯

『ダンジョン飯』はハルタにて連載されていた「九井諒子」著の漫画です。

マルシルは『ダンジョン飯』に登場するハーフエルフであり、主人公であるライオスのパーティーに所属しています。

魔法学校では才女と呼ばれるほど魔法に関して技術も知識も長けている一方で、戦闘の経験は少ないためどんくさい描写も目立ちます。

この記事では、マルシルとライオスたちとの関係や作中で使用した魔術・マルシル関係の伏線などについて解説していきます。

本編最終巻までのネタバレを含むため、閲覧の際にはご注意ください!

 

また、以下の記事では最終巻までのあらすじを解説しています。そちらも良ければご覧ください。

【ダンジョン飯】全巻の内容・あらすじをネタバレ解説!
...

 

『ダンジョン飯』マルシル・ドナトーとは?

『ダンジョン飯』に登場するマルシルは、ローブを見に纏い、杖を持つハーフエルフの魔法使いです。

ファリンが食べられてしまったことで、攻撃以外でも回復や補助などの魔法を駆使してライオスパーティーのサポートを行っています。

また、古代魔術を研究しており、作中では禁忌とされる蘇生魔法を使用していました。

 

ちなみに、ハーフエルフは純粋なエルフよりも寿命が1000年程度と長く、子供が作れません。

こうした孤独を強いられる背景から、マルシルは世界中の種族の寿命を同じにするという気持ちを抱くようになりました。

その「他種族の寿命の統一」という欲望は後に翼獅子に魅入られる要因となり、物語に波乱を起こします。

スポンサーリンク

マルシルのプロフィール

本名 マルシル・ドナトー
誕生日/年齢 4月19日・50歳
人種/性別 ハーフエルフ・女
出身地 北方大陸
家族構成
体格 身長160cm 前後
好物 魚介類・ナッツ
苦手 ゲテモノ料理
スポンサーリンク

マルシルの性格

マルシルは素直で真面目な性格です。

表情も豊かで、作中ではよく笑ったり怒ったりもします。

やや少女趣味なところもあり、恋愛小説のファンです。

人の恋路にも首を突っ込みたくなるようで、チルチャックが結婚して子供もいると判明した際には非常に興味を示していました。

 

『ダンジョン飯』マルシルと仲間たちとの関係性|ライオスとは結婚する?

スポンサーリンク

ライオス

マルシルは、ライオスに対して悪い印象を抱いていました。

もともとマルシルはファリンと一緒の魔法学校に通っていました。

あるとき、ファリンが兄のライオスと再会して「島」に上陸し、学校から失踪してしまいます。

そうしてマルシルは、ファリンがライオスに無理やり連れだされたと考えるようになりました。

ちなみに、ライオスからは妹の友人になってくれて有難いと思っており、さらには多種多様な魔法が使えるため尊敬されています。

 

また、巷ではマルシルとライオスが結婚するのか話題になっています。

結論から言えば、二人は結婚していません。

最終的にライオスは国王になり、マルシルは王宮魔術師として仕えています。

「マルシルが怒った顔しているよりは笑顔でいる方が安心する」というようなセリフを言っていますが、本編の中では仲間のような関係です。

互いに大切な仲間だと思って入るでしょうが、どちらかと言えば家族愛に近いと思われます。

ただし、もしかしたら最終回の後に関係が変わっているかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

ファリン

マルシルにとって、ファリンは一番の親友とも言える存在で、迷宮を攻略する動機でもあります。

ファリンは特に回復魔法や霊の扱いが秀でており、その技術はマルシル以上です。

4巻でファリンの蘇生に成功しましたが、ドラゴンの血肉を使用しての蘇生であったためキメラになってしまいました。

マルシルはそのことを悔いており、率先して迷宮へと潜っていきます。

 

スポンサーリンク

チルチャック

チルチャックに対しては、時として子供を扱うように接します。

これは当初、ハーフフットであるチルチャックが小柄であり、年齢も伏せていたためです。

本当の年齢を知ってからも子供だと思っていましたが、彼に3人の娘がいることを知ると非常に驚いていました。

地下4層よりも深い階層でも鍵開けや罠の解除などで活躍し、替えのきかない技術を持っているため、子ども扱いしながらも頼りにしています。

 

スポンサーリンク

センシ

魔法嫌いのセンシとは、最初そこまで相性が良くありませんでした。

センシは頑固な性格であり、原理のわからない魔法を敬遠していました。

ただし、地下四階層のエピソード『水棲馬』などを経て、魔法に対する忌避感も弱まり、マルシルに対して歩み寄るようになりました。

 

スポンサーリンク

イヅツミ

イヅツミはライオスのパーティーに途中から加入した獣人のトールマンです。

身だしなみに無頓着なところがあるため、マルシルは彼女に対して母親のように接しています。

初めてであった際に、イヅツミはマルシルを脅迫するなどして反りの合わない様子でしたが、今ではパーティーに馴染んでいます。

 

『ダンジョン飯』マルシルの強さ・能力は?使用した魔術について

スポンサーリンク

作中でもトップクラスの魔法の才を持つ

マルシルの作中で使用した魔法は多岐にわたります。

得意な魔法は、魔物との戦闘でよく使用する爆発魔法であり、パーティーのメイン火力のような役割を担っています。

それ以外にも霊を寄せ付けないための「お祈り」や呪われていないかを調べる「鑑定」の魔法なども使用できます。

現代では禁忌とされる古代魔術も得意であり、作中ではファリンを蘇生していました。

他にも、狂乱の魔術師が放った魔法について、その場で術を書き換えて解除するなど、他の魔法使いではマネできないような離れ業を見せていました。

また、グリフィン戦では使い魔を召喚して操作する魔法も披露しており、非常に幅広い魔法を使用できます。

回復の魔法に関してはファリンよりも苦手なようで、回復痛と呼ばれる痛みが酷いです。

ちなみに、『ダンジョン飯ワールドガイド冒険者バイブル』によると、迷宮で使う呪文はすべて島へ来る前に一朝一夕で覚えたものらしく、それだけでも魔法の才能があるとわかりますね。

 

 

『ダンジョン飯』迷宮の主になったマルシルの目的について

スポンサーリンク

マルシルは「世界中の種族を同じ寿命にする」という野望を抱いていた

【ダンジョン飯】マルシルは結婚する?ライオスやファリンたちとの関係・使用した魔術・目的などを紹介

出典:『ダンジョン飯』12巻

ハーフエルフとして生まれたマルシルは、純粋なエルフよりも寿命が長く、1000年ほど生きられます。

マルシルは父親の死を経験し、親しい者が自分よりも先に死ぬことが怖いと思うようになります。

古代魔術の研究をしていたのも寿命差を無くすためであり、迷宮の力を行使することで、短命種の寿命を1000年ほどに伸ばそうとしていました。

つまり、マルシルは仲間たち皆と長い気がしたかったのです。

 

作中では、そのような欲望を持ったため翼獅子に魅入られてしまい、迷宮の主となりました。

そうして全世界を迷宮へと変えて全種族の寿命を伸ばそうと、魔物を率いて地上へ侵攻しようとします。

最終的には、マルシルはライオスたちの説得によって迷宮の主をやめようと決心。

迷宮の主の座をライオスに譲り、最後は見事翼獅子を倒すことに成功しました。

 

『ダンジョン飯』マルシルのかわいい場面・面白い場面・名シーンを紹介!

「魔術学校始まっての才女」と言われるマルシルですが、本編ではどんくさい場面が結構存在します。

魔法に関してはプロフェッショナルと言えますが、冒険者としての経験が他のメンバーよりも浅いため、どうしてもドジをすることもあります。

ここでは、そんなマルシルの可愛い場面や魅力が伝わる名シーンを紹介していきます!

スポンサーリンク

とんでもない姿勢で石化してしまうマルシル(5巻)

【ダンジョン飯】マルシルは結婚する?ライオスやファリンたちとの関係・使用した魔術・目的などを紹介

出典:『ダンジョン飯』5巻

5巻では、ライオスたちが体勢を立て直そうと地上へ戻ろうとします。

その途中で多くの魔物と遭遇し、中でもバジリスクと接敵してマルシルが噛まれてしまいました。

バジリスクは噛まれると石化してしまうため、ライオスは彼女に対処法を伝授します。

ですが、その方法は石化しても強度を増したまま固まるものであり、石化しないための方法ではありませんでした。

そのことにツッコミを入れたマルシル。

すると、このタイミングで画像のように石化してしまいました。

 

この後、チルチャックが変なポーズで石化したマルシルを見て、「人間こうはなりたくないもんだな」と言い、地味にひどい言い草が笑えます。

さらには漬物石代わりにされるといった描写もあり、最後はマルシルがブチ切れるのでした。

まだ5巻を読んでいない方には、読むことを強くお勧めしたいほど面白い場面でした。

 

スポンサーリンク

黄金城のマルシル(7巻)

【ダンジョン飯】マルシルは結婚する?ライオスやファリンたちとの関係・使用した魔術・目的などを紹介

出典:『ダンジョン飯』7巻

霊によって黄金城がある空間に連れられたライオス一行。

そこには黄金城の住人がいました。

各々が部屋で休むことになると、マルシルは住民の女性から「私たちの作った服を着てほしい」と頼まれます。

ライオスたちが別室で魔物の飼育やミノタウロスの乳しぼりについて話していると、マルシルがドレスを着て部屋に入ってきました。

その様子が上記の画像です。

ドレス姿を見てライオスから「マルシル、それ……」と言われたときの照れっぷりが可愛いですね!

表情豊かなマルシルですが、照れて赤面する場面は少ないため希少で破壊力がありました。

スポンサーリンク

ハーフフットになったマルシル(8巻)

【ダンジョン飯】マルシルは結婚する?ライオスやファリンたちとの関係・使用した魔術・目的などを紹介

出典:『ダンジョン飯』8巻

7巻のラストで魔法の茸「チェンジリング」に入ってしまったライオスたちは、別の種族になってしまいます。

そのとき、マルシルはハーフフットに変わってしまいます。

上記の画像のように、より幼くなって可愛くなりました。

さらには小柄の身体を持ち上げて、空中を飛ぶガーゴイルを輪にくぐらせる場面なども可愛くて面白かったですね。

8巻のチェンジリング辺りのエピソードには、やけに耽美的で美形なセンシや普通のおじさんのようなチルチャック、イヅツミの種族の伏線などが含まれているので、非常に読みごたえがありました!

 

スポンサーリンク

「ウサギ」でのマルシル(10巻)

【ダンジョン飯】マルシルは結婚する?ライオスやファリンたちとの関係・使用した魔術・目的などを紹介

出典:『ダンジョン飯』10巻

狂乱の魔術師の家にたどり着いたライオスたち。

彼らはファリンが空腹であると予想し、ご飯を食べさせて眠らせようと計画しました。

すぐ用意できる食材として、近くにいたウサギを使用することに。

しかし、そのウサギは素早く、足に刃が付いていました。

ウサギの動きについていくことができず、ライオスとセンシ、そしてチルチャックが死亡してしまいます。

マルシルは上記の画像のように死体を操ることで、シュールで面白い光景を繰り広げながらも窮地を脱しました。

【ダンジョン飯】マルシルは結婚する?ライオスやファリンたちとの関係・使用した魔術・目的などを紹介

出典:『ダンジョン飯』10巻

そうして室内に戻って来たとき、マルシルは「私がみんなの死体に囲まれてるとこ、少しでも想像した?」と呟き、涙を見せました。

マルシルの目的は『みんなと長生きすること』であり、そんな目的を持つ彼女にとっては非常につらい時だったでしょう。

普段は「どんくさ」と呼ばれたりするマルシルですが、蘇生可能とはいえ仲間の死に泣き崩れるなど、特に印象深い名シーンでした!

 

まとめ

この記事では、『ダンジョン飯』に登場するマルシルの他の登場人物との関係や使用する魔法などについて紹介してきました。

マルシルの目的は「他の種族との寿命差を無くし、仲間たちと同じ時間を生きること」です。

作中では、その欲望が仇となって迷宮に主になってしまいます。

そうして魔物を引き連れて地上にまで侵攻しようとしますが、仲間たちのおかげで何とか踏みとどまり、最後には翼獅子を退けることに成功しました。

 

また、マルシルは最終巻まで誰かと結婚することはありませんでした。

ライオスとは何度か良い雰囲気になっていたように思われますが、飽くまでも強い絆で結ばれた仲間であり、どちらかと言えば家族愛に近いのではないでしょうか。

ここまでマルシルについて紹介してきましたが、マルシルの魅力はまだまだあります。

ぜひ、本編の方も読んでみてください!

created by Rinker
¥11,088 (2024/04/16 23:19:04時点 Amazon調べ-詳細)

コメント