【決定版】おすすめアニメ120選

はたらく細胞の強さランキングTOP10!最強キャラは誰?

はたらく細胞!!
スポンサーリンク

『映画 鬼滅の刃 無限列車編』を無料視聴&動画配信サイトまとめ

『はたらく細胞』は私たちの身体の中で一生懸命働いている細胞達と外部から入ってくる菌との戦いを擬人化したアニメです。

基本的には、それぞれの細胞により強さは変わってくるのですが今回、私の独断と偏見で『はたらく細胞』に登場する細胞と菌で誰が一番強いのかランキング化してみました。

 

今回は『1対1で戦ったら誰が最強なのか』という視点で最強ランキングを作ってみました。

今すぐランキング1位を見る

 

はたらく細胞の強さランキングTOP10!最強キャラはだれ?

【10位】肺炎球菌

【10位】肺炎球菌

出典:RENOTE

10位は「肺炎球菌」です。

劇中では、肺胞に侵入することで肺炎なるという危険性のある菌。

そして、赤血球の敵で破壊しようといろいろなことを考えて侵入します。

ちなみに、劇中では赤血球が運んでいる酸素の中に紛れ込んで肺まで到達するという大事件を起こしますが、白血球により退治され肺炎になることはありませんでした。

【10位】肺炎球菌

出典:QLIFE

戦闘は莢膜を用いて相手の動きを封じたい上に攻撃を防ぎます。

1対1で戦った場合ですが、守備技が強く相手の動きを封じてしまう事から消耗戦にもっていくことができます。

そのため、結構いい勝負をすると思います。

アメリア
アメリア

あまり強くないけど守備や相手の動きを封じる力は強いよね

 

 

 

【9位】ピロリ菌

9位は「ピロリ菌」です。

私達の身体の中では、ピロリ菌に感染することで胃の粘膜が胃酸により弱ってしまい胃がんの発生率を高めてしまうという危険な菌です。

そのため、胃カメラを飲んだときにピロリ菌が見つかればその場で洗浄されることが多くできるだけ胃に感染させないようにする必要があります。

 

【9位】ピロリ菌

出典:BATTLE ONE!

劇中では、乳酸菌と好中球が協力しないと倒せない相手で結構苦戦しています。

今回、1対1で戦った場合を想定すると結構強いイメージがあるのですが攻撃性から見るとちょっと弱い部分が…。

また、蜘蛛のような姿から機動性も期待できません。

そのため、時間をかければ例え胃酸に強い防御力を持っていても、いずれ負けるような気がします。

 

ちなみに、ピロリ菌の正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ」です。

アメリア
アメリア

蜘蛛のような外見な上に運動性がないのは辛いよね

【8位】好酸球

8位は「好酸球」です。

白血球の一種で、U-1146番とは骨髄で一緒に育っています。

もともと、白血球と同じように菌を見つけたら一目散に二股の槍で突くなど容赦がありません。

【8位】好酸球

出典:TiPS

しかし、貪食能力が低いこともあり細菌に対しては力を発揮しません。

ただ、寄生虫に対しては実力を発揮してくれるので頼りになります。

 

1対1で戦った場合ですが白血球譲りの正義感で突貫することで先制攻撃を狙えますが、おだてに弱いこともあり油断しやすいのが難点です。

U-1146くらい油断しない性格ならもう少し上の順位を狙えたかもしれません。

アメリア
アメリア

強いというよりはかわいいという印象が強いキャラクターだよね

 

【7位】キラーT細胞

7位は「キラーT細胞」です。

私達の身体の中に入ってくる細菌やウイルスを駆除してくれます。

劇中では、体格がいい軍隊のような設定になっていますがまさにキラーT細胞の強さをそのまま姿にした状態です。

殺傷能力も高く攻撃的な性格から、体内の安全を任せられている細胞です。

ただ、見境がないという難点があります。

劇中では、ストレスから味方の毛細細胞をがん細胞を見間違えて攻撃するなど暴走する一面がありました。

そのため1対1で戦った場合、ありあまる攻撃力で見境なく攻撃をして自爆する恐れがあります。

 

もともと学校時代は積極的ではなかった部分があり、そんな弱い(黒歴史)を隠すために強さを表現しているため、本当の強さの面では保証できない所があります。

アメリア
アメリア

実力はあるんだけど無理矢理感が半端ないよね

 

【6位】マクロファージ

6位は「マクロファージ」です。

白血球の1種で、細菌を殺したうえに抗原や免疫情報を取得します。

見た目は色気のある大人の女性といった感じですが、問題は細菌との戦闘シーン。

巨大包丁を振り回すなど、どこにそんな力があるのか知りたいくらい。

しかも、戦闘シーンになってもいつもの笑顔は変わらないので、ポーカーフェイスで細菌を殺しまくります。

ここだけ見ると最強のような気がしますが、悩んでしまう点としてもう1つの姿である単球にあります。

血管内に入ると単球になるのですが、こうなると消毒員のような姿になり戦闘能力は格段に落ちます。

もし、1対1で戦闘した場合球体になることで相手に後れを取るので実力面から見ると上位は難しいのかなと思います。

 

間違いなく力は最強なのですが独特な能力と姿が足を引っ張りましたね。(´;ω;`)

アメリア
アメリア

力は最強なのにもったいないような気がする…

 

【5位】NK細胞

5位は「NK細胞」です。

キラーT細胞と同じく体内に発生したウイルス感染細胞やがん細胞を見つけ次第攻撃する遊撃隊。

そして、誰の命令もなく自分の意識で駆逐することができるので非常に戦力も高いですし即効性が期待で来ます。

しかし、NK細胞は笑うと活性化しますがストレスがかかると急に活動力が鈍ってしまいます。

つまり、安定性の面では期待できない所があります。

 

もし、1対1で対決した場合環境に左右されるのは痛いところで今回順位としては真ん中になりました。

ずっと笑っていればいいのですがそうはいかないのが環境ですからね。(´;ω;`)

アメリア
アメリア

力も自由度も高いのに笑いに左右されるのはちょっと痛いね

【4位】ステロイド

【4位】ステロイド

出典:Twitter

4位は「ステロイド」です。

正直今回のランキングにいれようか悩ました。

 

ステロイドは、私たちがアレルギーを発生した時に、体内に投与することで強力な抗炎症作用と免疫抑制作用が期待できます。

そのため、アレルギー反応を抑えることができるのですがアニメ版ではロボット。

おそらく、体外から薬を投与するということでロボットにしたと思うのですが強すぎです。

殲滅力の高さ、殺傷能力の高さにおいては敵う者はいないといってもいいくらい強いのですが、周りが悲惨な状況になります。

とにかく原因となる物質に対して一斉攻撃をするので、確かに効果は期待できますがこれでは全て終わるころには焼野原。(´;ω;`)

 

もし、1対1で戦った場合誰にも負けないような気がしますが力が協力すぎるため最後は悲惨なことになるという事で今回は順位を下げました。

アメリア
アメリア

力が強いのはわかるけど圧倒的過ぎるのは問題だよね

【3位】がん細胞

【3位】がん細胞

出典:RENOTE

3位は「がん細胞」です。

がん細胞は、私達人間が最も恐れる細胞で体を蝕んでいきます。

 

アニメの中では、ラスボス感が半端ないこともあり映画の中では主要キャラクターとして紹介されています。

そして、がん細胞は一般細胞と同じく自分の分身をどんどん増やしていき好中球やキラーT細胞やNK細胞と互角とも思える力を見せつけます。

そして、攻撃手段は相手を乗っとることで自分を攻撃させないという卑怯な手段を用います。

劇中では、キラーT細胞を乗っ取り自分に攻撃せないようにするなど厄介な部分を見せます。

しかし、抗がん剤が体内に入ってくることで力を失い倒されてしまいます。

 

もし、1対1で戦った場合ですが細胞との戦いであれば確実に最強なのですが、がん細胞自身過去にトラウマがあります。

そのため、力こそ最強ですが過去に縛られ心自体は未熟なため最強とはいえませんでした。

アメリア
アメリア

劇中ではがん細胞の過去のトラウマに泣かされたんだけど、体内にいると悪いことしか起こらないから駆逐するしかないんだよね

【2位】白血球

2位は「白血球」です。

 

私達の体内にウイルスや細菌が入った時に一番先に駆けつけれくれる最強の戦闘員。

体内に異物が入ってきたらすぐに駆逐する所は凄んですが正直怖いです。

特に容赦なくナイフで雑菌を死滅させる姿は破壊神そのものでした。

【2位】白血球

出典:BookLive10

そして、白血球は体内を自由に動くことができレセプターで確実に菌を発見して一匹残さず駆逐します。

攻撃、防御、検索能力全て高い細胞で、まさに最強という名がふさわしいのですがマイナス点は普段がボーっとしているところにあります。

 

もし、1対1で戦った場合自分が敵と認識しない場合しか戦いをしないので敵と認識しなければボッコボッコにされます。

白血球の特性なのかもしれないのですが敵を認識しないと動かないのはちょっと残念ですね。

アメリア
アメリア

普段から警戒をして欲しいかも

白血球(U-1146)は以下で詳しくまとめていますのであわせてお読みください。

【はたらく細胞】白血球の正体や性格 、声優 | 赤血球との関係も追及
『はたらく細胞』の白血球の正体や性格、声優をまとめてみました。そして、気になる赤血球との関係も追及。

【1位】ペニシリン X

1位は「ペニシリン X」です。

 

全てを無効化、そして全ての菌を抹消するという最強の薬。

私は『はたらく細胞』の登場キャラクターの中で誰が一番かというと真っ先にペニシリン Xが浮かび上がりました。

身体の中で起こっていることなのですが何故か宇宙から攻撃するような劇中の表現は最高でした(〃艸〃)

劇中では、増殖する細菌に絶望を見ていた時に空に光った一筋の光。

光が落ちた途端、細菌は最強と呼ばれる防御能力を失い、防御壁を持たない細菌は全て破壊されます。

まさにレーザーで一掃という言葉がふさわしいほど圧巻でした。

 

もし、1対1で戦った場合ペニシリン Xの攻撃により一掃されて終了になると思います。

しかも体外から照射されることから弱点もありません。

 

しかし、最強があるゆえに副作用も多く現状私たちが使用する場合はどうしようもないときに限られています。

アメリア
アメリア

宇宙からの攻撃という表現がすごいね

 

ランキングを10位から見る

 

まとめ

  • 1位:ペニシリン X
  • 2位:白血球
  • 3位:がん細胞

はたらく細胞の最強キャラランキングを格付けしてきました。

今回ランキングを作ったのですが正直悩むところが多かったです。

何故なら、攻撃をする細胞は全て強くそれぞれの特性があるからです。

ただ、やっぱり薬には勝てないですね。(´;ω;`)

このキャラの方が強いんじゃないか?などの意見もあれば大歓迎なのでコメントして下さい。

 

はたらく細胞2期の面白さを以下で紹介していますのであわせてお読みください。

はたらく細胞2期は面白い?つまらない?人気の理由や魅力を解説
はたらく細胞2期の面白い点をシーンごとに紹介。そして実際にTwitterの評判をもとに面白い、つまらないを分析。

 

created by Rinker
¥5,200 (2021/07/24 08:55:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥7,088 (2021/07/24 14:54:02時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめ記事
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
はたらく細胞!!
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました