【決定版】おすすめアニメ120選

『聖女の魔力は万能です』の第一王子カイルは馬鹿すぎる | アイラとの関係性についても解説

アニメ

『聖女の魔力は万能です』における一番のヘイトキャラは第一王子のカイルで間違いないのではないでしょうか…?

なんと、カイル第一王子は作者も認める程のヘイトキャラであり、聖女らしすぎる性格の良いセイが唯一苦手意識を持っているキャラとなっています。

今回は、どうしてカイル第一王子がヘイトキャラになってしまっているのかの理由と、カイル第一王子に一番振り回されているアイラの想いについて紹介・考察していきます!

アメリア
アメリア

他のキャラがみんな性格良すぎるから、

第一王子がよけいひどく感じるよね!

スポンサーリンク

第一王子のカイル殿下とは?

出典:Twitter

カイルは、スランタニア王国の第一王子であるため、現陛下の実の息子にあたります。

一見登場回数が多そうな役職に思えますが、カイル第一王子は1巻~5巻の間では1巻までしか登場しません。
また、基本的にセイを中心に物語は進行するため、唯一登場するライトノベル1巻の中でも、登場回数はそれほど多くはありません。

しかし、読者をイラつかせる一番のヘイトキャラは、間違いなくカイル第一王子と言えるでしょう。

その理由は、セイが一番最初に認識した異世界人がカイル第一王子であるため印象が強く残っていることと、異世界人の中で唯一セイから「常識外れ」と思われているキャラだからです。

その理由は、ある問題の行動から来ています…!

カイル第一王子の国での立場

カイル第一王子自身、あまり国からの評価もよくないようです。
スランタニア王国では、カイル第一王子を皇太子とすることが多いようで、将来カイル第一王子が国王となることが順当な流れとされているようですが、レイン第二王子が優秀すぎるために、第二王子が王位をつぐべきでは?と噂されているようで、かなり厳しい立場にあります。

ただし、現状ではカイル第一王子が王位をつぐ流れになっているので、カイル第一王子の周囲にはいつも数人の側近がおり、今後王国をけん引していくであろう同級生たちに囲まれながら、アカデミーに通っています。
現在は最終学年ということで、公務も行っているようです。

その公務の一環として、『聖女の魔力は万能です』の主人公であるセイとアイラを召喚した「聖女召喚の儀」の責任者を務めていたようで、召喚されたアイラの後見人を務めています。

また、カイル第一王子にはエリザベス・アシュレイという婚約者がおり、カイル殿下と同じく王立学園に通っていますが、あまり仲が良くないようです。

今回はそんな国からもセイからも評判が悪いカイル第一王子の紹介と、カイル第一王子のヘイトを集めさせる行動を3つご紹介いたします。

アメリア
アメリア

王子様なんだけど、なんというか…一番頼りないよね。

カイル第一王子とアイラ以外の、他キャラクターの紹介や関係性について相関図付きで別途説明をしている記事があります。
そちらも合わせてごらんになってください♪

【聖女の魔力は万能です】の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
【聖女の魔力は万能です】に登場するキャラクター達の人物相関図を作成しました。各登場人物・キャラクターを一覧形式でそれぞれの解説も行っています。

『聖女の魔力は万能です』に登場するカイルの馬鹿すぎる行動

カイルは、第一王子でありながらも馬鹿すぎる行動を頻繁に起こしてしまいます。

ここでは、そんなカイル第一王子の馬鹿すぎる行動を、3つ紹介していきます。

ヘイト行動①召喚した聖女は1人だと思うこみ、セイを忘れる!?

出典:Twitter

カイル第一王子は、聖女召喚の儀の責任者をしています。
しかし、儀を実際に行ったのは王宮魔導師団らであるため、聖女召喚の儀が終わった後に入室しています。

聖女が2人召喚されるという前例がないため、カイルは目の前にいたアイラのみを連れて行ってしまいました…。

なんと、その場に居たセイに気づくことなく立ち去ってしまうという大失態をおかします。

しかも、声のかけ方が「あなたが聖女か?」といきなり召喚されて意味も分かっていないアイラはさぞ不安だったでしょう。
また、召喚されたアイラが元の世界に帰れないと聞いて悲しさのあまり泣いてしまいますが、その時のカイルの反応は「なぜ、泣いているのだ?」と困惑するばかりでした。
人の心がわからないにも程があるように思えますね…。

 

その後、文官に聖女召喚の儀で召喚されたもう一人のことを話されたはずですが、そのことについてカイルは知らなかった様子です。

一見すると文官の怠慢にようにも思えますが、もし文官が話していたにも関わらず心ここにあらずの状態で聞き逃していたとしたら、もはや「聖女召喚の儀」の責任者として失格だと思います。
責任感が足りなさすぎます…。

 

第一王子として、国を揺るがす大切な魔物の消滅の役目を持つ「聖女」に対し、興味がなさすぎるとも言えるでしょう。
ちなみに、セイが聖女だと判明した後にカイルからの謝罪はありませんでした。

 

アメリア
アメリア

セイを見逃すのは百歩譲ってケアレスミスだったとしても、

報告を聞き逃したあげく、セイに謝罪をしない点が悪すぎるね…。

また、セイが西の森の瘴気の沼を浄化した際に、セイが聖女であることを周囲が認識し始めていました。

セイの存在が噂されていた段階であったも、カイル第一王子は聖女召喚の儀で召喚されたのは2人いることに気が付いておらず、第一王子である立場を考えずにセイを偽物と断じます。

 

「騎士団の功績を聖女のものとして、表向きは聖女が同行したように見せたんだろう」と、人が行きかう場所で聖女であるセイのプロパガンダを流すマネをしたのです。

召喚しておいて放置し、さらに偽物扱いをするなんて…セイの目線から見ればかなり理不尽な存在ですね…。

 

アメリア
アメリア

セイはもう少し怒っていいと思う…!

ヘイト行動②自分を守ってくれる騎士団が怪我をしても、怪我を治すことを拒否…!?

出典:Twitter

聖女が召喚されてから、セイが中級ポーションを作れるようになったあたりで、第三騎士団らが西の森に出現したサラマンダーに襲われて大量のけが人が出た事件がありました。

本編では、セイとホーク騎士団長との出会いの場面であり、セイのポーションの効力が認められた一件でもありましたが、その時のカイル第一王子に行動があまりにも冷たすぎます。

カイル第一王子はアイラに聖魔法の訓練を行っており、聖女としての力をつけてもらうために訓練に付き合っていました。
そのため、アイラの優しすぎる内面も把握しはじめている時期でもありました。

 

そんな時におこった事件が、第三騎士団の大怪我です。
通常であれば回復魔法にあたる聖魔法が使える魔法師は少ないため、たとえ魔法レベルが低くても駆けつけるべき場面でした。
しかし、第3騎士団の凄惨な傷口をアイラに見せるわけにはいかないと、カイル第一王子はあろうことか聖女候補の派遣要請を拒否します。

同じ王宮におり、護衛も任せることが多い騎士団を見捨てているようにしか思えない対応です…。

 

本編でセイが言っていますが、確かに医療経験があるとは思えないアイラがいきなりひどい傷口を見ることで、ショックを受けてしまう可能性はあります。

しかし、聖女として片道切符の召喚を既にしてしまっているのですから、ひどい傷口を見せるわけには…という反論は正直いまさらとしか思えません。

そんなところに気を使えるのならもっと別のところで配慮を持ってほしいと思ってしまいますね…。
騎士団の怪我の状況も把握するすることなく、独断で聖女候補の派遣を断るなんて言語道断でしょう。

アメリア
アメリア

セイが来なかったら、怪我が一番酷かったホークさんは

大やけどの跡が消えなかったんだよ!?

ヘイト行動③第一王子なのに、社交界の常識が全くない

『聖女の魔力は万能です』の世界観では、通常婚約者がいる男性に未婚の女性が不用意に近づくことは、マナー違反とされています。

その常識は学生とはいえ、社交界に出ている人物であれば知っていなくてはならないものですし、何よりカイル殿下は第一王子です。当然その常識は知っていなくてはおかしいものです。

しかし、カイル殿下が行っている行動は常識を無視したものでした。なんと、聖女候補であるアイラを他婚約者がいる男子生徒で囲い、行動を制限していたのです。

当然女子生徒からのまなざしはきつくなりますし、それとなくアイラの評判が良くないことを伝えようとしても拒否するまでの強硬な姿勢を取り続けています。

これから国のトップに立とうとするような人物が、自分が他人からどう見られるのかなど評判を気にしないなんてあり得るのでしょうか…?

 

何よりアイラに社交界の常識を教えることなくすべての人を敵と見るカイル第一王子は、アイラを守っているというよりは、後見人という対場を利用して、囲っているようにしか見えません。

アイラがカイル第一王子に頼ってしまうのは仕方がないかもしれませんね。
アイラの周りに誰も近寄れないようにしているのですから…。

アメリア
アメリア

アイラの不幸は後見人がカイル第一王子だったことかもね…。

『聖女の魔力は万能です』の世界観は後出しであることが多いため、なかなか把握が難しいのが難点です。
そのため、異世界の常識についてまとめた記事を用意していますので、そちらも合わせてごらんになってく見てください!

『聖女の魔力は万能です』セイを取り巻く世界観とは? | セイの今後を考察
『聖女の魔力は万能です』は主人公も知らない異世界流の世界観が存在します。また、聖女であるセイは政治的な意味合いを多くはらんでいるようです…!今回は『聖女の魔力は万能です』の裏事情を紹介・考察していきます!!

間に挟まれたエリザベスの苦悩

出典:聖女の魔力は万能です公式サイト

王立学園に通う女子生徒の中でヒエラルキーが一番高いのは、現在第一王子であるカイル殿下の婚約者である「エリザベル・アシュレイ」です。

そのため、女子生徒からはエリザベスから注意をしてほしいと様々な方向から頼まれているようで…、非常に困っていました。
なにせ、伝えようとする相手はアイラになりますが、アイラは常にカイル第一王子に囲われているためカイル第一王子に邪魔をされずにアイラに伝えるのは至難の業です。

作中では実際に、カイル第一王子が席を外している隙に過激派の女子生徒やエリザベスがアイラに伝えようとしますがカイル第一王子は話の内容も聞かずに、厳しく追い返しています。

 

アイラを悪く思っていないエリザベスさえも敵とするカイル第一王子は、自分の婚約者の話も聞かない自分勝手な位置づけになっていきますね…。

嫌われ者のカイル第一王子にもファンがいる

 

前向きな意見もありますが、やはりカイル第一王子にヘイトが向かっているようですね…。
セイやアイラの性格が良いことが、カイルの性格をさらに拍車をかけて悪く見せるんでしょうか?

かなりのポンコツ王子ですがこれからカイル第一王子がどうにかなることはあるのか…?その時は改心しているのか…?
カイル第一王子が登場するたびに不安になりますね。

アメリア
アメリア

これからカイル第一王子が登場するとしたら、ちょっとなぁ…。

第一王子カイルによるアイラへの影響とアイラの想い

出典:聖女の魔力は万能です公式サイト

今流行りの悪役令嬢ものではあれば、アイラの性格は最悪なものに描かれているでしょう。
しかし、アイラは少し自主性が乏しい面がありますが、基本的に誰かを傷つけようとしているわけではないので、かなりの人気のあるキャラとなっています。

第一王子により、アイラがどのような暮らしを送る羽目になっていたのかを紹介していきます。

アメリア
アメリア

アイラは年若いけど、いい子だよね♪

アイラと第一王子との関係性

アイラと第一王子の関係性は、聖女候補とその後見人です。
アイラとしては、「聖女召喚の儀」で無理やり召喚されているため、被害者と加害者の関係性になってもおかしくありません。
しかし、アイラは異世界に召喚されたことで誰かを憎んだり恨んだりすることは一切ありません。

召喚されたばかりのアイラの心にあるのは、「聖女」だからと優遇されていることやカイルありきで衣食住がすべて成り立っていることによるカイルへの依存と、聖女でなかった時の不安です。

勿論、最初は元の世界に帰れないという悲しみはありましたが、異世界独特の魔法という存在をきっかけに異世界を楽しむようになっています。

そのため、アイラは今後カイルに嫌われてて衣食住が失われてしまったら?聖女だからと優遇されている今の環境を失ってしまったら?とそればかりが不安のために立っていうのです。

 

その不安は、ユーリ師団長が昏睡状態から目覚め、アイラを鑑定することができるようになると聞いたことで最高潮に達します。しかし、その後何の通達もないまま時は過ぎ、毎日王立学園に通って魔法の練習に明け暮れる日々が続くことになります。

つまり、鑑定された後もカイル第一王子はアイラを聖女として扱っていたことになりますね。

そうなるとアイラは、カイル第一王子をだましている感覚やいつ聖女じゃないと報告されるのかなど不安は尽きなかったでしょう…。

アメリア
アメリア

身寄りのない高校生の女の子なんだから、もっとs会阿賀優しくなってもいいんだよ…。

アイラについてのファンの声

などなど、Twitterでしはアイラを応援する声がたくさん集まっています。

他にも、「小説家になろう」では、アイラは救済してほしいなどという声が挙げられていたようで、ライトノベル版の2巻のあらすじに書かれています。

作者さんは、あらすじをしっかりと書いてくれる方ですので、裏話が知れてますね♪

アメリア
アメリア

アイラを救ったのは作者さんにコメントをした人たちなのかもね!

created by Rinker
¥1,188 (2021/05/12 14:15:12時点 Amazon調べ-詳細)

学園生活ではカイル第一王子の言われるがままの生活を送っていた

出典:Twitter

学園でのアイラの生活は、非常に苦しいものとなっています。

元々、アイラは優秀な両親の言うことを聞き、整えられたレールを進むように生きてきました。
アイラが可憐な容姿であったことから、親からはひたすら甘やかされて育てられたアイラにとって、誰かの言いなりになって過ごすことは苦ではなかったようです。

しかし、王立学園では、常にカイル第一王子やその取り巻きに囲われている状態であるため、そのことをよく思っていない女の子たちからは「カイル王子に付きまとうのはやめろ」と言われ続けてしまいます。
聖女であると王立学園ではされていましたが、それでも女子生徒からの視線は厳しく、同性の友人はできないような状況でした。

 

異性の友人は、カイル第一王子の取り巻きしかできません。

半分は強制的に一緒にいる取り巻き達は、友人というよりも魔法や勉強の先生という認識になっていたのかもしれませんね。
アイラ視点で物語が描かれているスピンオフ版の漫画では、ほぼ語られることがありませんでした。

 

しかし、エリザベスや第二王子からはカイル第一王子とだけではなく、一緒に勉強をしようと誘われることで興味をひかれているようでしたので、やはりアイラも友人が欲しいと思っていたのでしょうね。

カイル第一王子だけでなく、その取り巻きたちにも、そういった精神的な配慮はできなかったのでしょうか…?

アメリア
アメリア

いきなり別の世界に呼び出されただけだもの、友達くらいほしいよね!

カイル第一王子の影響で聖女として行動するはめに

出典:Twitter

アイラはカイル第一王子に言われるがままに学園生活を送り、知識をゆっくりつけながら魔法や基礎レベルを上げてきました。

しかし、本来であれば聖女として何かしらの実績を上げるべきだったのです。
理由としては、「本当に聖女か?」と周囲から散々噂されていたことや、同じく聖女候補として召喚されていたセイが聖女としての実績を積み重ねていたからです。

もう一人聖女候補がいるという事実や、その聖女候補が聖女として認められつつあるという状況はアイラにとって大変危険です。

しかし、カイル第一王子はアイラに練習ばかりで「大切な聖女に何かあっては大変だ」と保守的になっていました。
そのため、アイラが聖女ではないと宣言されてしまった場合、アイラは本当に路頭に迷うことになってしまいます。

 

カイル第一王子としては、アイラが聖女ではないことを知らないため、そのような予測は立てられなかったと思われます。
しかし、周囲からアイラの能力を疑うものが出ていることや、教科書を捨てられるなどの嫌がらせを受けていることを知っていたのでれば、それらを黙らせるためにも、アイラの有用性を証明するべきだったのでは…?と思わずにはいられません。

 

アイラとしても、聖女ではないとバレることで、守ってもらえなくなるのでは?と不安になり、考えないようにしていたという現実逃避をしていたのも、問題ではありますが…、それでもアイラの後見人を名乗るカイル第一王子がどうにかすべき問題だったのでは?と思ってしまいますね。

アメリア
アメリア

カイル第一王子は後見人としての仕事をしていないよねっ!!

カイル第一王子が謹慎処分を受けた後は・・・

カイルは、ある騒ぎを起こしたことをきかっけに、謹慎処分となりました。

その結果、アイラの後見人はカイル第一王子からレイン第二王子へと移行します。
それから、レイン第二王子は後見人としてアイラによくない噂があることを国王に伝え、エリザベスをアイラの傍においてみては?と提案されます。

カイルから離れ、王立学園で過ごしたアイラはエリザベスを中心として人の婚約者を奪った・ほかの男性にいよっているなどの悪い噂を払拭し、自分から友人を作る努力もしているため順調に進んでいるように思われますが…。

アイラには卒業後なにをするかなどの夢がありませんでした。

 

勝手に召喚されたというのに、アイラはこれから先何らかの形で国にお返ししたいと思っています。
そのため、アイラはセイに相談し、魔法の勉強がしてみたいと思っているということを打ち明けます。

属性魔法は一般的に1つの適性を持っていればいい方ですが、アイラは三種類の属性を持っていることもあり、王宮魔法師団に入団することで実績を積むことができるるのでは…!と考えるようになりました。

レイン第二王子に頼み、王宮魔導師団副団長のエアハルトに話をつないでもらうなど、すっかりアイラは自分で自分の異世界ライフを送ることができるようになっているようですね。

 

その後、入団に必要な筆記試験や実技試験の練習を行い、入団することができました。
これで、アイラは自立することが出来るため、カイル第一王子から完璧に離れることが出来るようになります。

アメリア
アメリア

実績がないことを気にして、ちゃんと働こうとしているなんて偉いよね!

カイル第一王子が再登場するのかを予測!

ライトノベル版2巻のあらすじにて、作者からカイル第一王子の今後は不明である旨が書かれています。
実際に、ライトノベル版では5巻の時点でカイル第一王子の話は全く出てきていません。完全に第一巻で存在を消しています。

そのため、まだカイル第一王子が今後登場するかどうかも決まっていない状態である可能性があります。

カイル第一王子の今後を予測してみたいと思います…!

登場する可能性はある…?

カイル第一王子は、作者が意図して書いたヘイトキャラです。
セイに謝罪すらしていないまま退場したのも、作者がヘイトをカイル第一王子に向けたいがためだと公言しているほどです。

そのため、今後また忘れたころに、ヘイトを集める目的で登場する可能性は高いかと思われます。
それほど、『聖女の魔力は万能です』の中にヘイトを集めるようなキャラがいないためです。

アメリア
アメリア

みんないい人だものね…!

よって、今後本編に登場してくる可能性は高いと思われます…!

また、カイル第一王子はスピンオフ版の漫画ではアイラの後見人を解任させられた際に、アイラに向けて「私は間違っているとは思っていない」と言っています。
かなり不穏なセリフですが、まっすぐさを感じられる言葉でもあり、ドキドキしますね…!

 

アイラの物語であるスピンオフ版では、第一巻の最後にカイル第一王子がアイラと相対している状態で終わっているため、第二巻の登場はほぼ確定しています。

セイを基本とするアライトノベル版の登場回は未定ですが、アイラの視点のスピンオフ版ではもしかしたら今後かなり登場するのかもしれませんね!!

カイル第一王子とアイラとの今後の関係性

カイル第一王子は、アイラにとって異世界で唯一の頼りになる人であり、カイル第一王子はその期待を見事に返していたことになります。もちろんやり方に問題はありましたし、至らない点が多かったのは間違いないでしょう。
しかし、アイラを守るという意味では荒業でしたが、やり遂げることができていました。

そのため、アイラとしてはカイル第一王子にそれほど嫌悪感はないと考えられます。

ずっと、自分を守ってくれたカイル第一王子に対し、アイラが恋愛感情を抱く可能性もあります。

カイル第一王子も、婚約者であるエリザベスよりもアイラを優先していたことから、今後二人の恋愛フラグが立つ可能性は高いのでは…?と思われます!

しかし、その物語はセイの視点で語られる本編では難しいと考えられますので、やはり漫画スピンオフ版で見られるのではないでしょうか?

アメリア
アメリア

カイル第一王子がやったことが無駄にならないといいよね。

カイル第一王子とセイとの今後の関係性

カイル第一王子はセイにを聖女として迎え入れるどころか無視したことで、セイからの心証はかなり悪いものとなっています。
国を信じきれないのも、カイル第一王子の失態が原因であると言ってもいいくらい、セイの心の中でわだかまりとなっています。

その後も、聖女として認められていたセイに対し偽物扱いをしたり、女性であるセイの肩に遠慮なく触れようとしたりするなど、好感度が下がるような行為を繰り返しています。
セイがカイル第一王子に接近する可能性はかなり低いですし、出来ることなら会いたくないとさえ感じているでしょう。

 

カイル第一王子にとっても、セイが謹慎の原因になっているので、あまり思い出したくはないではないでしょうか?
また、アイラを聖女として扱っていたカイルにとってはセイの存在を邪魔と考えている可能性もあるほどです。

「カイル第一王子がセイに謝ることはない」と作者が断言している以上、2人のわだかまりが解けることはなさそうですね。

 

今後の関係性は進展しないか、さらに悪化する事態のではないでしょうか…?

アメリア
アメリア

関係性が改善する見込みがないものね…。

『聖女の魔力は万能です』の主人公にあたるセイとカイル第一王子との恋愛フラグはなさそうですね…。

しかし、セイには魅力的な他キャラクターたちとの恋愛フラグが立ちまくっています…!

セイの聖女としての能力や他キャラクターとの関係性について考察した記事を別途用意しているので、そちらも合わせてご覧ください!

【聖女の魔力は万能です】セイの外見・性格・聖女の力 | 各キャラとの関係性や声優紹介
【聖女の魔力は万能です】の主人公であるセイは聖女としての性格・外見・魔力も素晴らしいキャラですが、他イケメンキャラとの関係性や同じく聖女召喚の儀で召喚されたアイラとの関係性も魅力的です!!セイについて解説・紹介していきます。

 

カイル第一王子の声優は福山潤さん

カイル第一王子の声優は福山潤さん

出典:animate Times

カイル第一王子はこれまで非常に強いヘイトキャラとして登場していますが、カイル第一王子は福山潤さんが演じるということで話題になりました。

「福山潤さんが声を充てるなら…!」と言った声も上がっているほどです。

福山潤さんの代表キャラ

そんな福山さんの代表的なキャラとして、「コードギアス 反逆のルルーシュ」のルルーシュや、「おそ松さん」の松野一松、「七つの大罪」のキングなどがあります。

冷静な頭脳戦が得意なキャラ、ギャグに振り切れているけど暗い弟キャラを演じるなど、キャラの幅も広いですが、女の子に恋をする子供らしい優しい声音も魅力的です…!

 

福山さんはかなり人気な声優さんですので、カイル第一王子の登場シーンはすべて抑えたいと思う方、多いのではないでしょうか?

カイル第一王子が登場するのはライトノベル版第一巻が主ですが、ライトノベル版のどこまでがアニメ化するのかを別途予想していますので、あわせてご覧ください♪

【聖女の魔力は万能です】アニメは何巻まで?何クールまで放送かも考察!!
【聖女の魔力は万能です】は現在1期放送中です。しかし、ライトノベル版の何巻まで放送するのか?何クールまで放送予定なのかは不明です。そのため、合わせて考察していきます。

まとめ

カイル第一王子のヘイト行動や、カイル第一王子の行動に伴ってアイラにどのような影響が出たのか、また、カイル第一王子が今後再登場する見込みがあるのかを予測してみました。

まとめると、カイル第一王子の問題行動は以下になります。

  • 召喚した聖女は1人だと思うこみ、セイを忘れる
  • 自分を守ってくれる騎士団が怪我をしても、怪我を治すことを拒否…する
  • 第一王子なのに、社交界の常識が全くない

第一王子としての自覚のなさや、周囲が自分をどのように評価するのかがわかっていないことが原因なのでしょうが、次期国王としては頼りなさすぎますね。

カイル第一王子は、現状ライトノベル版では出番がほぼないです。
しかし、本編ではヘイトキャラとして登場する可能性はありますが、基本的にはアイラの物語である漫画のスピンオフ版での登場するのでは?と予測します!

また、セイとの関係性は悪化する可能性がありますが、アイラとの関係性は恋愛フラグが立つのではないかと予測しました!

 

カイル第一王子はヘイトが集まりやすいキャラではありますが、アイラ視点で見るといい部分もありますので、今後の登場シーンが良いものであることを祈っています…!

スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
アニメ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました