【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『聖女の魔力は万能です』セイを取り巻く世界観とは? | セイの今後を考察

聖女の魔力は万能です
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『聖女の魔力は万能です』は、恋愛ジャンルの作品ではありますが、実は政治的な駆け引きも物語の中で多く登場しています。

特に、裏舞台としてライトノベル版では、主にホーク第三騎士団団長とヨハン薬用植物研究所所長がセイの味方として頑張って裏から守ってくれてたのです…!

今回は、本作『聖女の魔力は万能です』の世界観と合わせて、セイを取り巻く王宮情勢とセイの今後についてご紹介・考察をしていきます。

以降、ライトノベル版のネタバレを含みますので、ご注意ください!(2021/04/18)

アメリア
アメリア

恋愛面での世界観の後出しはドキドキするようね♪

スポンサーリンク

セイを取り巻く「聖女の魔力は万能です」の世界観

セイを取り巻く王宮情勢5選と情勢に伴う異世界常識

出典:Twitter

  • 聖女は魔物を浄化できる唯一の魔法が使える
  • 王位継承権争いは、国が荒れる
  • 聖魔法の適性を持っているを者は少ない
  • 結婚適齢期を過ぎた女性でも付加価値があればモテる
  • 地方領主は傭兵を雇うことで、魔物の進行を食い止めている

セイを取り巻く「聖女の魔力は万能です」の世界観は、上記の通りです。

では、順に見ていきましょう。

世界観1:聖女は魔物を浄化できる唯一の魔法が使える

そもそも「聖女」とは、魔物を浄化できる唯一の魔法を使える「聖女の魔法」が使える人物のことを指します。
作中では、金色の粒子が混ざった魔力と表現されており、魔物を一撃で消滅させることが出来る強力な魔法になっています。

アメリア
アメリア

作中でセイしか使えない強力な魔法なんだよ♪

この力は、セイの場合「ホークさん」をきっかけとして使うことが出来るというもので、あまり使い勝手は良いものではないようです…。

しかし、かなりの大きさがあったクラウスナー領の瘴気の沼を一発で浄化していることから、範囲はかなり自由が利く魔法のようですね。

また、消費MPが激しいようです。
作中ではセイのMP量は異常に多い扱いをされており、基礎レベルが55というかなりの高さを誇るセイはレベルに似合ったMP許容量を所有しています。

そんなセイでも、瘴気の沼を浄化するためには、MP回復ポーションが必須のようですね。

セイの聖女としての能力は、かなり破格です。
セイの聖女としての能力を別途記事でまとめていますので、そちらをご覧ください!

【聖女の魔力は万能です】セイの外見・性格・聖女の力 | 各キャラとの関係性や声優紹介
【聖女の魔力は万能です】の主人公であるセイは聖女としての性格・外見・魔力も素晴らしいキャラですが、他イケメンキャラとの関係性や同じく聖女召喚の儀で召喚されたアイラとの関係性も魅力的です!!セイについて解説・紹介していきます。

本来なら魔物が溢れ返る前に、聖女はこの世界で現れる

セイとアイラが召喚された「スランタニア王国」では、いたるところで瘴気が発生しています。
「”
瘴気の沼”と呼ばれている魔物を発生させている沼がところかしこに存在している」ということが、作中で明かされています。

数世代ごとに魔物を浄化する聖女が現れていたので、本来であればあまり大事にならないタイミングで解決の糸口が見えていたことになります。

しかし、今回は聖女がいつになっても現れず、文献を読み解き「聖女召喚の儀」という儀式で聖女を呼び出しているためかなり状況は悪化しています。

また、聖女召喚の儀で2人召喚されるという事態は過去になかったためどちらが聖女であるかの判断もつかないということに…!

問題が次から次へと出てきているため、あまりにも時間がかかりすぎてしまっています。

 

その結果、元々聖女が必要になっているほどの魔物の量がいたにもかかわらず、聖女召喚という対応が遅れたことにより瘴気の沼から続々と魔物が生み出されているという状況になっています。

作中ではあまり危機感を感じられませんが、状況はかなり深刻だと推察されますね。
実際に、聖女が召喚された直後あたりの1巻目から、王都の近くにある森から魔物があふれそうと言われていますので、王都でも低いっぱいなら地方都市の現状はかなり危なそうです…。

アメリア
アメリア

さらに第一王子がセイにかなり失礼な対応を取ってしまったから、王国も強く出られないという悪循環転。

かなりマズイよね…。

瘴気の発生原因はわかっていない

王国が瘴気という存在に長く苦しめられていることがわかりますが、瘴気に対する研究は進んでいないようで、瘴気がなぜ発生するかは不明とされています。
つまり、聖女の魔法を使う以外に瘴気の池を消滅させる手段はありません。

瘴気は森や洞窟など、人が住んでいない暗い場所に溜まり易く、その瘴気が沼となって魔物が近くの村や町に移動して襲っているため、被害範囲もかなり大きいようです…。
魔物を倒すことで周囲の瘴気を薄くすることはできるようですが、どれほど薄くできるかは分かっていません。

応急処置として、魔物のを倒し続けることにより瘴気が濃くなることを防げます。
いつ魔物を討伐しきれなくなるかわからず、難しくなってきた地方から魔物に襲われるという状況になっています。

アメリア
アメリア

聖女召喚が間に合ってなかったら、国は破滅してたね…。

世界観2:王位継承権争いは、国が荒れる

スランタニア王国では、代々国王陛下の長男が国王になっていたと作中で明かされています。
つまり、血の重さが重視されている世界ということですね。

スランタニア王国の第一王子であえるカイル殿下が国王になるのが伝統にのっとっていることになりますが…、第二王子であるレイン殿下がかなり優秀っだったため、レイン第二王子に王位を継ぐ気がないにも関わらず、レイン第二王子を推す派閥が存在していました。

しかし、国王としては、現在魔物の対処に追われているような状況でさらに王位争いなどという国が荒れる行為をしたくないと思っています。
作中でも、その願いは書かれているのですが…、カイル第一王子の問題行動のために、国王はかなり頭を痛めているようです。

カイル第一王子の問題行動はファンの間でも噂になるほどです…。
実際にどんな点がひどいのかなどをまとめた記事を別途で作成していますので、そちらをご覧ください。

『聖女の魔力は万能です』の第一王子カイルは馬鹿すぎる | アイラとの関係性についても解説
『聖女の魔力は万能です』に登場する第一王子は馬鹿です。基本的にはヘイトキャラとして登場します。第一王子の奇行3選や、第一王子に振り回された2人の聖女への影響を紹介・考察し、今後第一王子が登場することがあるのかを予測・考察します!

 

聖女召喚の儀で、聖女であるセイを見落としたことや、アイラだけを偏重したことをきっかけに周囲の貴族や騎士団までもがカイル第一王子に不振が募っている状況になります。

そのため、王位継承問題にまで発展しかねない状況に陥っています。

アメリア
アメリア

第一王子派か、第二王子派でかなり意見が割れそうだよね…。

聖女の扱い1つでは国を揺るがしかねない

常識2:聖女の扱い1つでは国を揺るがしかねない

出典:Twitter

セイは聖女召喚の儀にて召喚されたにも関わらず、儀式を統括していたカイル第一王子に無視されるという経験をしています。

元の世界に帰れないことも聞いたセイは、怒って国から出て行ってしまう直前まで行ってしまいました。

もし、セイが国を飛び出していたとしたら、セイは魔物に殺されていたかもしれません。
殺されなかったとしても、国は魔物の発生を抑えられないので、遠くない未来に魔物に襲われていた可能性があります。

セイが聖女らしい優しい性格をしていたのでよかったですが、本来聖女にしか扱えない魔法があるというのならばもっとお金をぼったくったり、異世界での地位を高めることだったりもできたはずです。

国は、聖女に協力を求めるしかないので、下手に出るしかないのが現状です。

アメリア
アメリア

やっぱり、聖女がいないと困るのは国だけなんだよね。
異世界人のセイやアイラには正直関係ない話だよね。

爵位や土地を持たないセイは国に仕える義務がない

セイは現在国が運営する薬用植物研究所の研究員ですので、転職する自由があります。
つまり、王宮で過ごさなくてはならない理由がないのです。

王宮で運営しているだけあって、高い知識と製薬スキルを持っていなければ入れない研究所ですが、そんなレベルの高い研究所で第一線として働いているセイはどこにいっても職はあるでしょう。
特に、セイは美人・料理上手・高レベルの聖魔法の使用など、かなりのオーバースペックを持っています。

正直、自分でお金を稼いでいるセイは他でも働けます。
ただ、ヨハン所長や友人兼先輩のジュード、ホーク騎士団長など気やすい面々に囲まれていることや、自分の魔法の力を引き出すためにユーリ師団長に魔法の修行をつけてもらっているという好待遇であることから、居やすい環境ではあるかと思われます。

セイに第一王子が迷惑をかけた謝罪と様々な活躍の褒賞として、国王は土地や爵位を与えようとしますが、セイはそれを拒否します。

そのため、国に仕える必要はないですし、国にいなくてはならない理由もありません。

セイはいかに王宮がいやすい環境であったとしても、王宮にこだわらなくてもいい状況と言えますね。

アメリア
アメリア

セイに自由があるのは良いことだよね♪

世界観3:聖魔法の適性を持っているを者は少ない

セイが王宮にいる必要はありませんし、職にも困らないと言える理由の1つは、セイの聖魔法のレベルが∞だからです。

そもそも、聖魔法の適性がある人間が少ないことは作中で語れらています。
そのうえ、MP回復のポーションは貴重であるため魔法のレベルを上げるにはかなりの時間が必要になると考えられます。

実際に、聖魔法を使ったセイは傭兵団の団長であるレオンハルトから勧誘を受けているほどですし、聖魔法を使える人間がいかに少ないかがわかりますね。

病院に入院していた、ほぼすべての人の患者の怪我を治すことができたセイは、欠損レベルであれば簡単に治すせます。

そのため、セイが診療所を開いても盛況になるでしょうし、ポーションを作る施設を自分で作れば、さらにポーションを売ることだけで生活もできるでしょう。

アメリア
アメリア

医療知識がなくても、聖魔法レベルでどうになかっちゃう世界観が素敵!

聖魔法の適性を持っている者は基本王宮魔道師団に入団する

常識3:聖魔法の適性を持っている者は基本王宮魔道師団に入団する

出典:聖女の魔力は万能です公式サイト

聖魔法の適正を持っている人は少ないですが、さらに地方には聖魔法を扱える人物はほぼいないと言えます。

その理由は、聖魔法を使えるほどの貴重な人材は、ほぼ王宮魔道師団に入団してしまうからです。
王宮魔道師団とは、王宮に仕える魔法師団ですので、その地位や名誉はかなり高いことが推察できます。

より高く自分を買ってくれる王宮に行くのは王道の選択肢と言えるでしょう。

入団には王立学園で学ぶような知識とある程度の魔法スキルが求められますが、入団試験を乗り越えてしまえば聖魔法を所有している人は安泰といえます。

魔物の討伐も仕事ですが、付与魔法を行ったり、聖魔法で回復を行ったりと仕事の幅が広いので、どれかが苦手でも魔法が使えるというだけあって様々な用途で活躍することが出来るため、入団してしまえば融通は聞きそうですね。

アメリア
アメリア

地方には聖魔法を使える人がいないなんて大変!
怪我したときはポーションに頼るしかないんだ…。

世界観4:結婚適齢期を過ぎた女性でも付加価値があればモテる

この世界の貴族の結婚適齢期はとても早く、成人となる15歳からが適齢期とされています。
そのため、貴族の女性は15~20歳で結婚するのが一般的とされています。

セイの場合は特殊かもしれませんが…、セイの年齢は20代のそらく後半です。
『聖女の魔力は万能です』の世界に落とし込んだ時に、セイは行き遅れとなります。

セイはその事実を知らないでしょうし、貴族ではないので関係ないのかもしれませんが、セイが身を置くのは貴族ばかりがいる王宮の一角です。

そのため、セイの女性としての見られ方は、あまりよくないものなのかもしれません。

しかし、セイは聖女であることの他に、美人である・王宮で働く研究員で雇用がしっかりとしている・聖魔法が使える・料理上手・商会を持っているなど、かなり能力面や金銭面でも優秀です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
聖女の魔力は万能です
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク