【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【聖女の魔力は万能です】原作小説の全巻をネタバレ解説

【聖女の魔力は万能です】原作小説の全巻をネタバレ解説 聖女の魔力は万能です

『聖女の魔力は万能です』は、WEB小説から始まり、ライトノベル版や漫画版が発売され、スピンオフ版の漫画も発売されている今人気の作品です。そんな『聖女の魔力は万能です』はアニメ化するにあたり、当たり前ですが、声が付きます…!

 

そんな「聖女の魔力は万能です」の原作小説全巻のネタバレ記事を作成いたしました。

 

【聖女の魔力は万能ですの1巻ネタバレ】

出典:聖女の魔力は万能です公式サイト

20代半ばのOL、セイは異世界に召喚され……「こんなん聖女じゃない」と放置プレイされた!? 仕方なく研究所で働き始めたものの、常識外れの魔力で無双するセイにどんどん“お願い事”が舞い込んできて……?

出典:「聖女の魔力は万能です」カドカワBOOKS

スポンサーリンク

聖女として召喚されたのに、無視される!?

聖女として召喚された小鳥遊聖は、「聖女召喚の儀」を統括していたはずの第一王子に放置され、しかもその場にいた騎士には家には帰れないと言われます。
第一王子のあまりの対応に怒ったセイは騎士になだめられ案内された部屋に行きますが、そこでもしばらく放置されます。

スポンサーリンク

薬用植物研究所に就職する

そんなときに出会ったのは、薬草と薬草を育てていたジュードという青年です。

元々アロマセラピーに興味を持っていたセイは所長にも認められ、薬用植物研究所で働くことが認められます…!

自分の好きな職場で気の良い人たちと仕事ができるセイは、この世界にある魔法や魔力操作を学びながらHP回復ポーションの調合などを行っています。
今までの過酷なブラック労働をしていた時よりも格段に肌の調子がよくなり、セイは美しくなります。

順風満帆な日々を過ごしていたセイですが、そこに第三騎士団がサラマンダーと対峙し、重傷を負ったということで担ぎ込まれます。

その頃、セイは自分が作ったポーションが数条の効果の1・5倍の効果があることがわかり、莫大なMPを源に大量生産していました。

軽傷から重症の騎士たちがひしめく中、セイは自作したポーションを一番重症であった第三騎士団団長のホークさんに飲ませ、介抱します。

 

お礼としてヨーロッパのような街並みの美しい町に連れて行ってもらったり、ホークさんと同じ瞳の色の宝石が付いた髪飾りをもらったりと、ドキドキな日々を過ごしますが、恋愛偏差値が低めなセイは団長のアピールをうまくとりかねてしまい、ずっとアワアワと振り回されています。

スポンサーリンク

聖女の魔力を使えるようになったセイ

セイはホークさんからのアピールを受けながらも、聖女としての片鱗を周囲に見せつけていきます。

効果が高すぎるHP回復ポーションのほかにも、美容効果が高すぎる基礎化粧品や、伝説級の魔法付与が施された核を作成するなど、周囲はセイが聖女候補ではなく、聖女では…?と確信し始めます。

 

セイの聖女としての能力や他キャラとの関係をまとめた記事を別途擁していますので、詳しくはそちらをご覧ください↓

【聖女の魔力は万能です】セイの外見・性格・聖女の力 | 各キャラとの関係性や声優紹介
【聖女の魔力は万能です】の主人公であるセイは聖女としての性格・外見・魔力も素晴らしいキャラですが、他イケメンキャラとの関係性や同じく聖女召喚の儀で召喚されたアイラとの関係性も魅力的です!!セイについて解説・紹介していきます。

 

セイは、聖女であることを否定はしないものの、初日に第一王子から受けた仕打ちが気になり、乗る気ではありません。

そんななか、セイは魔物との戦いで腕が欠損した仲の良い騎士と病院で出会います。

欠損を治すには、かなりレベルの高い聖魔法を習得したものでなくてはならないため、治療を受けられる見込みがないことから騎士をやめるというのです。

セイは聖女としての力を隠すことなく、聖魔法を使い腕を戻します。
その後、周囲の人に期待されしまい、病院中の怪我・病気の人を治しつくしてしまったセイはついに聖女であるかを確認するためにステータスを確認されることが決まってしまい…!?

 

恋も、セイの聖女としての規格外さも、様々なドキドキの展開が予想される第1巻です。

 

【聖女の魔力は万能ですの2巻ネタバレ】

出典:聖女の魔力は万能です公式サイト

度重なる活躍で聖女疑惑を掛けられたセイ。王宮で本格的に魔法を学び始めたら、スパルタ講師のお眼鏡に適いすぎて実戦訓練に連れて行かれることに!? ただの回復要員のはずが、予想外のものと遭遇してしまい……

出典:「聖女の魔力は万能です」カドカワBOOKS

スポンサーリンク

聖女の鑑定を受けることに…!?

ステータスを確認するということは、鑑定を受けなくてはならないと負いうことです。
しかし、人を鑑定することができるのは限られているため、セイは今回王宮魔道師団の師団長に鑑定を受けることになります。

 

そこで出会ったかなりの美形である師団長のユーリのかっこよさに気後れするセイでしたが、いざ鑑定をしようとするとなぜか弾かれてしまいます。そこで、ステータスの鑑定を受けるためには、鑑定を拒絶しないことのほかに、基礎レベルが鑑定をする人と同じか低くないといけないと知ります。

召喚されたすぐでも、セイの基礎レベルが55であったため、弾かれてしまったのです。
実際にステータスを見られることはなかったのですが、聖魔法を使った時に金の粒子が含まれることでユーリはセイが聖女でほぼ確定だと報告しました。

スポンサーリンク

聖女の魔法がついに発動!?

セイは王様と会うことで、第一王子の不手際を許すかわりに王宮の禁書庫の観覧許可をもらっていました。
セイは司書さんを先生として授業を受けていたのですが、そこに宮廷魔法師団長のユーリが講義をしてくれるというのです。

その中で、講義のほかにも、魔法の実施も行うことになりユーリはセイの魔力が他と違うことに気が付き興味を持っていきます。ユーリのもとでセイは魔法を学んでいくことになります。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

当メディアの管理人です。

アニメ好き | インドア女子 | 25歳

アニメが大好き、ブログが好き、ライティングが好き、教えるのが好き、色んなアニメを見てる、動画配信サービスにも詳しい。

Follow Me!
聖女の魔力は万能です
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント