【決定版】おすすめアニメ120選

【戦隊大失格】主人公(戦闘員D)の年齢や出生 | 強さと能力・死亡しても復活できる理由

戦隊大失格

『戦隊大失格』は『五等分の花嫁』で人気の春場ねぎ先生が描く大人気漫画で、2024年から週刊少年マガジンで大人気連載中です。
テレビアニメ化も果たしており、2024年4月からアニメ1期が放送および配信中です。

本記事では戦闘員Dの年齢や出生、特殊かつチート級な能力について解説。
さらに、戦闘員D自身の目的である「世界征服を果たした後の世界」を紹介しながら、戦闘員たちが怪人にも大戦隊(ドラゴンキーパー)にも支配されない理想的な世界について考察してみます。

本作品の人物相関図は「戦隊大失格の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】」の記事をご覧ください。

 

戦隊大失格の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】
...

 

戦闘員D(せんとういんでぃー)とは

【戦隊大失格】主人公(戦闘員D)の年齢や出生 | 強さと能力・死亡しても復活できる理由

(戦隊大失格 第6巻 春場ねぎ/講談社)

戦闘員Dは本作品の主人公で、ヒーローとして民衆から讃えられている大戦隊(竜神戦隊ドラゴンキーパー)と敵対する「悪の怪人軍団」に属する戦闘員の1人です。

アメリア
アメリア

アニメ版では戦闘員Dの人間態(日々輝の姿など)に変化している時には「青年D」と称されています。

 

スポンサーリンク

戦闘員Dの年齢や出生 | 怪人幹部に作り出された存在

怪人軍団の戦闘員たちは“怪人幹部の手で作られた存在”であり、戦闘員Dも”その1人”に過ぎません。

さらに作られた(生まれた)時点では0歳でありながらも既に青年の身長や体型でした。
そのため、地上人(大戦隊や普通の人間)とは違い、幼少期などの思い出や成長期間もありません。
さらに本編のストーリー開始の時期が「戦闘員Dの誕生(製造)から13年後の時代」であるため、誕生(製造)時から計算することで“13歳”と割り出せます。

 

スポンサーリンク

戦闘員Dの性格 | “熱い対抗心や反抗心”と”強い仲間意識”をもつ

戦闘員Dは悪の戦闘員らしく“大戦隊への対抗心や反抗心”を強く燃やしますが、それ故に全てが自分の思い通りにならないと気が済まないワガママな性格です。
そのような性格が災いして、ペルトロラを始めとした自分の上司である怪人幹部に対して歯向かうことで戦闘に入ってしまうこともあります。

しかし、自分と同じ戦闘員たちを思いやる「仲間意識の強さ」も併せ持っていおり”桜間日々輝”として活動していく度に、本来は敵である大戦隊の候補生たちにも同じ位に強い仲間意識まで持ち始めました。

 

スポンサーリンク

戦闘員Dが大戦隊を壊滅させるための活動を開始した理由とは

大勢の戦闘員ダスター達の中の1人として13年間も「大戦隊との戦闘および“やられ役”として活動してきた戦闘員Dが大戦隊を壊滅させるための活動を開始したのは、第1話で出会った「錫切夢子や桜間日々輝との協力関係」が大きなキッカケとなりました。

夢子の場合は武力行使による脅迫も含まれていたものの、大戦隊側が必ず勝利することになっている”仕組まれた戦い”の中で度重なる敗北を強いられてきた戦闘員D自身も「自分が悪役にすらなれていないこと」を痛感した結果大戦隊の闇を知りたい(そして暴きたい)」という欲求に駆られたこともあり、今では完全に戦闘員D自身の意思で大戦隊壊滅を目指しています。

さらに大戦隊壊滅した暁には「世界征服」という悪の戦闘員らしい目的や目標も抱いていますが…
その目的が達成された時こそが「世界が本当に終わる瞬間であること」を桜間日々輝から指摘されることもありました。
(戦闘員Dの目的や達成後の結果については後の項目で解説します)

 

スポンサーリンク

桜間日々輝の姿と氏名でグリーン部隊に配属される

【戦隊大失格】主人公(戦闘員D)の年齢や出生 | 強さと能力・死亡しても復活できる理由

(戦隊大失格 第6巻 春場ねぎ/講談社)

ストーリー開始時では戦闘員や青年Dの容姿で活動してきた戦闘員Dですが、ブルー部隊の碧流亜乱との戦闘を機に桜間日々輝と入れ替わりました。

そのため、以降は「無色部隊の桜間日々輝として最終試験に臨み、思わぬ複数のアクシデント(“ペルトロラの襲撃”や”ブルーとの戦闘”など)もに乗り越えた結果、薄久保天使(えんじぇる)と一緒に「竜神戦隊ドラゴンキーパー(大戦隊)」グリーン部隊へと配属されました。
とはいえ、戦闘員Dでなく、あくまでも「桜間日々輝」の名前と容姿でグリーン部隊に採用されたため、その後の”ウロボロス潜入任務”なども上官であるグリーンキーパー(千歳)や翡翠かのんと共に行動しています。

桜間日々輝の姉や過去、目的などについては『【戦隊大失格】桜間日々輝(ひびき)こそ本当の主人公? | 姉や目的・両親との死別』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【戦隊大失格】桜間日々輝(ひびき)こそ本当の主人公? | 姉や目的・両親との死別
...
created by Rinker
¥550 (2024/06/23 03:03:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

戦保怪戦で夢子や人間たちを理解し始める

最終試練やウロボロス潜入任務などを乗り越えた後には、街そのものを巻き込む「戦保怪戦」という壮大な戦争が勃発します。
この過激な戦争では薄久保薬師(天使の父親)率いる“怪人保護協会”と大戦隊、そして怪人幹部による三つ巴の激戦となりますが、戦闘員Dは再び素顔に戻り、どの勢力にも属さず単独で戦う道を選びます。

その戦争の中で「錫切夢子の正体本名を知らされたこと、そして藍染小町や大怪人デスメシアとの死闘を繰り広げる中、種族は違えど「人間たちも頑張って生きていること」理解した上でこれまでの任務や戦闘とは違い、本心で翡翠かのん達と共にデスメシア打倒のために奮戦します。

錫切夢子 の正体や本名、能力や本当の目的などについては『【戦隊大失格】錫切夢子の正体と本名 | 過去や目的・強さと能力・死亡する可能性について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【戦隊大失格】錫切夢子の正体と本名 | 過去や目的・強さと能力・死亡する可能性について
...

 

スポンサーリンク

戦闘員Dの声は声優「小林裕介さん」が担当

戦闘員Dの声を担当している声優さんは「ゆーりんプロ」に所属する小林裕介さんです。

小林さんは高校生の頃に友人から勧められたことがキッカケで声優への道を志しており、プロとしての初めての仕事は企業用ナレーションでした。
テレビアニメでは2013年に放送された『とある科学の超電磁砲S』の小佐古俊一役で声優デビューを果たされました。

小林裕介さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『キミ戦』イスカ役
  2. 『Dr.STONE』石神千空役
  3. 『聖女の魔力は万能です』ユーリ役
  4. 『ひきこもり吸血鬼の悶々』ヨハン役

 

戦闘員Dの強さと能力 | 死亡しても復活(再生)できる理由

【戦隊大失格】主人公(戦闘員D)の年齢や出生 | 強さと能力・死亡しても復活できる理由

(戦隊大失格 第1巻 春場ねぎ/講談社)

戦闘員たちの中では一・二を争う程の強さを誇るDですが、レッドキーパー(赤刎創星)を始めとした大戦隊の絶大な強さには歯が立ちません。
それでも、本編での大戦隊や怪人幹部との激戦を勝ち抜いてこられた最大の要因こそが戦闘員Dのもつ“特殊な能力”と使い方にあります。

 

スポンサーリンク

「崩壊」で自身の肉体の塵状化が可能

戦闘員Dが使う「崩壊」の能力は“自身の肉体を塵状にして分散させることが可能”です。
しかし「崩壊」の能力は攻撃でなく“戦闘員の拠点である浮遊城への帰還”や大戦隊のような“強敵から逃げ切るため”に利用します。

身体を塵状化させられるだけでも常識外れかつチート級と思われがちですが、決して万能というわけではありません。
塵状化している間は強風などで進行方向を変えられたり遮られたりすることもあり、完全に自身でコントロールできないところ難点です。

 

スポンサーリンク

「構築」の能力による擬態化で”他人の容姿”に変化することが可能

戦闘員Dを本編の戦闘や潜入任務を乗り越えさせてくれたのが「構築」の能力でした。
「構築」を駆使しての”擬態化”により「自分(戦闘員)の知っている者に容姿を変化させることが可能」です。

錫切夢子から最初に頼まれたレッド駐屯地への潜入任務では、レッド部隊の隊長であるレッドキーパー(赤刎創星)の容姿に変化したことで難なく駐屯地の中への侵入を果たしました。
武器庫の前で座っていた部下・朱鷺田隼にはバレてしまった上、その後の最終試験でも同じ候補生の獅音海や浦部永玄からも正体を怪しまれることもありましたが、それでも戦闘員Dの場合は上手く取り繕いながら振る舞うことで何とか乗り切っています。
(朱鷺田隼とは豪快なバトルへと発展してしまいましたが…)

また、敵側(大戦隊や怪人たち)からの攻撃を受けて肉体が破損した場合にも擬態化の効果が速攻で解けて“元の戦闘員の姿”に戻されてしまいます。

レッドキーパー(赤刎創星)の強さや正体、死亡後の復活などについては『【戦隊大失格】レッドキーパー(赤刎創星)の声優 | 強さと能力・死亡後も復活した理由とは』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【戦隊大失格】レッドキーパー(赤刎創星)の声優 | 強さと能力・死亡後も復活した理由とは
...

 

スポンサーリンク

「構築」の能力で何度倒されても死亡せず再生(復活)できる

【戦隊大失格】主人公(戦闘員D)の年齢や出生 | 強さと能力・死亡しても復活できる理由

(戦隊大失格 第1巻 春場ねぎ/講談社)

「構成」の能力には“肉体の再生”まで備わっており、何度倒されても破損した箇所(腕や足など)をすぐに復元させながら再生および復活することが可能”です。
実際、原作2〜3話で錫切夢子に何度もナイフで首を刎ねられながらも、その都度再生していましたからね…。

そのため、一見は無敵の能力のように見られがちですが「構成」の能力も決して万能ではありません。
大戦隊が使う“神具”という武器で傷つけられたり切断されたりした箇所の再生まではできず、もしも夢子から神具で首を刎ねられていた場合には、戦闘員Dもストーリー序盤の時点で死亡していたことになりますね。

 

スポンサーリンク

戦闘員Dの最大の強みは能力を有用に使いこなせる点

戦闘員Dの最大の強みとは、先までに紹介した「崩壊」と「構成」の能力を他の戦闘員たち以上に有効的に使いこなせる点にあると思います。
特に日々輝の姿で受けた最終試験では、試験場に設置されている”消化器の煙”を利用して他の候補生たちや怪人役の正隊員たち(朱鷺田隼や翡翠かのん)に「見られないように擬態化を繰り返すこと」で正隊員たちの目をも見事に欺きながら試験を突破しました。

さらに自ら潜入した駐屯地の屋上でレッド(赤刎創星)に倒されかけた中でも「自分の切断された片腕だけを神具に擬態化させたこと」により何とか逃げ切った上、レッド(赤刎創星)の変身に必要な神具まで奪い去ることにも成功しました。

created by Rinker
¥550 (2024/06/22 14:57:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

戦闘員Dの目的(世界征服)が果たされた後の世界とは

【戦隊大失格】主人公(戦闘員D)の年齢や出生 | 強さと能力・死亡しても復活できる理由

(戦隊大失格 第6巻 春場ねぎ/講談社)

本編では「大戦隊(特にレッド)への強い憎しみ」という心理描写が多い戦闘員Dですが、大戦隊の全滅は目的達成への通過点に過ぎず「大戦隊を全滅させた後の世界征服こそが本当の目的です。

しかし、自分たち戦闘員を裏切っていた怪人幹部が生き残っている以上、戦闘員D自身が夢見る世界征服とは大きくかけ離れた世界となる可能性も高いのです。

 

スポンサーリンク

戦闘員Dが世界征服を果たしても怪人幹部に支配されたまま?

戦闘員Dは“世界征服”という壮大な目的のために大戦隊への反逆を始めたものの「実際に目的を達成した後の世界」までは想像できていなかったことを日々輝から指摘されてしまいます。

確かに戦保怪戦の中で「大戦隊の恐ろしい闇」が世間にも明るみとなったことで、これまで多大に支持していた民衆たちからの支持率もガタ落ちとなりました。
そのような状況の中で戦闘員Dの手でレッド(赤刎)を始めとした大戦隊を壊滅させられたなら原作43話でDが抱いていたように「怪人や戦闘員が人間から敬われる立場や豪華な生活」を送ることも夢ではありません。

しかし、かつては上官かつ産みの親でもありながらも今では“理想の違う裏切り者”とみなした怪人幹部たちが生き残ったままでは、日々輝から見せられた恐ろしい光景(ペルトロラが人間のシェフ達や従業員たちを颯爽と殺害してしまう)のような世界に変わるだけに過ぎず、結局は戦闘員Dでなく怪人幹部大戦隊に代わって世界や人間たちを支配するだけの結果に終わってしまうというわけです。

created by Rinker
¥550 (2024/06/22 09:42:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

桜間日々輝の新戦隊こそが真の世界征服を実現させる?

原作コミック14巻で長きにわたる戦保怪戦にひとまずの決着がつき、終戦から半年後には生き残った桜間日々輝により結成された「新戦隊」が始動しました。

桜間日々輝は自身で結成した新戦隊でこそ、自分の理想である「人間と怪人が平等に生きられる社会」への第一歩を踏み出すこととなりますが、この“種族間での平等”こそが戦闘員Dが目指す世界征服にも必要不可欠なものになると思います。

戦闘員Dにとっては原作43話で抱いていた「人間がひざまづきながら怪人や戦闘員を敬う世界」の方が理想的なのかもしれません。
しかし、力や権力、戦争での偉業だけでねじ伏せていては、大戦隊と同じように“人間からの反感”も買いやすくなり、再び戦保怪戦のような大規模な戦争が勃発する可能性もあります。

そのため、まずは人間も怪人も戦闘員も「全ての種族が平等な世界」に変えて、DやXXを始めとした戦闘員たちも素の姿で街中を歩いても人間たちと仲良く過ごせる関係性を築きながら「お互いの強い信頼関係」を築ければ、戦闘員Dのこれまでの功績を認めて支持してくれる人間も増えるはずです。
そのように自分とは種族の異なる人間たちに心から認めてもらえることこそが、戦闘員Dの目的も自然と達成されていくものと思われます。

created by Rinker
¥550 (2024/06/22 19:10:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回は戦闘員Dの年齢や出生、特殊かつチート級な能力について紹介しました。
一般の戦隊ヒーロー作品とは異なり、一介の戦闘員を主人公として、大戦隊の闇を探りながら戦い苦悩していく姿や展開に共感された読者や視聴者も多いのではないでしょうか?

“世界征服”という目的もまた、悪の怪人軍団の下っ端らしいところですが、その目的を果たしただけでは戦闘員D自身が理想とする世界にならないところは少し皮肉でもありますよね。
「全ての種族が平等な世界」はあくまでも協力者である日々輝の理想であり、戦闘員Dが完全に納得しきれない気持ちもあるでしょうが、それでもまずは大戦隊も怪人幹部もいない世界に変えて人間と戦闘員が解り合うことこそが戦闘員Dの理想とする“真の世界征服”になりそうな感もあります。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【戦隊大失格】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?」の記事を参照ください。

 

【戦隊大失格】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
戦隊大失格
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント