STEINS;GATEの相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

STEINS;GATE
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓

STEINS;GATEの人物相関図

STEINS;GATEの人物相関図を見てみると、大枠は非常に分かりやすくなっています。

基本的に出てくる団体としては、未来ガジェット研究所とラウンダーとなっているためです。

 

ラボメンの中には、所謂「裏の顔」を持つ人物が二名ほどいるので、その人物らの動きが重要になってきています。

 

STEINS;GATEについては、人間関係が複雑ということは感じないでしょう。

本作を理解する上で重要なのは、人物関係というよりも、世界線に関する理解です。

 

STEINS;GATEの登場人物・キャラクターの一覧を解説

岡部 倫太郎(おかべ りんたろう)[CV:宮野真守]

ラボメンNo.001。未来ガジェット研究所の創設者である狂気のマッドサイエンティスト。

細身の長身で、老け顔のように見えますが、実は大学一年生の18歳。

 

橋田やまゆりなど、古くからの友人からは「オカリン」と呼ばれているが、自称するのは「鳳凰院凶真(ほうおういんきょうま)」という二つ名。

自称する名前だけでなく、高笑いを急に始めたり、時折誰にもかかっていない携帯電話を耳に当て、「機関や組織」と架空の電話をしたりなど、重度の厨二病患者。

 

この厨二病の風貌を見て、初見だと苦手に感じる方もいるかもしれませんが、大きな意味を持っている。特に、序盤で厨二病演出を見た時と、終盤で厨二病演出を見た時では、彼に抱く感情は180度変わっていることだろう。

 

変わり者のように見えるが、彼の本質は「仲間思いの頼れる兄貴分」というもので、ラボメンのために、文字通りに命がけで奔走する姿が見られる。

 

本作は世界線という概念があり、彼だけが世界線移動を観測できる力(通称:リーディングシュタイナー)を持っている。世界線によっては、世界の救世主になったり、テロリストの主犯になったり、世界大戦を止める鍵になったりと様々な可能性を持った人物。

 

劇中では、自身の行ったことを「なかったこと」にせず、ラボメンの未来のために何度も挫け、這い上がる姿が描かれており、主人公らしい主人公という印象を受ける。

椎名 まゆり(しいな まゆり)[CV:花澤香菜]

ラボメンNo.002。岡部の幼なじみであり、岡部の「人質」を自称している。

一人称は「まゆしぃ」であるが、重要/シリアスな場面では「私」とも呼ぶ。

 

その他にも特徴的な言葉使いが見られ、挨拶は「トゥットゥルー♪」。感情や思ったことを表現する時は「まゆしぃは〜〜だと思うのです」というもの。

 

趣味はコスプレで、本人はメイド喫茶「メイクイーン+ニャンニャン」でアルバイトもしている。衣装自体はコスプレ仲間が作成しているものであり、しばしばコミケにもレイヤーとして参戦している。

 

本作の主要な世界線である、α世界線では、2010年8月に必ず死亡する。

その未来を、世界線を変えるため、岡部は奔走することになるわけですが、まゆりを助けることで、紅莉栖が死亡するという事実が判明し、心が折れてしまう。

 

そんな絶望に陥った岡部に力強い言葉で奮い立たせたのが彼女。

 

穏やかで優しくもあり、しっかりと道を正す姿は、ラボの母親的な存在であると言えるかもしれない。

牧瀬 紅莉栖(まきせ くりす)[CV:今井麻美]

ラボメンNo.004。みんなからは苗字か名前で呼ばれているが、岡部からは「クリスティーナ」と呼ばれている。

 

俗に言う「天才」。飛び級や17歳にして権威ある学術誌に論文が載るなどの才能を持っている。

そんな彼女が、たまたま秋葉原でタイムトラベルに関する講演を行う際に、岡部と出会い、ラボメンとなる。

 

基本的に冷静沈着で好奇心旺盛な性格だが、同時に面倒見もよく、お人好し。

ラボでの時間を過ごすにつれ、岡部とも打ち解けていき、良き理解者にもなる。さらには、岡部の優しさに惹かれ、恋愛感情も持つようになる。

 

α世界線では、タイムマシンの母と呼ばれるようになるなど、SERNのタイムマシン開発に(不本意ながらも)重要な人物であり、鈴羽の属するレジスタンス組織では「排除すべき存在」となっている。

 

アニメ本編、そして原作のトゥルーエンドも、彼女の魅力が全て詰まったような演出が描かれていることもあり、人気投票では圧倒的な一位の座にも輝いている。

橋田 至(はしだ いたる)[CV:関智一]

ラボメンNo.003。通称「ダル」

岡部の古くからの友人であり、岡部はダルのことを「マイ・フェイバリット・ライトアーム(頼れる右腕)」とも読んでいます。

 

いわゆる巨漢な肥満体というシルエットをしており、性格もオタクそのもの。

二次元の萌えが特に大好物であり、フェイリスの大ファンでもある。

 

ただのオタクというだけではなく、ハッキング・プログラミングの能力に長けており、実際に研究機関へのハッキングも劇中で行なっている。

加えて、岡部の発案した未来ガジェットの製作も担当しており、未来のとある世界線ではタイムマシンも作ってしまう。

 

物語は彼がいなければ成り立たないと言うほど、重要な人物の一人なのは間違い無い。

漆原 るか(うるしばら るか)[CV:小林ゆう]

ラボメンNo.006。男の子であり、男の娘である。

声や言動、容姿に至り、完全に美少女。だが男だ。

 

岡部のことを尊敬感情だけでなく、恋愛感情としても強く慕っている。

世界線によって、るかは本当の女性になると共に、岡部に告白もしている。

 

性格は純粋そのものであり、岡部の厨二病発言を真に受け、妖刀・五月雨(980円)による「清心斬魔流」の剣術の修行をしている。(ただの木刀の素振りに他ならないが……)

 

まゆりと仲が良い。

フェイリス・ニャンニャン[CV:桃井はるこ]

ラボメンNo.007。謎多き猫耳メイド。

 

まゆりも勤めるメイド喫茶「メイクイーン+ニャンニャン」の人気ナンバー1メイドであり、私服でもメイド服を着ている。

 

厨二病発言を好み、岡部の厨二病設定に唯一付いていける人物。それどころか、大量の厨二病設定を盛り込んで返答してくるので、岡部すらも太刀打ちできないほどである。

 

メイド・厨二病・猫耳と、かなり飛んだ人物のように見えるが、実は父親を亡くしており、父への愛に飢えている。

世界線によっては、父子で幸せに過ごしており、世界線を変更することにいい反応ではなかったが、岡部の説得により承諾。この際に、岡部以外で初めて「違う世界線の記憶を持つ」ことになった。

 

ちなみに、家は超高層マンションの最上階で、執事付きの暮らしをしている。

背景としては、死亡しているフェイリスの父が、秋葉原の地主であるため。

また、フェイリス・ニャンニャンは、メイクイーン+ニャンニャンでの源氏名であり、本名は「秋葉 留未穂(あきは るみほ)」

劇中でその名で呼ばれることはほとんど無い。

阿万音 鈴羽(あまね すずは)[CV:田村ゆかり]

ラボメンNo.008。突如登場したバイト戦士。

快活な性格と、やけに優れた身体能力を持っている女性であり、岡部達の過ごすラボの1階にあるブラウン管工房に押しかけてアルバイトになった。

 

そんな彼女の正体は、2036年の未来からタイムマシンでやってきたタイムトラベラーであるとともに、ダルの娘。

彼女は、SERNの支配するディストピアの世界を変えるべく、ダルの作ったタイムマシンを使って岡部に接触しに来ている。

そのため、物語では岡部がシュタインズゲートに到達するための非常に心強いの協力者として奔走している。

 

また、SERNのディストピア世界は紅莉栖の助力が要因の一つとしてあるため、鈴羽は紅莉栖を一方的に嫌っている。紅莉栖以外には面倒見もいい反応を示しているのも特徴的である。

桐生 萌郁(きりゅう もえか)[CV:後藤沙緒里]

ラボメンNo.005。寡黙な携帯依存症。

極度の人見知り(恥ずかしがり?)であり、相手が目の前にいてもメールで会話をしてくる。

口にする言葉は途切れ途切れの単語レベルであるが、メール上のテンションはさながら陽キャ。

そんな彼女であるため、メールを打つ速度が早く、岡部からは「閃光の指圧師(シャイニングフィンガー)」と呼ばれている。

 

ただの大人しい人間というわけではなく、彼女の正体はSERNの特殊部隊であるラウンダーの一人。

ほぼ全ての世界線でラウンダーとして岡部達の前に登場すると共に、場合によってはまゆりを殺害する。

ラウンダーになってからは、「FB」と名乗るラウンダーの上司からの指示を達成することに生きがいを覚えており、そこに彼女の意思はない。

FBからの連絡が無くなってしまえば、自殺をしてしまうほどに狂気を孕んでいる。

天王寺 裕吾(てんのうじ ゆうご)[CV:てらそままさき]

未来ガジェット研究所の1階で、ブラウン管工房の店主をしている男性。岡部からは「ミスターブラウン」と呼ばれている。

未来ガジェット研究所を含むビル全体の所有者でもあることから、岡部は彼に頭が上がらない状況である。事あるごとに拳で解決してこようとするが、基本的には優しいそぶりを見せている。

特に、娘の綯(なえ)にはベタ惚れで、娘を守るためなら、「文字通りなんでも」する。

 

彼の素顔は、ラウンダーの一人で、FBを名乗る人物。

ラウンダーは岡部と岡部達の持つあるガジェットが目的であり、どの世界線でも驚異となる。

奇しくも最大の驚異が最も身近にいることで、岡部はタイムリープを繰替うことになるのである。

中鉢博士 (なかばちはかせ)[CV:小形満]

紅莉栖の父親であり、イロモノ物理学者。

この物語が始まったきっかけとなる人物と言って過言ではない。

 

優秀な娘の紅莉栖に、彼はひどく劣等感を受けており、ラジ館では紅莉栖を殺害した後に、彼女の論文を強奪。そのままロシアへ旅立つことで、第三次世界大戦にまで発展するという最早諸悪の根元である。

 

この彼による紅莉栖の殺害がなければ、岡部はタイムリープも世界線の変動もラウンダーも何もかもを知らずに、平凡な日々を送っていたことだろう。

 

まとめ

STEINS;GATEの登場人物についてまとめてみました。

冒頭でもお伝えしましたが、本作を楽しむためには、人間関係の理解というよりも、世界線という概念です。

 

キャラ同士の掛け合いや、キャッキャウフフが見たい方は、是非スピンオフ版のゲームを購入してみて下さい。

 

また、重要キャラの正体がわかった後に、正体判明前のシーンを見返してみても面白いかもしれませんね。

アニメ見放題    

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

某人材会社に勤める人。
元々銀行員だったこともあり、転職・金融・ガジェットに特化したブログを運営中。
半沢直樹を見ることなく、数多くのアニメを見てきました。
好きなアニメのジャンルは一話完結のギャグアニメから伏線バリバリの長編まで様々。
特にタイムリープ・パラレルワールドモノには目がありません。

Follow Me!
STEINS;GATE
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント