【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【青ブタ】古賀朋絵はループから抜け出せない | 性格・思春期症候群・名言を解説

青春ブタ野郎シリーズ

『青春ブタ野郎シリーズ(略称は『青ブタ』)』は鴨志田一先生により執筆されている大人気ラノベ作品です。

アニメ化もされており、テレビ版が2018年に、劇場版アニメ『ゆめみる少女の夢を見ない』が2019年に公開されました。

本記事では、古賀朋絵の性格や名言を紹介。
さらに自身が発症した思春期症候群の症状内容や解決までの経緯にも迫ります。

 

スポンサーリンク

古賀朋絵(こが ともえ)とは

古賀朋絵は本作品のヒロインとして登場した少女で、原作小説2巻『プチデビル後輩の夢を見ない』ではメインヒロインとして活躍しました
少し癖の強い形のショートヘアで、前髪の左側をTの文字型をした髪留めでまとめています。

 

古賀朋絵のプロフィール

誕生日 5月23日
身長 152cm
特技 スマホの早打ち
所属 峰ヶ原高校1年4組(初登場時)

古賀朋絵は咲太より1学年下の後輩であり、始めは咲太のことも”先輩”と呼んでいましたが、自身の発症した思春期症候群を解決させた後からは高校でもバイト先でも親しい友人同士のような関係へと発展しました。

さらに妹(かえで)の面倒見が良い面でも咲太から頼りにされるようになります。

 

博多から転校してきた女子高生

古賀朋絵は中学生の頃までは博多で在住していましが、父親の転勤により咲太や桜島麻衣の住む神奈川県へと引っ越してきました。

ちなみに古賀朋絵が博多のある福岡県出身という設定は“古賀サービスエリア”福岡県にあるためとも考えられます。

 

スポンサーリンク

古賀朋絵の声は声優「東山奈央さん」が担当

古賀朋絵の声を担当している声優さんは「インテンション」に所属している東山奈央さんです。
東山さんは『鋼の錬金術師』に感動して「声を心を動かすこと」に興味をもち始めたことがキッカケで声優を志したそうです。

その後、2010年に放送された『神のみぞ知るセカイ』中川かのん役と『STAR DRIVER-輝きのタクト-』スガタメ・タイガーと、2作品同時の出演という形で声優デビューを果たされました。

東山奈央さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『はたらく魔王様!』佐々木千穂役
  2. 『マクロスΔ』レイナ役
  3. 『彼女、お借りします』更科瑠夏役
  4. 『スパイ教室』ジビア役

 

スポンサーリンク

古賀朋絵の性格・人となり

ここでは古賀朋絵の性格を紹介しながら、かわいい魅力にも迫ります。

 

常に周囲の空気を読んで行動する繊細な人物

古賀朋絵は常に周囲の空気を読んで行動する繊細な性格ですが、このような性格になってしまったのには神奈川に引っ越したばかりや入学時に「友達が1人もいないことに対する不安や恐怖心」から来ています。

現代の学校では1人でも平気な生徒も多いものの、朋絵の場合は「1人でいることが恥ずかしいこと」であるため、友達作りのために必死にイメージチェンジをして自分を変えました。
その結果、クラスの中心人物である香芝玲奈のグループに入って一緒に過ごせるようになれます。

香芝のグループに入ってからは自分の居場所(グループ)を守るため、片時もスマホを手放ずSNSのメッセージにもすぐ返信するようにするなど、以前まで以上に気を使うようになりますが…
そのような性格や努力が皮肉にも朋絵自身の思春期症候群へとつながってしまいます。
(朋絵の思春期症候群については、後の項目で説明します)

 

時折出る博多弁がかわいい

本編で初登場した時点では既に神奈川県に在住しているため普段は標準語で話してますが、咲太との会話中に自分が慌てた時には思わず方言(博多弁)が出てしまいます。

本人は方言を咲太や友人たちに聞かれたくない汚点のように捉えていますが、むしろ慌てながら時折出てくる方言に対して「かわいい」と思える男性ファンもかなり多いです。

 

お尻が大きくなっている事が最近の悩み

朋絵は本編で初登場した時から「お尻が大きくなり始めていること」に悩み始めていた一方、公園で出会ったばかりの咲太に対して不審者と誤解を抱きながら、咲太のお尻を豪快に蹴りました。
しかも自分の抱いた誤解が解けた直後には「けじめはしっかりつけたい性分」により、咲太に対して自分のお尻も蹴るように求めた末、見事に蹴り返されたのです。

さらに朋絵も咲太や国見と同じファミレスでバイトを始めてからは、咲太から「お尻を蹴り合った仲」と言われながらイジられるようになります。

 

スポンサーリンク

古賀朋絵の思春期症候群 | その内容や原因を解説

本作品に登場するヒロインたちは「思春期症候群」という不思議な現象に悩まされます。
古賀朋絵が発症した思春期症候群とは「ラプラスの悪魔」と呼ばれる“高度な未来予測”でした。

 

「ラプラスの悪魔」と呼ばれる高度な未来予測

古賀朋絵が発症した「ラプラスの悪魔」にいち早く気づいたのが咲太であり、始めは“同じ日(6月27日)を何度も繰り返す症状”と捉えられますが、実際は違っていたことが友人の双葉理央から教えられました。
双葉からの話では咲太の体験したループ(繰り返し)とは「ラプラスの悪魔」と呼ばれる概念が深く関係しており、実際には同じ日を繰り返しているのではなく未来をシミュレートしている現象」であることが明かされます。

スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
青春ブタ野郎シリーズ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク