【決定版】おすすめアニメ120選

【女神のカフェテラス】幕澤桜花のかわいい魅力 | 妹や祖母との関係・隼と結婚する可能性が高い理由

女神のカフェテラス

『女神のカフェテラス』は『風夏』や『ヒットマン』で人気の瀬尾公治先生により週刊少年マガジンで2021年から連載中の大人気漫画作品です。

また、テレビアニメも 2023年4月から『五等分の花嫁』や『彼女、お借りします』と同じTBS系列のスーパーアニメイズム枠で放送中です。

本記事では幕澤桜花の長けた能力やかわいい魅力を紹介。
さらに双子の妹(橘花)や祖母(春恵)などの家族関係や「隼と結ばれる可能性」についても迫ります。

本作品の人物相関図は「女神のカフェテラスの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

女神のカフェテラスの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

幕澤桜花(まくざわ おうか)とは

【女神のカフェテラス】幕澤桜花のかわいい魅力 | 妹や祖母との関係・隼と結婚する可能性が高い理由

(女神のカフェテラス第1巻 瀬尾公治/講談社)

幕澤桜花は、本作品のメインヒロインの1人であり、アニメ版では“準主人公”の立ち位置とされた女性キャラです。

主人公(粕壁隼)の祖母(幸子)が経営していた喫茶「Familia(ファミリア)」で他4人のヒロインたちと一緒に住み続ける中、祖母の訃報を聞いて3年ぶりに帰省してきた隼と出会いました。

 

スポンサーリンク

幕澤桜花のプロフィール | 服飾系の専門学生として衣装作りに励む

誕生日 3月7日
年齢 19歳(専門学校生)→20歳
好きなもの 裁縫
イメージカラー
隼への呼び方 隼くん

隼と出会った喫茶「Familia(ファミリア)」の5人の女性は年齢や職業を始めとしてバラバラかつ強烈な個性や才能に溢れています。
桜花はFamiliaに住みながら通っている服飾系の専門学校で学んでおり“衣装作り”においては群を抜いた才能や制作能力を誇っています。

隼が店長となり再開させた喫茶「Familia(ファミリア)」の新しいメイド衣装も桜花が作ったものであり、5人で着用している可愛いらしいデザインの衣装もFamilia(ファミリア)の良い評判や口コミに貢献しています。

 

スポンサーリンク

桜花の存在や制作能力で喫茶店が守られている

桜花はメイド衣装だけでなく、店内の飾りつけも担当しています。
また、町内の行事(桜祭り)で出店を行なっていた時には前もって作っていた「花型ミサイル」を秋水に使わせることで、”エーちゃん(不破の孫)”たち3人組から自分たちの身や出店を守ることにも役立ちました。

さらには、隼から勝手に「狂犬」とされたことで、それ以降もエーちゃんたちを近寄らせない“守り神”のような役割まで担ってくれています。
実際、桜花が一時的に渡仏してFamilia(ファミリア)から離れていた間、彼女がいないことを聞きつけただけでエーちゃんたちが喫茶店に殴り込んできたこともありましたからね…。
そう考えると、喫茶店の治安「ほぼ桜花にかかっている」と言っても過言ではありません。

 

スポンサーリンク

幕澤桜花の声は声優「青木瑠璃子さん」が担当

幕澤桜花の声を担当している声優さんは「アトミックモンキー」に所属する青木瑠璃子さんです。

青木さんは自身の可能性を広げるために大学へ進学し、在学中に「第3回声優アワード新人発掘オーデション」にて合格後、ラジオ番組でのパーソナリティやアシスタントとして活動開始されました。
そして2011年に放送されたラジオ番組をドラマCD化した作品『メショムの魔法使い』のデスタスタディオン役初主演を果たされました。

青木瑠璃子さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『アイドルマスター シンデレラガールズ』多田李依菜役
  2. 『アイドルメモリーズ』羅雨照役
  3. 『マブラヴ オルタネイティヴ』香月夕呼役
  4. 『便利屋斎藤さん、異世界に行く』フランリル役

 

幕澤桜花のかわいい魅力を容姿や性格から分析

【女神のカフェテラス】幕澤桜花のかわいい魅力 | 妹や祖母との関係・隼と結婚する可能性が高い理由

(女神のカフェテラス第1巻 瀬尾公治/講談社)

アニメ化により幕澤桜花の人気や知名度が更に上がっていますが、彼女が読者やファンたちから「かわいい」と言われる理由や魅力について分析してみました。

 

スポンサーリンク

可愛い系の容姿と強気な性格のギャップが可愛い

赤髪のお嬢様結びというお淑やかそうな容姿が特徴的な桜花ですが、性格との大きなギャップがありました。
そのお淑やかそうな見た目とは裏腹に、かなりヒステリックで負けん気が強く反骨精神が旺盛な性格です。

そのようの性格も相まって、隼とは出会った頃から口喧嘩が絶えませんでした。

それでも、このような大きなギャップもまた、桜花が多くの男性ファンたちから高く支持されている要因ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

料理は苦手でも隼の大好物(ピラフ)だけは作れる

服飾や飾りつけとは正反対に、料理の腕前は壊滅的です。
本編でも自身で作り失敗した”唐揚げ”が食卓に出された場面もありましたが…
ほぼ全面が焦げ過ぎていましたからね。

しかし、料理が完全に苦手というわけでもありません。
幸子から教わっていた“ピラフ”だけは美味しく作ることが可能です。

第1話で食べてもらった隼からの評価は「普通」に留まっていましたが、そのピラフによって隼自身が忘れていた「祖母(幸子)との絆」を思い出させた上、涙まで流させました。

このように何か一品でも作れること、ましてやその得意メニューが“男にとって特別なものであれば、男性の心を一気に鷲掴みしてしまうはずです。

created by Rinker
¥550 (2024/05/18 19:41:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

素直で真っ直ぐ過ぎる行動にも惹かれる

桜花は性格だけでなく、口調もかなり強気です。
それらの性格や口調と相まって本編で起こす行動にも素直過ぎかつ真っ直ぐ過ぎる一面」も多く見られてきました。

隼との口喧嘩を始め、桜祭りの最中にナンパしてきたエーちゃん達に対してもキッパリと断っています。
さらに原作31話では、自分の大切な仲間たちを貶し続ける妹(橘花)に対して、容赦なく平手うちを喰らわせました。

例え妹を始めとした家族であっても自分の大切なもの(お店や仲間)を貶すことを許せず、相手が悪いと思った場面では本気で怒る
このような素直さや真っ直ぐ過ぎる行動もまた、桜花の魅力の1つと言えますね。

created by Rinker
¥550 (2024/05/18 18:30:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

幕澤桜花の家族 | 双子の妹(橘花)や祖母(八重山春恵)との関係性

【女神のカフェテラス】幕澤桜花のかわいい魅力 | 妹や祖母との関係・隼と結婚する可能性が高い理由

(女神のカフェテラス第4巻 瀬尾公治/講談社)

桜花には双子の妹(橘花)と一緒に、優しい父親や祖母(八重山春恵)から大切に育てられて成長してきました。
ここでは本編で登場した3人の家族との関係性に迫ります。

 

スポンサーリンク

双子の妹(橘花)とは衝突も経て和解した

双子の妹・橘花は桜花の素直さや真っ直ぐさに「冷静さや冷酷さ」も加えたタイプの性格です。

また、桜花の家族は皆が東大に通う経歴をもっており、今では橘花の方が現役東大生として頑張っています。
そのような生活や立ち位置ゆえに、先の項目でも触れたように、Familia(ファミリア)の隼たちのことも冷酷な言い方で貶す中で姉からのビンタをもらったわけです。

しかし、本心では「誰よりも姉(桜花)からの愛情や優しさ」を求めており、原作31話での衝突の後に涙を流しながら自分の思いを告げたことがキッカケでお互いに和解できました。

Familia(ファミリア)のメイドたちや千代田食堂の従業員たちと比べると、橘花の出番は決して多いわけではありません。
しかし“桜花と瓜二つの容姿”により、姉が日本や喫茶店から離れている期間もエーちゃんたちをお店から遠ざけることに一役買ってくれている面もあります。

 

スポンサーリンク

祖母(八重山春恵)も隼や「Familia(ファミリア)」と縁の深い女性だった

【女神のカフェテラス】幕澤桜花のかわいい魅力 | 妹や祖母との関係・隼と結婚する可能性が高い理由

(女神のカフェテラス第6巻 瀬尾公治/講談社)

原作48話で桜花と橘花の祖母八重山春恵も初登場しましたが、実は春恵もまた隼やFamilia(ファミリア)と深い縁をもつ女性でした。

春恵はかつて、隼の祖父(粕壁大洋)が経営していた「ファミリア」でメイドとして働いていた経験があり、隼の顔を見た瞬間に、自分がお世話になった店長(大洋)と人違いしながら涙まで流します。

春恵は自分の事情でファミリアを退職しましたが、また戻ってくることを大洋や一緒に働いていたメイドたちに告げていたようです。
しかし、その約束を果たせなかったことを強く後悔し続けていました。
それでも自分たちの後輩として働き始めていた幸子が大洋と結婚をしたことを隼から聞かされただけで、まるで自分のことのように嬉し涙まで流しました。

created by Rinker
¥550 (2024/05/17 22:46:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

桜花たちの父親も隼の人柄を称賛した

娘の桜花が東大へ入らず、服飾の学校や喫茶店で住みながら働いていることは父親も許してはいました。
しかし、その喫茶店(Familia)の店長(隼)がまだ19歳であることを聞かされた途端に、強く心配します。

そして桜花に連れてくるように命じて対面しますが、彼の幼少期からの苦労(両親との死別など)を聞いた途端に「その辺の若者たちと違う」高く評価した上で隼のことを認めてくれました。

しかし、この2人の謁見や対話には大きな食い違いも生じていたのです。
隼にとって桜花のことをあくまでも「従業員」として話していたのに対して、父親の方は隼と桜花が「既に恋人関係」であると勝手に勘違いしていました…。

 

幕澤桜花が隼と結婚する可能性が最も高い理由

【女神のカフェテラス】幕澤桜花のかわいい魅力 | 妹や祖母との関係・隼と結婚する可能性が高い理由

(女神のカフェテラス第10巻 瀬尾公治/講談社)

原作27話の未来編で「隼が5人のうち誰かと結婚したこと」さらに「その妻との間に幸子そっくりの娘まで授かったこと」が判明しました。

しかし、コミック10巻までの時点では隼と結ばれた相手までは明かされていません。
それでも「幕澤桜花が隼と結婚する可能性が最も高いこと」と、その理由について迫ってみます。

created by Rinker
¥550 (2024/05/18 07:16:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

隼と出会った順番や喧嘩した回数の多さ

桜花たち5人は本編の第1話の時点でFamilia(ファミリア)に一緒に住んでいるものの、帰省してきた隼とは「桜花が最初に出会ったこと」が大きなポイントです。

さらに桜花自身の性格や口調も相まって、彼と口喧嘩した回数も他4人よりも圧倒的に多いです。
そのため、当分の間は”犬猿の仲”のような関係性が続きましたが、秋水も含めた3人で出店をやったこと、そして父親からの命令とはいえ、隼を自分の実家へ招いた点も大きいです。
(実際に父親からは”恋人同士の関係”と勘違いされてますからね)

このように口喧嘩などを始め、始めは仲が悪かったからこそ、同じFamilia(ファミリア)での仕事や生活を送る中で築いてきた信頼関係結束力は他4人よりも大きいはずです。

 

スポンサーリンク

メイド5人の中で唯一”ピラフ”で感動させたため

Familia(ファミリア)で働くメイド5人が各自の得意分野を活かしながら隼や経営の助けとなってくれていますが、桜花の場合は料理が苦手でありながらも「祖母(幸子)直伝のピラフ」を隼に作った点も大きなポイントとなります。

Familia(ファミリア)で最も料理が上手い女性は小野白菊であり、隼も彼女にお願いする形で新メニューのための料理を教わることも多いです。
確かに白菊の作る料理はお店用のメニューに加えて、和食などを始めとした家庭内での料理などレパートリーも富んでいる一方で、ピラフを隼に作ってくれた描写はありません。

そんな状況が続く中、第1話や(一時的な)別れ際にピラフを作ってくれた桜花の行動は大きく、祖母(幸子)との思い出が深い“ピラフ”という共通点も2人の距離を縮め始めていると思います。

小野白菊の魅力や過去、隼や彼の祖母(幸子)については「【女神のカフェテラス】小野白菊のかわいい魅力 | 告白や過去・隼や幸子との出会い」の記事を参照ください。

 

【女神のカフェテラス】小野白菊のかわいい魅力 | 告白や過去・隼や幸子との出会い
...

 

スポンサーリンク

別れ際のキスと1ヶ月の空白期間も心の距離を縮めた?

【女神のカフェテラス】幕澤桜花のかわいい魅力 | 妹や祖母との関係・隼と結婚する可能性が高い理由

(女神のカフェテラス第10巻 瀬尾公治/講談社)

桜花は自分の通う専門学校でフランスの有名ファッションブランドの紹介を受けたことにより渡仏することを決めます。
さらに原作89話で桜花は、空港での別れ際「隼へキスできる権利」を行使したのです。

白菊の行動が原因で起きた裁判の結果「白菊以外の4人にも隼へキスできる権利」を与えられており、紅葉や流星よりも遅れた時期の上「自分たちの別れ」という絶妙なタイミングでキスされた隼にとって、桜花のことをさらに忘れられなくなったはずです。

この段階では感動的な別れで終わったものの、桜花の方がフランスの会社をすぐに解雇されたため、わずか1ヶ月で帰国してきます。
そして再び「Familia」に復帰しましたが、この空白期間「また会えた」という喜びや安心感も大きく、隼と桜花がお互いの必要性を改めて実感できたはずです。

これらの別れや空白期間(会えない期間)、その後の再会こそが、これまで以上に隼と桜花の心の距離大きく縮めたとも思えます。

 

スポンサーリンク

未来の「Familia(ファミリア)」を守れる存在として必要なため

隼と桜花が結ばれる可能性の高さを、原作27話で描かれた未来からも伺えます。

この時代で隼は教師として働いている上、自分の娘も既に高校生の年齢にまで成長していました。
そうなると「Familia(ファミリア)の経営はどうなっているのか?」疑問を抱いた読者も多いはずです。

いくら隼でも”教師の仕事”と”喫茶店の店長”を同時にこなすことは不可能なはずであり、未来のFamilia(ファミリア)は「隼の妻となった女性」が店長となって切り盛りしているものと考えられます。
そう仮定した場合、エーちゃんの子供(生まれていた場合)から、父親や祖父の時と同じように襲撃される危険性もあり得ます。

教師となった隼が不在の時間帯に営業するとなると、不破一家を来店させないための対策も必要となりますが、ここで挙げられるのがエーちゃん一味から恐れられている桜花秋水が候補に上がるわけです。
彼らから恐れられていない白菊や紅葉、流星ではエーちゃんや子供に対して充分に対処できないであろう点から考えても、やはり桜花か秋水がお店に残って働き続ける必要性も高いはずですからね。

 

まとめ

今回は幕澤桜花の長けた能力やかわいい魅力を紹介しました。
また、双子の妹を始めとした家族関係や「隼と結ばれる可能性」についても迫ってみました。

アニメ放送の開始がキッカケで桜花のキャラクターグッズも本格的に発売され始めており、今後は『五等分の花嫁』などに続くように、本格的なフィギュア等の発売にも期待できそうですね。

本編の物語がまだまだ完結しそうにない現状では、まだ確定的なことまでは言い切れないものの、桜花の立ち位置や隼との関係性を見ると、やはり桜花が最も隼と結婚して結ばれる可能性が高いように感じています。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【女神のカフェテラス】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?」の記事を参照ください。

 

【女神のカフェテラス】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
女神のカフェテラス
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント