【決定版】おすすめアニメ120選

【女神のカフェテラス】月島流星のかわいい魅力 | 役者としての過去・両親や祖母、隼との関係性

女神のカフェテラス

『女神のカフェテラス』は『風夏』や『ヒットマン』で人気の瀬尾公治先生により週刊少年マガジンで2021年から連載中の大人気漫画作品です。

また、テレビアニメも 2023年4月から『五等分の花嫁』や『彼女、お借りします』と同じTBS系列のスーパーアニメイズム枠で放送中です。

本記事では月島流星のかわいい魅力や過去、祖母や両親との家族関係について解説。
また、隼との恋愛や将来の結婚の可能性についても考察してみます。

本作品の人物相関図は「女神のカフェテラスの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

女神のカフェテラスの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

月島流星(つきしま りほ)とは

【女神のカフェテラス】月島流星のかわいい魅力 | 役者としての過去・両親や祖母、隼との関係性

(女神のカフェテラス第3巻 瀬尾公治/講談社)

月島流星は、本作品のメインヒロインの1人であり、隼たちと共に彼の祖母(粕壁幸子)が残した喫茶店「Familia(ファミリア)」の営業を再開させました。

 

スポンサーリンク

月島流星のプロフィール | 離婚後の母親と一緒に暮らしてきた

誕生日 8月7日
年齢 20歳(大学3年)→21歳(大学4年)
好きなもの 占い、オシャレ、柴犬カット
イメージカラー ピンク
隼への呼び方

月島流星は小野白菊と同じ大学に通う女子大生な上に学年や年齢も同じなため、白菊と共にFamilia(ファミリア)の中では“最年長者”です。

流星の出生や過去、生い立ちに関しては後の項目で説明しますが、まだ幼い頃に両親が離婚したため、親権を取った母親(月島流凛)と2人で暮らしてきました。

 

スポンサーリンク

Familia(ファミリア)のムードメーカーとして隼たちを支える

「Familia(ファミリア)」では主にオーダーなどの接客を担当しています。
その見た目の明るさや可愛さに加え、皆のお姉さんとしてムードメーカー的な役割も果たしており、隼からも「接客番長」とまで言われています。

 

スポンサーリンク

月島流星の声は声優「山根綺さん」が担当

月島流星の声を担当している声優さんは「青二プロダクション」に所属している山根綺さんです。

山根さんは姉から背中を押してもらえたことや『Angel Beats!』を視聴したことがキッカケで声優を志すようになりました。
テレビアニメでは、2016年に放送された『orange』の女子生徒役でデビューを果たされました。

山根綺さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『アイドルマスター シャイニーカラーズ』緋田美琴役
  2. 『白猫プロジェクト』クロカ役
  3. 『アルカ・ラスト』志水ヒロナ役
  4. 『シルバニアファミリー フレアのハッパーダイアリー』フレア役

 

月島流星のかわいい魅力を容姿や性格から分析

【女神のカフェテラス】月島流星のかわいい魅力 | 役者としての過去・両親や祖母、隼との関係性

(女神のカフェテラス第1巻 瀬尾公治/講談社)

アニメ化により月島流星の人気や知名度も更に上がっていますが、読者やファンたちから「かわいい」と言われる理由や魅力について分析してみました。

 

スポンサーリンク

ツインテールとお洒落な私服姿がかわいい

流星はオレンジ系の茶髪によるロングヘアーツインテールにまとめた髪型であり、赤髪の幕澤桜花にも負けない華やかさがあります。
しかも、髪の“ヘアピン”をバッテン型につけている点も程よいアクセントとなっています。

私服姿も5人の中では1番お洒落であり、まさに“華の女子大生”といった容姿ですよね。

ここまで可愛い流星を放っておく男などいないだろうと勘づく読者もいるとは思いますが、実際にナンパされた相手はエーちゃん(不破の孫)たち位しかいません。

幕澤桜花の性格や魅力、隼と結ばれる可能性については「【女神のカフェテラス】幕澤桜花のかわいい魅力 | 妹や祖母との関係・隼と結婚する可能性が高い理由」の記事を参照ください。

 

【女神のカフェテラス】幕澤桜花のかわいい魅力 | 妹や祖母との関係・隼と結婚する可能性が高い理由
...

 

スポンサーリンク

ギャルっぽい見た目と真面目さのギャップも魅力的

【女神のカフェテラス】月島流星のかわいい魅力 | 役者としての過去・両親や祖母、隼との関係性

(女神のカフェテラス第1巻 瀬尾公治/講談社)

オレンジ色の入った茶髪やツインテールにより、他4人に比べると少しギャルっぽい印象もある流星は今どきの女性のように打算的かつ腹黒い性格でもあります。
自分たちが住むFamilia(ファミリア)の取り壊しをやめさせるため、白菊の酒癖や豹変を利用しては、第1話で帰省したばかりの隼に迫らせていましたからね…。

しかし、芯は強く「仕事に対しては誰よりも真剣に取り組むタイプ」です。
そのため、実は5人の中で“1番の常識人”でもあります。
Familia(ファミリア)再開の挨拶回りで、隼に対して「自営業の大変さ」叱るように諭すこともありましたからね。
しかし、その真面目さが仇となることもありました。
再開後は必要以上に働くことも多い上、海の家では働き過ぎが祟り店内で倒れることもあったのです。

このような見た目と真面目によるギャップもまた、流星の魅力を引き立たせている要素だと思います。

小野白菊の魅力や過去、隼や彼の祖母(幸子)については「【女神のカフェテラス】小野白菊のかわいい魅力 | 告白や過去・隼や幸子との出会い」の記事を参照ください。

 

【女神のカフェテラス】小野白菊のかわいい魅力 | 告白や過去・隼や幸子との出会い
...

 

スポンサーリンク

後輩(千代田莉々歌)を支える姿も魅力的

流星は不破重久がオープンさせた「Family(ファミリー)」で出会った役者としての後輩千代田莉々歌を程いい感じに支える姿も魅力的です。

Family(後に「千代田食堂」に改名)で出会ったばかりの時の千代田莉々歌から嫌味ばかり言われて憎いはずなのに、千代田自身の失策で事務所をクビにされて落ち込む本人を厳しく、そして優しくフォローしてくれる流星の姿に惹かれた読者も多かったのではないでしょうか。

created by Rinker
¥550 (2024/04/25 11:48:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

寝相の悪さも流星の大きな魅力?

実は流星にも白菊の豹変にも負けない程の意外な一面もあり、それが「寝相の悪さ」です。
第1話で流星だけは他4人と違い自室で眠っている状態での初登場となりましたが、隼から「どんな寝相だよ!?」と突っ込まれる程の体制で眠っていました…。

確かに流星の寝相に対しては読者たちも隼と同じように突っ込みたくなったと思いますが、このような意外な一面もまた、流星をかわいく見せている魅力だと思います。

created by Rinker
¥550 (2024/04/25 11:48:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

月島流星の過去 | 幼少期は天才子役として活躍していた

【女神のカフェテラス】月島流星のかわいい魅力 | 役者としての過去・両親や祖母、隼との関係性

(女神のカフェテラス第3巻 瀬尾公治/講談社)

流星はかつて「スーパー天才子役」として一世を風靡する程の高い人気を得ていました。
しかし、まだ幼い流星が役者として頑張ってきた理由には「両親との辛い関係性」もあったのです。

 

スポンサーリンク

流星が役者を頑張ってきたのは両親のため

流星が天才子役として頑張ってきたのは両親と一緒に暮らし続けるため」という大きな理由がありました。

母親(月島流凛)の熱心過ぎる教育などに対して、流星の体調などを心配する父親の方は「娘(流星)をあまり働かせ過ぎないように」とTV局にまで来てまで頼んでいたのです。
流星は、このような夫婦間の亀裂も失くすために頑張ってきたわけですが、それも叶わずに離婚してしまいました…。

created by Rinker
¥550 (2024/04/25 10:34:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

流星が引退したのは母親との関係が原因だった

【女神のカフェテラス】月島流星のかわいい魅力 | 役者としての過去・両親や祖母、隼との関係性

(女神のカフェテラス第8巻 瀬尾公治/講談社)

両親の離婚後は親権を得た母親(月島流凛)と2人暮らしとなり、これまで以上に頑張ってきたものの、それが母親との亀裂を生む原因となってしまいます。

幼少期だった流星を熱心に教育してきた母親も流星が中高生に成長した頃になると、これまでとは真逆に娘をも顧みない生活に変わっていたのです。
しかも、流星が新たな役(仕事)を獲得する度辛くあたってくる始末でした。

そんな母親(月島流凛)の悪態に耐えきれなくなった流星は家出して、失意のままFamilia(ファミリア)へと流れつきました。
そこで出会った幸子(隼の祖母)の優しさに感涙したまま、流星もFamilia(ファミリア)に住み始めたわけです。

 

スポンサーリンク

過去の栄光が現在の流星を苦しめる

皆で期間限定として開いた”海の家”でかつての仕事関係者(野村さん)と再会したことが原因で、隼たちに加えて来店中のお客たちにも「流星の過去と現状」を知られてしまうという最悪な事態が起きました。

この時の来店客たちも「流星の名前や演技」などは覚えられており、非難する声ばかりが流星の耳に響きわたります。

流星にとって天才子役だった頃の自分とは完全に決別したはずですが、彼女の名前を知る人達はそこまで分かってはくれません。
天才子役だった“過去の栄光”が、かえって現在の流星を苦しめてしまっていたのです。

 

月島流星の家族 | 祖母(姉川由美子)の代から役者の家系

【女神のカフェテラス】月島流星のかわいい魅力 | 役者としての過去・両親や祖母、隼との関係性

(女神のカフェテラス第8巻 瀬尾公治/講談社)

母親との亀裂や別れからの再会を経たことで、流星の家庭が祖母(姉川由美子)の代から役者の家系であることも判明しました。
しかし、そのような特別な家系や家柄だからこそ、流星だけでなく両親まで苦しむ状況に陥ってしまいます。

 

スポンサーリンク

流星の祖母(姉川由美子)は大女優として活躍していた

【女神のカフェテラス】月島流星のかわいい魅力 | 役者としての過去・両親や祖母、隼との関係性

(女神のカフェテラス第8巻 瀬尾公治/講談社)

流星の祖母・姉川由美子もまた、隼の祖父(大洋)が営んでいた喫茶ファミリアで、幸子たちと共に働いていました。
しかし姉川由美子においては、ファミリアで働く傍ら「昭和を代表する程の大女優としても活動しており、多くの出演をこなす形で大活躍していたのです。

流星と似た髪型な上に“瓜二つ”とまで言える容姿に加え、スーパー天才子役の座にまで上りつめた流星は、間違いなく「祖母(姉川由美子)の血や才能を強く受け継いだもの」と解釈できます。

 

スポンサーリンク

父親から離婚の真相や母親の病気を聞かされる

原作71話でFamilia(ファミリア)に来た父親から「自分たち夫婦の離婚の真相について聞かされます。
流星への教育方針が合わないことで両親の夫婦喧嘩が絶えない中、母親の方が優秀な弁護士を雇った上で裁判まで起こした末、娘である“流星の親権”まで奪い、夫を追い出していたのです。

離婚した当時は「父親から捨てられた」と思い込んでいた流星ですが、再会した父親から聞かされた真相に加え、思い出の“親子写真”まで見せられたことで「父親の愛」を確信しました。

しかし、良い話ばかりでなく決別していた母親(流凛)末期癌で入院中の上「あと3ヶ月の命」であることも聞かされます。

 

流星の父親は意外と打たれ強い?

一見は普通の中年男性でしかない流星の父親ですが、その見た目や体格からは信じられない程の“打たれ強さ”を見せていました。

かなり怪しい服装でお店を訪れたことにより、不審に感じた秋水のスクリューパイルドライバーをモロに喰らったにも関わらず、外傷や骨折もない上、数分間の気絶だけで済んでしまいます。
さらに意識が戻ってからすぐに流星や隼たちに対して”離婚の真相”や”母親の病気”について話し始めてましたからね…。

「漫画の世界だから…」や「尺やページ数の都合」と言ってしまえばそこまでですが…
それほど父親の抱く“娘(流星)を大切に思う気持ちが本物”であることを実感できた場面でもありましたね。

鶴河秋水の強さや魅力、隼と結ばれる可能性については「【女神のカフェテラス】鶴河秋水のかわいい魅力 | 強さと必殺技・姉や祖母、隼との関係性」の記事を参照ください。

 

【女神のカフェテラス】鶴河秋水のかわいい魅力 | 強さと必殺技・姉や祖母、隼との関係性
...

 

スポンサーリンク

再会時の演技で母親(月島流凛)とも和解した

【女神のカフェテラス】月島流星のかわいい魅力 | 役者としての過去・両親や祖母、隼との関係性

(女神のカフェテラス第8巻 瀬尾公治/講談社)

完全に気持ちが乗らない状態でも、結局は母親(流凛)のお見舞いに行きます。
しかし病室に入るなり、これまでの恨みを一気に晴らすかのようにベッド上の母親(流凛)への皮肉や暴言ばかり浴びせ続けます。

そんな中で父親から平手うちされる流星ですが…
それらは全て“演技”であり、元・役者の母親(流凛)からも「少しは成長したじゃない」お褒めの言葉を受けました。

実は母親(流凛)が役者を目指すキッカケと同時に”自分の才能のなさ”に絶望させられた相手こそが自分の義母(姉川由美子)だったのです。
そして自分の挫折や無念を晴らすため、幼少期の流星に対して「熱心すぎる訓練」を強いてきました。

この再会では素直に分かり合えないまま再び別れた母娘でしたが…
流星の成長に加えて「流星の決意の真相」が収録された映像を見せられたことにより治療を受けて、まだ生き続ける気持ちに変わりました。

流星もまた、鳳凰寺紅葉とは大きく違う形でありながらも「母親(流凛)との和解を果たしたのです。

鳳凰寺紅葉の魅力や人気の理由、隼や碧井風夏との関係性については「【女神のカフェテラス】鳳凰寺紅葉がかわいい・人気の理由| 隼や祖母、碧井風夏との関係性」の記事を参照ください。

 

【女神のカフェテラス】鳳凰寺紅葉がかわいい・人気の理由| 隼や祖母、碧井風夏との関係性
...

 

流星の恋愛 | 隼と結婚する可能性を考察

【女神のカフェテラス】月島流星のかわいい魅力 | 役者としての過去・両親や祖母、隼との関係性

(女神のカフェテラス第3巻 瀬尾公治/講談社)

原作38話から紅葉白菊と「隼争奪戦」を始めた流星ですが…
桜花や秋水に次いで、隼と結ばれる可能性が高いと思います。

ここでは、その理由について迫ります。

 

スポンサーリンク

流星と隼の娘のニヒルな笑顔が共通しているため

【女神のカフェテラス】月島流星のかわいい魅力 | 役者としての過去・両親や祖母、隼との関係性

(女神のカフェテラス第3巻 瀬尾公治/講談社)

原作27話の未来編で“未来の隼”“隼の娘”が登場した上「隼が将来は5人のうちの誰かと結ばれること」そして「結婚した妻との間に”一人娘”を授かったこと」だけが判明しました。

髪型や顔つきなどを始めとした容姿は完全に“幸子似”であるものの、1場面のみで見せた「ニヒルな笑顔」だけが流星が本編で見せてきた笑顔とかなり似ていた印象があります。

普通の笑顔においては桜花や秋水の方に近いものの”意外な結果や結末”が漫画作品にも高く求められる現代では、このように見落としがちな1場面の中にも思わぬヒントや伏線が隠されているケースも多いですからね。

 

スポンサーリンク

最大のネックは女優への復帰と更なる飛躍?

流星が隼と結婚することを仮定した場合、どうしても大きなネックが発生してしまいます。
それが流星による「役者への復帰飛躍です。

両親との関係で一度は引退したものの、母親との和解も経たことがキッカケで「再び役者の世界に進むこと」を原作84話での初詣の時に隼たちの前で宣言しました。
しかも、リハビリも兼ねて進級と同時に演劇部への入部までして練習に励む流星は本気です。

高いやる気と天才子役の時代に培ってきた高い演技力をもつ流星であれば将来的には自分の祖母(姉川由美子)と互角か、由美子以上の人気や演技力で注目される大女優になることも夢ではないでしょう。

しかし、実際に役者の世界へ復帰できた場合は、Familia(ファミリア)でのバイトも続けられなくなることが目に見えています。
さらに未来の隼も”教師”の職業に就いているため、喫茶店の経営をどのように続けているのかという点に疑問が残ります。

ましてや『五等分の花嫁』の中野一花と同じように世界進出までしたら、喫茶店どころか夫(隼)や娘とも一緒に暮らし続けること不可能となるはずです。
「役者」として自分の夢や母親への安心感か、それとも「店長か経営者」となってFamilia(ファミリア)を守り続けていくのか…
実際に隼と結ばれる場合には、流星がどちらの道を選ぶのかにも注目していきたいですね。

created by Rinker
¥550 (2024/04/24 12:53:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回は月島流星のかわいい魅力や過去を始め、両親との家族関係について解説しました。
日本を代表した大女優(姉側由美子)の血を受け継いでいる故に恵まれた才能や高い演技力においては、男性読者だけでなく女性からも羨むのではないでしょうか?

しかし、その才能がこれまでに起きた家庭崩壊に加えて、隼との恋愛や結婚に対する大きな壁になってしまっている点も否めません。

あくまでも本当に隼と結ばれることができる場合の仮定ではあるものの、流星には持ち前の芯の強さや真面目を活かした上で、本人にとって後悔のない選択をしてほしいものです。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【女神のカフェテラス】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?」の記事を参照ください。

 

【女神のカフェテラス】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
女神のカフェテラス
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント