【決定版】おすすめアニメ120選

【異世界おじさん】主人公(シバザキ)の本名・声優 | 強さや能力・結婚について

異世界おじさん

『異世界おじさん』は殆ど死んでいる先生によりWebComicアパンダで連載中の大人気漫画作品です。

テレビアニメ化も果たしており、2022年7月からアニメ1期が放送されました。

本記事では、主人公(シバザキ)の本名や強さ・能力を紹介。
さらに、異世界で出会ってきた魅力溢れる女性キャラクター達との関係性にも迫ります。

本作品の人物相関図は「異世界おじさんの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

異世界おじさんの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

おじさん(シバザキ)とは

【異世界おじさん】主人公(シバザキ)の本名・声優 | 強さや能力・結婚について

(異世界おじさん第4巻 殆ど死んでいる/MFCコミック)

おじさん(シバザキ)は本作品の主人公であり、昏睡状態となっていた17年間の中で異世界グランバハマルでの冒険や戦いを強いられてきました。

 

スポンサーリンク

おじさん(シバザキ)のプロフィール | 本名は嶋嵜陽介(シバザキ ヨウスケ)

誕生日 11月30日
年齢 34歳(本編開始時)

おじさん(シバザキ)の本名「嶋嵜陽介(しばざき ようすけ)」であることがコミック6巻のオマケページの中で正式に判明しました。

おじさんはまだ17歳だった頃の2000年1月の時期にトラックにはねられる交通事故に遭ったことで昏睡状態とされてしまいますが、2017年秋に目覚めました。
10代の頃から老け顔であった影響なのか、目覚めた時(34歳)になってからも容姿はあまり変わっていません。

目覚めて退院した後は甥(たかふみ)により引き取られて一緒に暮らす中で、たかふみや藤宮に対して自分が味わってきた「異世界での過酷な生活」を映像つきで話し始めます。

created by Rinker
¥634 (2024/02/29 09:23:55時点 Amazon調べ-詳細)
\無料登録は1分でサクッと終わります/

 

スポンサーリンク

おじさん(シバザキ)の性格 | オタクで内向的だけどポジティブな一面もある

おじさん(シバザキ)は、典型的なオタク内向的な性格です。
そのような性格が災いするかのように、異世界ライフでも異世界モノとしてのお約束を何度も潰すような生活を送っていました。

しかし、その一方でポジティブな一面も併せ持っており、辛い出来事と遭遇した後には、それを引きずらないように「記憶消去魔法」を自身にかけて忘れようと努めていました。

 

大好きなSEGAゲームがキッカケでYou Tuberとして収入を得る

おじさん(シバザキ)は、異世界に転送される前から大のゲーム好きで熱狂的なSEGAファンでした。
そのため、遊んできたゲーム機もサターンやメガドライブなどSEGAハードばかりであり、たかふみと一緒に住み始めてからもメルカリなどで大好きだったゲームソフトやハードを購入して遊び直すようになります。

しかし、ここで10代までの頃と大きな違いがあり、現実世界に帰還後は単に遊ぶだけでなく自らYou Tuberとしてゲーム実況も始めていきます。
こうして公開された動画の再生数やチャンネル登録者が増えていくことで収入を得られるようになったのです。

また、おじさん(シバザキ)の場合は人生や青春を全てSEGAゲームに捧げてきたため、ゲーム以外のことには無頓着のように見られがちですが『エヴァ』や『幽遊白書』など90年代に大ヒットしたアニメ作品のキャラクター達にも何気に詳しいです。
ただ、これにもSEGAのゲームハードが関連していたために得られた知識でした。

 

スポンサーリンク

おじさん(シバザキ)の声は声優「子安武人さん」が担当

おじさん(シバザキ)の声を担当している声優さんは「てぃーずファクトリー」で代表取締役を務めている子安武人さんです。
子安さんは「立体的な芝居」を目指しながら声優を志し、1988年に放送されたテレビアニメ『どんどんドメルとロン』でデビューを果たしました。

子安武人さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『マクロス7』ガムリン役
  2. 『機動戦士ガンダムSEED』フラガ役
  3. 『ジョジョの奇妙な冒険』ディオ役
  4. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』青葉シゲル役
アメリア
アメリア

ゲームアプリ『チェインクロニクル3』でのコラボ時には、石田彰さんがおじさん役を担当されていました。

\無料登録は1分でサクッと終わります/

 

おじさん(シバザキ)の異世界生活 | 功績と裏腹にオーク扱いされてきた

【異世界おじさん】主人公(シバザキ)の本名・声優 | 強さや能力・結婚について

(異世界おじさん第3巻 殆ど死んでいる/MFCコミック)

おじさん(シバザキ)が送ってきた17年間にもわたる異世界は、他のラノベやアニメ作品とは違い、あまりにも過酷すぎるものでした。

 

スポンサーリンク

異世界人たちからオーク扱いで捕縛され続けた

おじさん(シバザキ)は転送された途端にオークと間違えられて捕われましたが、初めて捕縛された時は「言葉の壁が原因」と思われていました。

しかし、神から与えられた翻訳魔法を使えるようになってエルフやアメリアを助けるなどの功績を残しても、新しい街や村を訪れる度に捕縛されることの繰り返しでした。
このような災難は言葉の壁や違いではなく、もっと別の何か…
即ち、おじさん(シバザキ)がもつ最大の弱点が原因だったと思います。
(弱点については、また後の項目で説明します)

 

スポンサーリンク

異世界での女性たちとは結婚することなく帰還した

言葉の壁を乗り越え、出会ったばかりの頃は気まずい雰囲気ばかり続いたエルフ(翡翠)やアメリア、メイベルとの関係性も深まり、共に戦うようになっていきました。

この女性キャラたちとは原作25話で訪れた旅館の中でもかなり良い雰囲気になり、最終的には「おじさん(シバザキ)がいずれかの女性キャラと結婚したのでは?と考察したファンたちも多かったかもしれません。

しかし、帰還後のおじさん(シバザキ)の様子やたかふみ達へ伝えてきた内容を見る限りでは、結局は「結婚や恋人同士という関係性にまでは発展しないまま、異世界生活を終えて帰還してきた」と考える方が妥当かもしれないですよね。

created by Rinker
¥634 (2024/02/29 00:17:08時点 Amazon調べ-詳細)
\無料登録は1分でサクッと終わります/

 

おじさん(シバザキ)の強さと能力・弱点

【異世界おじさん】主人公(シバザキ)の本名・声優 | 強さや能力・結婚について

(異世界おじさん第3巻 殆ど死んでいる/MFCコミック)

見た目や容姿に反して、異世界でのおじさん(シバザキ)は剣・魔法ともにエルフ(翡翠)たちをも凌ぐ程に絶大な強さを誇っていました。

 

スポンサーリンク

異世界では精霊魔法を使える唯一の人間だった

おじさん(シバザキ)の持つ中で最も特筆すべき能力が「精霊魔法」です。

この魔法は基本的には光や風など様々な精霊に話しかけ助力を得ることにより発動できるのですが、これらの魔法の原理が実は「異世界グランバハマルでも異質」とされていました。
さらに後の展開で、これらの魔法の正体が「転送や転移時に神から与えられた特殊スキルであったこと」も判明します。

おじさん(シバザキ)の場合、転送されたばかりの頃は異世界での言葉を全く理解できず、異世界人たちからオークと間違われて捕らえられそうになった時に言葉が通じるように願った瞬間、神から「翻訳スキル」を与えられたことで、異世界人だけでなく本来は話すことすら不可能とされる精霊たちとも話せるようになれました。

このような精霊魔法の能力は攻撃面でも絶大な威力を誇っており、原作16話では巨大で手強い魔毒竜をも攻撃魔法の1発だけで倒してしまっています。

created by Rinker
¥347 (2024/02/28 19:31:15時点 Amazon調べ-詳細)
\無料登録は1分でサクッと終わります/

 

スポンサーリンク

異世界で習得した魔法は現実世界でも役立っている

【異世界おじさん】主人公(シバザキ)の本名・声優 | 強さや能力・結婚について

(異世界おじさん第7巻 殆ど死んでいる/MFCコミック)

異世界で神から与えられて習得できた魔法は現実世界に帰還してからも使用することができますが、現実世界では戦闘でなく日常生活の中で役立てています。

特に「記憶を視覚化できる魔法」では、異世界のことを全く知らないたかふみや藤宮に対して、おじさん(シバザキ)自身が送ってきた異世界生活の状況をテレビ映像化することで、実際に見せていました。
さらに原作34話からは変身魔法で可愛いエルフの姿に化けることで、たかふみと映画館へと出かけています。

これら以外の色々な魔法も日常生活で役立てられていますが、この辺はおじさん(シバザキ)自身が培ってきた経験の賜物といえるでしょう。

ちなみに、おじさん(シバザキ)はこれらのチート級な魔法を神から授かった自覚もないまま冒険を続けてきた身であり、帰還後になってから気づきました。
そのため、たかふみ達との話し合いの結果、おじさん(シバザキ)の肩書きを「ワイルドトーカー(万能型)」と命名されたのです。

 

スポンサーリンク

魔法を使いすぎると負荷がかかってしまう

攻撃や補助系を問わず絶大な威力や能力を発揮する精霊魔法ですが、使い続けることによってかかる負荷の量も半端ではありません。

特に「記憶消去魔法」を使い過ぎた場合には鼻血を出して、倒れかけていました。

 

スポンサーリンク

最大の弱点は生まれ持った不気味な容姿

翻訳魔法を習得したおかげで異世界人たちとの言葉の壁は克服できたおじさん(シバザキ)ですが、それ以降の冒険でも何度もオークと間違えられて捕われてきました。

これには「おじさん(シバザキ)自身が生まれ持った“不気味な顔や容姿”によるものであり、異世界人たちから見れば人間でなく魔物と判断されてしまうためです。

そのため、剣技や魔法に長けている一方で、その不気味な容姿こそが「おじさん(シバザキ)のもつ最大の弱点と言えますよね。

 

おじさん(シバザキ)と女性キャラクターたちとの関係性

【異世界おじさん】主人公(シバザキ)の本名・声優 | 強さや能力・結婚について

(異世界おじさん第6巻 殆ど死んでいる/MFCコミック)

異世界では主に3人の女性キャラクターたちとの関係性を深めてきたおじさん(シバザキ)ですが、ここでそれぞれのキャラクター達と築き上げてきた関係性についても簡単に触れていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

エルフ(翡翠)からは”ツンデレ”を学ばされ好意も抱かれた

エルフ(翡翠)は異世界でおじさん(シバザキ)と最も親しい関係性を築き上げた女性であり、まだ“ツンデレ”という言葉を知らずにいた彼に対して、大いにツンデレ要素を見せました。

おじさんがドラゴンに殺されかけていたエルフ(翡翠)を助けたことにより好意まで抱かれた一方、おじさんの方が「煉獄の湯」でアリシアと混浴していた状況を見られた時には連続狙撃で攻撃されたこともありました。

エルフ(翡翠)から本名を明かさたものの、おじさんは彼女の瞳の色にちなんで「翡翠」と名付けた上「翠(スイ)」というあだ名までつけてしまいます。
名付けられたエルフ(翡翠)からは納得されない様子もありましたが…
これにはエルフ(翡翠)自身の本名があまりにも長い文字数だった影響もあります。

 

スポンサーリンク

メイベルの人生を大きく狂わせても好意を抱かれ続けた

エルフ(翡翠)の次に出会ったメイベルには天皇石の指輪を授けています。

しかし、メイベルとの出会いや関係性はある意味ではエルフ(翡翠)以上に特殊です。
おじさんと出会うまではエルフ(翡翠)とは対照的に引きこもり生活を続けていたメイベルの人生を大きく変えたのがおじさんでした。

さらに冒険者やリュシディオン王国軍の正規騎士から解雇されるなど、おじさんが無意識の中でメイベルの人生を狂わせていたにも関わらず、メイベルからも好意を抱かれていました。

 

スポンサーリンク

アリシアには勇者の称号を取得させた

アリシアはエルフ(翡翠)やメイベルと違って単独行動でなく、2人の男性冒険者(エドガーとライガ)とパーティーを組んで冒険していました。

しかし、まだ駆け出し冒険者だったアリシアたちでは荷が重い“ゴブリン討伐任務”をおじさんのおかげで果たせた上、おじさんのおかげで「勇者の称号」まで取得してしまいます。
ちなみにゴブリン戦の中で、おじさんの方からアリシア達に対して記憶を消去していましたが、それはあくまでも共闘の記憶だけでした。

この任務以降にも再会した上に混浴までしてしまうなど、エルフ(翡翠)やメイベルとはまた違う形で距離を縮めてましたが、おじさんの方はもちろん気づくことはなかったようです。

 

スポンサーリンク

藤宮にはたかふみと一緒に自身の異世界生活を教える

たかふみの幼馴染として登場した藤宮は現実世界の人間ですが、異世界での3大ヒロインに負けない位に出番が多い上に、現実世界での女性キャラとしてはおじさんと親しい関係性となります。

おじさん自身の見せる異質さ加減で出会ったばかりの頃は嫌悪され続けてきたものの、たかふみと一緒に自身の異世界生活を映像つきで教え始めてからは、藤宮ともYou Tubeの話題で話し合う仲となりました。

 

まとめ

今回は本作品の主人公・おじさん(シバザキ)の本名を始め、強さや能力、異世界での過酷な冒険について紹介しました。

さらに魅力的な女性キャラクター達との関係性にも迫りましたが、結局は異世界で出会った3大ヒロインからは好意を抱かれたにも関わらず、おじさんの方が気づかなかったり好意を素直に受け取らなかったりしたことは少しもったいない感もありますよね。

たかふみや藤宮に映像つきで教えている冒険譚はまだまだ終わる兆しを見せないものの、エルフ(翡翠)たちとの関係性は更に深まっていったはずです。

\無料登録は1分でサクッと終わります/
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
異世界おじさん
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント