【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【異世界おじさん】ツンデレエルフ(翡翠)の本名と強さ | かわいい魅力・主人公と結ばれなかった理由

異世界おじさん
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『異世界おじさん』は殆ど死んでいる先生によりWebComicアパンダで連載中の大人気漫画作品です。

テレビアニメ化も果たしており、2022年7月からアニメ1期が放送されました。

本記事では、エルフ(翡翠)の本名や強さを紹介。
さらに、読者たちから圧倒的に支持される魅力や、おじさんと結ばれないまま別れてしまった理由について迫ります。

本作品の人物相関図は「異世界おじさんの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

異世界おじさんの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

スポンサーリンク

エルフ(翡翠)とは

【異世界おじさん】ツンデレエルフ(翡翠)の本名と強さ | かわいい魅力・主人公と結ばれなかった理由

(異世界おじさん第6巻 殆ど死んでいる/MFCコミック)

エルフ(翡翠)は、異世界グランハバマルで生まれた女性冒険者です。
世界各地に散らばる古代魔導具を回収するために旅を続ける中でおじさん(シバザキ)と出会いました。

正式な年齢や誕生日までは不明ですが、エルフという種族である以上、その見た目の若さに反して何百年以上も生き続けている可能性も高いです。

 

エルフ(翡翠)の本名が原因でおじさんからあだ名をつけられた

エルフ(翡翠)もおじさん達と同じく長い期間にわたって本名を明かさず、おじさんや他の異世界人たちには自分のことを「エルフ」と呼ばせてきました。
しかし原作コミック6巻のおまけページで、エルフ(翡翠)の本名「スザイルギラーゼガルネルブゼギルレアグランゼルガ=エルガ」であることが判明しました。

本編中でもおじさん(シバザキ)に対して自分の本名を明かしたものの、それでも本名ではなく、瞳の色にちなんでつけられた「翡翠」「スイ」というあだ名で呼ばれ続けていたのです。
さらに読者たちからは、エルフ(翡翠)自身の性格が原因で「ツンデレエルフ」とも呼ばれていました。

本人からしてみれば本名で呼んでもらえないもどかしさもあったのでしょうが…
よほど記憶力のいい人でないと、ここまで文字数の長い本名で呼ぶのは至難の業ですよね。

 

エルフ(翡翠)の声は声優「戸松遥さん」が担当

エルフ(翡翠)の声を担当している声優さんは「ミュージックレイン」に所属している戸松遥さんです。

戸松さんは2005年から2006年にかけて開催された「ミュージックレイン 声優オーディション」に合格されて声優活動を開始しました。
その後、2007年に放送されたテレビアニメ『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』スイーツ生徒で声優デビューを果たされました。

戸松遥さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『SAO(ソードアート・オンライン)』アスナ役
  2. 『Persona5 The Animation』奥村春(ノワール)役
  3. 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』安城鳴子役
  4. 『ハピネスチャージプリキュア!』氷川いおな(キュアフォーチュン)役
アメリア
アメリア

ゲームアプリ『チェインクロニクル3』でのコラボ時には、佐倉綾音さんがエルフ(翡翠)役を担当されていました。

 

スポンサーリンク

ツンデレエルフ(翡翠)の強さと能力

【異世界おじさん】ツンデレエルフ(翡翠)の本名と強さ | かわいい魅力・主人公と結ばれなかった理由

(異世界おじさん第7巻 殆ど死んでいる/MFCコミック)

おじさんには劣るものの、エルフ(翡翠)も剣技と魔法能力においては相当な強さを誇っていました。
しかも、エルフ(翡翠)の強さはおじさんとの冒険や共闘を重ねる度に、目を見張る程に上昇していったのです。

 

絶大な威力の必殺剣で強大な魔炎竜をも瞬殺した

おじさんが異世界グランハバマルに転送されたばかりの頃、エルフ(翡翠)はドラゴンに殺されかけていました。
この時はおじさんに助けてもらえたことで命拾いしますが、彼との冒険や共闘を重ねる度に劇的なレベルアップを果たしたことで、おじさんとも絶妙なチームプレイで活躍するようになりました。

エルフ(翡翠)の成長において最も特筆すべきなのが原作33話でおじさん達と共闘した魔炎竜戦であり、おじさん(シバザキ)やメイベルの魔法でドラゴンの動きを止めた隙に、エルフ(翡翠)が「超長星破断」の一撃で見事に倒しました。

確かにこの戦闘での勝利はおじさん達の強力なアシストあってのものでしたが、それでもストーリー開始時の敗北から考えると劇的な成長である上、エルフ(翡翠)が放った必殺剣の威力もあまりにも絶大だったのです。

ただ、本編ではメイベルやアリエルと違って魔法を使う場面はあまり見られず、剣技による戦闘シーンの方が多いため、エルフ(翡翠)は「魔法よりも剣技に特化したタイプ」と言えるかもしれません。

 

絶大な強さを誇る一方で抜けている一面もある

おじさんとの冒険で絶大な強さを得た一方で、少し抜けている一面もあります。

それはエルフ(翡翠)自身が目の前の敵を倒すことばかりに意識がいってしまうために「後先のことまで思考が回らないこと」です。

先に紹介した原作33話での激闘で巨大ドラゴンを瞬殺したものの、倒すことばかりに意識を集中させ過ぎてしまい全ての力を使いきったため、自分が宙に浮くための力まで尽きたために地上へ落下してしまいます。
この時はおじさんがすぐに受け止めてくれたため、落下や死亡は防げたものの…
もしも、この戦闘でおじさん達がいなく、完全にエルフ(翡翠)単独での戦いだったとしたら、勝負に勝てた直後に死亡していたはずですからね。

 

おじさん帰還後は異世界で最強となった可能性も高い

本作品の異世界で最強だったのは紛れもなく、おじさん(シバザキ)だったはずです。
しかし、その本人が現実世界に帰還する形で異世界から去っていなくなった以上、その次に強かったであろうエルフ(翡翠)こそが“異世界グランハバマル最強の戦士”となっていると思います。

おじさんによる異世界での冒険が続く中、巨大ドラゴン以降にも更に強力な敵や魔物(大袈裟な例え方をすれば大魔王クラス等)との遭遇や激闘もあったはずです。
しかし、そのような強敵すらも、おじさん達の手によって倒されたことは目に見えてます。
そのような強力な魔物たちの存在を滅ぼしたと過程した上で最強のおじさんが去った以上、その次に強いエルフ(翡翠)に「異世界最強の座」を引き継がれることが自然な流れとなりますからね。

 

スポンサーリンク

エルフ(翡翠)のかわいい魅力とは

【異世界おじさん】ツンデレエルフ(翡翠)の本名と強さ | かわいい魅力・主人公と結ばれなかった理由

出典:テレビアニメ「異世界おじさん」公式サイト

エルフ(翡翠)は公式で開催されたキャラクター人気投票で第1位の座に君臨した程に多くファン達から支持されているキャラクターです。

特に男性読者たちの中には、エルフ(翡翠)が本編で見せてきた「可愛さ」を筆頭に挙げる人も多いですが、ここでエルフ(翡翠)の魅力に迫りたいと思います。

 

【魅力①】異世界の中でも突出した美貌の持ち主

本作品の異世界グランハバマルでは、王族や貴族だけでなく、村人たちにおいても美形揃いである点も大きな特徴です。

そんな中でもエルフ(翡翠)は綺麗な金髪と翡翠色の瞳に加えて、あまりにも美しく整った顔立ちにより、美形揃いな異世界の中でも「突出した美貌の持ち主」であると言えますね。

 

【魅力②】典型的なツンデレ具合がかわいい

読者たちから「ツンデレエルフ」とまで呼ばれる程に典型的なツンデレである点もまた、エルフ(翡翠)の大きな魅力と言えます。
(現実世界で見たたかふみからは「ツンデレさん」と呼ばれています)

1話目で初登場したばかりの頃は、ドラゴンから助けてくれたおじさんに対して罵倒しながら「オーク呼ばわり」までする始末でしたが、それは好意の裏返しだったのです。
助けてもらってからは、おじさん(シバザキ)の冒険に勝手についていく上、冒険や戦闘を一緒に経ていく中で本格的にデレ始めていきましたからね。

ちなみに「ツンデレ」という言葉が世間で一般化したのが2004年の頃でしたが、それよりも前の時代(2000年)から昏睡状態となったおじさんの場合、この言葉をまだ知らない状態で異世界へと転送されました。
しかし、エルフ(翡翠)との出会いや一緒に過ごしてきたおかげで「ツンデレ」の言葉を覚えました。

そのため、エルフ(翡翠)こそがおじさんに対して「ツンデレ」という言葉や意味を確立させたキャラクターにもなったわけですね。

 

【魅力③】日常と戦闘中のギャップがかわいい

エルフ(翡翠)において、持ち前の美貌やツンデレ要素とはまた別に「日常と戦闘中に見せる大きなギャップも魅力の1つです。

冒険が進行していくことに比例するかのように、エルフ(翡翠)がおじさんに強く嫉妬する場面や頬を赤くしながら照れる様子も増えていきました。

それでも戦闘中では凛々しい表情に変わり、絶大な強さや剣技を見せながら敵を倒してくれる姿には、イケメンキャラにも負けないカッコ良さも感じられます。
さらに、原作32話でアリエル一行が魔炎竜に対する恐怖心を露わに出す中、エルフ(翡翠)だけは自分の凍神剣を見せながら「私なら勝てる」とカッコ良く宣言していました。

このような“かわいい(日常時)”“カッコいい(戦闘中)”による大きなギャップもまた、エルフ(翡翠)が多くの読者たちを惹きつける魅力につながっていると思います。

 

スポンサーリンク

エルフ(翡翠)がおじさん(シバザキ)と結ばれなかった理由

【異世界おじさん】ツンデレエルフ(翡翠)の本名と強さ | かわいい魅力・主人公と結ばれなかった理由

(異世界おじさん第6巻 殆ど死んでいる/MFCコミック)

異世界でも圧倒的な美貌や可愛さを誇る上、自分からさりげなくアプローチを続けるも空しく、エルフ(翡翠)はおじさんと結ばれずに終わったまま離れ離れになってしまったと思われます。

ここでは、エルフ(翡翠)がおじさんと結ばれずに終わった理由について簡単に考察してみたいと思います。

 

おじさん(シバザキ)の方に恋愛感情がなかった

エルフ(翡翠)がおじさんと結ばれなかった原因として、最も大きく挙げられるのがおじさん自身恋愛感情がなかったこと」です。

現実世界で過ごした少年期や10代の頃からゲームに人生を捧げておじさんには恋愛経験そのものが全くありませんでした。

このような性質は異世界に転送されてからも変わらなかったため、エルフ(翡翠)がどんなに頑張ってアピールしたところで、彼女自身の好意をおじさんに気づいてもらえなかったわけですね。

おじさん(シバザキ)の本名や強さ・能力に関する詳細は「【異世界おじさん】主人公(シバザキ)の本名・声優 | 強さや能力・結婚について
」の記事をご覧ください。

 

【異世界おじさん】主人公(シバザキ)の本名・声優 | 強さや能力・結婚について
...

 

勝手につき纏うことでストーカーと間違われた

先の理由にはおじさんの方に原因がありましたが、エルフ(翡翠)の方にもそれなりの過失がありました。

それは自分を助けてくれたおじさんの冒険に勝手につき纏い続けたことで、彼から本気でストーカー扱いされると同時に怖がられていたため」です。

“恋は盲目”とはよく言ったものの、エルフ(翡翠)が自分の好意ばかりを優先した結果、好きな異性(おじさん)の気持ちや心境までを考えられないまま暴走した点もまた、結ばれない原因を作ってしまったわけですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、エルフ(翡翠)の本名や強さについて紹介しました。
さらに読者たちから圧倒的に支持される魅力や、おじさんと結ばれないまま別れてしまった理由について考察してみました。

現実世界でおじさんと最も親しい人物がたかふみである一方、異世界でおじさんと最も長い期間や場面にわたって一緒に冒険してきたのがエルフ(翡翠)でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
異世界おじさん
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク