【決定版】おすすめアニメ120選

【シグルリ】沖田桜の能力や戦友との関係・死亡後にアニメ版で迎える結末も紹介

戦翼のシグルドリーヴァ

「戦翼のシグルドリーヴァ(通称は「シグルリ」)」は、2020年秋の新作アニメとして放送されていた人気テレビアニメ作品です。

本記事では前日譚(ラノベ版)の主人公・沖田桜の正体や能力に迫ります。
記事の後半では、アニメ版で迎えた”本当の結末”についても触れていきます。

 

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

沖田桜とは?

まずは沖田桜(以下は「桜」と表記します)の正体や迫ってみましょう。

沖田桜のプロフィール

まずは沖田桜の簡単なプロフィールから見ていきましょう。

愛称 (高校時代)枯れない桜
(戦少女となってから)日ノ本の桜
年齢 16歳
誕生日 147cm
誕生日 4月10日
家族 父親:沖田歳三
(母親は既に他界している)
ワルキューレ名 オルトリンデ

沖田桜は前日譚(ラノベ版)の主人公

沖田桜はアニメ版の前日譚となるラノベ作品「戦翼のシグルドリーヴァ Sakura」の主人公です。

ちなみに本作品にはラノベ版とアニメ版を含めて、計3作品で展開されています。
せっかくなので、まずは各作品の主人公と時系列も簡単に紹介します。

主人公
①ラノベ作品「Rusalka」(2020年) ルサルカ・エヴァレスカ
②ラノベ作品「Sakura」(2023年) 沖田桜
③TVアニメ版(2025年) クラウディア・ブラフォード

作品名にある年号は各作品内の時系列を記載しています。

こうして3作品並べてみると、桜は“二代目の主人公”ということになりますね。

“才色兼備”な大和撫子!

黒い髪黒い瞳が特徴的で、まさに“才色兼備”という言葉が似合う美少女です。

高校生の頃(八重桜高校)の時には、学業・スポーツ共に優秀で生徒たちからの人気も高い「文武両道な大和撫子でした。
そうした長所から、親友(染井吉乃)を始めとしたクラスメイトたちからは「枯れない桜」という愛称で呼ばれていました。

 

沖田桜が戦乙女(ワルキューレ)になった理由

ここでは、沖田桜が戦乙女(ワルキューレ) になる理由や過程について迫ります。

 

オーディンとの出会いをキッカケで”戦乙女”に志願する

桜自身がまだ高校生として生活してきた頃には、欧州などの世界では既にピラーとの戦争が開始および続いている状況でした。
そうした状況の中で高校生活を送る中で疑問を抱きますが、夢の中で現れた“大神オーディンと出会い”により、一大決心をします。

オーディン「ワルキューレ、戦乙女、戦う翼・・・お前たち人間がそう名付け、そうあれかしと望んだ反抗の嚆矢。お前にも、その“資質”がある」
桜「信じましょう、あなたの“言葉”を!」

オーディンから「戦乙女(ワルキューレ)としての“資質”を告げられた桜は自衛官の幹部である父親(沖田歳三)にも、そのことを話します。

桜「お父様、桜は“ワルキューレ”として、戦いに臨むつもりです!

かなり唐突な出会いからの決心でしたが、桜の決意は固く、高校を中退して選抜試験を受けるために、浜松基地へと向かいます。

沖田桜の強さ

ここからは沖田桜の持つ”操縦士としての強さ(能力)”や日常生活における”長所”に迫りたいと思います。

 

【沖田桜の強さ①】”規格外な軌道”をやってのける!

「第一次浜松攻防戦」の中、ゴーグルやヘルメットもつけないまま、桜色の「P-51」に搭乗して出撃してしまいますが・・・初の実戦とは思えぬ程の操縦を披露してしまいます。

桜「かかってきなさい、侵略者!あなたたちの蛮行を“日ノ本の桜”は、許しはしない!」

基本的に「絶対に不可能」と言われている“規格外な軌道”を描きながら、ピラーの小郡を追い詰めては倒していきます!

【沖田桜の強さ②】”刹那の瞬間”を見切る「判断力」

「第二次浜松攻防戦」で訓練生たちと共闘する中でも先の戦いで見せた”規格外な軌道”を駆使しつ戦います。

  1. 急降下と急上昇を間髪入れずに行い、シャコ型ピラーを自分に引きつけた。
  2. そのシャコ型ピラーからの攻撃から”ギリギリの間隔”で逃げ続けた直後に”刹那の瞬間”を見切り、即座に攻撃に転じた。

駒込アズズからのアドバイスを受けてから、これらの動作(操縦)を瞬時にこなせたことで、桜はこの戦いにも勝利できたのです。

こうした戦闘の展開を見る側(読む側)からすれば、あまり実感が湧かないかもしれませんが・・・実際に操縦している桜からすれば、このような無茶な操縦をしている間は「まるで世界が一転してしまったような光景」を見せられる状態となってしまいます。
(一般人の視点で例えると、まるで過激なジェットコースターに乗っている中で、身体も視界も激しく揺らされているような感覚でしょうか・・・)

この動作を行なっている時は視界だけでなく、搭乗者にかかってくる重力も相当なキツさになるはずであり、並みのパイロットではまず不可能であると言えるでしょう。
こんな“無茶な操縦”“瞬時の判断”を同時に行えたのも桜が特別な操縦士(ワルキューレ)だからこそ出来たのです。

【沖田桜の強さ③】起床時刻をコントロールできる

これは操縦や戦闘とは大きく離れてしまいますが、桜の強さを語る上で起床時刻コントロールできる点”も外せません。
本作品の敵として現れるピラーは、国民たちに前もって予告してくれることもなく、いきなり襲来してくる存在ですからね・・・。

そんな敵を相手に戦う以上、軍人や戦乙女(ワルキューレ)には朝も夜も関係なく、ギャラルホルンが鳴り響くと同時に出撃しなくてはなりません。
その点、桜においてはこの長所を活かすことによって、機体さえ問題なければ即座に出撃が可能です。

沖田桜の戦績

ワルキューレとしての期間は決して長くなかったものの、前日譚(ラノベ)の中だけでも沖田桜は、”模擬戦”も含めて計5回もの戦闘に参戦しました。
そこで、まずは桜が参戦して健闘した戦闘の数々を簡単に振り返ってみましょう。

①第一次浜松攻防戦 ・あまりにも唐突な展開の中で、園香と共に”初の実戦”となった戦い。
・園香や姉御(弥生)との見事な連携プレイで大勝利を飾った。
②地獄の百里戦線 ・①の後に転属した百里基地で繰り広げた熾烈な戦い。
・桜も出撃するものの、日頃の疲れが災いして、ピラーに背後を取られてしまう失態もあった。
・桜が奮闘しても、全体的な戦況は”最悪の一歩手前”にまで追い込まれてしまう。
③渡来園香との模擬戦 ・浜松基地での教官生活から1週間後、自機を届けに来てくれた園香と”模擬戦”という形で戦うことになる。
・園香との凄まじいドッグファイトを披露したことで、観戦していた訓練生たちからも尊敬されることになる。
④第二次浜松攻防戦 ・訓練生たちの”叔翼式”を目前に控えた中、浜名湖に出現したセカンダリーピラーとの戦闘。
・訓練生たちとの共闘により、ピラーを退けることに成功した。
⑤不可視のピラー戦 ・オーディンから「オルトリンデ」の名を授かってから出撃した戦い。
・前日譚(ラノベ版)の中では桜にとって”最後の戦い”となった。
・勝敗の結果は”相討ち”となり、桜はこの戦いで”戦死”した。

①はラノベ版「Sakura」上巻に、②以降は下巻の方に掲載されています。

created by Rinker
KADOKAWA
¥814 (2021/11/26 23:16:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
KADOKAWA
¥814 (2021/11/27 05:10:09時点 Amazon調べ-詳細)

さらに教官生活に入ってからも、授業や演習に”遅刻”してしまうこともありませんからね・・・。

“日本初”のワルキューレになった沖田桜とその戦友

ここからは、沖田桜が”候補生”となってから出会うことになる戦友や、彼女たちとの関係に迫ります。

襲いかかってきた小郡のピラー達を、沖田桜とその戦友との連携プレイによって殲滅します。
その勝利や健闘を認められ、彼女たちと共に「”日本初”の戦乙女(ワルキューレ)」となります。

そんな桜と深い関係になる戦友は、以下の3人です。

  • 渡来園香
  • 天塚弥生(姉御)
  • 神宮寺晃

①渡来園香との関係

3人の中で最初に出会うのが渡来園香でした。
渡来園香とは、同じ候補生として一緒に励んだり同じ戦場の中で”初めての実戦”を体験したりと、肩を並べるような関係です。

「地獄の百里戦線」の中では、桜に自身の疲労を即座に見抜かれてしまうことも。

だからこそ、桜が戦死したとき、彼女は1番悲しんだのです。

桜自身が戦死した時点で、園香とも”お別れ”となったわけですが・・・2人の関係はアニメ版になってからも続いていきます。

 

渡来園香の詳細は以下の記事をご覧ください。

【シグルリ】渡来園香の強さや過去・結末を解説【最終話以降の展開も考察】
...

②天塚弥生(姉御)との関係

アニメ版でも登場し、後輩たちから「姉御」の愛称で親しまれている不良自衛官です。

姉御は、桜にとっては”先輩”にあたるので、始めはよそよそしく接していました。
しかし、教官生活を終えてからは”下の名前”で呼ぶようになるくらい、深い関係になりました。

「不可視のピラー」で重傷を負った姉御がネームドから外された後に、桜が「アルトリンデ」の名を授かるなど、切っても切れない関係となっています。

 

天塚弥生(姉御)の詳細は以下の記事をご覧ください。

【シグルリ】姉御・天塚弥生の過去や能力を解説【死亡後に残した物も】
...

③神宮寺晃との関係

姉御(弥生)“右腕的な存在”の戦乙女(ワルキューレ)です。
「あーし」の一人称と台詞の語尾につく「ッス」も大きな特徴です。
桜にとっては、3人の中で最後に出会うキャラクターとなりました。

桜が教官生活に入ってからも、電話のやり取りで相談に乗ってくれるなど、先輩後輩のような関係性でした。

沖田桜の教官生活とは?

ここからは浜松基地で「教官」を務めることになった沖田桜の教官生活と、その中での”出会い”や”生活”に触れていきたいと思います。

“鬼教官”になれず、苦悩の日々

訓練生たちにより、桜の教官生活は初日から波乱続きでした!

そうした影響もあり、翌日からは決意を新たに決めて「鬼教官」として”訓練生たちから嫌われる存在”になろうと抱きながら臨みますが・・・桜教官は嫌われるどころか、逆に訓練生たちから気軽に話しかけられる“好かれる教官”となってしまいます。

しかし悩みも多いものの、単に自分が教えるだけでなく、個性豊かな訓練生たちから「自分の方も学ばされること」も多く、それに対する“充実感”もありました。

沖田教官が担当した訓練生たちを紹介

浜松基地にある養成学校で「教官」を務める桜が担当する20名もの訓練生たちは揃って若い少女ばかりです。
その中でも桜と大きく関わることになる、7名を簡単に紹介していきます。

①六車宮古 ・黒髪ショートに大きめな赤いリボンが特徴。
・アズズと縁による揉め事を止めたりしてくれたりと、アニメ版と同じく、訓練生の中でも”ムードメーカー的な存在”となる。
②駒込アズズ ・銀髪ゆるふわヘアが特徴。
・アニメ版でも放っていた”毒舌”が原因で縁との対立を始めとして、訓練生の中でも”トラブルメーカー的な存在”となってしまう。
・しかし、アニメ版でも駆使していた”明晰な頭脳”は訓練生の頃から健在であり、それが後に桜を助けてくれることとなる。
③蛍川縁 ・黒髪セミロングと右頭部に留めている”緑の髪飾り”が特徴の少女。
・日本国首相の”孫娘”であり、正義感が強い性格においては桜と共通する点もある。
・ことある毎にアズズとの言い争いを起こしてしまう。
④一橋渚 ・紫色のショートヘアが特徴。
・⑤の遊馬とは”双子の姉”となる。
・”縁の護衛”として、彼女と一緒に訓練生として入ってくる。
⑤一橋遊馬 ・姉(渚)と同じ紫色のショートヘアが特徴。
・④の渚とは”双子の妹”となる。
・姉と同じく”縁の護衛”として入ってきた。
⑥夏秋三三 ・水色のセミロングが特徴。
・宮古にも負けない程の運動神経を持つ。
⑦門脇華 ・レッド系カラーのロングヘアが特徴。
・”元アイドル”という少し変わった経歴を持つ。

これだけ見ても、かなり個性派揃いですね。
しかし、アニメ版のメインキャラとして登場した宮古とアズズも“桜の教え子”であったことを初めて知った時には、かなり驚いたものです!

ピラー戦での共闘で訓練生たちと”絆”が深まる!

そうした波乱万丈続きな教官生活の”締め”と言わんばかりに、自分の訓練生たちが”叔翼式”を目前に控えた中、浜名湖「ヤドリギ」と呼ばれるセカンダリーピラーが現れます!

そんな非常事態に対して、桜は訓練生たちには避難するように命じ、桜色の「P-51」に搭乗して単身で出撃します。
しかし、このピラーの強さは桜1人で手に負える相手ではありませんでした。

そんな危機を迎えた中で、避難中であるとばかり思われていた訓練生たちも戦闘機に乗って加勢に来たのです!
そんな訓練生たちに対して、始めは驚きと怒りで一杯の桜でしたが・・・アズズからの機転を活かした名案により、何とか勝利してピラーを退けることに成功します。

訓練生たちを送り出してから欧州へ

浜名湖でのピラー戦も乗り越えた後には、訓練生たちの”叔翼式”が開かれます。

桜「おめでとうございます。皆さんを、私は誇りに思います」

これまでの訓練や戦闘により、教え子たちとお互いに下の名前で呼び合う”ようになります。
桜にとっても、それこそ“絆”が深まった瞬間でした。

しかし、波乱に満ちた浜松基地での教官生活が終わったのも束の間・・・次は更なる戦乙女(ワルキューレ)の育成のため、欧州へ移ることになります。

「不可視のピラー戦」で戦死した

ここでは沖田桜の”戦死”について紹介します。

浜松基地での教官生活を終えた後は、欧州で教官を務めることになります。
そんな最中で百里基地の方に出撃した「不可視のピラー戦」“晃の戦死”と”姉御(弥生)の重傷をオーディンから聞かされます。

その時にオーディンから“ヘルムヴィーゲ”(姉御)の代わりとして「オルトリンデ」の名を授かります。
(こうして名を授けられたワルキューレを「ネームド」と呼ばれています)

「オルトリンデ」の名として出撃しますが・・・桜もまた、この「不可視のピラー」との戦闘では“相討ち”の結果で終わると同時に“戦死”してしまいました。

桜「かかってきなさい、侵略者!あなたたちの蛮行を“日ノ本の桜”は、許しはしない!」

自分の初出撃した時と同じ決め台詞を発しますが、これが桜の人生で“最後の台詞”となりました。

アニメ版の主人公クラウディアが舘山基地に派遣されたのも、この“桜の死”がキッカケとなります。
そうして見ると、作品の切り替わりと同時に桜からクラウディアにかけて”主役の座”をバトンタッチされたことにもなりますね。

 

アニメ版では予想外な形で再登場した!

ラノベ版「Sakura」の物語は“桜の戦死”という、あまりにも悲劇的な結末により幕を閉じました。
しかし桜の出番はまだ完全に終わったわけでなく、本作から2年後の時系列となるアニメ版になってから、かなり意外な形で登場しました!

話数的には、第5話~第7話あたりです。
各話の詳細は、こちらの記事をご覧ください。

429 Too Many Requests
【アニメ】シグルリの6話ネタバレ感想 | 語られる園香と弥生の過去、そして大反抗作戦開始!
アニメ「シグルリ」の6話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「シグルリ」の6話を振り返ってみましょう。あらすじ・Twitterの評判・口コミ・実際に見た感想を述べています。
【アニメ】シグルリの7話ネタバレ感想 | 大反抗作戦の行方は?!そして避けられぬ別れ
アニメ「シグルリ」の7話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「シグルリ」の7話を振り返ってみましょう。あらすじ・Twitterの評判・口コミ・実際に見た感想を述べています。

沖田桜がアニメ版で迎えた本当の結末とは?

最後は沖田桜がアニメ版で迎えた“本当の結末”について迫りたいと思います。

かつて戦死した桜や晃が、黒い英霊機「スヴァルトワルキューレ」として復活した具体的な理由や根拠までは語られずに終わりましたが、それでも彼女たちにとっては”いい迷惑”でしかありません。

戦死した者の立場からすれば、余計なことせずに「安らかに永眠させてほしい」と思うのが普通ですからね・・・。

そうした願いを叶えたのが、大好きな”お姉ちゃん”との死別やメッセージで大きく成長した園香でした!

第12話(最終話)の中で、クラウディア達がオーディンや「ピラーの中枢」で戦う中、園香だけ少し離れた場所で“桜との再戦”に臨みます。
いくら園香自身が大きく成長したとはいえ、歴戦の勇士である桜が相手では、マトモにぶつかり合っていても勝ち目はありません。

それでも桜の方は園香への攻撃を容赦なく続けます。
しかし園香が見出した”常人では思い浮かばないような戦法”の前に、自機の両翼を落とされたことで地へと落ちていきました・・・。

園香「桜さん・・・今まで“日本の空”を守ってくれて、ありがとうございました

園香から”感謝の言葉”を告げられながら落ちたものの・・・桜自身も、ピラーやオーディンの手で転がされて不本意に戦わされることなど望まなかったはずです。
最後まで台詞を発することはなかったものの・・・桜自身もかつての大切な戦友によって自身の暴走を止めてもらえたことは、むしろ“本望”だったのではないでしょうか。

 

第12話(最終話)の詳細は以下の記事をご覧ください。

sigururi-12

まとめ

今回は戦乙女(ワルキューレ)の1人である、沖田桜のキャラクター性や能力、大切な戦友たちとの関係を紹介しました。
記事の後半では「教官生活」や「戦死の形」、さらにはアニメ版での登場の仕方や本当の結末にも迫ってみました。

  1. 元々は前日譚(ラノベ版)の主人公として登場したキャラクターである。
  2. 黒髪と黒い瞳が特徴的な”大和撫子”である。
  3. 夢の中に現れた大神オーディンから「戦乙女(ワルキューレ)としての”資質”」を告げられたことで志願する。
  4. “候補生”として選抜試験に臨む。
  5. 自機は桜色の「P-51」である。
  6. 常識では”絶対に不可能”と言われている「規格外な軌道」をやってのけてしまう。
  7. 操縦技術だけでなく、”刹那の瞬間”を見切る判断力も備えている。
  8. 園香・姉御(弥生)・晃と共に「”日本初”の戦乙女(ワルキューレ)」となり、彼女たちとの出会いや人間関係で大きく成長していく。
  9. 桜の教え子の中には、後のアニメ版でメインキャラとなる六車宮古と駒込アズズもいた。
  10. 「不可視のピラー」との戦いで重傷を負い、ネームドから外された姉御(弥生)の代わりとして、オーディンから「オルトリンデ」の名を授かる。
  11. 先に戦死した晃の後を追うかのように、桜自身も「不可視のピラー」との戦いで相討ちして”戦死”した。
  12. アニメ版では既に戦死した身であるが、OP映像を始め、”写真”などの形で本編の中でも登場した。
  13. 更にアニメ版では、戦いの中でも黒い英霊機「スヴァルトワルキューレ」として登場し、完全に敵対してくる形で襲いかかってきた。
  14. そんな彼女の暴走を止めてくれたのが、かつての戦友・園香だった。

クラウディアを主人公に描かれたTVアニメ版も大好評のうちに終了した今だからこそ・・・前日譚(ラノベ版)の方も是非ともアニメ化して、桜やルサルカが画面じゅうを飛び回る勇姿も是非とも観たいものですね!

 

本作品のアニメ動画や見逃し配信の詳細は以下の記事をご覧ください。

戦翼のシグルドリーヴァ | 全話ネタバレ感想まとめ
戦翼のシグルドリーヴァの全話ネタバレ・感想・あらすじ・キャスト(声優)・スタッフ・OPED・作品の口コミ評判を掲載。シグルリの各話ネタバレ感想・あらすじを詳しく知りたい時は是非参考にしてください。

鬼滅の刃 漫画 全巻無料

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
戦翼のシグルドリーヴァ
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました