【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ひげひろ】荻原沙優の過去や家出した理由|かわいいところや友達や家族関係を解説

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ひげひろ」は、2021年春の新作アニメとして4月から放送中の人気テレビアニメ作品です。

本記事では、本作品のヒロインとして登場した荻原沙優のキャラクター性や能力を紹介。
記事の後半では”過去”や”家族関係”も含めて「家出した理由」にも迫りたいと思います。

 

 

本作品の登場人物に関しては「ひげひろの人物相関図」の記事をご覧ください。

【ひげひろ】人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

ひげひろをもう一度観たい方は動画配信サービスで全話一気見するのがおすすめ。ひげひろを無料視聴する方法は以下から確認できます(見逃し配信)↓
ひげひろを無料視聴する手順
  • U-NEXTの31日週間無料体験に登録
  • ひげひろの動画を無料視聴
  • 他アニメも無料で見放題
  • 登録時のポイントで新作映画も見れる

\ 登録後すぐに動画視聴が可能 /

ひげひろを無料視聴する

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!!
U-NEXTならひげひろのアニメが見放題!さらにポイントを使って漫画も無料で読めます
 
ひげひろをもう一度観たい方は動画配信サービスで全話一気見するのがおすすめ。ひげひろを無料視聴する方法は以下から確認できます(見逃し配信)↓ 
ひげひろを無料視聴する手順
  • U-NEXTの31日週間無料体験に登録
  • ひげひろの動画を無料視聴
  • 他アニメも無料で見放題
  • 登録時のポイントで新作映画も見れる
 

\ 登録後すぐに動画視聴が可能 /

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません U-NEXTならひげひろのアニメが見放題!さらにポイントを使って漫画も無料で読めます
 

 

スポンサーリンク

荻原沙優とは?

【ひげひろ】荻原沙優の過去・友達や家族関係・家出した理由も紹介

出典:テレビアニメ「ひげひろ」公式サイト

まずは、荻原沙優(以下は「沙優」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

荻原沙優のプロフィール

まずは荻原沙優の簡単なプロフィールから見ていきましょう。

年齢 17歳(高校2年生)
吉田との関係性 東京で泊めてもらえている男性
吉田への呼び方 「吉田さん」
結城あさみとの関係性 同じバイト先で出会った友人
結城あさみへの呼び方 「あさみ」

北海道から逃げてきた”家出少女”

第1話での沙優と吉田との出会いは、本当に“偶発的なもの”でした。
これまでの「辛い過去」を背負いながら、色々な地域を転々と移動してきた沙優ですが、吉田に見せた“生徒手帳”により「北海道(旭川)の女子高生」であることが判明します。

それにより、沙優が「北海道から逃げてきた“家出少女”であることも判明するわけですが…その理由までは明かされず、本人からも話し出せずにいます。

吉田との出会いで大きく変わり始める!

これまでは色々な男性に自分の身体を捧げる形で「ひとまずの宿」にありつきながら生きてきた沙優でしたが、吉田は過去に泊めてくれた男性たちとは大きく違っていました。

吉田「お金がない!住む場所もない!じゃあ男を誘惑しよう…とかいう馬鹿極まりない、お前の思考を叩き直してやる!

そう告げられた上、生きていくために「働け!」と強く命じられます。
そこまで言われた沙優は、吉田から「働くこと」を条件として、この部屋に住まわせてもらえることになります。
その条件に従うかのように、まずは「家事や炊事」を頑張ります。

吉田の詳細と沙優との結末は、以下の記事をご覧ください。

 

【ひげひろ】吉田は沙優とどうなる?結末や元カノ(神田蒼)との関係性・声優情報も紹介
...

さらに、吉田との生活がある程度慣れてからは、自身から志願して近くのコンビニ「Com Fort」でのアルバイトを始めます。

そのバイト先で先輩スタッフとして働いている結城あさみ“東京での初めての友達”になりますが、この2人との生活や友情関係がキッカケで、大きく成長していくこととなります!

結城あさみの詳細は、以下の記事を参照ください。

【ひげひろ】結城あさみがギャルになった理由|家族関係や沙優との関係性をネタバレ解説
...

過去に大きなトラウマを持っている

吉田たちの前では明るく振る舞いながら生活していますが、1人きりになると「辛い過去」が蘇ることも、しばしばあります。

第4話の後半でも、吉田の部屋で1人きりで夕食を摂っている最中、突然フラッシュバックするかのように「辛い過去」が脳裏に甦ってきます。
その中で「沙優ちゃん」と自分を呼ぶ声が響いた途端、耐えきれなくなって嘔吐までしてしまいます。

沙優自身が味合わされてきた「辛い過去」こそが「家出した理由」につながるわけですが…吉田との楽しい生活が定着した現在でも、未だ「強いトラウマ」として残っているのです。
(沙優の”過去”や”家出した理由”については、後の項目で具体的に紹介します)

 

スポンサーリンク

荻原沙優の魅力やかわいさ

【ひげひろ】荻原沙優の過去・友達や家族関係・家出した理由も紹介

出典:テレビアニメ「ひげひろ」公式サイト

ここからは、沙優のかわいいところや魅力について紹介していきます。

男性に対する”誘惑の仕方”がかわいい!

見知らぬ男性に泊めてもらう生活を繰り返してきたため「男性を”誘惑する術”」もしっかりと身についてしまいました。

ちなみに吉田の場合、沙優と出会う直前に想い人(後藤さん)に振られたばかりで悪酔いしていた状態でした。
そんなうろ覚えな状態で沙優は泊めてもらうわけですが、吉田の寝言から「後藤さん」の名前ばかりを聞かされたのです。

それだけで吉田が好きな女性からフラれてしまったことを察知した沙優が自分の身体を使って慰めてあげようとします。

沙優「私が慰めてあげよっか!」

着ている制服のYシャツのボタンを外し、胸元が見えるような状態で誘惑してきます。
それでも吉田からは速攻で拒否されたものの…これまでに泊めてくれていた他の男性たちには、こうした仕草による“誘惑”だけで完全にしてしまっていたのでしょうね。

 

料理や家事が上手いところも魅力的

沙優の魅力を語る上で絶対に外せないのが、やはり料理や家事の腕前」でしょう。
特に“料理”の腕「超一流」と言っても過言でなく、吉田やあさみをも唸らせる程です!

そのレパートリーの量も半端ありません。
その中で沙優が作った「味噌汁と目玉焼き」は、特に吉田を感動させるほど美味しかったようです。

ちなみに、半年間にもわたり家出生活を続けている沙優がどうやって、ここまでに料理や家事の腕を磨いてきたのか疑問を抱いた人も多いかと思います。

彼女の場合、まだ実家で母親と暮らしていた時期には、料理をすることもなかったようです。
そうなると、家出生活を始めてから自分を泊めてくれた男性たちの部屋で続けた結果、その実力が磨かれてきたと考える方が妥当でしょう。

“偽名”で乗り切る要領の良さ

第1話で出会うと同時に自分を泊めてくれた吉田に対しては、そのまま自分の本名を名乗っていた沙優ですが、過去では“偽名”を使っていたこともありました。

第6話で”望まぬ再会”を果たしてしまった矢口恭弥も、その1人であり、過去に彼に泊めてもらった時には「みゆき」という偽名を使っていたそうです。
そのため、バイト先で再会したばかりの時には、ひたすら「みゆきちゃん」と呼ばれながら迫られてしまいます。

本編の中で沙優を泊めてくれた男性は複数人にわたっているものの、中には矢口の時と同じように“偽名”を使って乗り切ったことも何度かあったと思われます。

半端じゃない「精神力」

半年間にもわたり家出生活を続けられる程の「精神力」も、沙優の魅力と言えるでしょう。

いくら地元の家庭や高校による”辛い現実”から逃げるためとはいえ、まだ10代の女子高生がそんな長い期間にもわたって「宿なし」な生活など、なかなか続けられるものではありません。
(宿だけのために自分の身体まで捧げているならば、尚更です)

並の女子高生であれば、沙優のような境遇に置かれてしまおうものなら、1ヶ月も保たずに自殺などに踏み切ってしまうのが妥当と言えます。
そこまで強い”精神力”に対しては、三島からも内心では認められています。

スポンサーリンク

荻原沙優の過去

【ひげひろ】荻原沙優の過去・友達や家族関係・家出した理由も紹介

出典:テレビアニメ「ひげひろ」公式サイト

ここからは、荻原沙優の過去について迫ります。

沙優は”愛されない子供”だった

生まれた直後に父親から去られた沙優は、母親から女手一つで育てられることになります。

しかし、母親からの愛情は完全に兄ばかりに向けられ、沙優に対しては父親から去られたことによる「苛立ち」「辛さ」ばかりを向けてしまいます。

吉田に対して、沙優の生い立ちについて話す兄の口からも「沙優は“愛されない子供”だった」と伝えられます。

育てる母親の精神が不安定になり始めていた中で、しっかりと子育てすることにも無理があったのでしょう。
それでも”暴力”などを始めとした虐待までされなかったことは、まだ幼い沙優にとっても不幸中の幸いだったかもしれませんね。

地元の高校でも”孤立”していた

母親から愛されないまま育ってきた沙優ですが、早くも「高校生」にまで成長します。
まだ家出することなど考えつかなかった沙優は、地元の高校に入学します。

しかし入学したばかりの頃から、沙優にとって学校や多くのクラスメイト達がいる教室に対しては“息苦しさ”しかありませんでした。
家でも高校でも楽しいことがなく、人との触れ合いもなくしたことで、沙優からは次第に“笑顔”すら消えてしまいます。

1年生の頃は友達もなく、かといって嫌われているわけでない…いわゆる「空気」のような扱いでした。
話せる友達もいない沙優は、休み時間などでは主に1人で本を読んで過ごすことが多かったのです。

しかし、仮に沙優自身の方から楽しそうに話しているグループに入っていったとしても、その時にできた友達と放課後も一緒に遊ぶこともできない理由もありました。

沙優には、母親から決められていた非常に厳しい門限が設けられていたのです。
(母親からは「学校が終わったら、すぐに帰ってくるように」と厳しく言いつけられていました)

そうした母娘による事情もあり、沙優にとっても友達関係で面倒なトラブルに巻き込まれたりするよりは、今の孤立したポジション”の方が楽で良かったのです。

2年生で沙優は平穏な”孤立ポジション”を奪われる

教室の中で自ら望んで孤立するようになった沙優ですが、2年生に進級してから、そうした”平穏な孤立”も壊され始めます。

その原因となるのが“2人のクラスメイト”になりますが、まずはその2人のことも簡単に知っておきましょう。

斎藤くん ・バスケ部のエースとして活躍する男子生徒。
・女子生徒たちからの人気も高い。
悠月ちゃん ・同じクラス内の中心人物でスクールカーストの上位にも君臨している。
(彼女を中心としたグループまで結成されている)
・ルックスが良く、スポーツ万能なために男子生徒たちからの人気も高い。
・多くの男子生徒たちから告白されてきた。

斎藤くんも悠月ちゃんも“クラスの中心”であり、一見は沙優のような孤立した生徒には無縁な存在のはずでした。
しかし沙優が斎藤くんから“告白”された時から、これまで平穏に回っていたはずの歯車が、少しずつ狂い始めていきます。

完全に”無視される存在”となってしまう

2年生に進級した春に、人気男子の斎藤くんから「告白」されますが、恋愛に対して”面倒事”としか考えられない沙優は丁重にお断りします。

しかし、その対応が理由で数日後に悠月ちゃんと仲のいい友人2人から、人気のない踊り場に呼び出されてしまいます。

そんな悠月ちゃんからの用件とは、やはり「斎藤くんからの“告白”を断ったこと」によるものでした。
友人たちからきつく詰め寄られる中でも、沙優は「キッパリ断ったこと」を話しますが…それがかえって悠月ちゃんの感に触ったらしいのです。

悠月ちゃん「あんたが斎藤からの告白を断るなんて“おこがましい”って言ってんの!」

そうして悠月ちゃん達は自分たちの言いたいことだけ言って去りますが…こういうタイプの女子生徒とは、もしも沙優が斎藤くんからの告白を受けて付き合い始めた場合でも、何かしら因縁をつけたがるものです。

斎藤くんからの告白を受けても断ってもダメ…それでは沙優の立場から考えても、どうすれば良いのかなど分かりませんよね…。

沙優は悠月ちゃんから言われた台詞の意味を理解できるまで数日間を要しましたが、彼女が理解でき始めた時には完全に孤立してしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
ひげを剃る。そして女子高生を拾う。
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク