【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【四月は君の嘘】宮園かをりの性格や名言・伴壮した曲 | 手紙や病気について考察

四月は君の嘘
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『四月は君の嘘』は、母の死をきっかけにピアノを弾けなくなってしまった有馬公生と、その公生をピアノの世界に引っ張り出そうとするヴァイオリニスト宮園かをり、この2人が主人公です。

宮園かをりは有馬公生に1つ、嘘をつきます。

その嘘がなんとも悲しく切ない、人気漫画です。

宮園かをりははぜ公生に嘘をついたのか、またかをりはどんな人なのか詳しく紹介します。

 

本文中で、出てくる有馬公生については『有馬 公生の性格や名言、弾いた曲 | 人間関係についても考察』で詳しく述べていますので、ぜひこちらを読む前に一読ください。

 

【四月は君の嘘】有馬 公生の性格や名言・弾いた曲 | 人間関係についても考察
四月は君の嘘で人気のあるキャラクター有馬 公生の性格や名言や弾いた曲。そして人間関係についても考察

 

スポンサーリンク

宮園かをりとは

宮園かをりとは

出典:Lawrence

宮園かをりは有馬公生と共に『四月は君の嘘』の主人公でありヒロインでもある存在。
母の呪縛からピアノを弾けなくなっている公生を救う、この作品の大きなカギとなる人物です。

そしてまたかをりは明るくて行動的で、でも儚くて・・・、かをりの言葉や行動は心に深くしみこみます。

アメリア
アメリア

嵐みたいな女の子だけど公生にとっては人生を変えてくれた大切な人だよね

観客が楽しめるような特徴的な演奏をする

観客が楽しめるような特徴的な演奏をする

出典:Fanz

宮園かをりはこの作品のヒロインであり、有馬公生の人生を大きく変える女の子です。

天真爛漫で明るく、かをりがいると周囲がキラキラ輝いて見えます。
時折、的を得たつっこみが素早く出るのも彼女の特徴でしょう。

公生は母から譜面通りに表現するピアノを強制されてきたため、コンクールに出ていたころはその正確無比な演奏で当たり前のように優勝していました。

逆にかをりのヴァイオリンは自由で独創的。
コンクールでの評価は気にせず、ヴァイオリンを楽しんでいます。

コンクールでかをりの演奏を聴いた観客は、みんな楽しそうにしています。
華やかなかをりの性格はヴァイオリンの音、演奏からも感じられるのです。

アメリア
アメリア

誰にも縛られない自由を表した曲が多いよね

行動力がパワフル!

行動力がパワフルすぎる!

出典:Twitter

思い立ったが吉日!とばかりに即行動するのがかをり流。
公生のことを友人Aといい、会ったばかりだというのに、いきなり自分の伴奏をやれと言うかをりの行動力はさすがです。

ただ普段のかをりだったら、ここまで一気に行動しなかったかもしれません。
かをりには「絶対に今、公生をピアノに向かわせなければ」という強い気持ちがあったのです。

渡の代わりに公生とワッフルを食べに行くときも問答無用。
ヴァイオリンの伴奏を公生に頼んだけれど断られて、それでもあきらめず公生を追い掛け回す、そんなパワフルな女の子です。

アメリア
アメリア

体の大きさからは考えられないくらいのパワーで満ち溢れているよね

どこか無理をしている

どこか無理をしている

出典:Legend anime

公生をなんとかコンクールの舞台に引っ張り出して、途中演奏を中断してしまったけれど、何とか最後まで演奏し会場中の拍手をもらいます。

その後、かをりは舞台の上で倒れてしまいました。
病院にいったかをりを見舞うとただの貧血だと言い張ります。

一緒に出てくれない公生を追いかけたり、コンクール前にヴァイオリンを必死に練習したりして疲れたのだと説明しました。

でもかをりはいつも何か無理をしているような、そんなイメージがあります。

アメリア
アメリア

昔の病気の陰に隠れる自分には戻りたくないんだよね

スポンサーリンク

宮園かをりの性格

宮園かをりの性格

出典:Pictas

作品を読み始めた人は序盤、宮園かをりはわがままで自己中心的な女の子というイメージを持つかもしれません。

でも読み進めていくうちに、かをりの状況や想いが次第に伝わり、ただわがままで自己中心的な女の子ではないことがわかってきます。

アメリア
アメリア

元気な自分を見せるために無理しているのかもしれないね

天真爛漫で周りを巻き込む

とにかく明るくて元気で華やか。
かをりがいるところは、常にキラキラ輝やいています。

天真爛漫でわがままだと感じることを言ってきますが、そのわがままは、かをりの優しさや公生のその先を考えた行動です。

自分が正しいと思ったことに対してまっすぐ進む、見ていてとても気持ちがいい性格をしています。

しかし、かをりのまっすぐで迷いのない行動は、自分の命が短いということを知っているからこそ。
公生に会いに行こう、ピアノを弾いてもらおうと行動に移すまでのかをりは、公生と同じ中学でも声をかけられなかったと言っています。

公生があこがれの人だったからかもしれませんし、もともと性格は暗い方だったのかもしれません。

しかし命の期限を知り公生のもとに走り始めたとき、自分を奮い立たせ、より一層明るく元気な「かをり」になったのではないでしょうか。

アメリア
アメリア

ある意味個性が強いキャラクターとも言えるよね

奇想天外な発想をする

奇想天外な発想をする

出典:Twitter

公生と初めて出会ったシーンで、ぞうの滑り台の上でピアニカを弾いているかをり。

周りの子供たちは「おねーちゃん、ハトこないよ」といっています。
どうやらピアニカの音でハトを集めようとしたみたいです。

裸足で滑り台の上に立ってピアニカを吹くなんて、かなり変わった中学生で奇想天外です。

公生をコンクールに引っ張り出すために、昼食の校内放送でコンクールの課題曲を流したり、授業中、教科書を開いたらサン=サーンス(コンクールの課題曲)の楽譜が張り付けられてたり。

家に帰ると、公生の部屋にもサン=サーンスの楽譜が張り付けられています。
公生の部屋だけでなく、お隣さんの椿の家の窓にまで・・・。
もちろんこれも、かをりの作戦。

公生をコンクールに出すため、椿も取り込んでいたのです。

この作品でかをりは小さな1つの嘘をつきますが、この嘘がポイントになった発想もほかの人だったら考えつかないかも・・・と思います。

かをりがついたきれいで切なくて、絶対に忘れることができない嘘も奇想天外な発想といえるでしょう。

アメリア
アメリア

これじゃ全く考えが読めないよね

喧嘩上等で自分のやりたいことを貫き通す

喧嘩上等で自分のやりたいことを貫き通す

出典:Twitter

『四月は君の嘘』の紹介でかをりは、傍若無人、喧嘩上等と書かれています。

かをりは自由奔放でいつも楽しそうで、その性格がヴァイオリンの音色にも出ています。
まっすぐな考え方を持っているかをりですから、曲がったことをいう人がいれば違うとはっきり意見できるでしょうし、喧嘩になってもそれが間違っていない喧嘩なら、まっすぐに戦いそうです。

自分がやりたいこと、その最も頂点にある「一番やりたいこと」「絶対に成し遂げたいこと」が「公生をピアノの舞台にあげる」ことだったと思います。

そのためには、どんな横やりが入ろうとどんなに嫌がられようとやり遂げる、そんな強い信念を持っているのがかをりです。

アメリア
アメリア

すごく強引そうに見えるけどなぜか周りは納得しているんだよね

スポンサーリンク

宮園かをりの名言

宮園かをりの名言

出典:Twitter

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
四月は君の嘘
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク