【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界最高の暗殺者 | 原作の全巻をネタバレ解説

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する
スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する』は「暗殺貴族」や「世界最高の暗殺者」と言われています。

2021年秋アニメとして放送されましたが、原作にはまだまだストックがあります。

 

今回は、原作小説6巻までの内容をネタバレしていきます。

クーポン利用でお得に読める(横にスクロール)↓

暗殺貴族の原作をお得に読む方法

※ 2022年6月時点の情報です

アニメ暗殺貴族を予習するならがおすすめ。
暗殺貴族が全話見放題で一気観できるし、原作も漫画も読む事ができます💡
さらに、お試し期間が31日間もあり、その期間で貰えるポイントではめふらが1冊無料で読めますよ↓

\ 無料お試し期間はこちら /

31日以内に解約すれば完全無料

 

世界最高の暗殺者の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生するの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説していきます。

 

スポンサーリンク

【暗殺貴族の1巻ネタバレ】暗殺貴族に転生しディアと結婚を決意

【暗殺貴族の1巻ネタバレ】暗殺貴族に転生し、ディアと結婚を決意

出典:Amazon

1巻は、世界最高の暗殺者と言われていた老暗殺者が異世界に転生し、転生先で恋をしたディアを救出するところまでが書かれています。

女神からの依頼をうけ、転生する

飛行機ごと墜落させられた老暗殺者は女神に出会い、転生話を持ち掛けられます。

女神から転生させる条件として、「十六年後勇者が魔王を倒して世界を救った後、力を私利意欲に使って世界を大混乱に。魔王以上に容赦なく的確に。そして十八年後には世界が滅びちゃいます。だからさくっと殺しちゃってください。」と、暗殺依頼を受けます。

女神は人という枠で勇者を殺してくれる「暗殺者」が欲しかったために、世界の仕組みと5つのスキルを持たせルーグ・トウアハーデという人類でもっとも高スペックな身体に転生をさせました。

ルーグはこの時、「今度こそ自分の意思で生きて、そして幸せと言うものを探し、手にいてるのだ」と宣言します。

【世界最高の暗殺者】ルーグの強さや魔眼 | 能力・魔法・スキルを徹底解説
...

ディアとの出会い

転生後、国からの暗殺を請け負う「トウアハーデ」の跡継ぎとなり、転生先で母親エスリ・父親キアンから愛情をもって育てられるルーグ。暗殺一家になじんだルーグは、両親への愛を持ったまま勇者に対抗するために力を手に入れようと、自らをストイックに鍛え上げていきます。

その過程で、キアンからトウアハーデの伝統である「トウアハーデの魔眼」を手に入れます。さらに、魔法の先生である従妹のディアと出会うこととなりました。

魔法の才覚を持ち合わせるディアと魔法を作り出せるスキルを持つルーグは、魔法を理解・開発し、強力な魔法武器を作り膨大な威力をもつ【銃】をも作り出しました。

ディアと一緒に魔法を勉強していくうちに、ルーグは美しく聡明なディアに惹かれていきました。

【世界最高の暗殺者】ディアがかわいい!ルーグとの関係性や強さ・魔法・スキルについて解説
...

タルトを助手にする

ディアは隣国に住むためすぐに別れてしまいますが、その後すぐにタルトと出会います。

トウアハーデの領地で口減らしのために遭難しかけていたタルトは平民では珍しい魔力持ちだったため、トウアハーデの使用人をしつつも、暗殺者の手ほどきを受けています。並程度の才能をすさまじい努力で補う努力家のタルトは、ルーグの助手として起用されることとなりました。

また、ルーグはすでに魔法を使用した戦いでは、歴代最高の暗殺者であるキアンを圧倒する力を手に入れています。しかし、技はキアンのほうが技巧が高かったため、キアンの技を盗みながらも、ルーグは領地で医術・経営を学びます。

イルグ・バロールとして商人になる

イルグ・バロールとして商人になる

出典:Twitter

ルーグは、トウアハーデの傍系からも時期トウアハーデ当主としてふさわしい才覚を見せつけます。

しかし、暗殺者として大成するために別の顔を持つべく、商人である「イルグ・バロール」の戸籍を使い、ルーグはイルグに成りきります。

黒髪に眼鏡をかけた少年…イルグとして、バロール商会という大きな商会元、商売を学び、すぐに本部長の補佐まで躍進します。新しい店を貰えることとなったイルグは、新商品として乳液を展開することとなりました。

実はこの間、店を貰えるようになるまでの半年間、ルーグはイルグとして「マーハ」という女性を孤児院から助け出し、暗殺チームとしてすでに迎え入れていました。

店を貰えることとなったため、マーハを右腕として美容ブランド「オルナ」を作り上げ、大成功させます。この時、南国からカカオを取引しており、チョコレートの開発にも取り掛かっています。

ちなみに、この間もディアとの交友は続いており、ルーグはディアの屋敷に忍びこむように遊びに行っていました。

マーハの過去が明らかになる

マーハは商会代表の娘でしたが、部下に裏切られてストリートチルドレンに身を落しています。

そこでも商売をしていましたが、給付金目当ての孤児院にさらわれてしまい、虐待を受けながら過ごすこととなります。

マーハはイルグに引き取られたためひどい虐待は受けてはいませんでしたが、イルグに拾われた後も貴族に売られそうになっており、危機的な状況を救ってもらった恩もあり、ルーグに好意を抱いていました

【世界最高の暗殺者】マーハの正体や過去 | マーハはルーグの妹?ルーグとの関係性とは
...

ルーグが結婚を決意…相手はディア

ルーグは2年間、イルグとして生活をし、商人としての地位を確かなものにしました。

ルーグはキアンから「商人として生きる道もある」と暗殺者として生きる覚悟を問われますが、伯爵令嬢のディアと結婚するために男爵であるトウアハーデの名を継ぐと明言します。

そして、ルーグ・トウアハーデとしての初めての暗殺を行い、後戻りができなくなりました。

そんなおり、初めての暗殺を終えたばかりのルーグに、新たな暗殺依頼…ディア・ヴィコーネの暗殺依頼が舞い込んできました。

ディアの暗殺と救出

ディアの暗殺と救出

出典:Twitter

ディアが住む国では貴族派と王族派の派閥があり、勇者と思われるほどの戦力を持ったセタンタを擁する貴族派が王族派を乗っ取ってしまいます。

負けた王族派に属するヴィコーネ一族は領地・財産の献上。しかし、貴族派から優秀で美しいディアまで要求されてしまいます。

ディアは要求通り貴族派も元へ向かおうとしますが、領民たちはディアを愛していたため反乱を起こします。

伯爵邸を封鎖した領民たちはセタンタに立ち向かうものの、ただの領民が勇者級のセタンタに敵うわけもなく蹂躙されます。

しかし、そこにディアを救いに来たルーグ。
ディアと同じ年頃の娘の遺体を焼き、体面的にディアを殺したことにし、セタンタに立ち向かいます。

ルーグは最大の威力を持つ「グングニル」を投下してセタンタを吹き飛ばし、ディアを救います。ディア・ヴィコーネを暗殺し、ディアにルーグの妹の戸籍を用意します。

【世界最高の暗殺者】セタンタは死亡する?再登場する可能性について考察
...

ディアは、クローディア・トウアハーデとして生きることとなりました。

 

 

スポンサーリンク

【暗殺貴族の2巻ネタバレ】騎士学園に入学!勇者エポナと魔族討伐

【暗殺貴族の2巻ネタバレ】騎士学園に入学し、勇者エポナと魔族討伐

出典:Amazon

2巻は、ルーグ・タルト・ディアが騎士園に入学し、エポナとの出会いと共闘までが書かれています。

騎士学園に入学

王国に住む貴族は騎士学園に入学する義務が生じます。
そのため、学園にディアとルーグは入学しなくてはなりません。

タルトは従者枠で入学を目指します。

ルーグは入学に当たり、2人とデートしながら準備を進めていきます。その中でマーハに会いに行って神器「鶴革の袋」を入手し、マーハともデートをします。

入学試験当日、入学試験の結果で入るクラスが変わってしまいます。貴族たちは自らの家の優秀さを示さなければならないため、必死で勉強しますが、ルーグたちは試験の傾向・対策をしており上位で入学します。

勇者の実力

勇者エポナは稚拙な知識・技術をなかったことにするほどの強さを持っているため、誰がどう見てもエポナが勇者であると気が付きます。

また、派手な容姿と実力を持ち、大きな野望を持つ公爵家のノイシュも優秀でしたが、ルーグは主席入学します。

学園では、ルーグ・ノイシュ・タルト・ディアにエポナの友人となり、勇者パーティを組むように促されます。

強すぎるエポナが王国を護る理由にするための鎖として「学友」を作りたいというのが目的のようです。

エポナとルーグの模擬戦

学園の入学テストでルーグは主席となり、その実力が認められます。さらに、ディア・タルトの活躍が知られ、特にタルトは「雷速の早乙女」の二つ名がつけられるほどです。

ルーグの実力がSクラス内で明らかになったのは、模擬戦が行われたためです。ルーグとエポナの模擬戦は、勇者エポナのかすっただけでも死亡してしまいそうな攻撃をかわし続け、ルーグが一撃を加えることで勝ちます。

しかし、ルーグは一撃に吹き飛ばされ、受け身も取れずにリングアウトしていました。勇者の実力を肌で感じた瞬間です。

勇者エポナの暗殺・過去

勇者エポナの暗殺・過去

出典:Twitter

エポナは勇者として国に認められているため、暗殺者に狙われることもあります。ルーグはほかの暗殺者からエポナを護り、さらにエポナを暗殺出来るように新たな魔法の開発を進めています。

しかし、エポナの実力は桁外れ。
暗殺者としてルーグはマーハに依頼し、エポナの過去と弱点を調べ上げます。

マーハによって得た情報で、エポナにはトラウマがあるとされています。共同墓地に眠るエポナの友人「ミレイ」の友人にルーグはなりすまし、過去を探っていきます。

魔力がなかったにも関わらず勇者として覚醒したエポナは、王国騎士であるミレイに才能を認められ、騎士として魔物と戦うこととなりました。しかし、エポナの暴走により一緒にいたミレイも殺してしまいます。その際に、ミレイの「私の分までアルヴァン王国を守って」という遺言に、エポナは縛られ続けているのです。

ミレイを殺したしたトラウマと約束の板挟みがエポナの弱点であると本人の口から明かされます。そして、ルーグは「ぎりぎりまでエポナを殺さず世界を救う道を探す」と決意しました。

【世界最高の暗殺者】勇者エポナが強すぎる | 魔法やスキル・ルーグとした約束や弱点を解説
...

勇者パーティの初任務:オークの駆除

ノイシュ・ルーグ・タルト・ディア・エポナは繁殖したオークの駆除を依頼されます。騎士学園を卒業した先輩と一緒に任務に赴くこととなりますが、その戦いは勇者の実力を測るためのものでした。

200体以上のオークとの連戦で疲れ切ったタルト・ディアがから陣形が崩れ、ついにエポナが暴走してしまいます。

エポナはオークたちを圧倒しますが、ただのエポナの流れ弾が飛んできただけで良くて骨折・悪くて死亡するほどの攻撃となってしまうため、ルーグを庇ったタルトが怪我をしてしまいます。

エポナはタルトを傷つけたことで動きが悪くなってしまいますが、なんとか全滅させます。

エポナとルーグの約束

タルトに被害が出たことでエポナを傷つけてしまったルーグは謝ろうと決意しますが、オークが襲来します。エポナの弱点を探るために前回オークをけしかけたようで、今回はオークの親玉自ら学園を攻めに来ました。

ルーグはノイシュ・タルト・ディアや先輩たちのエリートチームと戦い、エポナが単身オークの親玉「オーク・ジェネラル」と名乗る魔族と戦います。オークジェネラルは、大量に人間の人質を身にまとっており、自分の手で人をころしてしまうことを避けているエポナを苦しめます。人質を回収するために、ルーグが戦いに乱入します。

その際に、エポナが暴走したら殺してほしいと、エポナ自身からルーグに約束を取り付けます。

オークの襲来により学園は立て直しを余儀なくされます。学生を危険にさらしたことで貴族からも講義が来ていたため、2カ月間学園は休校となりました。

魔物は勇者にしか倒せませんが、ルーグは自身でも倒せるようになろうと決意します。

暗殺貴族の原作をお得に読む方法

スポンサーリンク

【暗殺貴族の3巻ネタバレ】ついにルーグも魔族を討伐

【暗殺貴族の3巻ネタバレ】ついにルーグも魔族を討伐

出典:Amazon

3巻はルーグが【魔族殺し】を開発し、虫の魔族を討伐するまでが書かれています。

タルトが2人目のルーグの嫁候補に

魔族との戦いに備え、タルト・ディアにも銃の扱いに慣れてもらうために訓練を行います。

トウアハーデで戻ったルーグに対し、母親のエスリがタルトをルーグにけしかけます。タルトを大切に思っているルーグはタルトをひどく叱ります。

しかし、ルーグ自身、貴族の務めとして2人目の妻が必要になることはわかっており、2人目がタルトであればいいと思うように思っているようです。

ルーグに勲章授与

魔族を退けたルーグの働きで、ルーグには勲章が授与されます。

しかし、更なる働きを期待されたルーグは、新たに魔族が現れた際に戦うようにと言われます。

本来魔族は勇者にしか倒せないため、ルーグは捨て石されたようなものでした。

魔族の殺し方を解明

ルーグは、魔族が勇者にしか殺せない理由を解き明かします。

魔族の体内に実体化していない核があることで、肉体を自動再生しています。しかし、魔族は勇者が持っている特殊な力によって周囲にフィールドを作ることで魔族の核の実体化や肉体の分解・再構ができなくなり、結果として勇者にしか倒せない…という仕組みです。

そのため、ルーグは魔族の核を実体化させる魔法を考案し、ディアに作成依頼をします。魔力消費量が激しいためディアとルーグにしか使用できない魔法ではありますが、今までにない魔法をディアはたった2日間で作り上げました。

その褒美として、ディアはルーグとのデートをすることになります。

私に付き従う騎士たちの獲得

ルーグは、エポナから【私に付き従う騎士たち】というスキルを分け与える提案を受けます。

ルーグはエポナのスキル【私に付き従う騎士たち】を使用されたことで、エポナから複数スキルを貰います。

その中には、【私に付き従う騎士たち】のスキル自体も分け与えられていたため、ルーグは、タルト・ディアに【私に付き従う騎士たち】を使用し、2人もルーグが獲得したスキルを使用できるようになりました。

マーハがバロール商会の跡取りから告白される

マーハがバロール商会の跡取りから告白される

出典:Twitter

ルーグは商売の話をするために、マーハに会いに行きます。

ルーグはマーハと結婚する気はなかったのですが、ディアと一線を越えた次の日、マーハはバロール商会の跡取りからプロポーズをされます。

今までマーハの想いに気が付いておきながら応えていなかったルーグですが、プロポーズを断ったマーハに「いつまでも待っているとは思わないで」と強い口調で言われてしまいます。

このあたりで、ルーグはマーハに意識を向け始めます。

タルトの獣化

ディア・タルトは王国の騎士団…副騎士団長クラスに襲撃をうけますが、2人だけで襲撃をはねのけます。

実践を経て自身の強さを実感したディアとタルトですが、【私に付き従う騎士たち】で新しいスキルを獲得したことでさらに強くなっていきます。

スキル【獣化】を獲得したタルトは接近戦がかなり強くなりますが、獣同様に性欲が強くなり発情してしまうため、使用には注意が必要です。

蟲の魔族「グルト」の討伐

ルーグに国から討伐依頼が出された魔物は、街一つが樹木で覆い、住民全員を死亡してしまう事件を起こした犯人です。その魔物が魔族では?と推察されたことで、ルーグが派遣されます。

特殊なファール石を使用し、ルーグは樹木で覆われた街一つを燃やしつくすと、ブチ切れた魔族が現れます。

蟲の形をした魔族は固い甲殻で身体が覆われておりダメージが通りにくいですが、タルトの猛攻とディアの魔法【魔族殺し】、ルーグの【レールガン】によって核を破壊され、消滅します。

新たな蛇の魔族の登場

蟲の魔族「グルト」を討伐すると、新たに妖艶な女性の姿をした蛇の魔族がルーグの前に現れます。

魔族はルーグと交渉がしたいと言い、「しかるべき時に、しるべき情報を伝えるかわりにまだ殺さないでほしい」と伝えます。

有益な情報提供やとしてルーグはいったんその条件をのみます。

 

 

スポンサーリンク

【暗殺貴族の4巻ネタバレ】蛇の魔族ミーナとの協定とネヴァンの登場

【暗殺貴族の4巻ネタバレ】蛇の魔族ミーナとの協定とネヴァンの登場

出典:Amazon

4巻でルーグが選ばれしものとして教会に認められます。

魔族のミーナと一時的な協力関係を築き、新たなる魔族ライオゲルを討伐するまでが書かれています

ルーグが「選ばれしもの」に認定

ルーグ、エポナ、ノイシュ・ディア・タルトの5人が教会に呼ばれ、アラム・カラムと出会います。アラム・カラムは、女神と3カ月に一度交信を行える役割を持つ少女です。

【魔族殺し】を女神から授かった」とし、報告していたルーグは、女神の姿も詳細に報告していました。ルーグが女神に出会ったことが認められ、教会から女神に愛された「選ばれしもの」と呼ばれます。

「選ばれし者」と勇者には、アラム・カラムから魔族が合計8体存在していることや、その外見、魔族の目的が魔王復活であることが伝えられます。

王都で開催されたパーティで、蛇の魔族ミーナに遭遇

ミーナは蛇の魔族ですが、人間の伯爵夫人に化けて生活していました。

ミーナは魅了を使っており、周囲の人間から絶大な評価を受けています。グランフェルト伯爵夫人と名乗っているようで、すでに亡くなったグランフェルト伯爵の後を継ぎ呻く領地を経営しているそうです。

ディア・タルトはルーグがミーナに夢中になっているように思っていますが、ルーグはミーナの誘いに乗り個室に入ります。

ミーナからルーグへ「死にたくないから魔王の復活を望んでいない」ことや、「魔王復活には生命のを最低3つ捧げ、すべての魔族を吸収する必要がある」と情報を渡します。反対に、ルーグはミーナに「ルーグと組まなければ世界が崩壊し絶対に魔族は死ぬ」と女神から言われたことを伝えます。

お互い利用価値がなくなるまでの交渉が成立しました。

ノイシュの茶会、アウグイド騎士団にルーグは入団する?

ノイシュは国を変えるために王立騎士団とは別にアウグイド騎士団を作り、魔族に対抗すべく、聖騎士ルーグに協力を申し出ます。

一時期はエポナとの力の差に絶望していたノイシュですが、「自分も魔族討伐に協力したい」と願う血気盛んな若者を集めて徒党組み、ルーグに協力したいと訴えます。しかし、ルーグに拒否されます。

さらに、徒党の中で一番強いノイシュはタルトに決闘を申し込みますが、獣化したタルトに一撃でリングアウトさせられます。

ノイシュの騎士団内にミーナがいたことから、ルーグはミーナを危険視しており、ノイシュが道を踏み外さないよう願います。

国からの依頼、王子の暗殺

トウアハーデの上司に当たるお姫様…ファリナ姫から、グランフェルト伯爵夫人に骨抜きにされた第二王子のリクラを暗殺して欲しいと依頼されます。

ルーグはネヴァン・ローマルングがフェルト姫の影武者をいていると気づき怪しみます。

しかし、本物のファリナ姫が登場し依頼を受けることとなりました。

鑑定紙の使用し!ディア・タルトのスキルが発覚

鑑定紙の使用し!ディア・タルトのスキルが発覚

出典:Twitter

一部の貴族が製法を独占していた鑑定紙を3枚も手に入れたルーグは、ディアとタルトが持っているスキルを鑑定します。

ディアは【虹色の魔術士】、【天才】、【老化防止】のスキルを持っており、魔法の精度と威力を底上げしつつ、任意の属性変換が可能と結果が出ます。

タルトは、【従者の献身】、【槍術】、【努力】のスキルを持っていました。

【従者の献身】は自らの魂が認めた主と契約を交わす高尾で発動できるスキルで、主と従者の全能力強化が可能です。さらに、主の死亡時に自ら御命を引き換えに蘇生・回復が可能となるスキルであるためルーグは使用しないよう指示を出しますが、ディア・タルトから反対されます。

また、副次的効果としてタルトとルーグの表層の思考200m以内ならテレパシーで伝わるようになりました。

ネヴァン・ローマルングが仲間になる

ルーグは光の魔力を持つネヴァンに光魔法を教わるため、ローマルングの屋敷を訪れます。

屋敷では、非魔力持ちの一般兵が魔力持ちを殺せるよう訓練されていました。当主自ら、魔力を持っている貴族一強の時代は過ぎ去ると告げ、ルーグを婿に誘いますが、ルーグは断ります。

光魔法とは、放たれていた時に放射が合っていれば終わりとルーグがいう程高性能の魔力属性です。攻撃、探査、回復、どれをとってもトップクラスの性能とのこと。

ネヴァンはディアに光魔法を教えるかわりに、次の魔族との戦いに同行させてほしいと言います。

ネヴァンは、ノイシュとは幼馴染です。ノイシュをバカだとは思うが優秀と言い、ミーナに騙されている姿を不安に思っているようです。

ルーグはネヴァン見たものは他言無用。技術を流用しないと条件に同行を許可しました。

第二王子を暗殺する

ルーグは、ファリナ姫から受けた暗殺依頼を完遂すべく、人気のクレープ屋さんに扮し、王子の凱旋中にルーグは暗殺を決行します。

詠唱は口を動かさず、相手の波長に合わせた無属性の魔術を使用し、魔力の鎧に穴を開け、特別性の毒の塊を針にしたものを飛ばします。

王子の首元にささい針は血管に入り込んで、傷跡すら残さず毒殺を成功。城内の自室で心臓発作を起こさせ死亡させました。

ノイシュの失踪とミーナ

ノイシュが失踪してしまいます。

力を求めていたノイシュが気になったルーグは、マーハに捜索を依頼します。しかし、その後ミーナが現れ、ノイシュはミーナのところにいると知ります。

ミーナはノイシュの件に関しては黙秘し、次に現れる魔族の情報と出現ポイントをルーグにわたします。

ミーナは、2番目のお気に入りである第二王子を殺されたことでルーグに文句を言いますが、ルーグの方が面白いおもちゃであったため、関係は継続することとなります。

魔族:獣王ライオゲル

獣王ライオゲルが現れるとミーナから聞いたルーグは、ハーレムを築く特性から単体なら撃破可能では?とルーグは考えます。魔族殺しじゃなければ雌獅子も殺せないため、次に魔族が現れるジョンブルの住人の犠牲のもと、魔族を呼び寄せる作戦を決行します。

ネヴァンの協力のもと民家を買い取って罠を仕掛けました。

先に現れた雌獅子の死体は焼き、蘇生できないようにしている間い到着したライオゲルとルーグたちは命懸けの追いかけっこが始まります。
ディアが巨大な土壁をつくり、玉突き事故を起こさせ、ネヴァンの光魔法で目を焼く。さらに、刺激臭がひどい爆弾を爆破させ、嗅覚も使い物にならなくさせる作戦です。

そして、グングニルを下から上へ発射させ、ライオゲルの身体を中に浮かせている間に時間を稼い、雌獅子をすべて殺しつくします。

あとはライオゲルのみとなったところで、誤算がありました。ライオゲルが雌に分け与えた力が戻っていってしまったのです。

力を増したライオゲル相手にタルトが特攻し、ルーグが足止め。ネヴァンがレールガンでとどめを刺そうとしますが、ライオゲルを倒しきれません。ライオゲルにネヴァンが殺されそうになったタイミングで、ノイシュが登場します。

暗黒勇者ノイシュ

ノイシュは”暗黒勇者ノイシュ”と名乗り、禍々しい魔剣を携えてライオゲルと戦います。

ノイシュは人間をやめ、すでに魔族に近い存在になっています。

ルーグたちはノイシュの援護を行い、隙を見てディアが魔族殺しを放ち、ネヴァンがレールガン(聖光増幅砲)でとどめをさしました。

ノイシュの想い

ルーグは借り物の力に頼るノイシュを憐れみ、以前のノイシュを尊敬していたと伝えます。

ルーグのように力がなかったノイシュが若者を率いて内側から国を変えようとしていた頃、ルーグは協力を断っていましたがノイシュを下に見ていたことはないと断言します。

「俺と一緒にこい。人間に戻すことはできないが、瘴気の隠し方を教えてやる」とノイシュに手を差し伸べますが、断られます。

現実ばかりを突きつけられたノイシュは、さらに初恋の相手であるネヴァンから「ルーグ様の手を振り解いたらどこにもいけなくなる。言うことを聞きなさい」とまで言われ、傷心のままミーナの元へ帰っていきました。

女神がルーグを特別と認める

女神がついにルーグを特別と認める

出典:Twitter

女神が異世界から転生させた人間のうち、ルーグ以外がすべて死亡しており、世界に何ら影響は与えていません。

しかし、ルーグは魔族を倒したことで、勇者が暴走してしまい世界が崩壊してしまう確率を99.87%から86.34%に落とします。

この成果の結果、女神はルーグにリソースを集中させるようになります。

暗殺貴族の原作をお得に読む方法

 

スポンサーリンク

【暗殺貴族の5巻ネタバレ】マーハとルーグがついに一線を越える

【暗殺貴族の5巻ネタバレ】マーハとルーグがついに一線を越える

出典:Amazon

5巻は、ルーグが他貴族から裁判にかけられます。

また、マーハと一線を超し、ついでの竜の魔族を撃破するシーンまで書かれています。

トウアハーデに帰省する

トウアハーデに帰省した面々は、木佐微差にゆっくりとした日常を過ごします。

ルーグは山で小動物を使ったシチューに、キアン・ルーグの好物であるルナンマスの蒸す魚など様々な料理を作ります。

特に、ルーグが開発いた低温調理されたルナンマスは絶品のようです。

無線機の活用

無線が4キロの距離まで届くようになったことで、毎日マーハと通話ができるようになります。

2年かけて作った通信網は優秀で、ネヴァンは思わず詰め寄ってし舞う程です。

『暗殺貴族』の世界では通信システムが整っていないため、かなり貴重です。地下に丈夫な有線を通しているため子機との通信も可能となりました。

ルーグが女装し、男まで落す

王都ではルーグが魔族との戦いの際に貴族であるマーレントット伯爵をわざと殺した…など、言いがかりをつけられており、ルーグを陥れるためだけの裁判が開かれようとしていました。

王都での情報を先に入手していたルーグは、事前準備として女装、タルト・ディアを変装させ、田舎から来た貴族を演じます。ルーグは「ルー」と名乗り、美術品収集に浪費し、領地経営をおろそかにした父の息子…グラン・フラントルード伯爵に近づきます。

グランの好みを研究しつくしたルーグは、グランに惚れられるように仕組んだ上で、ルーがルーグに誘拐されたように見せかけます。ルーグは、グランを「ルーを返してほしければ、裁判で証言する際に俺の用意した脚本を読みこと。」と脅します。

グランは黒幕で権力を持つカロナライ侯爵を裏切れないといいますが、父親が集めていた美術品を二束三文で売って高値で売りさばいていたことを知り、裏切られたと気が付きました。さらにルーグが女神の祝福を受けた者であり、そのルーグの行動を邪魔した罰が下るとそそのかされます。

今後の人生を女神に見放されてしまうと思い込んだグランは、ルーグに協力するようになります。

裁判の開幕

本来であればルーグをはめるための裁判でした。

「ルーグが聖騎士の特権を悪用し、トウアハーデ男爵家と確執があったマーレントット伯爵を意図的に殺した」と主張するカロナライ侯爵に対し、ルーグは「殺した覚えはないし、すべてでっち上げだ」と反論します。

証人といてグランは「トウアハーデの戦いを目にし、戦いで足をやられたマーレントット伯爵をルーグが殺した…そのようにカロナライ侯爵に言えと脅されました。」と告発。

さらに、ルーグもマーレントット伯爵とカロナライ侯爵の確執を書類にまとめており、その証拠がとどめとなりました。

ルーグは無罪となり、カロナライ侯爵が逆に裁判にかけられることとなりました。

ルーグがマーハの想いに、ついに応える

ルーグがマーハの想いについに応える

出典:Twitter

ルーグはマーハの告白を保留し続けていました。

しかし、ルーグの目の前でマーハがバロール商会の御曹司にプロポーズされたことをきっかけに、マーハを恋愛対象に見始めます。さらに、マーハからタルトとルーグが一線を超えたと聞いたことでルーグにねだり、ルーグがついにマーハの想いに応えました。

マーハを本当に大切な家族として扱うことを決めたようです。

女神から支援を受ける

ルーグが魔族を倒したことで、女神から新たに援助を受け取れるようです。

「運命干渉リソース」が増えたことで、ディア・タルト・マーハの3人との出会い以外にも褒美がもらえるようになりました。

もともと3人とルーグとの出会いは、女神が運命をいじってルーグの手助けような人材と運命的なものになるように整えられていたのです。

女神は、近いうちに与えられる褒美を見逃さないように忠告するためにルーグの夢に登場しました。

新たなる魔族の登場

地震が多発している街…ビルノルに調査に向かったルーグは、数千人規模の巨大な都市が深い穴に一瞬で落ちている痕跡を見つけます。魂ごとくらって生命の実を作っている、危険な状況に気が付きます。

生命の実作った魔族を調べるために入った深い穴の中で、ルーグはピンクの巨大なミミズのような身体をした魔族と対敵します。ピンクの無数の触手や酸攻撃に悪戦苦闘するルーグですが、穴から脱出したところでミミズ型の魔族…竜の魔族は深追いをやめます。

ルーグは足に巻き付いた、ちぎれた触手を採取しながら、相性が悪すぎる相手との戦い方を検討し始めます。

竜の魔族との戦闘

ルーグは竜から採取した触手から、水が弱点だと気づきます。さらに、触手が消滅せずに持ち帰れたことから、竜の魔族の正体が外側と内側と分かれていると推察します。

戦闘では、嵐を呼ぶファール石を最低5つ以上つくり、大瀑布を作り出して竜を穴から出します。そして、【砲撃斉射】で体に穴をあけていきます。

ディアの援護で最大火力の爆撃を浴びせ続けると竜は外側のピンクの触手が離れ、傷一つない白光りすてつるつるとした人形の生物…本体が現れました。

本体をタルトの槍で貼り付けにし、【豪雷】で焼き、ディアの【魔族殺し】で露出した核をルーグの【レールガン】で破壊しました。

竜の魔族が作った【生命の実】を手に入れたルーグたちはそのまま帰還しようとしたところで、ノイシュに出会います。

竜尾の戦いの中、ずっと傍観していたらしいノイシュがルーグに「ミーナ様が待っている」と告げ、ルーグを呼び寄せます。

 

スポンサーリンク

【暗殺貴族の6巻ネタバレ】ルーグが婚約!アラム・カラム正体も明らかになる

出典:Amazon

3巻は、ルーグとディア・タルト・マーハの3人との婚約。

さらに、アラム・カラムの正体を暴き、ルーグは異端審問で魔族と戦って勝利するまでが書かれています。

ミーナの屋敷に呼ばれる

5巻の終わりで蛇の魔族であるミーナの屋敷にルーグたちが呼ばれます。ミーナが竜の魔族の状況をルーグに渡さなかったことで、ルーグとの協力関係に亀裂が走っている状態のため、緊張感がります。

ミーナの屋敷はミーナに心酔した貴族により、使用人ごと館をバラバラにして運ばれてきたものです。その使用人全てが蛇人間となっており、ミーナに一度喰われ生まれ変わった人々です。

ミーナが竜の情報をルーグに与えなかったのは、生命の実を1つ入手する必要があったためでした。

また、ミーナは魔族の秘密として魔族は核が砕けても死ぬわけではなく、世界にとどまれなくなるだけとのこと。そして、勇者に魔族が滅ぼされた記録が残っているものの、魔族は一度も失敗したことがなく、そのために世界は保たれていると告げます。

ミーナが最後の魔族になった際に生命の実を渡す条件で、ルーグに魔族の情報を流し続けるよう再契約します。

エスリへのプレゼントと3つの婚約指輪

エスリへのプレゼントと3つの婚約指輪

出典:Twitter

ルーグとディア・タルトがトウアハーデに戻る前によった街で、エスリに宝石をプレゼントすることになりました。3人に婚約指輪を選ぶとルーグが宣言します。

マーハにエスリ用のネックレス、ディア・タルト・マーハ用の宝石を用意してもらいました。それぞれ、宝石は異なっており、ダイヤモンド、エメラルド、サファイヤ、アレキサンドライトです。

ルーグ自ら【水刃】と【精密火炎】でカッティングをし、最高級の宝石に仕上げます。

ちなみに、ルーグもパッとみるだけではただのシルバーリングですが、なにか仕掛けつきの指輪のようです。

ルーグによる【生命の実】解析

生命の実は人間の魂の結晶で、一つの身に生まれ変わったとしても鼓動し、生きています。

魔力を生み出し続けるジェネレーターの役割を持ち、人に「喰いたい。うまそうだ」と思わせる魔力があります。しかし、一度食べれば生命の実の形をした操り人形になりかねないため、ルーグは誘惑を断ち切って解析を始めます。

5時間かけて解析した結果、ルーグは取り込まれかけ、やけど・骨折など大けがを負って魔力が空っぽになりますが、解析完了しました。

生命の実から、ルーグをどんな目的で支配し、何をさせようとしたのかが流れ込んできたため、エポナがなぜこの先壊れてしまうのかも、この際にルーグはわかったようです。

生命の実とのつながりに蓋ができたものの、繋がりは立てませんでした。そのため、ルーグは生命の実から直接魔力を吸い上げ、本来の数倍の瞬間魔力放出が可能となりました。

婚約を発表!婚約パーティの開催

ルーグがついに婚約するとキアン・エスリに告げます。結婚は学園卒業後1年様子を見るようですが、結婚まで秒読みです。

ルーグの婚約はネヴァンに依頼し、周囲してもらいました。報告は貴族の義務のため、致し方ない処置です。ルーグを狙っているネヴァンからは「同性愛者ではないとわかったから良い」と、婚約を祝ってくれています。

家族6人しかいない立食パーティですが、ルーグが手作りした料理も好評ですし、華やかなドレスにルーグが送った指輪を付けたマーハ・ディア・タルトがとても華やかでした。

マーハとキアン・エスリは初めて会いますが、社交スキルが高いためか、気に入られているようです。マーハだけ所在地が遠方ですが、トウアハーデにオルナの本店を置けるように発展させると宣言しました。

 

【暗殺貴族】ルーグは最終的に勇者を暗殺する?原作の結末を考察
...

ネヴァンからトウアハーデへの暗殺依頼

婚約パーティ後、ルーグは新たなる暗殺依頼を受けます。

今回のターゲットはアラム教の教主です。
アラム教はルーグが属するアルヴァン王国以外にも信仰されている世界最大の宗教です。

ネヴァンから教主に魔族が成り代わっているため、女神の声を伝える役割を持つアラム・カラムが危険であると伝えられます。アラム・カラムからSOSを送られたため発覚した魔族の成り代わりですが、やっかいに違いはありません。

アラム・カラムからの信託により、ルーグが社会的に殺されてしまう可能性があるため、ルーグはアラム・カラムがいる聖地フォウォーレに潜入することとなります。

アラム・カラムの誘拐

ルーグは修道女に変装し、聖地フォウォーレに潜入します。

アラム・カラムがいる区画は修道女しか立ち入りが禁止されているための処置ですが、男性の司祭とすれ違うなど…腐敗が進んでいるようです。

ルーグはアラム・カラムが一人になる大浴場に忍び込み、救援に来た旨を伝えて誘拐します。

その際、アラム・カラムには口紅で「女神様の元へ行きます」と書かせ、女神の奇跡だと思わせました。

アラム・カラムの正体

アラム・カラムは女神の姿を模しているため、髪や肌の色まで真っ白です。

しかし、アラム・カラムは女神の声が聞ける選ばれた存在であるため、アラム・カラムだと周囲にバレる前の名前…ミルラは、真っ赤な髪にやや健康的な肌をした少女でしかありません。

ミルラは、ミルラの体を使った女神と魔族が話した内容をルーグに伝えていました。

しかし、魔族の支配下にいるアラム・カラムは女神に何度も助けを求めますが、一切助けてはもらえません。そのため、魔族の指示のまま「女神様は、ルーグ様に語り掛けていない」と伝えてしまったとルーグに告白します。

異端審問

ルーグは学園に戻り、ディア・タルト・エポナ・ノイシュと一緒に魔族を倒したことで聖地に召集される流れとなりましたが、実際は女神の名前を語った不届き者として魔女裁判にかけられることとなります。ノイシュはミーナからの伝言で魔族の二つ名「人形遣い」であることをルーグに伝えます。

筋肉弛緩薬や魔術師殺しの手枷まで使われて、トウアハーデの人間でなければ耐えられないほどの状態にさせられますが、耐性のあるルーグは万全の状態で裁判に臨みます。

ルーグは裁判で教主がすでに死んでおり魔族によって操られていると見抜きます。裁判で女神の力で魔術師殺しの手枷を外し、薬もきれいにしてくれた…と言いますが、教主はルーグを悪魔と罵り戦闘に突入。

アラム・カラムが登場したことでさらに場は混乱し、ルーグ側に民意が傾きます。

人形遣いの魔族との戦い

裁判に参加した57人は魔族に操られてしまったため、その場をエポナに任せてルーグは魔族を倒しに向かいます。

獅子魔族の牙を加工して作ったナイフでルーグは魔族を切り裂き、魔族の心臓で作った銃弾を全弾撃ち込んで、魔族を殺します。

ミーナを残し、魔族はあと三柱となりました。

 

「世界最高の暗殺者」のネタバレ解説してきました。

小説や単行本は電子書籍のクーポンをうまく利用することで、最大半額で全巻揃えることができます。

次の項目で安くお得に読める流れを簡単に説明しているので、参考にしてください(ここしかないお得な情報も記載しています)

 

スポンサーリンク

「世界最高の暗殺者」の原作をお得に読む方法

前述した通り、「世界最高の暗殺者」の小説・漫画を揃えるなら電子書籍がおすすめです。

特に電子書籍を扱う「ebookjapan」では、新規登録者にお得なクーポンを配布しています。

原作「世界最高の暗殺者」を全巻(6巻)集めた場合以下の金額になるので参考にして下さい。

サービス 価格(税込) 割引クーポン
ebookjapan 1,980円 50%OFFクーポン×6回利用
紙の単行本 3,960円 定価(クーポンなし)

クーポンを上手く活用すれば全巻2,000円以下で揃えれる事も可能。

電子書籍ストア、特にebookjapanでは、初回登録者への特典が手厚く、購入後もお得なセールを開催しているのが特徴です。

以下に詳細を紹介しているので、是非参考にして下さいね。

 

ebookjapanで
世界最高の暗殺者を読む

 

 

「世界最高の暗殺者」の原作を読むなら、電子書籍がおすすめ。中でも特に一押しな電子書籍サービスがebookjapan

無料登録で半額クーポンがもらえるので、安く漫画を揃えることができます。

「世界最高の暗殺者」2期の内容は、原作小説2巻から。
電子書籍サービスのebookjapanでは、無料登録で50%OFFクーポンが6枚もらえるので、好きな巻を安く読めてかなりおすすめです(※割引上限500円、1回の会計で1枚まで)

 

アニメの続きでは1期以上に内容が過激になっており、かなりおすすめなので是非読んで欲しいです!

 

「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」漫画版を今すぐ半額で読む

ちなみにクーポンを使い切ってしまっても毎週水曜日は200円引きクーポンがもらえます。

>> 世界最高の暗殺者を今すぐ半額で読む

 

また、PayPayでの支払いなら、さらにお得に割引・ポイントが適用されるキャンペーンも。
たくさん買うほどポイントがもらえるので、漫画をまとめ買いや全巻揃えるならebookjapanがいいかと思います。

PayPay支払いにも対応しており、TポイントやPayPayのポイント還元が豊富なのも特徴。

 

ebookjapanの登録方法

① Yahoo!IDをお持ちでない方はこちらから登録

② 『ebookjapan』にアクセス。

③ 公式サイト上部にある「三」(メニュー/ログイン登録)ボタンから、登録情報(電話番号)を入力し「次へ」を押す。

④ 登録しているスマホに届く「4桁の確認コード」を入力してログインします。

⑤ 検索窓に「世界最高の暗殺者」と、打ち込み、検索します。

⑥ 欲しい商品のカゴを選択して、カゴを見ると購入ページへ進みます。

⑦購入時は、クーポン利用で欲しい商品が半額になっていることを確認して購入へ進みましょう。

 

また、PayPayでの支払いなら、さらにお得に割引・ポイントが適用されるキャンペーンもあり、たくさん買うほどポイントがもらえるので、漫画をまとめ買いや全巻揃えるならebookjapanがいいかと思います。

 

\最大2,000円以上お得!登録も簡単5分!/

▶︎ ebookjapanの口コミ評判

 

 

スポンサーリンク

まとめ

『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する』こと暗殺貴族の1巻から6巻までのネタバレを記載していきました。

7巻以降はさらに強力な魔族との戦いやエポナとのかかわり、さらに結婚などもエピソードが控えているため、楽しみにまちましょう!

 

クーポン利用でお得に読める(横にスクロール)↓
スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

  1. TGLLC#★! より:

    まず一ついいですか?イグルではなくイルグです

    • 稲田 稲田 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      大変失礼しました。イルグとイグルを混同してしまっていたようです。
      修正させていただきました。
      「まず一つ」とのことでしたが、他にも気になる箇所がありましたでしょうか?
      あくまで私はファンの一人にすぎませんので、ご指摘・考察などありましたら、どんどん教えていただければと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク