【決定版】おすすめアニメ120選

【五等分の花嫁】五女・中野五月がかわいい | 人となりや教師を目指す動機を解説

五等分の花嫁

『五等分の花嫁』は春場ねぎ先生により週刊少年マガジンで2017年から2020年まで連載された大人気漫画作品です。

テレビアニメ化も果たしており、2019年に1期が、2021年に2期が放送された上、2022年5月には劇場版も公開されます。

本記事では、中野五月の魅力やプロフィールを紹介。
さらに、五月が教師を目指すキッカケや、最後まで風太郎と結ばれずに終わった理由について迫ります。

本作品の人物相関図は「五等分の花嫁の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

五等分の花嫁の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

中野五月(なかの いつき)とは

【五等分の花嫁】五女・五月がかわいい | 人となりや教師を目指す動機を解説

出典:テレビアニメ「五等分の花嫁」公式サイト

中野五月は五つ子の五女として生まれてきました。
ウェーブのかかった長髪星形の髪飾りを両サイドにつけており、頭頂部から生えている“アホ毛”が特徴的です。

 

スポンサーリンク

中野五月のプロフィール | 本当の誕生日について

誕生日 5月5日(本当は5月6日)
年齢 17歳(高校2年)→18歳(高校3年)
身長 159cm
血液型 A型
好きな食べ物
嫌いな食べ物 梅干し
好きな飲み物 カレー
好きな動物 カンガルー
よく見るテレビ番組 ワイドショー
好きな映画 犬が死ぬ系
好きな本 ガイドブック
日課 腹筋、ヨガ
お気に入りスポット ペットショップ
得意な科目 理科
イメージカラー
風太郎への呼び方 上杉くん

中野家の5姉妹の誕生日は5月5日と統一されていますが、コミック最終巻(14巻)で五月だけが「日を跨いだ瞬間に生まれた」と紹介されているため、本来は「五月だけ5月6日生まれ」です。

しかし、この件は4人の姉たちも深く掘り下げないようにしてきたため、本編はおろか、これまでに開催されてきたイベント関係においても「5人とも5月5日生まれ」という設定で執り行われております。

created by Rinker
¥550 (2024/05/19 10:28:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

中野五月の声は声優「水瀬いのりさん」が担当

中野五月の声を担当している声優さんは「アクセルワン」に所属している水瀬いのりさんです。
水瀬さんは2010年に開催されたソニーミュージック主催のオーディションでグランプリを受賞され、同年8月に放送された『世紀末オカルト学院「雪のあかり」』のゲストキャラクター・岡本あかりで声優デビューを果たされました。

水瀬いのりさんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『Re:ゼロから始める異世界生活』レム役
  2. 『ご注文はうさぎですか?GE』香風智乃(チノ)役
  3. 『青春ブタ野郎シリーズ』牧之原翔子役
  4. 『ダンまち』ヘスティア役

 

中野五月の人となり・魅力

【五等分の花嫁】五女・五月がかわいい | 人となりや教師を目指す動機を解説

出典:テレビアニメ「五等分の花嫁」公式サイト

ここでは、中野五月の性格や魅力に迫ります。

 

スポンサーリンク

真面目で努力家だけどおバカな一面も併せもっている

五月は姉妹の中で「1番真面目かつ努力家です。
その性格は劇中でも証明されており、最初の中間試験の日までは無遅刻無欠勤だった上、忘れ物も一度もしませんでした。

五月の真面目は風太郎からも認められている一方で「ただ、バカなだけなんだ」と軽く告げられてしまいます。
こう言われた三玖とも似たような”ムク顔”で怒りますが、確かに肝心なところで抜けている面もあります。

風太郎との出会い方が最悪だったために1人きりで勉強に励みますが、これは完全に一人相撲としか言えません。
さらに原作39話で二乃との大喧嘩が原因で家出した時も五月の方は財布を忘れてきたため、上杉家に泊めてもらっていたのです。

created by Rinker
講談社
¥770 (2024/05/18 14:13:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

食欲旺盛でよく食べる姿もかわいい

姉妹の中でも五月だけが「食欲旺盛さ」をもっています。
いつも姉たちより多く食べることで、二乃からは「肉まんお化け」とまで言われる始末です。

それでも美味しそうに食べる五月の姿はかわいいですが、この性質が時に災いをもたらしてしまうこともありました。
それが本編で最初に受けた中間試験の日です。

5人姉妹と風太郎が揃って寝坊してしまい、皆で走りながら学校へ向かう中でも五月だけは空腹に耐えらきれず、結局はコンビニに入って朝食を取ることで大きなタイムロスとなったのです。
この時は五月の食欲さえなければ、四葉以外の5人も何とかギリギリセーフで登校できていたかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

好奇心旺盛だけど極度の怖がり

五月の魅力として“好奇心旺盛さ”“極度の怖がり”という、大きなギャップも外せません。

そのギャップが分かりやすく描かれていたのが、林間学校の中で行われた肝試しです。
五月は二乃とペアを組んで挑みますが、この時よりも前に聞かされた信憑性のない噂話を信じていた上、子供騙しな小細工にも震えていました。

さらには二乃に抱きついた状態で怯えながら進んでいた末、木の上からぶら下がってきた風太郎(お化けの姿に変装していた)を一目見ただけで悲鳴を上げては二乃を置き去りにする形で逃げてしまったのです。

 

亡き母に憧れて教師を目指す努力家

【五等分の花嫁】五女・五月がかわいい | 人となりや教師を目指す動機を解説

出典:テレビアニメ「五等分の花嫁」公式サイト

五月が教師を目指して勉強してきたのは「亡き母親(雫奈)への憧れからでした。
ここでは、教師を目指すキッカケとなる出来事や人生、そして最終的には見事に夢を叶えたところまでを紹介します。

 

スポンサーリンク

始めは姉妹たちの”お母さん代わり”となって頑張ってきた

五月たちはまだ小学生だった頃に母親(雫奈)と死別させられました。
それでも母親への憧れが人一倍強かった五月は末っ子でありながらも「自分がお母さんになろう」と決意を固めます。

そんな五月による“お母さん代わり”としての一面が最も分かりやすく描かれていたのが原作39話での二乃との喧嘩シーンだと思います。

風太郎がせっかく姉妹全員分の問題集を手作りしてきたにも関わらず、それを皆の前で破り捨てた二乃を引っ叩きながら強く叱る姿は妹などでなく、まさに「五つ子の母親でした。

次女・二乃の魅力や詳しいプロフィール、風太郎への恋に関しては「【五等分の花嫁】次女・二乃がかわいい | 人となり・感情の変化・姉妹関係を解説」の記事を参照ください。

 

【五等分の花嫁】次女・中野二乃がかわいい | 人となり・感情の変化・姉妹関係を解説
...

 

スポンサーリンク

風太郎を理想の教師像にして教師を目指す

五月が教師を目指すキッカケとは、やはり亡き母親への憧れからでした。
しかし、自分が抱く理想の教師像は母親ではなく風太郎だったのです。

五月「君だって、私の理想なんだよ」

学園編で五月が風太郎に告げていた台詞を”愛の告白”と解釈した読者も多かったようですが、これは恋愛的なものでなく、五月にとってはあくまでも「風太郎こそが自分の目指す教師像」という意味にしか過ぎません。

 

スポンサーリンク

卒業から5年後には教師となっていた

【五等分の花嫁】五女・五月がかわいい | 人となりや教師を目指す動機を解説

(五等分の花嫁第14巻 春場ねぎ/講談社)

卒業から5年後の未来で、五月は見事に夢を叶えて教師となりました。

風太郎と四葉の結婚式のために海外から戻ってきた一花を空港まで迎えに来てくれた中でも「イントネーション」の発音に対しても軽く指摘しています。
教師となった五月が配属された学校など、細かい部分までは明かされていませんでしたが、姉たちや風太郎との思い出が詰まった母校(旭高校)で働いている可能性が高いと思います。

ちなみに、五月は勉強中や授業中ではメガネをかけていたことも大きな特徴でしたが、これは五月自身の視力が低いためでした。
一花を乗せて車で走る時にもメガネをかけていたのも、五月の免許証が「眼鏡指定」とされていたためと思われます。

 

スポンサーリンク

最終話の後日談では五月の教師姿を見られる可能性も高い

劇場版の来場者特典が、コミック第14.5巻に決定しました。

これには、最終話の後日談となる“第122+1話”という位置付けのアフターストーリーも収録されることが発表されていますが、この中で「校内で教師として働く五月の姿」を見られる可能性にも期待したいですよね。

容姿では三玖が最も母親を受け継いだものの、お母さん的な性格では五月が1番強く受け継いでいるはずです。
五月たちの母親・雫奈も美しい容姿とは裏腹に生徒たちを容赦なく殴っていた女性ですが、二乃との場面も見る限り、五月もまた母親と同じくアメとムチを上手く使い分ける“人気の高い教師”となっていると思います。

ちなみに、この後日談エピソードは5月18日(水)に発売される週刊少年マガジン25号にも収録されることも発表されています。

三女・三玖の魅力や詳しいプロフィール、風太郎への恋に関しては「【五等分の花嫁】三女・三玖がかわいい | 人となり・魅力・印象的なシーンを解説」の記事を参照ください。

 

【五等分の花嫁】三女・中野三玖がかわいい | 人となり・魅力・印象的なシーンを解説
...

 

中野五月が最後まで風太郎と結ばれなかった理由

【五等分の花嫁】五女・五月がかわいい | 人となりや教師を目指す動機を解説

出典:テレビアニメ「五等分の花嫁」公式サイト

劇中では、姉妹の中で五月が最初に風太郎と出会ったため「五月こそがメインヒロイン」と捉えながら物語を読んで(観て)きたファンも多かったはずです。
しかし、ストーリー終盤に入ってからは4人の姉たちよりも控えめとなった上、最終話まで風太郎と結ばれないまま終わりました。

ここでは、その理由について迫ります。

 

スポンサーリンク

鈍感なので恋愛描写が最も少ない

五月は真面目で努力家であることに加えて鈍感かつ恋愛には無頓着な性質」も併せ持っていた影響で、姉たちと比べると「恋愛描写が極めて少なかった点」が、風太郎と結ばれなかった大きな理由と言えます。

他の姉妹たちが”三玖の片想い”に気づいた一方で、五月だけが全く気づいていませんでした。
コミック8巻での温泉シーンでは風太郎とかなり良い雰囲気に見えたものの、恋愛というよりはお色気やコメディ要素の方が高かったため、恋愛シーンと解釈されずに終わった印象もあります。

 

スポンサーリンク

父親のせいで男性に対する警戒心が強かったため

五月は姉妹の中でも極めて男性に対する警戒心強いこと」も特徴です。
継父である中野マルオと会って話す時にも警戒心を露わに出していましたが、この警戒心の元とは、実は実父(無堂)にあったのです。

無堂も雫奈と愛し合った上で結婚したものの、雫奈の身籠った子供が「5つ子である」と知った途端責任放棄する形で逃亡してしまったことが明かされます。

学園祭の会場で無堂から現れては娘たちへの罪滅ぼしを言い出してきますが、自分たちが極貧生活で苦しんでいた頃や自分の妻(雫奈)の葬式にも来なかった男など信じられなくなるのは仕方ないことですよね。
コミック13巻でも五月たちは最後まで無堂を許すことなく、マルオと一緒に罵倒して引き退らせたのです。

 

まとめ

今回は五月の魅力やプロフィールを紹介しながら「教師を目指す理由」や「最後まで風太郎と結ばれなかった理由」についても迫ってみました。

姉妹の中でも劇中で最初に風太郎と出会っていたため、五月こそが風太郎の花嫁となる存在と思っていたはずが、良い意味で裏切られた感も強いですよね…。

それでも皆のお母さんとなって頑張り続けた五月は、本作品のメインヒロインの座に充分に相応しいキャラクターだったと思います。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
五等分の花嫁
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント

  1. 匿名 より:

    「さつき」ではなく「いつき」です。
    本来の漢字なら「さつき」と読むのが普通ですが、この五月は「いつき」です。