【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【五等分の花嫁】四女・四葉がかわいい | 魅力・無意識のうちに取る行動を解説

五等分の花嫁
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『五等分の花嫁』は春場ねぎ先生により週刊少年マガジンで2017年から2020年まで連載された大人気漫画作品です。

テレビアニメ化も果たしており、2019年に1期が、2021年に2期が放送された上、2022年5月には劇場版も公開されます。

本記事では、中野四葉の魅力やプロフィールを紹介。
また、風太郎に対して「自分の正体(写真の少女)を明かせない理由」や最後に結ばれて結婚できた理由にも迫ります。

 
本作品の人物相関図は「五等分の花嫁の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

五等分の花嫁の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

スポンサーリンク

中野四葉(なかの よつば)とは

【五等分の花嫁】四女・四葉がかわいい | 魅力・無意識のうちに取る行動を解説

出典:テレビアニメ「五等分の花嫁」公式サイト

中野四葉は五つ子の四女として生まれてきました。
ボブカットで緑色の“うさ耳リボン”をつけている姿が特徴的です。

 

中野四葉のプロフィール | うさ耳リボンの特徴も

誕生日 5月5日
年齢 17歳(高校2年)→18歳(高校3年)
身長 159cm
血液型 A型
好きな食べ物 みかん
嫌いな食べ物 ピーマン
好きな飲み物 炭酸ジュース
好きな動物 ラクダ
よく見るテレビ番組 アニメ
好きな映画 サメが出てくる系
好きな本 漫画
日課 観葉植物の水や
お気に入りスポット ブランコ
得意な科目 国語
イメージカラー
風太郎への呼び方 上杉さん

四葉が頭部につけている“うさ耳リボン”もまた、大きなトレードマークですが、単なるファッションアイテム以上の役割も果たしています。

四葉の感情に合わせてリボンも、まるで本物の耳と思われるかのように動きます。
さらに原作では”頭に巻いている部分”がアニメ版以上に強調される形で描かれていた点に気づいたファンも多かったはずです。

 

中野四葉の声は声優「佐倉綾音さん」が担当

中野四葉の声を担当している声優さんは「青二プロダクション」に所属している佐倉綾音さんです。
中学生の頃から劇団にや日本ナレーション演技研究所に所属される中で講師からのアドバイスを受けたことがキッカケで声優への道を志したそうです。

佐倉綾音さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『サイコパス』霜月美佳役
  2. 『進撃の巨人』ガビ役
  3. 『カノジョも彼女』佐木咲役
  4. 『見える子ちゃん』二暮堂ユリア役

 

スポンサーリンク

中野四葉の人となり・魅力

【五等分の花嫁】四女・四葉がかわいい | 魅力・無意識のうちに取る行動を解説

出典:テレビアニメ「五等分の花嫁」公式サイト

本作品が連載中に行われたキャラクター人気投票(正確には「お嫁さんにしたいランキング」でしたが)で、四葉は2位三玖に次ぐ人気度を証明しました。

ここでは、多くのファンや読者たちから支持される中野四葉の魅力に迫ります。

 

妹感が強すぎて「守ってあげたい」と思わせてしまう

中野家の五つ子たちの中で四葉が最も“幼い性格”でした。
四葉にとっては唯一の妹である五月も不器用な性格でしたが、しっかり者であった分、劇中では五月の方が”お姉さん的な印象”が強かった程です。

そのため、四葉が末っ子と言われても違和感もなく「圧倒的に妹感が強かった」と言えます。
しかし、これらの妹感や幼い性格があったからこそ「妹キャラ」としてのポジションが高かった上、男性読者から見ても「守ってあげたい」と思わせてしまう魅力を併せ持っていたことも事実です。

 

断ることが苦手な性格とキッパリ断る時の大きなギャップ

四葉はその幼さや妹感に加えて「頼まれると断れない性格」も大きな特徴でした。

特に部活関係においては、バスケ試合の助っ人から始まり、一度は陸上部の合宿にまで行かされそうになった程でしたからね。
ただ、これには単に「断ることが苦手」というだけでなく、四葉の中にある「困っている人達を放っておけない」という優しい性格こそが、四葉をこのようにしてしまっている点も否定できません。

さらに、断ることが苦手で殆どの頼まれ事を引き受けてしまうものの「断る時にはキッパリ断ることができた一面」もありました。
それがバスケ部との関係であり、原作13話で部長から入部を勧められた時には「放課後には大切な約束(勉強)がある」と、しっかり話し頭まで下げて断ることができたのです。

このような「断れない性質とキッパリ断る場面」という大きなギャップもまた、四葉を魅力的に見せているように感じます。

これ以降にも陸上部や部長(江場)との関係で窮地に陥ることもありましたが…
この時は江場が方が完全に上手かつ曲者タイプだったため、四葉にとっては相手が悪すぎたとしか言えませんよね。
むしろ、江場のようなタイプには四葉自身からでなく、原作47話のように二乃に助けてもらうことが最善だったというわけですね。

次女・二乃の魅力や詳しいプロフィール、風太郎への恋に関しては「【五等分の花嫁】次女・二乃がかわいい | 人となり・感情の変化・姉妹関係を解説」の記事を参照ください。

 

【五等分の花嫁】次女・二乃がかわいい | 人となり・感情の変化・姉妹関係を解説
...

 

嘘をつくのが非常に苦手という不器用な性質

幼さ故に純粋で素直な性格でもある四葉は「嘘をつくのも苦手なタイプ」です。

原作21話で風太郎が三玖が作ったコロッケを食べさせられ続けたために、腹痛でそのまま倒れてしまいます。
それでもランチに出かけようとする二乃と五月を止めるべく、看病してくれている四葉に嘘をつかせますが、その嘘が誰から見ても一発バレする程に“下手過ぎた”のです。

四葉は咄嗟に「重い病」と語り、2人からどんな病なのか質問されると、速攻でボロを出してしまいます。

四葉「動くと死んじゃう病気らしいよ」

説明の仕方が下手な上、無理して嘘をついたことによる「見るからに嘘を言っていること」が分かる程に顔も表情も大いに引き攣っていたのです。

先に紹介したとおり、四葉は幼い上に表情が豊かなキャラクターです。
更に嘘をつくことが苦手であるにも関わらず、無理して嘘をついた時の引き攣った表情にもツボを突かれた読者も多かったのではないでしょうか?

 

無意識のうちにとんでもない行動に出たりする

四葉には“考える前に行動してしまう癖”があり、これが無意識のうちとんでもない行動を起こしてしまう原因」にもなっています。

原作51話では、姉妹の新しい住居(アパート)に訪れた風太郎の顔を舐めてしまうことがありました。
これは風太郎の右頬にケーキのクリームがついているのを発見した四葉が「拭いてあげよう」という好意から起こした行動ですが、まさかのキスに繋がったわけです。

ただ、これにはさすがの四葉も後になってから「不味い」と自覚しますが、そう感じさせたのが背後から感じた「三玖からの殺気と冷たい視線」でした。

三女・三玖の魅力や詳しいプロフィール、風太郎への恋に関しては「【五等分の花嫁】三女・三玖がかわいい | 人となり・魅力・印象的なシーンを解説」の記事を参照ください。

 

【五等分の花嫁】三女・三玖がかわいい | 人となり・魅力・印象的なシーンを解説
...

 

スポンサーリンク

四葉が風太郎に対して正体を明かせない理由とは

【五等分の花嫁】四女・四葉がかわいい | 魅力・無意識のうちに取る行動を解説

(五等分の花嫁第10巻 春場ねぎ/講談社)

5年前の京都で風太郎と出会った「写真の少女(雫奈)」の正体四葉であったことも判明しました。

しかし、四葉自身は風太郎と出会った少女が自分であったことを必死に隠し続けてきたのです。
ここでは「四葉が風太郎に対して正体を明かせなかった理由」に迫ります。

 

容姿が大きく変わり過ぎて風太郎に気づいてもらえなかった

四葉を始めとした五つ子たちは、まだ母親(雫奈)と一緒に暮らせた頃までは「5人一緒に」をモットーに全員が同じピンク色の髪でした。

しかし、母親の死後から各自が前に進んでいくために、姉妹それぞれが異なる髪型や容姿へと変わってしまいます。
四葉の場合は本編でつけている”リボン”で自分の個性を出した上、髪色もピンクから栗色へと変えたことにより、5年前の面影が完全に消えてしまったのです。

そのため、姉妹の家庭教師として中野を訪れた風太郎からも四葉を「写真の少女」であることに気づいてはもらえませんでした。

ただ、四葉自身が風太郎に「自分が5年前に出会った写真の少女であること」を明かせなかったのには容姿の変化だけでなく、その後の中高生時代の方が大きく影響しいます。

 

風太郎との約束を果たせなかった後ろめたさで明かせない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
五等分の花嫁
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク