【決定版】おすすめアニメ120選

ひぐらしのなく頃にシリーズの雛見沢症候群はどういう病気?

ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなく頃にシリーズの物語を解く鍵となる病気、雛見沢症候群。

この雛見沢症候群は風土病として雛見沢の関係者に現れるとされているのですが、子の病気に感染するとどんな症状が出るのか、また、今までのシリーズでどんな影響を及してきたのか、雛見沢症候群にまつわるあれこれを解説していきます!

ネタバレを大いに含みますので、ネタバレ絶対NGと言う方は御注意下さい!

アメリア
アメリア

閲覧要注意です!!

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

雛見沢症候群の基本情報

まずは雛見沢症候群とはどんな病気なのか、基本的情報からチェックしていきましょう。

 

寄生虫による不治の病

雛見沢症候群は空気感染をする特殊な寄生虫で、雛見沢村の村人は全員かかっている病気です。

雛見沢の風土病として、雛見沢で生まれた人は皆発症。

本人の死後、寄生虫も一緒に死滅してしまうため今まで発見に至る事がなかったのですが、鷹野三四の恩師である高野一二三がこの病を発見し、研究を始めたことがきっかけで、病気の存在が判明しました。

 

レベルは1~5まで・それぞれの症状

レベル1~5まで・それぞれの症状

出典:「ひぐらしのなく頃に」公式ページ

雛見沢症候群はレベル1~レベル5まであり、末期であるレベル5になると、強い幻聴や幻覚が表れ始め、被害妄想や人間不信に陥り、暴力的な行動を引き起こす傾向にあります。

末期症状のレベル5になった場合の症状は人によっても異なりますが、暴力的な行動を引き起こし周囲を攻撃する以外にも、周りを全員敵とみなして自分の殻の中に引きこもるようなタイプまで様々です。

また末期症状に陥った場合、リンパ腺にまるで寄生虫が這い回っているような強い痒みが表れ始めた結果、自分の喉を絶命するまでかきむしって死亡するケースが多いのも雛見沢症候群の特徴と言えるでしょう。

 

レベル5には-と+があり、+が最高に悪い段階、-はまだ少し暴走する程度に留まります。

その下であるレベル4では幻聴と幻覚、異常行動が強く表れ始めた結果、本格的な人間不信へと突入。

そしてレベル3+では、幻覚と幻聴が表れ始め、少しだけ他人を疑うような考え方に取り憑かれ始めます。

 

レベル3-までであればまだ治療で回復できる程度で、多少幻聴症状などが表れ始めますが、日常生活に支障は現れません。

この段階で謎の気配を感じるようにはなりますので、羽入の存在が少しだけ認知できるようになるのでは?と思われます。

 

そしてレベル2ですが、こちらのレベルはほぼ村人全員が感染しているレベルとされています。

幻聴や幻覚も特になくニュートラルな状態、検査をしなければ病気を発症しているなんて分からない程の状態です。

最後レベル1は完全なる健康体の事を指しますが、現段階ではレベル1の人間は確認されていません。

 

名目としてレベル1~5までありますが、雛見沢症候群は雛見沢村の人間であればレベル2からスタートする、と考えるとわかりやすいでしょう。

普通の病気と違って雛見沢症候群の場合、強いストレスや精神的不安を受けることによって症状が悪化し、どんどんレベルが上がっていくのが特徴です。

なので、一生涯レベル2から上がることなく過ごせるような人もいます。

アメリア
アメリア

ストレス指数が高い人ほど末期症状になりやすいんだ…

雛見沢症候群の治療法

雛見沢症候群の治療法

出典:「ひぐらしのなく頃に」公式ページ

雛見沢症候群は不治の病とされていましたが、入江機関の研究によって、症状を食い止める治療薬を開発する事に成功しました!

ただし現段階で完治させる薬は出来ていないため、症状が悪化する前に、定期的に薬を投与する必要があります。

 

治療薬の名前はC120。

レベル5に陥ってしまった感染者を、レベル3-まで引き下げることが可能な薬です。

梨花が物語で注射器を持ってメインキャラに立ち向かうシーンがありましたが、この注射器の中身はC120で間違えないでしょう。

 

また予防薬も開発されており、入江機関の人間はこちらを投与しています。

100%の予防を保証する薬ではありませんが、無いよりはマシって感じですね。

 

促進薬もあり

治療薬を作る過程で反対に、雛見沢症候群を悪化させてしまう促進薬もできてしまったことがわかります。

薬の名前はH173、こちらの促進薬は改良を重ねられた結果、空気に散布するだけで症状が促進できる薬H173-2が出来てしまったりもしていますから、恐ろしい限りです。

 

大体のシリーズで富竹は死ぬことが確定している訳ですが、富竹死亡の際、喉をかきむしった状態で死亡している姿が見付かる事から、三四ないし、三四が率いる何者か達によってこの促進薬を注射され、死亡するというパターンが多いのでしょう。

 

雛見沢症候群が原因で巻き起こる悲劇

ひぐらしシリーズではメインキャラクターのうちの誰かが雛見沢症候群を発症することで悲劇が巻き起こるのがパターンなのですが…

雛見沢症候群は物語においてどのような悲劇を巻き起こしてきたかを解説していきます。

 

オヤシロ様の祟りの原因

オヤシロ様の祟りの原因

出典:「ひぐらしのなく頃に 業」公式HP

毎年一人が死に、一人が行方不明になるという雛見沢連続怪死事件ですが、いくつかの事件はこの雛見沢症候群が原因で発生したものと考えられています。

まず大石蔵人の恩人であるおやっさんが殺害された際の事件ですが、この時の犯人達は雛見沢症候群を発症していたことが原因で殺人へと及んだとされていますね。

また沙都子の叔母が殺害された事件事件では、その年に悟史が行方不明となっていますが、悟史はこのタイミングで雛見沢症候群の末期症状を発症しており、入江に保護されています。

叔母を殺したのは雛見沢症候群によって興奮状態へと陥った悟史なのではないかという説もあり、もしもそうだとしたら一連の事件も雛見沢症候群が原因で起きたと言えます。

 

また沙都子の両親、北条夫妻のオヤシロ様の祟り事件も、雛見沢症候群の症状が悪化した沙都子が犯人という説もあるため、そうなってくると雛見沢症候群は大体のオヤシロ様の祟りで関係していると言えますね。

梨花の両親の事件の際には、梨花の父親は心筋梗塞、母親は三四に連れさらわれ生きたまま生体解剖をさせられるモルモットにさせられていたため行方不明となっていますから雛見沢症候群とはまたちょっと勝手が違うかなぁと思いましたが…

三四がこのタイミングで雛見沢症候群に観戦しているということであれば、あの奇行にも納得が出来ますから、ある意味雛見沢症候群が全てのオヤシロ様の祟りに関係している可能性もなきにしもあらずかもしれません。

アメリア
アメリア

怖い病気だね…

圭一や詩音など次々と末期症状に…

圭一や詩音など次々と末期症状に…

鬼隠し編では圭一が、綿流し編では詩音が雛見沢症候群を発症し、末期症状へと陥った結果、部活メンバーが次々に惨殺される結果となりました…。

業シリーズの鬼騙し編ではレナ、綿騙し編では(多分)魅音が発症して惨劇を繰り広げているため、発症者が物語によって変わる事が、この物語を複雑にしているポイントの1つ。

最初から誰が感染するかわかっていれば対処の仕様があるのですが、どの出来事をきっかけに誰がどのタイミングでレベルが上がるか分からないのが、惨劇をなかなか回避できない理由になっています。

 

盧溝橋事件も雛見沢症候群発症者が関係?!

祭囃し編で判明した事実ですが、三四に研究資金を援助していた小泉氏によると、「盧溝橋事件には雛見沢村出身の人間がいた」とのこと。

一発の銃弾が原因で起きた実際に起こった歴史的な事件な訳ですが、物語の中ではもしかしたら、雛見沢症候群を発症した兵士が発砲した可能性があると語られていましたね。

そのため雛見沢症候群が表立って出てきたらエラい騒ぎになりますけど…

それでも三四は研究を辞めず、三四の固い決意を受けた小泉も、自身が亡くなるまで三四に協力を惜しみませんでした。

 

女王感染者死亡により巻き起こる惨劇

雛見沢症候群は一般感染者だけではなく、女王感染者と呼ばれる感染者がいるのも特徴です。

女王感染者は古手家の直径の人間のみが該当しており、現段階での女王感染者は梨花。

出産をする際に子供へと女王感染は移りますので、梨花の母親は前女王感染者だったということになります。

※だから三四に生きたまま解剖させられることになったんですよね…可哀想に…。

 

実はこの女王感染者の側にいる雛見沢症候群感染者は、症状を緩和することができるとされています。

そのため雛見沢から引越しをした人間は徐々に症状が悪化するとされており、雛見沢から引越しをしたレナが引き起こした暴力事件はこの事が原因という説も。

雛見沢症候群の感染者はこの女王感染者の存在で自身の病気が悪化するかどうかが決まると言っても過言ではないのですが…

ひぐらしシリーズでは、この女王感染者という存在を利用して人為的に引き起こされた悲劇もありました…。

アメリア
アメリア

梨花は超重要人物!

女王死亡後、感染者は暴徒化?

女王死亡後、感染者は暴徒化?

出典:「ひぐらしのなく頃に 業」公式HP

入江機関の研究によると、女王感染者が死亡した場合、一般感染者は症状を抑えることが出来ずに、48時間以内に末期症状に陥るとされています。

その為、古手梨花の死亡=雛見沢住人全員が暴徒化するという図式ができあがっていて、雛見沢村そのものが国から危険視されているんです。

病気を認めるという事は、雛見沢村の脅威を認めるということになりますから、何としてでも雛見沢症候群の存在を大っぴらにしたくないと考える人も居たようですね…。

 

滅菌作戦・雛見沢大災害発生

万が一住民が暴徒化したときのために政府は、緊急マニュアルを作成

そのマニュアルは滅菌作戦と呼ばれるもので、女王感染者が死亡した場合、雛見沢症候群感染者が暴徒化する前に、毒ガスを使ってこっそりと始末してしまおうという恐ろしい作戦です。

 

実際、古手梨花が物語の中で死亡した後には必ず雛見沢大災害と呼ばれる災害事件が起きているのですが、この災害は実は表向きの名目で、災害なんて実は起きていません。

全てこの滅菌作戦を理由に、三四率いる山狗達が毒ガスを使って人為的に村人達を始末。

逃走した者は容赦なく射殺するという恐ろしい事件を引き起こしています。

 

※そのため雛見沢大災害が発生したとされた後には、必ず行方不明者が何人かでています。

表向きは火山ガスで村人が全滅したとされているのに、射殺死体がゴロゴロ出てきたら整合性がとれないですから、射殺をした人間は秘密裏に始末していると思われますね。

アメリア
アメリア

政治的な部分も絡んできたりするからややこしい…汗

雛見沢症候群の発症有無は事件解決の鍵

というわけでひぐらしシリーズにおいて重要なポイントとなる、雛見沢症候群について解説していきました。

こちらの雛見沢症候群は前シリーズだけではなく業シリーズでも関係している筈ですので、登場人物達の挙動がおかしくなってきたら、雛見沢症候群を発症している可能性が大。

その点も踏まえて物語を考察していくと、また違った見方が出来ると思いますので、是非考察の参考にしてみて下さいね!

鬼滅の刃 漫画 全巻無料

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
ひぐらしのなく頃に
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました