【決定版】おすすめアニメ120選

<script>” title=”<script>


<script>

【隠しダンジョン】マリアに呪いをかけた犯人と理由・解呪後(救出後)の展開も紹介

俺だけ入れる隠しダンジョン

ライトノベルやコミカライズで長年に渡って多くのファンを獲得し続けている「俺だけ入れる隠しダンジョン」。

テレビアニメが2021年冬の新作アニメとして、ついに放送および配信開始されましたね!

 

本記事では第3話から登場し、英雄学校に通うマリアのキャラクター性を紹介。
記事の後半では、呪いにかかった理由や解呪方法・その後の展開も解説しています。

 

 

スポンサーリンク

マリア・フィアナ・アルバートとは?

まずはマリア・フィアナ・アルバート(以下は「マリア」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

 

マリアのプロフィール

まずはマリアの簡単なプロフィールから見ていきましょう。

種族 人間
年齢 16歳
職業 ・アルバート公爵家の長女
・英雄学校の生徒
所持スキル ・片手剣術B
・溜突
・ヒール

マリアもまた、エマにも負けない能力や強さを誇ります。

しかし、魔物との戦闘シーンには恵まれず、所持スキルを披露出来なかったのは少し勿体なく感じますね・・・。

 

有名な公爵家のご令嬢!

マリアは街中でも有名なアルバート公爵家長女であり、最上位貴族のご令嬢です。

彼女もまた、ノル達と同じ英雄学校に入学するものの、生徒たちからの待遇は完全に別格と言っても過言ではありません

エマ「ノル、頭を下げないと!」

 

一緒に登校してきたエマから声をかけられて、マリアと付き人(アマネ)が通り過ぎていく時には、2人同時に頭を下げます。
ノルの方は彼女が誰なのかすら分からなかったようですが、そのことをエマから突っ込まれます。

 

エマ「覚えてないの?試験の時も一緒だったよ!」

 

この時にノルは、マリアが「最上位かつ有名な貴族のご令嬢」であると同時に、自分たちとは”天と地”ほどの差を持つ人物であることも実感します。

 

マリアが教室に入った瞬間、準男爵の地位であるノルを貶していた男子生徒たちが揃って視線をマリアに向けたのです。

これは、マリア自身が「有名貴族の娘」という地位を持つから起きた現象です。

本作品は”地位がものを言う世界”であるものの、1つのカリスマ性のようなものにも思えます。

 

呪いにも屈せず、気高く生きることを決意!

英雄学校の前で行き合った時、マリアのことが気になったノルは自身の持つ「鑑定眼」スキルで覗き見してしまいます。

しかし、そこで判明したのは、あまりにも衝撃的な事実でした!

 

ノル「あの娘、”呪い”にかけられている。死んじゃうよ“16歳の誕生日”に!」

 

「十六の死印」と呼ばれる、あまりにも強すぎる呪いにかけられてしまっていることを知るノル。

しかし、今のノルやエマの強さや所持スキルでは助けることができません。

 

マリアにかけられている「十六の死印」に遠い祖先絡みの深い事情を抱えており、彼女の両親や兄弟でさえ何もできていない状況です。

そうしたことにより、両親や兄弟からは大切にされながら育ってきます。

ちなみに、呪いに関してはあくまでも”家族内だけの秘密”とされており、世間一般に対しては「病弱な娘」という形にされています。

しかしマリア自身も、自分にかけられている呪いに屈することはなく「最期まで気高く生きること」を決意して、英雄学校へ入学したのです。

 

同じ英雄学校で出会うノルに興味を示す

ノルの方はマリアのことを覚えていない(知らない)ものの、彼女の方からは真逆の反応をされます!

 

マリア「あら、お会い出来て光栄です。ノル・スタルジアさん」
ノル「えっ?」

 

教室に入ってノルの顔を見た途端に、笑顔で挨拶してくれる上に手まで握ってきます。
そうした光景に他の男子生徒たちが大いに悔しがります。

 

実は英雄学校の入学試験の時(第1話)に、マリアはノルのことを見ていたのです。

試験中に「ノルが放った石弾が通常の物とはサイズが違っていた」ところを見かけたことで、内心では彼に興味を持っておりました。

この試験中に見た石弾はノルの「編集」スキルによるものであり、マリアは彼に対して「いつ“編集”スキルを習得したのか?」と、いつか聞いてみようと考えていたのです。

 

 

 

下の階級の者を見下さない優しさ

有名貴族の家に生まれたことで皆から憧れの眼差しで見られるマリアですが、そうした自分の出生に対しては“運”でしかない」とキッパリ言い切ります!
さらに「爵位に見合うための努力も必要」であることを諭すかのように告げてきます。

 

マリア「私は尊敬します、準男爵の方を・・・家柄を振りかざすだけの上位貴族より、誠実な準男爵の方とこそ、私は一緒に居たい」

 

こうした”自分より下の階級の者でも見下さない優しさ”はエマとも通じているように見えますが、マリアの場合はノル自身が「このクラス内の誰よりも必死に努力してきたこと」も認めていたのでしょう。

 

マリアの優しさと魅力を長く堪能したい人には、コミック版の第2巻を読んでみることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

マリアに呪いをかけた犯人と理由は?

ここからはマリアに「十六の死印」をかけてしまった犯人と、その理由に迫りたいと思います。

 

マリアに呪いをかけた犯人は「恨みを持った呪術師」

マリアが「十六の死印」にかけられてしまった理由は、今から200年以上も前に遡ります。

マリアに呪いをかけた犯人とは、彼女のご先祖様に倒された“呪術師”であることを本人も聞かされております。

結局は、その呪術師が自分が倒されたことへの“逆恨み”によって、ご先祖自身でなく彼の子孫たちに向けて呪いをかけてしまったということですね!

 

マリアだけ呪いが発症したのは偶然

その呪術師によって「十六の死印」をかけられてしまうわけですが、子孫全員が呪いが発症したわけではありません。

マリアだけが発症してしまったのは、本当に“偶然”でしかなかったのです。

 

本作品の中において「十六の死印」の恐ろしさはマリアを例にすることで表現されていますが「200年以上も前に呪いをかけた呪術師がどんな人物なのか?」という点までは明かされておりません。

この呪術師の能力も脅威である一方、かなり抜けてる性質の持ち主だったのではないでしょうか。

 

そのため、マリアだけに発症してしまったのは、本当に“不運”としか言いようがないのです。

 

スポンサーリンク

「十六の死印」による症状とは?

マリアがかけられている「十六の死印」によって苦しめられている症状にも迫りたいと思います。

 

【症状①】一定周期で全身に激痛が走る

まだ死を迎えていない中で主体的に起きるのが、この症状です。

授業中に他の生徒たちの前でノルを褒め称えてくれた上、受け身の講習を受ける時にも自ら声をかけることでノルとペアを組んでくれます。

しかし、この時にも全身の痛みに苦しんでおり、震えているのでした。

 

【症状②】強い発作も起こしてしまう

正式にペアを組んだ直後にノルに向かって倒れてしまいます。

 

ノル「呪いの“発作”なんだ!」

 

倒れてながら苦しむマリアを見たと同時に、これも「十六の死印」による症状であることをすぐに見抜きます。

 

マリア「平気です。少し胸が閊えただけです・・・」

 

倒れた身体をアマネに支えてもらいながら話しますが、大丈夫などではないことは誰から見ても明らかです。

さらに全身から大量の汗まで流している状態を見たエルナ先生からも、すぐ休むように指示されます。

 

【症状③】16歳を迎えると死に至る

“全身の痛み”や”発作”も辛いものですが「十六の死印」にかけられてしまうことで最も脅威なのが、やはり16歳を迎えると死に至るという点でしょう。

 

アマネに肩を借りながら去っていくマリアを見たノルは、自分の「編集」スキルで何とか助けようと思い立つものの・・・

 

ノル「高すぎる・・・よほど強い呪いなんだ!」

 

生命に関わる内容だけでも消去したくても、要求されるLPが8,000ポイントとされており、今の彼ではどうすることも出来ないのです。

 

スポンサーリンク

マリアを呪いから解放する方法とは?

鬼滅の刃 漫画 全巻無料 呪術廻戦 漫画 全巻無料
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
俺だけ入れる隠しダンジョン
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました